二度目のご退職

恩師が二度目のご退職をむかえることになり、その記念の会がひらかれたのが3月31日でした。後任となる方も旧知の間柄なので、日ごろの出不精(デブ症ではない)のお詫びもかねて五反田まででかけたですが、「懇親会はでないからね」と尚さんにいったら不思議な顔をされました。まぁ、いろいろと宿題があってね ヾ(^。^*)まぁまぁ

往復ともに高速バスを30年ぶりくらいで利用しました。バスそのものは乗り心地をはじめとしてアタシが頻繁に利用した院生時代からは比べものにならないくらいよくなっています。ただし、渋滞に弱いのは変わっていません。春休み中の週末という今回も、往路は小一時間、復路も20分ほどの遅れでした。

会では大学院の先輩諸氏やご同業の方々、そして、恩師と後任の方とごあいさつできました。なにより、おこなわれた講演がおもしろかった。French leave と filer à l'anglaise にみられるような複合的な感情とか、イギリスとフランスの微妙な関係を説いたり、1970年前後からの知的な営みをふりかえったり、時効取得型と合理普遍主義という文明の2類型を上海租界の建物群に見たり、ほんとうに楽しい時間をすごせましたし、「こういう先生に惹かれてアタシは勉強しはじめたんだよな」と30数年前を思いだしました。(あとでダウンロードした会の写真に笑顔でうつっていらっしゃるのは、ごじしんも楽しく話しておられたのだろうと想像します。)

なんだかんだでふりまわされ、澹い顔でうつむいて歩く自分を、先生はいつも正気にもどらせてくださいます。かなり以前に、「この選択が根本的に大事だ」といわれたことをかみしめて、あたらしい年度をむかえることにしましょう。

|

「今後の勉強の参考にしたいので」うんぬんかんぬん

うらおもて13年にわたってつとめた教務委員をまもなく引退します。4度目の委員長は研究科も兼任でしたので、教授会のある火曜日は一度も欠席することができず、しかも、教授会 → 研究科委員会の順で開催される初っぱなからおわりまでつきあい、かといって教授会のない火曜日はゼミをやりますから、結局のところ、いきたかった展覧会をあきらめたことも一再ならずでした。土曜・日曜の上野公園あたりの混雑を思えば、平日にゆっくりと国立西洋美術館などを見てまわれるのは、わりと時間が自由な、しかし収入に辛いこの職業にゆるされた数少ない贅沢でしょう。来年度には、月曜休みの多い美術館・博物館へ隔月くらいでいけるかもしれません o(^o^)o

教務を終えるにあたり、ひとつだけあたらしい制度をつくりました。成績確認制度というものです。非常勤講師(「出稼ぎ」ともいう)先の某大学では雇われた3年前にすでに運用されていましたし、昨夏のGB長のおみやげは長○県立大学の「成績異議申立書」の写しでした。息子2号にたずねたところ、1年生のころに利用したことがあるといっていました。つまり、印象ではありますが、制度をもうけている大学がそこここにある気がします。もちろん、様子見の多いわが社はいかなる部局にもありません。

画策していたのは秋口のころで、いいぐあいに事件がありました。成績のつけまちがいがいです。受講生の多い科目でしたから、「やらかしましたね」度も高かった。オムニバス形式の授業で、評価点の算出方法の軽度なミスでしたけれど、200人弱に影響がおよびました。

じつは、アタシの担当しているオムニバス形式の授業でも1年前につけまちがいがありました。90点を0点にしたとかいう、おそらくはキーボード操作のあやまりに起因したものです。対象者が200人弱と1人という大きなちがいはあり、あとケアの規模にもそれにともなう人的な労力にも大差が生じますが、しかし、「あってはいけないよね」という点でやらかしぐあいは変わらないかと思います。

秋口の事件を反省する気運も手伝ってくれたのか、こういう制度をつくりますという提案は、制度の運営方法などのなかみはモヤッとしかあかさないままでも、ほぼ反対なく是認されたのでした。一言居士の目立つわが社ではめずらしいです。つけられた意見は、事務方の負担増を避けるべきとか、いま現在でこういう対応をとっているとか、前向きなものばかりで、何か拍子抜け感すらもただよいます ヾ(^。^*)まぁまぁ

