« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

体調 いとわろし

愛知県立大学での集中講義第1日目が終了しました。内容はともかく、設備と体調面で「いとわろし」です。前者については、こちらからお願いしていなかった事情もあり、教務課の方には最善の対応をしていただけました。ふつうのRGBケーブルでなく、特殊な五つ又のカラー信号分離型のケーブルを使用したり、プロジェクタの照度が足りず、教室の照明をすべて落とさないと画面が見えなかったりするのには、やや面食らっていますが、もちろん充分に対応できる範囲です。これでもこの仕事で10年以上も飯を食っていますので。

ただ体調面はいかんともしがたいみたいです。昨日、東名高速道路に入ってすぐに右足がつりました。のっけから不安なドライヴです。案の定、雨中の東名牧ノ原ICをすぎてめまいを感じ、すぐに偏頭痛がきました。平衡感覚がなくなってしまう気がして、直近の小笠原PAで休憩してやりすごしました。今朝はひどい下痢が襲来、午後3時くらいの授業時には胃酸がこみあげました。いつもは何日かおきにバラバラに襲ってくる症状にとどまるですが、一気にきたってことは、それだけ夏の疲れがたまったためかもしれません。冷たいものはできるだけ避けて、制酸胃腸薬を飲んで、それからできるだけゆっくり寝て、のこり2日間をしのぎたいと思います。

とはいうものの、せっかく長久手まできましたので、かつていったパスタ屋や寿司屋、それからリニモにはぜひとも乗っておきたいところです。


【授業】愛知県大非常勤「イギリスの歴史B」10:20〜12:00,13:20〜17:30
【授業】同上。レポート締切と成績提出について、教務課の方と交渉。
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」のレポート受領の返信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイでピッ!と

明晩より、長久手町にまいります。万博開催中の混雑が不安ですので、前日より職員寮へ宿泊させていただきます。授業の準備はほぼ終了しており、ファイルもネット上にアップして、あとは本番だけです。その一方で、事務的な手続きにかんして、昨年末のオイラはカレンダさえ確認できないような体たらくで、日程にまちがいの多い書類を送ってしまっていました。けれど、ていねいに事務の方が対応してくださり、授業日なのに忘れているとか、いったのに宿泊する場所がないとか、というお粗末な事態にたちいたらずにすみました。今日の電話で確認できてホッとしてます。ありがたいことです (^_^)

さて、オイラのケータイはドコモの3G,FOMA F900iC です。非接触型ICカード FeliCa を内蔵して Edy という電子マネーをつかえます。いわゆる「おサイフケータイ」です。ところが、静岡にいるかぎり、こいつの出番はコンビニのサークルK&サンクスくらいしかありません。おまけに、通勤路にサークルKはなく、つい先日の長崎・熊本旅行まで、一度もおサイフケータイとしてつかったことがなかったわけです。

旅行は全日空をつかいましたので、まず羽田空港で「ピッ!と」してコーヒーを飲みました。う〜ん、気分がよいです。ついで、長崎ハウステンボスでは、おみやげ物、間食用のお菓子、ジュース類で「ピッ!と」しました。帰りの熊本空港でも「ピッ!と」して牛乳を買い、お腹をスッキリさせました。セキュリティはやや弱いですけれど、大金を入れるわけではありませんので、つかい場所さえあれば、なかなか便利です。まだ全国で20,000店ほどの展開にとどまっていて、ほんとうにサイフ代わりになるレヴェルとはいえる環境にはなっていません。ところが、名古屋地区は意外にこのおサイフがつかえそうです。松坂屋ストア、めいてつエムザ、名鉄セブン(たぶん「ななちゃん人形」のところ)、大須商店街など、けっこうな展開です。藤が丘のあたりも、かなりのお店でつかえるようになっています。これはけっこう楽しめそうです。


【授業】愛知県大の集中講義の準備。
【授業】同上。事務的な手続きについて、電話で確認。
【PC実習室運用】研究科長に実習室の機器更新と院生室の部屋割りについて、ご相談。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

押せ押せです

050827笠雲?

