ハイブリッド授業をやりとおしました

先回の投稿「ハイブリッド授業をはじめました」から3か月がすぎたところです。ごぶさたしました。標題のとおり、15回分の授業(これってモンカさんはもはやもとめていないのに、大学がすすんでやっている自己規制の最たるものです)を走りきりました。演習=ゼミにかんしてだけは全員が結果的にオンラインのみの参加となり、ハイブリッドは準備するだけになりましたけれど、ほかの科目は機材をえっちらおっちらとはこんで設置して、「オンラインのみなさん、聞こえてますか」ではじまる授業形式を変更しませんでした。COVID-19 の初年となった2年前もそうでしたけれど、この年齢で授業の試行錯誤をつづけるとは思ってもみなかったことです。

授業の展開として一つの定型を何となくつかめました。1)まず、できれば前の週に、遅くとも3日くらい前には授業資料を配信します。これは見せる動画ファイルのもとのスライド(基本は Keynote からつくったPDFファイル、まれに PowerPoint)や内容の各項目の関連を示したマインドマップ(PDF)です。説明にでてくることばの意味くらいは予習してほしいというメッセジでもありました。2)授業の当日には、Zoom または Google Meet とともに CommentScreen を用意して、いつでも匿名でチャットをできるようにし、まずはスライドを見ながら授業内容を説明した動画を流します。だいたい15分から20分におさまるものです(それ以上に長いと飽きる)。Slack をつかって文字チャットの授業をしたときにつくった読みあげテキストを改良して説明文にしました。3)そのつぎに、オンラインの参加者はブレイクアウトルーム機能でわかれてもらい、対面の参加者は4人ですこし距離をおいて話してもらい、グループワークをします。かならずいれる質問は、課題となる「今日の授業でもっとも重要なことは何か」です。残りは、授業内容におうじて、またとくに答えが出るものではない質問をいくつか、話すかどうかも選択してもらいました。4)それで最後に「かさなってもまったくかまわない」として各グループの成果を出しあってもらいます。👏や👍を入れてはげましあうのもよいことです。5)授業の終了30分前に Googleフォームを配信し、「今日の授業でもっとも重要なことは何か」ほかの質問(あとは、予習の内容、理解の自己評価、むずかしかった内容、質問や感想、です)に翌日の23時59分までにこたえるのが課題です。これがくり返されます。過重ではないですけれど、授業担当者としてはまじめに回答を付さないといけませんから、休みなしの感をおぼえました。

COVID-19を経験している学生たちは、ブレイクアウトルームでもヴィデオなしであったり、対面では距離を気にしたり、なかなかにむずかしいところがあります。それでも、6月くらいからは 3)の場面で笑声が聞こえることもありました。教室内に教師がいると遠慮するように話すので、それでは楽しくなかろうと室外で待つことをおぼえたのもこのころです。課題を見ながら理解のあやしいところ、あやふやなことは手直しできますから、まかせてしまってよかった気がします。

ちなみに、7月に3回だけを担当したオムニバス形式の授業では、1)のところであらかじめ動画ファイルも配信してしまいました。予習の段階で授業内容すべてをさらし、授業時間の最初に不明な点、気になったところを確認し、あとはグループ作業と発表の時間に割りあてます。こちらで用意した模造紙(名古屋近辺ではB紙と呼ぶ)と色鉛筆とクレヨンと水性顔料マーカなどで、ブレイクアウトルームではホワイトボードに各自のタブレットペンやマウスで、マインドマップもどきをつくってもらいました。対面組がいつもいつも性別でわかれてしまうのが残念でしたけれどね。また、この授業をアタシの前に担当なさった方からは、複数の端末を近くにおく方法を教えていただきました。「自分の映り方が見えないと不安なもので」とおっしゃって、タブレットで確認なさっていたのにハウリングを回避できていたのでうかがったところ、ヘッドセットを活用すれば可能になるようでした。わりと単純です ヾ(^。^*)まぁまぁ

4月に授業をはじめたころは第6波の第二の頂点、7月末で終了したころは第7波のさなかとなりました。教室の入り口のアルコール消毒液やテーブルにおかれた消毒ペーパーをどれだけ使ったことか(笑)。それでも、つづけたことで経験値はあがったと自負しています。

COVID-19以前にはもどれませんし、もどりたくもありません。

|

ハイブリッド授業をはじめました

ヒキコウモリ(漢字は「誹毀/悲喜/丕基蝙蝠」かしらん)と化して2年間をすごしました。それをこの4月の第1回の授業から、世間さまでいうところの「ハイブリッド授業」へとすべて変えたところです。4月12日(火)のゼミからでした。印象をひと言でいえば、ひとりてんてこ舞いです。

