イギリス史研究会第40回例会のお知らせ

幹事の方からのメールを転載します。

イギリス史研究会のみなさま

※今回は、10月23日(日)に駿河台校舎でホームカミングデーが開催されることから、会場を和泉校舎(京王線・井の頭線明大前駅)に変更いたしました。駅から徒歩5~10分です。お間違えなきよう、よろしくお願いいたします。

イギリス史研究会第40回例会を下記の要領で開催いたします。今回は、近世・近代のイギリス東インド会社やコーンウォルのすず鉱業の歴史(女性史も含む)などを研究されている水井万里子氏にご報告をお願いしています。また、コメンテーターには、18世紀イギリスの議会政治史を中心に研究されている青木康氏と17世紀のラテン・アメリカ史、中南米国際商業史を研究されている伏見岳志氏にお引き受けいただきました。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。

なお、今回だけは事情により、会場は駿河台校舎ではなく和泉校舎(明大前駅)になります。くれぐれもお間違のないようお願いいたします。正門入って左手の新しい建物になります。12月開催予定の第41回例会については、後日改めてご案内をさせていただきます。そちらの方も奮ってご参加願います。何卒、宜しくお願いいたします。


日時: 10月22日(土)午後2時 ~ 午後6時
会場: 明治大学和泉校舎(京王線・井之頭線明大前駅)要注意!
 メディア棟304教室(3階)
報告者とテーマ
水井 万里子 氏(九州工業大学)
「近世・近代コーンウォル地域史研究の展望――すずの『資源連鎖』から――」
コメンテーター
青木 康 氏(立教大学文学部)
伏見 岳志 氏(慶応大学商学部)
[関連業績]
水井万里子「近世イギリスのスタナリ議会」青木康編『イギリス近世・近代史と議会制統治』吉田書店、2015年、253~276頁。
水井万里子「近代コーンウォルにみる女性たち―鉱業と移動の視点から―」水井万里子、杉浦未樹、伏見岳志、松井洋子編著『世界史のなかの女性たち』勉誠出版、2015年、74~83頁。

世話役: 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)
連絡先: 佐藤清隆 文学部

以下、水井万里子氏によるご報告の要旨です。ご参照下さい。

» Continue reading

|

いただきもの(海はいいね)

古い友人からいただきました。

2014年に立教大学で日本西洋史学会第64回大会が開催されました。ポスター発表が大々的にとりいれられ、部会発表のなかったあの大会です。いくつかシンポジウムが用意されていましたが、唯一、参加した「北大西洋海域の船をめぐる文化空間と海民のリテラシ——海を飼い馴らすために」を基盤の一つにしておられます。

シンポジウムは盛会で、開始時刻にわずかに遅刻しただけで席をさがすのに苦労しました。神奈川大学のシンタロウさんが会場係で、空席に案内していただいたことをおぼえています。本をくださった友人とわりと近い席になり、発表者のおひとりには現在も職場に非常勤にきていただいている(受講者数が前任者にくらべて10倍増という人気!)、ふしぎな縁(えにし)のある共同研究です。

この3月から、ブラタモリではないですが、地元の河川交通・海運に興味をもって文献あさりと現地歩きをしています。対象となる川は二つあり、うち一つの川のぼりはきつく、往年の人足のわらじには踵の部分がありません。常時、つま先立ちで荷船をひいていたからとの説明がされていました。もう一つの川は対照的に高低差がなく、いまだに氾濫をする海のような川です。交易の点でいえば、急流のほうは遠隔の点をむすび、ゆるやかなほうは近隣の平面をつなぎあわせる、などと比較するだけで楽しくなります。土だけでなく、流動する水を相手にする楽しさとでもいいましょうか。

そうした楽しさで先行している方々の研究から、楽しさをまたさがしだしたいと思います。
ありがとうございました。

20160917

田中きく代・阿河雄二郎・金澤周作(編)『海のリテラシー——北大西洋海域の「海民」の世界史』(創元社、2016年)。

|

ゼミ旅行の収穫

9月7日・8日と大阪まででかけてきました。名づけて「大阪 食いだおれツアー2016」です。台風13号とともに大阪に到着し、帰りもいっしょに静岡までおともする、という、まさに雨男・雨女の道行きとなるのを恐れておりましたけれど、両日とも8日の10時前後以外は天候にめぐまれ(奇跡!)、2年ぶりの楽しいゼミ旅行となりました。