ひさしぶりにお仕事をしているので、こちらに投稿します。といっても、休暇中だったわけではありません。

8月31日より、愛知県立大学へ集中講義にまいりますので、そのパワポ・ファイルを作成しています。あくまで、自分がしゃべる補助、またはメモ・板書代わりですから、そちらの作成はさほど時間はとらないですけれど、前期の本務とおなじように、講義資料もいっしょに Acrobat でファイル(pdf)化してウェブ配付を目論んでいまして、あれもこれもと欲張ってしまうために仕事がすすみません (;_;)
このままですと、徒歩15分圏内にコンビニが1軒もないという愛知県大職員寮で、夜中にスキャナやコピーマシンをもとめて彷徨わなければならなくなります。これまでの経験から無茶ともいえるこの情況は避けたいですので、dynabook とともに仕事をもちかえり、今宵から明日でしあげたいと思います。

さて、話はかわりますが、連合王国へ留学中のMさんのウェブログに史資料についてコメントしたところ、

> 一見必要じゃないものほど、実は大きな鍵をにぎっていることがあるのに…って推理小説の読みすぎでしょうか。

というお返事をいただきました。なるほど、これはするどい指摘です!

いま必要でなくても、あとの時代には必要になる、そういう史料がのこっていないために、どれだけ煮え湯を飲まされてきたことか。あたしが読んでいる18世紀はじめのビラでも、何千枚という単位で印刷されていたはずなのに、BLに1枚、Bodleian にべつの1枚、John Rylands にさらにべつの1枚くらいしかのこされていない。それこそ、読んだあとはトイペーみたいにあつかわれて、ほとんどの人は、後世の誰かがつかうなんて思いもしなかったのでしょう。いまこのときだって、たとえば、新聞記事はマイクロやデジタル媒体で保管されるものの、職場の図書館の現物は5年で廃棄されます。さらには、新聞の折りこみ広告・チラシなんてだれも保管してません。あたしは20年ほど前、ある方から示唆されて、東急ハンズの折り込み広告を20号くらいまで現物をとっておいたことがあります。日々の物欲をかきたてたり、1円でも安く!と目を皿のようにして商品を探させたりする、この媒体は、20世紀後半から21世紀(のいつまでかしらないけれど)にかけての消費文化を語るうえで重要な証人たり得るものではないでしょうか。20年前にくらべたら、いまはデジカメで撮影しておけばよいのですから……、だれかやらないかなぁ。


【授業】愛知県立大学での集中講義の準備。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

馬の背をわける

ここのところ、安定した夏の晴天となりません。静岡は「晴れときどき雨」という予報がつづき、今日は昼にはげしい雷雨がありました。職場の廊下からみると、

050819

↑ のような光景が目にとまり、あわてて部屋からデジカメをもってきて撮影しました。うつっている山は有度山(日本平丘陵)です。その向こう側は久能海岸、おそらくそのあたりは晴れていたのでしょう。

こうした“お天気雷雨?”経験は、記憶のかぎり、一度だけあります。以前、長久手町に住まっていたころ、東名高速道路をくぐって通勤していたですが、その南側がひどい雷雨だったのにもかかわらず、高速道路をくぐって北側にでるとまったく路面が乾いていた、というものでした。なるほど、こういう状態を“夕立が馬の背をわける”というのか、と感じ入ったしだいです。

静岡市は、北側に赤石山脈(南アルプス)、南側に上記の日本平丘陵、東は由比のあたりで山地が海に接し、西は日本坂トンネルのある日坂、その向こう側に小笠原台地という、山地や丘陵に四方をかこまれたところに位置しています。北の高い山地のおかげで、めったに雪がふらないのはよく知られていますけれど、西からの伊吹おろしがブロックされたり、南からの海風がふせがれたりするわけで、気象が予想しにくいところです。馬の背をわけるところまではいかずとも、日坂をはさんだ焼津と静岡で天候の異なることは稀ではありません。その土地で変化がはげしいというより、隣接地域からの類推(ふつう、西から東へ天候は変わりますよね)がむつかしい気がします。

チャリ通勤のときは、よく空を見上げますけれど、カッパは自宅にも職場にも常備しておかねばなりません。もちろん、日本列島全体がすっぽりと高気圧におおわれているときは問題ないですけど……。それでも、晴れた空を見上げると、気分は爽快になり、頭痛予防になります。これはこれで、天気の心配というよりも、一種の健康法かもしれませんね。


【授業】後期時間割の教室変更を学務スタッフの方に依頼。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

メールサーヴァ停止

以下のような事情で、はやくても明日の夜、おそいと明後日の夜まで、職場あてのメールは受信ができません。ご用の方は、@nifty のアドレスへお願いします。掲示板やここへのコメントでもけっこうです。ご面倒をおかけします <(_ _)>


メールサーバ停止のお知らせ

メンテナンスの為下記の日程でメールサーバを停止します。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力よろしくお願い致します。更新作業時は、メールが利用できなくなります。ご注意下さい。

<停止内容>
 メールサービス(送信、受信、転送)
<停止理由>
 メールウィルスソフトウェア更新の為
<停止日程>
 教職員メールサーバ
  8月19日(金)20:00〜 20日(土)20:00
  作業延長の場合の予備日:8月21日(日)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

お幸せに

最初の職場の2年目にむかえたゼミ生が結婚しました。おめでとうございます!

