« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

Masala

masalaわが指導教官、今度はマサーラにおでかけのようで……、おなつかしゅうございます。

↓ マサーラ情報はこちらにも

http://www.viewlondon.co.uk/info_restaurant_3684.html
夕食にインド料理は?


【教務のお局】ガイダンス日程の問い合わせに対応。

【授業】卒業研究の相談。ゲーリック・フットボールに発露するアイルランド国民性の問題……かな。

【?】コピー機更新のお知らせ内容の相談に対応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Troubadour

わが指導教官は The Troubadour にいらっしゃるそうです。アールズ・コート駅の南、オールド・ブロンプトン・ロードに沿ってある珈琲ハウス/カフェと思います。外からアンティークのならんでいる店をみたことがあるだけで、入ったことはないですけど、ツェッペリンのファンなら誰でも知ってるはず。
← てか、いまはツェッペリンそのものを知らない人も…… (^_^;)

【授業】学務スタッフの方より電話で、消息不明の学生についての情報をうかがう。

【教務(のお局)← 笑】大学院生の指導教員の連絡先についての問い合わせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仲良きことは美しき哉

050326このペア人形は、なんとなく愛嬌があって好きです。

恭さんが中学生になるのを機に、一生さんとの共有をやめて、それぞれに独立した部屋をあたえることにしました。その余波で、とくに尚さんのもちものが廃棄処分の憂き目にあい、このペア人形もゴミ箱に入っていたでした。かわいそうだったので、尚さんにはないしょでひきとり、本棚にならんでもらったです。余生を教員室ですごすとは思いもよらなかった (?_?)

さて、今月末には購入したベッドもとどくはずで、ひと部屋ずつをあたえられる二人は、どのような反応を見せるでしょうか。いままで一人で寝たことすらないのが不安です……。でもそのうち、父とは口もきかずに部屋にこもるようになるでしょうね。中学2年くらいから、あたしはそうだったなぁ。

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ううっっ……USBフラッシュメモリ

050325卒業記念パーティ(「謝恩会」というそうですけど、好きでない)を着任してからはじめて欠席しました。でも、プレゼントをもらっちゃいました。ありがたいことです。
← さっそくあけてみた。ううっっ……USBフラッシュメモリだ……

さて、ここで問題です。「ううっっ」はつぎのどの意味でしょう。

1. ううっっれしーな。らんらん (^_^)
2. ううっっとーしーな。まったく (`_´)
3. ううっったら、いくらになるかな。へへへ _(‥)
4. ううっっ……、うぱぁ (/--)/


【教務】委員会のメーリングリスト更新をしていただく。
 ※あたしは更新の確認作業をしただけ。とっても楽チンで申し訳ないくらい <(_ _)>
【教務】コース助手の方より、英語クラスの時間割について問い合わせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春雷

夕刻、春雷を聞く。

【教務】大学院の教務委員の先生と、科目の通年制について確認。
【教務】ガイダンス日程について、確認の返事のなかったコースの先生から変更をもとめるメールを受信。
【教務】同上。変更内容について電話で確認。
【教務】同上。学務スタッフの担当者の方へ、電話で変更をお願いする。
【教務】3人の先生方に、ガイダンスでの説明を依頼するメールを送付。
【教務】同上。1名の先生よりお返事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Rくんの点検

050323 ← 点検中の待合室でお勉強

自動車の話題は得意でないですけど、Rくんの法定12ヶ月点検にいきました。走行距離が今度の梅雨のころに5万キロになりそうで、ファンベルトなどが不安だったからです。あと、最近は路上に妙なモノがおちていて、一度、板きれをはじいて底面に衝撃をうけたこともありました。折りたたみ椅子とか、踏み台梯子とか、鉄板とか、とんでもないモノをおとしてゆく人がいるです (▼▼メ)

点検の結果ですけど――1時間ほど、といわれたのに1時間40分以上も待たされた――、バッテリがへたっていたのと、ワイパーのゴムが劣化していた以外は問題なしでした。でも、三菱だけに油断はできない (^_^;)

【教務】「ゼミ難民」について、学務スタッフの方からの問い合わせに対応。
【教務】同上。新旧の教務委員の方へご連絡。
【教務】成績不振の学生について、連絡内容を学務スタッフの方と確認。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2年連続で雨ふり