2年間の遠隔授業はそれなりに楽しく、20年以上もやっている大学の授業に変化をもたらしてくれました。アタシの形式はLMSであらかじめPDF資料を配布し、授業の時間帯にはMP4のスライド動画を視聴したあとで気になったことをテキストチャットでやりとりしてすすめ、授業後にリアクションペーパーを作成して提出するものです。オンライン会議システムの場合、対面授業からあまり変化なく、とくに質問や意見が出てきません。90分間、ずーっと教員がしゃべっていても気にしないみたいでした。ところが、テキストチャットですと顔が見えていないからか、こちらがクイズを出してみると参加者のほぼ全員が答えをかえしてくれます。「気になるところがありますか」とたずねて記入を待っていると、記入しないことがほぼありません。Slack や Discord などでは「○○が記入しています」と表示してくれますから、誰かが書いていると「ひとりじゃない」と安心して自分も発言できる気がします。すると、リアクションペーパーの第1問でたずねる「今日の授業でもっとも重要なことは何でしたか。その内容を記述してください」への回答がとてもよい=授業の理解度が高くなる傾向が見られました。リアクションペーパーへの回答づくりも、いくつもの授業の履修者ひとりひとりに返すのはそれなりに時間と労力が必要でしたけれど、読者のページにおける編集部がするやりとりのようで楽しく感じてもいました。

ハイブリッドへ転換したいま、オンライン会議システムの一方通行的な静けさ、平板なやりとり、もりあがらなさ(笑)を実感しています。わずかながらも室内にいる人たちは反応してくれますし、ちょっとした視線の移動やうなづきや笑いを共有できますけれど、画面の向こう側からはリアクションで 👏 や 👍 や 🙏 の返ってくるのがせいぜいです。Comment Screen でもひと言が流れるくらい。多くの宿題をかかえながら試行錯誤をしています。

技術的には、演習をおこなう教員室内は iPod touch やお古の iPhone をつかってオンライン会議システムにログインします。こいつらの役目はそ教室の画像と音声をひろい、ほかの遠隔参加者の音声を室内にとどけることです。自分のデスクトップである2代目 Mac mini(3月に新調したばかり)はログインして会議を開始しますけれど、「オーディオに接続」の画面で参加をせず、接続をうながす状態のままで使います。こうしないと、遠隔授業をはじめたいっちゃん最初に Google Meet をおなじ室内で Chromebook と MacBook Air と Mac mini の3台で試したときとおなじく、大ハウリング合戦になってしまうからです。

講義室では遠隔参加者の音声を室内にとどけるのが iPod touch では不安ですし、かといって iPad Pro 10.5 & 12.9 をただそれだけのためにもちいるのはもったいないですから、手持ちの Web カメラであるロジクール社の C920 Pro を三脚に固定して最後列に置き、教室カメラ&マイクにしました。いまのところ、画像や音声で不満の声は聞いていません。ただし、問題は C920 がUSBの有線接続であることです。ご存知のとおり、USBケーブルは長さ5メートルが上限であり、わが社がいかにこぢんまりとしたところであっても講義室の最前列と最後列はゆうに5メートルは超えます。しかたがないので、これも手持ちのブースタケーブル(5メートル1本)にあらたに購入した5メートルをつないでやりくりすることにしました。

というわけで、4月1か月をやりくりして判明した最大の問題は準備にかかる時間です。休み時間10分のうち、まるまる10分を使ってようやく間にあいます。講義室へ入って机とリモコンの消毒をしたあと、PCと iPad を起動させて学内無線LANにログインし、5メートル×2本のブースタケーブルをぐりぐりとのばしてなじませ、折りたたみ式の三脚の足を伸ばし、最後列に設営してケーブル経由でPCにつなぎ、さらに、PCにもどってオンライン会議システムにログインして会議を開始し、待っている遠隔参加者を入室させなければなりません。何かね、ほんとにね、頭のなかを整理しておかないとちょっとしたことで爆発しそうになります。

そもそもハイブリッドでやれといっておきながら、そのやり方の確認も、必要な機材も、全部が全部、現場まかせです。えらい人は「ハイブリッド授業のできる教室をととのえる」とかいっておきながら、この状態をどのように見ているでしょうか。アタシは20年近く前にまだ講義室にプロジェクタもスクリーンもなく、自腹でととのえたこの二つを担いで、さらにはPC(ThinkPad Tablet を使っていました)をバッグに入れて授業をやりにいっていました。あのころの重い荷物がよみがえったかのようです。

それでつぶやいたのが、
歴史はくり返す、一度目は悲劇として、二度目は笑劇として(たしかマルクス
でした。笑っちゃうね。

|

雨ふりの日曜日

寒のもどり、しかも終日の雨ふりという日曜日に、こたつに籠城して読書をしています。ギルマン『肥満男子の身体表象』(法政大学出版局)やら、尾脇秀和『氏名の誕生』(ちくま新書)やら、Eric C. Rath, Oishii: The History of Sushi (Reaktion Books) とかをこの春休みにはやっつけてきました。昨年の3月が弔いと実家のかたづけにおわれたのを思えば、まぁ、よくやったほうではないでしょうか。twilog を見ると、去年の今日はかたづけの真っ最中で、『松田聖子写真集』などというものを発掘していました。