050818a

笑顔がとても幸せそうですね。
卒業してからも、長久手や静岡に遊びにきてくれて、子どもの相手をしてくれたり、丸子のトロロを食べにいったりしました。姉さん女房とのことですけど、気だてのいい人ですから、威張ることもなく仲良くやっていけると信じています。

一方、オイラはついにレポートの添削を終了しました (^^)v
ここのところ、夜中の12時ちかくまで職場の部屋にこもっていましたので、とっても不健康です。夕食はカップ麺だったし、睡眠時間は5時間を切っていた(Long Sleeper にはつらいです)。太陽の光をあびてないので心身の疲れのバランスがわるく、ふだんは5分もたたないうちに寝入るのに、寝床で悶々としてもいました。それも今日でおわりじゃ! 正確にいえばあと1科目分がのこっていますけれど、コメントを細かく書きこんで返却する予定はないので、読んで評価すればよいだけです。

050818b
後期の採点まで ↑ のようなことはありません。


【PC実習室運用】大学院実習室の更新について、情報センタ長の先生から説明をうけ、協議。
【授業】レポート採点を終了。のこり1科目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮城県沖地震

昼食前に揺れを感じました。連日のレポート添削のため、ついにめまい?と疑いましたが、窓のブラインドがカッタン、カッタンと音をたてていましたので、自分だけが揺れているのでなく、地震と判断したです。あまり大きくはなさそうでしたので、黒デルくん本体をささえて揺れがおさまるのを待ち、そのあと、自宅に電話し、ゼミ生にメールを送り、安否を確認しました。いまのところ、とくに大事ないみたいです。

TVをつけると、宮城県で震度6弱とのテロップがでていて、東北新幹線の仙台駅がうつされていました。脱線はなかったらしいことに安堵しましたが、東北方面の方々はご無事でしょうか(よく、ウェブログを拝見している東北大のOさんはいかがでしょうか)。TV局のなかをうつした映像では、PCの本体やモニタが床に落下しており、かなり大きな揺れであったことがわかりました。昼前でしたから、火をつかっていたお宅も多かったのではないでしょうか。あたしごときが何をいっても救いにはならないでしょうけれど、この場でこころからお見舞いを申しあげます。

それにしても、広範囲で揺れたものです。静岡市でも震度4(清水区)と3(葵区・駿河区)でした。日本列島に住んでいるかぎり、地震は宿命的なものですけど、つねに100%のそなえをしているわけにもいきません。すこしでもリスクをへらす準備を日ごろからしておければよいですが、それもなかなかむずかしい。結局は、事後的に、できるだけ迅速かつ適切な対応をするしかありません。

8月15・16日の業務
【授業】「英米文化論」のレポート採点中。
【授業】同上。語学研修中の再提出該当者に対応。
【授業】「英米言語文化入門」の成績を、コース助手の方に提出。
【書類】有給休暇届を総務課に提出 → 8月22・23日は休みます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

同窓会・同期会

昨夕、レポートの添削でのためにうひー状態となっているころ、静岡県立清水東高校第32期生(新制)の、卒業いらいはじめてとなる同窓会がひらかれていました。いまでもたまに電話や電子メールなどでやりとりのある友人が中心になり ← おつかれさまです)、幹事のなかには中学のクラスメートもいたりして、案内をもいただいたときには、とてもなつかしく感じたものです。もりあがったのですかねぇ。

オイラはどうも「同窓会、同期会」と相性が悪いみたい。卒業直後に中学の同窓会が設立されたとき、友人宅を1軒ずつまわって連絡事項をつたえたり、会費をあつめたりして一生懸命にはたらいたら、2年ともたずに自然消滅してしまいました。まず、これがケチのつきはじめでした。高校の同窓会は、卒業後の10年ほど、住所不定無職の消息不明者(またの名を大学院生)であったため、いまだに案内すらもらってません。大学・大学院の同窓会は5年ほど前に再建されたようですけど、院の同期生の幹事からの問い合わせにこたえて、知っていた消息不明者の連絡先をつたえたのにもかかわらず、オイラのところには設立の案内は到着しませんでした(尚さんには案内がきたのに……)。そのまた5年ほど前には、卒業生からの近況報告の原稿を広報の先生からもとめられて書きましたが、ついぞ掲載されませんでした。現在の職場にも同窓会がありますけれど、会費分の寄付はしつつも会員になってません。それでも、年に1度の懇親会に出席をもとめられたりします。それで、お人好しなのか、アホなのか、ノコノコと出席して、居場所のない思いをするわけです。