050322 ← 証書をわたす直前の学部棟

今日は仕事場の卒業式です。昨年にひきつづいて、お天気はあいにくの雨です。でも、式会場への入場は、そとではしゃぐ場所のない分、スムースだったかも。

毎年のことですけど、あたしには卒業式に出席する学生さんの気持ちがよくわからない。卒業したところが、予定者全員を出席させるとパンクする会場しかない大学だったから、大学当局も学生もおたがいに全員がいないことを当然に考えていた雰囲気をいまだに愛しているのかもしれない。結局、入学式から大学院の修士修了式まで1回もでてなくて、もらったものは証書をふくめて全部をなくしてしまって……。たぶん、式じたいはどうでもよかったので、その関連物もどうでもよかったみたい。

もうチョイと若かったころは、袴なんて目の敵にしてましたが、このごろはこれもどうでもよくなってきました。それでも、それ以外の服装の卒業生をみると、そちらに共感してしまいます。今日はついぞ見かけなかったけどねぇ(苦笑)。

【教務】学部教務委員会 15:00〜16:10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書架

bookshelf仕事場の書架をすこし整理しました。奥行きに余裕のあるタイプですから、例によって二重にし、訳書を原著とおなじ段におきました。すべてに訳書が出版されると身動きがとれなくなりますけど、それはありえませんので、あと2,3年は書籍や史料のの置き場所でこまることはないでしょう。こうやって毎年、モノがたまってゆく状況は根本的にどうなるわけでもありません。確実に仕事場の自由な空間を蚕食されつつ、その場しのぎをつみかさねるしかないです (/--)/

【元図書館情報】現在の委員の先生より、図書未返却の卒業予定者への昨年度の対応をきかれる。

【教務】同上。図書未返却者の所属ゼミを確認して、ご連絡する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

卒業式

050317 ← これからでかけます。
家族で長久手町から静岡へ引越しした年、恭輔さんは市立安東小学校の1年生になりました。そして6年がすぎた今日、卒業式です。
長久手東保育園のときは、最初の1ヶ月間、“登園拒否”をしましたので、ふたたびまったく知った人のいない空間へほうりこまれて、適応できないかもしれないと心配しました。1年生のときは、小学校の目の前までいっしょに手をつないで送ってゆき、無事に校門にはいるのをみとどける毎日でした。ランドセルのほうが大きくみえていたのを思いだします。
背はいまでも小さいほうですけど、友だちから信頼されるところもあるようになりました。父がいちいちいうことも、これから少なくなるでしょう(というか、なってほしい)。今朝はネクタイをしめるのが、唯一の手伝いでした。ゆっくり、しっかり、大きくなーれ。

【PC実習室運用】PC実習室の閉鎖期間についてたずねてきた学生に対応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

任期終了

本日、2度の委員会を開催してひきつぎをおこない、任期を終了しました。以前にある方から停年をひかえていただいた賀状には、“大過”とは職を辞めなければならないほどの大事であり、辞めずにすんだけれども、まわりには“中過”や“小過”くらいはかぎりなくあっただろう、としたためられていました。おなじような気持ちです。職階が上位の方がするべき仕事でしたから、ぼくがやったことで、対内・対外的になめられたこともあるでしょう。“過”や“禍”をのこしてもいるだろう、と。おわってホッとしたのも半分、申し訳ないというのも半分です。

【教務】学部教務委員会 11:00〜11:50;16:10〜16:30

【会議】コース会議 12:30〜13:10
【会議】教授会 13:30〜15:30
【会議】研究科委員会 15:40〜16:10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BJC400-J の引退

050314a

050314b ← 大量の印刷

@nifty がまだ NIFTY-Serve だったころ、PCや周辺機器がほしくなると、「売ります、買います」コーナをキャラクタ・ベースの通信ソフト(名前はたしか「まいと〜く」。GUI しか知らない人たちには謎めいたものでしかない)で眺めていました。そうやって、はじめて手にいれたのが Canon BJC400-J です。1995年の春のことでした。10年弱、ほんとうに故障知らずの働き者でした。つかえたPCは、EPSON 486 Note, Apple Macintosh 4400, SHARP Mebius PJ-100S の3台、とくにマックのときはほぼこれだけが印刷手段でしたね。
今日、ひさしぶりに Mebius につないで大量の印刷をこころみている最中に、ピキーン、キュルキュルキュル(変な擬音語)という悲鳴とともにうごかなくなりました。動こうとはするですが、インクカートリッジを移動させられない。働き者は最後まで前向きに倒れてゆきました。ありがと (>_<)ヽ ナケルゼェ (^_^)/~~