2日目に中崎町商店街をブラブラしたあと、いかにも大阪的な(?)天神橋筋の商店街をぬけ、天満宮までまいりました。コロッケのおいしいお店があるところです。で、天満宮に裏門から(笑)入って浄め水に向かい、出会ったのが、↓でした。

20160912a 20160912b

一つ前のエントリとも関係する「さざれ石」です。現物をそれと意識して見たのははじめてかも (^^)/

|

先生からいただいた2冊の本

先生からいただいた本が今年だけで2冊になりました。1冊は『イギリス史10講』(岩波新書、初版第1冊は2013年)の7刷で、もう1冊は話題の新刊、古谷大輔・近藤和彦(編)『礫岩のようなヨーロッパ』(山川出版社)です。両方ともようやく通読はしたものの、あいかわらずだらだらとつづく日ごろの業務にくわえ、8月はじめにでかけた集中講義とその準備とあとのダメジからの回復(笑)でお礼を申しあげるのがおそくなってしまいました。

あらためて申しあげます。

ほんとうにありがとうございます。
2冊とも笑みをうかべながら楽しく、ときに嘆声をあげながら読みました。

今年度は人数がすくないこともあり、残念ながらべつの本をとりあげましたが、『イギリス10講』は一昨年、昨年度のゼミの3年生が1講ずつを担当して発表する課題図書でした。極端な感想をいう学生によれば、「字ばっかりで、ほんとむずかしいっ」らしいです(苦笑)。通史や概説であるから、新書や文庫であるから、といってなまくらに向かうと、旋回感をおぼえるのは、『世界歴史大系イギリス史2』や『西洋世界の歴史』(いずれも山川出版社)とおなじです。イギリス史入門としてはたしかにむずかしいかもしれないので、一度の読書ですべてを理解できなくてもよい、と彼ら彼女らに覚悟させています。ゼミの担当教員はわからなかったところをいっしょに考えるためにいるのですから。学部学生が精読や味読という読書法を身につける題材として、『10講』は格好です。

『民のモラル』(山川出版社)の大好きなアタシは、学生といっしょに読んでゆく『10講』のなかに、「イギリス人の歴史的与件」(p. 75)、「歴史的条件」(p. 134)、「長い一八世紀の秩序と政治文化の大前提」(p. 164)、「歴史的経験に照らしあわせて考え……」(p. 302)、「与件」(p. 303)を見つけてよろこんでいます。『民のモラル』の p. 272 にある、「このような『国民の特別の風習と性質』にたいして、与件として対応するしかなかった」といういいまわしと呼応しており、これはまた、「シャリヴァリ・文化・ホゥガース」『思想』740号(1986年)、p. 180 の「こうした文化にたいして“与件”として直面するしかなかった」でもありました。

『礫岩のようなヨーロッパ』は、最初に翻訳された論文を読み、それから序文にもどって通読しました。集中講義があいだにはさまり、福岡へ向かう新幹線の車中で、あるいは宿舎で、あるいは通勤の地下鉄の車内 → 毎朝に立ちよったスタバのテーブルでページをひらくのがわかっており、途切れ途切れの読書になると予想していたからです。ケーニヒスバーガやエリオット、グスタフソンのていねいな翻訳を読んでから全体を読むほうが、研究史的に適切かもしれないと考えたからでもありました。

先生の筆による序文は、こちらの体調が反映したか、前半部分は何となく拡散気味にうけとめてしまい、うつらうつらしてしまいました。しかし、ジェイムズの同君連合のでてくるあたり、後半に入ってから目が覚めました。メダルや Orbis non sufficit へぐっと集塊化、というよりも収斂してきた感じ。あわせて、礫岩のような状態、政体という把握が提案されていて思わずうなずいてしまいます。あわててカバーを見れば、本書の英語タイトルは、A Europe of Conglomerate Polities でした。

個々の論文を読み、気づいたことも「政体」につながります。国家(論)というと、なぜでしょうか、堅いというか、固いというか、容れ物/容器、形式、制度、無機質なイメージをもってしまいます。そのタイトルのついた研究を読んではあきらめ、別のを読んではちんぷんかんぷんになり、何度も挫折を味わってきました。あるいは、とても抽象的な概念というか、空中戦というか。ことばをどのように理解するかに精力がついやされ、つきてしまう挫折です。ところが、通読しても『礫岩』論集にはそれを感じません。もちろん、東ヨーロッパや北方ヨーロッパを専門的に勉強したことなどないのですから、本来は『10講』にむかうわがゼミ生のような惨状におちいっていながら、本人が自覚しなかっただけの可能性もあります ヾ(^。^*)まぁまぁ