同窓会は、期待すれば裏切られ、無視すると近寄ってくる、なかなかおとしどころのみつからない相手です。困ってしまふ。


【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「英米文化論」のレポート添削。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1年生のレポート

「英米言語文化入門」という授業がありまして、前期は7人がオムニバス形式で担当します(ちなみに、後期は4人)。でもって、あたしは前期のトリ。おまけに、今年度は受講生がなんと82名もいて(うちの職場ではかなり多いほうです)、おまけに、7月26日に投稿したとおり、大トリの日に台風 Banyan が襲来して8月2日に補講するという、ハプニングまで経験してしまいました。補講では、時間の半分をつかってレポートの書き方を、けっこうきびしくおつたえしました。大学でもとめられるレポートは、こういうレヴェルのものなのだ!ってね。で、最後に、

あたしの採点の持ち点は10点です。100点満点中の10点です。レポートの採点はきびしいです。だから、たかが10点のレポートのために苦労したくない人やほかの6人の先生方のレポートでもう合格していると自信のある人などは、提出しないって方法もあります。でも、出してくれる人には10月にちゃんとコメントして返却します

と、なかば冗談でいいました(べつに、提出するなっていったわけじゃない)。その結果(?)、提出者はさいわいなことに(苦笑)35名ほど、2日間で充分にコメントしつつ採点できました。それはそれでよかった。提出の締切まで8日間しかなく、受講生の皆さんにはつらい経験だったかったからかもしれません。おまけに、コメントで真っ赤です。でも、どうか恨まないでください <(_ _)>


採点してみてびっくらこいたのが1本あって、一瞬(というか数分間)、むなしさにつつまれてしまいました。それは、

レポート本文の9割以上が書写

とわかっちゃったやつです。2/3はそのまま(漢字の誤変換とか、助詞の遺漏はのぞく)、のこり1/3は「です・ます」を「である」になおしてあるだけ。採点は楽ですけど(だって、引用部分をかぎかっこでくくって示し、評価Fにするだけですから)、気分は

はぁ……↓

です。クロスのシュレッダにかけて、跡形もなく消し去ってやろうかとも思いました。ごていねいにも参考文献を1本だけ付記してあり、そのうすい雑誌をみると、2/3のそのまま書写部分が明白にわかってしまう。のこり1/3はキーワードをネット検索すると、あっさり見つかってしまう、という想像力を欠いたほんとにマヌケなやり方でした。ネット上の文章のおなじ部分はほかにもつかっている人たちがいましたけど、さすがにここまで自分をコピーマシンと化していたのはなかったですよ。

総じて、大学1年生にレポートを書いてもらうと、このように書写マシンと化すか、自分の主観的な感想であることを自覚できないまま書きつらねるか、のどちらかです。そして、たぶんご本人たちは、それがもとめられたレポートでないことをわかっていらっしゃらない。むずかしいことを書け!といってるのではないのに……。自分のできる範囲でしらべて、自分で考えて、それにそくして自分のことばで書く、ただそれだけでよいのに……。こんなことすら、いまの高校までの教育ではおしえられていないことなのでしょうか。

大学院の修士のころ、指導教官から、「レトリックに溺れてる」とか「意味不明な文章」とか、さんざんいわれつづけたあたしが、にもかかわらずいまでも、他人にわかってもらう文章を書けるとはお世辞にもいえないあたしが、エラソーにいえた立場でないのはわかってます。ただ、毎年、毎期末、毎科目でおなじコメントを書かなきゃならなくても、やらないよりはマシでしょう(→ 自分をヨイショッと)。さんざんご迷惑をかけた分、他人にわかってもらえる文章を書くことのたいせつさを、いささかなりとも自覚できているのは、ほかならなぬ、あたし自身なのですから。


【授業】レポート採点。1科目分を終了。のこり2科目。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Mac 2題

時間的な順番から、まずは Gustav 王のエントリで Excel のゆがみ。あたしの記憶では、Mac 用の MS-Office 98 から MS明朝・MSゴシックの書体が装備されるようになりました。でも、2001年ころに何度も Mac(あたし)と Windows(事務局)でファイルをやりとりしなければならなかったときも、王とおなじく、完全に印刷結果を同一のものにすることはできませんでした。とくに、セルの結合などをつかうと、ズレがひどくなります。二つのOSはおなじプリンタでもべつのドライヴァをつかいますから、印刷結果が異なるのではないかと想像したりしてます。

ついで、Nさんの脚注機能のついた、サクサク書けるワープロソフト論。サクサクうごくことをワープロソフトにもとめることじたい、矛盾しているようですが、できれば、そういうソフトがほしいとは誰もが思います。