【会議】全学教務委員会 13:30〜14:40

【教務】教授会報告資料の作成 → 学務主幹へ提出
【教務】学部教務委員会資料の作成 → 印刷。書けば、1行ですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

また風邪 ひいただよ

050312春なのにかすんでいない富士山がみえました。真冬なみの寒気が日本列島に流入しているらしいです。
そのためか、またまた体調不良です。風邪 ひいて、ずるずる、げほごほ状態。今冬はこれで都合5回目なので、正真正銘の不良になってしまいました。愚連てないで、お天道さんのもとで歩むことのできるまっとうな人の道にもどりたい。
それとも、これはずーっとおなじ一つの病気になっていて、症状が一進一退をくり返してるでしょうか。そうだとすると、かなり恐いです。昨年の11月中旬からですので、かれこれ4ヶ月弱になります。消耗戦は悲惨だから、電光石火で勝負をつけてほしいものです。

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐いです

050311ふつうに昇降する階段ですけど、よーくみると、手すりが細いし、安全網もない。これって、相当に恐いです。写真をみるだけで冷や汗がでそう (^_^;)
なにせ、歩道橋でさえも歩くのを避けたがるくらいの高所恐怖症(acrophobia)ですから。階段そのものが鉄骨むきだしタイプだったら、まちがいなくへたりこみます。このタイプの階段では、かならず壁側を歩く人です。お願いですから、道をゆずってください <(_ _)>

【教務】他学部の読み替え科目にかんして、当該コースの教務委員の先生よりお返事をいただく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いちおう2004年分の確定申告

050310 ← 確定申告会場の看板

国税庁のサイトにアクセスして数字を入れ、それを Canon PIXUS iP4100 で印刷して確定申告書をつくりました。1ヶ月以上も前のことです。申告して納税しなければならないので、いく気がおこりませんでした。納めなければならないのは最初からわかっていたですけど、いざとなるとね、ちょっとためらってしまうです (;^_^A
勇気をだして(どんな勇気かいな)、今日、この看板の会場へ突入しました。オイラのように「2ヶ所以上からの給与収入」の場合、申告書がつくってあれば、裏に源泉徴収票を糊づけするだけですから、3分とかかりません。年収1000万円以上とか、土地を買った、家を買ったってわけじゃないので、さびしいくらいに簡単です。でも、お金を納めなくちゃいけない……。今年は配偶者特別控除がなくなったから、負担増の感覚が強い……。

あのぅ、まっとうに暮らしてるですから、すこしはまかりませんか?

納付書をもらって、仕事場のちかくの郵便局から振り込みました。いちおう公務員なので、こういう務めはさぼれません。ついでに、今日もいちおう有給休暇をとっていったことを記しておきます。いちおうですよ、い・ち・お・う

【教務】卒業研究履修資格判定の原案ファイルを受領 → 確認。
【教務】同上。修正の必要な箇所を学務スタッフの方へ電話連絡。
【教務】学務スタッフの方より、休学者の復学確認のメール → 返信。

【?】コース世話人の先生と各種委員について情報交換。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

E・P・トムスンの記事

今週は校務をできるだけ回避する作戦です。そろそろやらないとヤバイ、と感じるところがありますので。無茶をいわれているところもありますので。それでも前に逃げるしかない、と思うところがありますので。
風邪にも負けず、頭痛にも負けず、でも、眠気に負けて昼寝しております !!☆/(x_x)

さて、H-Net で配信されたなかに、'TLS article - Collini on E.P. Thompson' なるタイトルがあり、リンクをたどって読んでみました。『イングランド労働階級の形成』をおもにあつかい、1940年代に大学で学んだ者の共通性をいうのはよいけれど、ぼくの読みちがいでないなら、E・P・トムスンの仕事は産業革命の生活水準論争に還元されちゃうのか。せっかく古典に祭りあげるのでなく、再評価をうったえているのだから、もうすこしゆたかな可能性を示してくれてもいい気がした。