通読できたのは、支配を、相対的な選択権であれ、えらぶ人びとが登場し、集塊化し、脱集塊化するうごき、右往左往する姿を読者として追いかけられたからかもしれません。「(複数の)人々の革命(the peoples' revolution)」(p. 153 ではアポストロフィのうしろにスペースが欠落しています)という議論に、自律的な、戦略性をもってうごく人びとが書かれているからでしょう、……たぶん。無茶を承知でひきつけると、王位にある人物がいても別の地にあって不在であれば、王妃宛てに恩赦嘆願をするのは当然であったと考えるか(読書前のアタシ)、あるいは、だれにいつ嘆願すれば効果的であると思案をめぐらせた可能性はないか(読書後のアタシ)、かな。

両書とも、読むことを楽しみ、読むことがはげみとなる本でした。

|

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民の協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会おいて、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国に主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

─────────────────────────
ふと憲法の前文を思いだし、書きとめておこうとキーボードをたたきました。一字一句を暗記をしていたわけではないですが、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三大原則は公民で習ったことをおぼえています。旧かながあったりするけれども、いい文章です。

ひさしぶりの投稿ですが、書写のようですね ヾ(^。^*)まぁまぁ

|

イギリス史研究会第39回例会のご案内

幹事の方からいただいたメールの一部を修整して登載します。

イギリス史研究会第39回例会のご案内

イギリス史研究会第39回例会を下記の要領で開催いたします。今回は、18・19世紀イギリスの科学・技術と社会の関係について、時間意識、時計技術、海軍における科学研究、探検や地図・海図作成など中心に研究されている石橋悠人氏にご報告をお願いしています。また、コメンテーターには、イギリス近代の海事や社会福祉の問題を中心に精力的に研究されている金澤周作氏にお引き受けいただきました。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。

なお、10月22日(土)開催予定の第40回例会は、水井万里子氏(九州工業大学)にご報告をお願いしています。詳細については後日改めてご案内をさせていただきます。そちらの方も奮ってご参加願います。何卒、宜しくお願いいたします。


日時  6月25日(土)午後2時 ~ 午後6時
会場  明治大学駿河台校舎リバティ・タワー1133番教室(13階)
報告者とテーマ
石橋 悠人 氏(新潟大学)
「時計時間の移植と管理――イギリス帝国の植民地天文台と時報技術」
コメンテーター
金澤 周作氏(京都大学)

[関連業績]
石橋悠人「19世紀イギリスにおける標準時の普及とその社会的影響――グリニッジ時報サー
ビスを事例に」『社会経済史学』 79巻4号、2014年
Ishibashi, Y. “In Pursuit of Accurate Timekeeping: Liverpool and Victorian Electrical Horology,” Annals of Science 71 (4), 2014.

世話役 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)

以下、石橋悠人氏によるご報告の要旨です。ご参照下さい。

» Continue reading

|

花は咲く

前の記事を書いてから雨がふり、染井吉野は散りましたが、一葉や紅豊、御衣黄や鬱金が盛りをむかえました。ゼミの学生と美術館カフェにケーキを食べにゆき、帰りに御衣黄を見あげたのが火曜日のことでした。

熊本の地を地震がおそったのはその2日後です。2005年の夏に家族で長崎から熊本を駆け足でしたが旅しました。水や木々の美しい城や公園をまわったのをおぼえています。古い建物がのこっているところは自然の脅威を感じさせない安心をもたらすものでしょう。静岡に住む者として、ちょっとうらやましかった。

でも、そうではなかった。

一度目のM6.4は静かにおちついて対応しているかのように見えました/自分がそう見たかった。余震もそのうちに減ってゆくだろうと希望的に想像していたかもしれません。16日未明のM7.3が本震になるなど、予想もしていませんでした。大分からも地震のニュースがはいってくるようになって、いまはただ、かの地の方々、とくに、旧い友人たちのぶじと安全を祈るばかりです。

いっしょに花をながめる日がくることを願います。

20160417a 20160417b

20160417c 20160417d

|

«老い、をい(笑)