そのあとは内規づくりです。あちらこちらの文言を拝借して――こういう作業は作文でなく、借文にすぎません。パクりともいう。ちなみに、アタシの英作文はほとんどが英借文になっています σ(^◇^;)――でっちあげました。そういえば、おなじころにシラバス作成のガイドラインをつくってくれといわれ、これまたあちらこちらの文言を拝借し、1日ででっちあげたのはナイショにしておいてください。この内規案については、漢字にしろ、「原則として」なら原則からはずれる事例を示せ、て・に・を・はをかえろ、こっちの表現にしろ、とかいう相変わらずのツッコミが入りまして、静岡弁でいう「やっきり」したですが、漢字が多いと画面が黒くなって読みにくい、内規に事例はいらない、て・に・を・ははそれじたいがレトリックである、他大学でつかわれる定型表現にしたがう、といって切りぬけ、さらにとどめに「これは内規条文でなく、手続きにかんする申しあわせとしておいて、文言を確定させた条文は制度をしばらく運用したのちにきめる」なる経験主義への誘導策を弄して、決定してもらいました。

ついにできた、めでたし、めでたし、です。紙媒体シラバスの追放はできなかったけれどな。

長いので、ここから先は「続きを読む」に移動させます。

» Continue reading

|

今川さん

じつは今川さん製作委員会の会員です。住まいの近くに臨済寺がありまして、春と秋にお堂が公開されるおりにはおとずれていたりします。まぁ、家康よりは義元や氏真のほうがいいかな。

トークセッションがあるとのことです。委員会からのお知らせの一部を変更して転載します。

─────────────────────────(ここから
こんにちは、今川さん製作委員会です。

第二回今川トークセッションの開催が3月25日(日)に決まりましたのでお知らせします。

今回は郷土史家である曽根辰雄氏をパネリストに招き、「掛川城で降伏した蹴鞠名人 ~第十代氏真のその後」というテーマのもと、今川家の基礎からちょっとマニアックな話までを語り合います。

定員は約50名、先着順となります。お早めにお申し込みください。

詳しくはリンク先、今川新聞ウェブ版をご覧下さい。
http://imagawa.press/?p=394

【第二回今川トークセッション】
開催日時:3月25日(日)
 トークセッション  17:00 〜 19:00(参加料:1,000円)
 ※学生およびNPO法人今川さん製作委員会会員は500円
 懇親会  19:00 〜 20:30(参加料:3,000円/料理・ソフトドリンク付き)
 ※トークセッションのみの参加も可
会場:日本料理うおかね(静岡市葵区馬場町33番地)
会費:トークセッション:1,000円/懇親会:3,000円
対象:どなたでも(50名程度)
申込方法:今川さん製作委員会まで、またはメールフォームよりお申込みください。
 ※懇親会への参加/不参加についても希望をご記入ください。
申込〆切:満員になり次第

どうぞよろしくお願いいたします。

今川さん製作委員会
─────────────────────────(ここまで

まだまだ幼弱なNPOです。ご関心の向きにはぜひご協力をお願いします。

|

名古屋近代イギリス研究会(3月7日)のお知らせ

研究会の幹事をつとめてくださっている方からのメールに一部の補修をほどこして転載します。


みなさま

奥田@名古屋市立大学です。
今年は例年になく寒い冬となっておりますが、みなさまにはいかがお過ごしでしょうか。
春の訪れが待ち遠しく思われます。

さて、3月7日に以下の要領で、名古屋近代イギリス研究会を開催いたします。
やや、日が迫ってからのご連絡になりましたこと、お詫び申し上げます。
春休み中で、みなさま、ご研究の計画をお持ちとは存じますが、こちらもふるってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。
なお、研究会終了後には、懇親会も予定されております。こちらも是非ご参加くださいませ。
懇親会の出欠のご連絡は、大野さんにお願いいたします。

では3月にお目にかかることを楽しみにしております。

**********************
<名古屋近代イギリス研究会案内>

開催日時: 2018年3月7日(水)14:00-18:00
会  場: 「ウィンク愛知」(愛知県産業労働センター)15F
      愛知県立大学サテライトキャンパス
      (〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