【教務】他学部の読み替え科目の配当年次について、学務スタッフの方から確認のメール。
【教務】同上。関連するコースの教務委員の先生に確認を依頼するメールを送付。
【教務】同上。学務スタッフの方へは、ひとまず現状のままでよいとお返事。
【教務】卒業研究履修資格の「地域言語」について、学務スタッフの方から確認のメール → 返信。

【書類】有給休暇届。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oxford DNB

Oxford DNB の昨日のトップ(というか、Life of the Week というサーヴィス)は、John Sheppard でした。別名の「ジャック」のほうがよく知られていますけど、ニューゲイト監獄から2度も脱走した若い窃盗犯です。タイバンで処刑されたのは1724年、22歳のことでした。この人物については、非常に多くの伝記物が処刑の直後に書かれており、Jonathan Wild などとおなじように文学研究の対象にもなっています。ぼくにとって興味深いのは、かれが処刑台で John Applebee に「死を前にしてのことば」の印刷を託し、これこそが本物であると群衆を前に叫んだという逸話です。著者の真筆であることの究極の太鼓判ですけど、それでも多くの海賊版が出版されて、おそらくよく売れています。こういう現象をどのように解釈したらよいでしょうか。

シェパードよりも前の時期の事例をあつかった監獄付き牧師、ポール・ロレインの『談』を読みながら、派生的な問題として、著者であること(匿名でも偽名でもないこと)、あるいは伝記の信憑性の確立について考えたりします。『談』は支配的なイデオロギーの作品でもあるので、できるだけ単純な筋書きですすめるのが得策ですけれど、それとはそぐわない犯罪者個人の特定的なできごと、経歴がかならず入ってきます。【たとえば、教育をうけなかったと書くと、無学・無宗教者=犯罪者という図式が成立すると同時に、教育をうけたエリートは法を逃れられるというメッセージをあたえることにもなりかねない。】そうした部分がないと売れなかったのではないか、と想像していますが、なかなか簡単にはまとまりません。当局にとっての典型性と個々の人生の特異性、その両方にひっぱられたのが一連の伝記なのかな……。うう、まだ明晰なことばにできない……。


【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はやくも春眠 (-_ゞ

昨日の名古屋行きがたたったか、足腰にちょっとしたハリがあります。午後3時30分ころから5時ころ、午後6時から9時30分ころまで立ちっぱなしで、しかもいつもは履かないかかとのある靴をつかっていたので、バランスを崩しましたか……。おかげで今日は眠いこと、この上なし。
気候がゆるんでくると副交感神経が活発になります。で、眠くなるですが、まだ3月もはじめの早春で「春とは名のみ」の時期なのに。せっかくおもしろい本を読んでいるので、ねばれるだけねばって、爆睡しよう (-_\) (/_-)

【書類】来年度の非常勤の兼業願一式を作成 → 提出。
【書類】個人データの訂正票を作成 → 提出
【書類】自動車駐車許可証の更新書類を作成 → 提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

縦書きエディタ

秀丸エディタが縦書きに対応したとのことです。CoolMint や QX エディタでは以前から可能でしたけどね。いまぼくが秀丸をつかってない理由は、行間設定のしづらさです。EmEditor に慣れてしまったので、その環境を再構築するのが面倒だ!というのも、かなりあるかな。

【教務】学務スタッフの方より、卒業式についての問いあわせ → お返事の電話。
【教務】前回の学部委員会での提案について確認にこられた先生に対応。
【教務】来年度のガイダンス日程について確認のすんだことを、担当の学務スタッフの方へご連絡。
【教務】来年度の体制について、何人かの先生方および学部長と協議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さらば、友よ!って

050301a050301b050301c今年度末にご栄転されるお二人の学部歓送会がおこなわれたあと、草薙駅前の「花咲」で2次会をしました。あたしは、1次会でほとんど手つかずで残っていたフルーツの皿をかなり食べ尽くしましたので、おなかがふくれてたんですけど、のこり7人の面子のみなさんはけっこう食べたです。午後10時すぎに「ビビンバ」を頼めるのは、ある意味ですごいっすね。

【会議】臨時教授会 15:00〜16:30

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »