« 雪だっ! | Main | わぉ、なんてこったい »

文書館事情

今朝はまだうっすらと雪がのこっていました。風も強くて寒い。
050202
『現代史研究』の抜刷「イギリス文書館事情――二つの地方文書館を中心に」をいただいたので拝読しました。午前中にECCO(Eighteenth Century Collenction Online)から大量のPDF文書をダウンロードしながらでしたが、やはり現物を見て考える時間も絶対に必要ですし、NA(National Archives)のカタログでさえ、すべてが電子化されてはいないですから、こうした情報は不可欠です。文書館も利用する側の変化(19世紀末から何回目かの波)に対応して変わりつつあるのを感じました。経験は多くありませんが、ロンドン自治体記録文書室(Corporation of London Records Office)ロンドン首都文書館(London Metropolitan Archives)をおとずれるだけでも、文書館事情の多様性の一端はうかがえるはずです。

【書類】出張の復命書を科研費担当の経理の方へ提出。

【教務】文書化されていない学部内規をテキスト入力。
【教務】同上。様式のある文書のフォーマットを MS Word で作成。
【教務】次回の学部委員会の開催通知をメーリングリストで流す。
【教務】「ゼミ難民」になってしまった学生がたずねてきたので対応。

|

« 雪だっ! | Main | わぉ、なんてこったい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/2783230

Listed below are links to weblogs that reference 文書館事情:

« 雪だっ! | Main | わぉ、なんてこったい »