発  表:
(1) 川名 雄一郎(早稲田大学)
 「19世紀前半のイギリスにおける科学と社会――骨相学を事例としてーー」
(2) 江里口 拓(西南学院大学)
  「LSE創設期における社会科学方法論――ウェッブ夫妻。ホブハウス、ベヴァリッジにおける生物学と「社会学」」

備考: ・この研究会は、科研費共同研究「近代イギリスにおける科学の制度化と公共圏」
      (代表者:大野誠)の研究会を公開して行うものです。
     ・終了後に懇親会を開催します。参加希望の場合は2月28日(水)正午までに大野へご連絡ください。

連絡先: 愛知県立大学外国語学部(教授)大野誠

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学 人間文化研究科

Nobuko OKUDA
Graduate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City University
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

|

特別講義「2人の女性首相から見るイギリス政治とジェンダー」

名古屋市立大学から奥田伸子さんをお招きし、特別講義を開催します。どなたでも聴講することができますので、ふるってご参加ください。よろしくお願いいたします。

日時:2018年1月29日(月)14時40分から
場所:静岡県立大学国際関係学部棟1階3108講義室
アクセスのご案内は↓こちらをご覧ください。
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/guide/access/
講師と講義タイトル:
 奥田伸子氏(名古屋市立大学)
 2人の女性首相から見るイギリス政治とジェンダー
  サッチャーとメイを手がかりに、イギリス国会における女性下院議員の歴史に光をあてます。

フライアです → 「20180129Okuda.pages.pdf」をダウンロード

|

春風献上

 春 風 献 上

 幸多き新春をお迎えのこととおよろこび申しあげます。

 昨夏には平泉から仙台を旅行しました。生まれてはじめておとずれた東北の地です。毛越寺の大泉が池や北上川の水の豊かさにおどろき、松島の景観や青葉山公園からの眺めにこころをうばわれました。

 家族は変わらず元気にすごしています。恭輔はなかなかあたらしい仕事が見つからず、アルバイトの日々ですが、清水エスパルスの観戦サークルに入りました。一生は大学間の共同研究にかかわる経験にめぐまれ、修士をぶじに修了できそうです。意外なことに地元で就職します。尚子は1冊目の朱印帳がすべて埋まりました。つぎはどこでいただきましょうか。

 本年も変わらぬご交誼のほど、よろしくお願い申しあげます。
 2018年1月

20170910_151324 20170912_095722

|

人物本位の ヽ(。_゜)ノヘッ?

いまの職場にきてこの10月から21年目になりました。立派に成人しちゃった ヾ(^。^*)まぁまぁ

20年前にいたところでは3種類の推薦入試がありました。指定校の特別、指定校の一般、一般です。これはいわば試験者に楽な順にもなっていて、とおし、ほぼとおし、成績しだい、でした。だいじなのは高校側の評価で、つぎに成績表にある評定平均値やここ数年の歩留まりなどを勘案していたように記憶しています。推薦入試にお決まりのようにある面接はほぼ形式的なものにすぎず、指定校の特別では評価もしていません。ほかの二つはABCの3段階評価をするだけであり、問題がなければBをつけ、とてつもなくすばらしければ(ほぼない)Aをつけ、逆にきわめてひどいとき(無言でとおすとか)にCでした。同僚や執行部の方々からは、面接が主観に左右される試験であり、わずか10分で合否判断はできない、というそれなりに合理的な根拠でこのようにしていると聞かされたものです。

この20年間で面接にたずさわったのは1,2回しかなく、経験豊富とはいえません。ただし、いまの職場は面接を点数化しています。しかも1点きざみ (/--)/

端的にすげえな、と思います。アタシは学生のレポートでさえ、+と-はあるものの、基本的にABC&Fでしか採点できません。それを100段階でつけるわけですから、やはりすげえ (O_O)
客観的に(みえる)数字が示されるのは説得力が増すことでしょう。まっとうに試験をしているわけですから、妙な横やりを入れられたくはないです。

それでもやはり、アタシには無理でしょう。いろいろな面接をやってきたけれど、人を見た目で判断することはまったく不得手みたい。

|

«二人の技術者