今日の読書は3月30日に訳者からいただいていた、ピエール=イヴ・ボルペール(田瀬望訳)「時宜を得て政治的・社会的に正しくある——旧体制末期フランスのフリーメイソン・国家・身分制社会」『人文学報』518-9(2022年)です。訳文がこなれていて、フランス史知らずのアタシも毛嫌いせずに論旨のなかに入っていけました。一つの事実を解釈する複数性というか、多層をなす文脈から読みとる個別の事例というか、じつにバランスのよい論文です。訳者あとがきによれば、現在では文書公開のレヴェルがすすんでおり、メイスン研究はこの論文よりもさらにいっそうの深まりを見せているとのこと、楽しみな分野といえるでしょう。

時間の余裕のあるときの読書はほんとうにためになる気がします。

|

2021年度学位記授与式のゼミランチ

ごぶさたしました。初体験のひきこもり生活がそろそろ終わるかもしれない今日このごろ、いかがおすごしでしょうか。

2021年度の学位記授与式は、昨年とおなじく、卒業者と修了者と役職者のみが会場につどいました。以前の半分に時間を圧縮し、記念撮影はなく、大学へもどって学位記および記念品の配付(これは以前とおなじ)がおこなわれる日程です。配付は学科別、コース別におこなわれましたが、これも密を避けて自発的に遠慮しました。「不可」をつけた教員には会いたくもないでしょうからね ヾ(^。^*)まぁまぁ

昨年は Zoom をつかってのオンラインでゼミの記念写真を撮りました。記念にはなったものの、物足りなさもあります。とくに、食欲が満たされない(やはりそこか)。3回目のワクチン接種もできたことなので、今年度はその後に約束をしてランチ会にしました。「その後」が1時間近く待ったのは、会場での写真撮影がなかったためでしょう。学位記をもっての記念撮影をしていたそうです。十分というより、おなかが空きすぎた。

寿司の大桶をずっと晒しておく勇気はまだなく、ごひいきのどんぶりゲッターさんで「9マス弁当」をお願いし、さらにわがし屋なかやまさんの「桜もち」をデザートにしました。お弁当ならふたがいつでも開け閉めできますし、桜もちなら個別にあつかえます。両方ともおいしいのはいうまでもありません。すこしでも配慮すれば、すこしでも安全に対面の行事ができるようになったことをありがたいと感じました。

マスクありなのでそのまま登載しておきます。
Img_4671 Img_4669

私見をくわえるなら、
COVID-19 の流行のなかでおこなわれたここ3年間の式およびその当日は、時間を短縮したからこそ大きな区切りの意味をかみしめるべきものとなりました。授業に出席していた講義室や演習をした教員室で仲間や教員と歓談し、ゼミランチのように別れ(というよりも旅立ちか)を期する時間が大きくなったはずです。そして、それはよいことではないかと思います。コンテンツは少なくても「卒業」することの重要性を噛みしめることができるはずです。むしろ、もとにもどらなくてもよい案件ではないでしょうか。

|

寒茜

COVID-19の感染がひろまった第一波のころ、緊急事態宣言の発せられた2020年4月17日から在宅勤務を主とするようになりました。あれからすでに1年9か月あまりが過ぎます。おかげさまですっかりとヒキコウモリとなり、職場にでてくることは週に2,3日です。以前には他人のことなどはかえりみず、週6日も職場の部屋にこもっていました(これもまたヒキコウモリか ヾ(^。^*)まぁまぁ
場合によっては20連勤くらいもあったり、午前3時すぎに職場を離脱したり、下手をすると宿泊したり、そのために炊飯器を二つも備えたりした生活でしたから、いまはうそみたいな毎日といえましょう。

帰りも早くなりました。17時くらいでしょうか。大寒のいまごろはちょうど日没時にあたります。冬至をすぎるとゆっくりと、しかし、確実に毎日1分ほど遅くなる日没ですが、ちょうどよい時刻に職場を出ようとするとすばらしい寒茜に息をのみます。

富士山を毎日のように自分の部屋から見て育った清水っ子には、富士山の美しい姿が何よりのはげみです。中島みゆきさんの歌ではないですが、いまがどれほどつらくて悲しくて、涙も枯れはてるような毎日でも、かならずまた (-^〇^-) になれる日をむかえられるように寒茜に祈りました。

Img_0048_20220121195601 Img_0049
Img_0050

|

寒中 おうかがい 申しあげます

寒中 おうかがい 申しあげます。

寒気きびしき折でございますが 皆さまにはおかわりございませんか。
昨年三月に母が他界いたしましたため、年頭のごあいさつを控えさせていただきました。
寒さももうしばらくつづくと思いますが、元気でおすごしくださいますよう、本年も皆さまにとりまして良い年となりますよう、こころよりお祈り申しあげます。

2022年1月

|

欠礼

喪中につき 年末年始のご挨拶をご遠慮申しあげます。
3月に母が84歳(満82歳)にて永眠いたしました。
ここに本年中にたまわりましたご厚情を深謝いたしますとともに、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申しあげます。
2021年12月

|

«最期を思う