見つけたら、ぜひ情報公開してほしい

です。
ただ、あたしはほとんどの自分の文章はワープロで書かず、Mac でも Win でもエディタしかつかわない。ちなみに、Nさんも紹介している Jedit はあたしも ver. 2 から愛用しているエディタだけれど、ver 3 からおもちゃみたいなスクリプト/マクロがあって、初歩的な脚注作成ができたりする。書きながら、というより、整形でつかえるかな、くらいのものです。やはり、エディタで注をうつ方法は、何らかのかっこ記号をつかって書きいれておくか、ファイルを二つ開いておくか、どちらかの気がします。

お二人には役にたたない情報ですみません。


【授業】「英米言語文化入門」のレポート採点・添削。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

レポート提出締切日

昨夕、ビアンキで職場を発進し、ダイコン坂を気持ちよくくだりおえたあたりから雨になりました。げげっ (゚_゚;)
坂をのぼってカッパをとってくる体力はなく、ひたすら家までペダルをこぎました。幸いなことにずぶ濡れってほどにはなりませんでしたが、ズボンはベッタリ。いわゆる“お漏らし”をしたような感覚、罪悪感をおぼえました。

 ↓ 朝のうちはこんなに天気がよかったのに ↓
050810aクマゼミの大群 050810bぜひいきたい!


さて、本日はレポート提出の締切日です。持参してくださる方も、電子メールの添付ファイルで送付する方もいらっしゃいます。レポート提出要領を作成したり、授業のほぼ1コマ分をつかって説明したのにもかかわらず、参考文献表がついてない、注記がまったくない、問題設定ができない、などなど、不幸なレポートをまたまたまたうけとってしまいました。鉛筆書きとか、ノートの切れっ端とか、いい加減にしてくれ!と叫びたくなるものも、今回はひさびさにお目にかかってます。形式の問題にすぎないとはいえ、だからこそ、ちょっと気をくばればつつかれずにすむことなのに……。大学を卒業して職場にいけば、上司やクライアントから要求されたレポートを、要求にはこたえず、自分勝手な書式で作成しても相手にしてもらえないでしょう。もとめられたものをちゃんと作成して、それからはじめて&ようやく、評価の俎上にのせられるってものです。形式を満たしていないものは、見てすぐわかるですから、落とすのも楽ですよ。

大学生のレポートだからって、適当に書いてもいい成績がもらえると思っていたら、大まちがいぢゃ。


【授業】電子メールでレポートを提出した受講生の皆さんに、受領をつたえるメールを返信。
【授業】提出されたレポートの形式をチェック → 再提出者を確認。
【授業】レポート再提出者のファイル(パスワードつき)を作成 → サイトのトップからリンク。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エアコンからの漏水

昨夜、PCの電源を落とし、ビアンキに乗って帰宅しようと、LANのハブと AirStation のACプラグを抜こうとしてびっくらこいてしまいました。あるはずもない水たまりになっていたとです。
050806d ← これは水をぞうきんで拭きとったあとに撮影しました。ほぼこの全面が水たまりでした。ご覧のように、電源コードの密集地帯ですから、水たまりなどあったら、漏電が心配になります。写真の書架とエアコンのあいだの空間におき、石油ファンヒータを収納してあった段ボール箱は、底がグッチョグチョの水浸し状態、もうすこし浸かっていたなら、底抜け状態になったはずです。ヒータ本体は箱のなかで発泡スチロールでささえられ、やや浮いた状態になっているので無事でしたけれど……。この危険な状態が再発しないように、水たまりの原因を追求しなければなりません。

ビアンキ発進を延期して、あたりを耳をすましながら見まわしていますと、チョボチョボとエアコンの内部で水の音がします。こ、こいつかー!と機械前面をあけますと、↓ の状態の内部がむきだしになりました。
050806a ← 内部を循環している(?)水の樋のような部分が赤茶けています。さらにこの左奥には、ヘドロのような水垢らしき塊がどっかと居座っていました。ダムのように、水をせき止めていたでしょうか。

050806c ← 汚水をどこかに流すためのフィルタ部分です。赤茶けたヘドロが原因なのかは不明ですが、完全に目づまり状態。排水不能状態のため、周囲にある黒い四角の皿から汚水がこぼれでたのかもしれない。

050806b ← 黒い四角の皿の下部です。水がこぼれたような痕跡は確認できません。ただ、錆が目立ちます。

全館の空調が19:30できれますので、運転中の状態を確認できず、原因を特定するところまではいきませんでした。月曜日に、朝一番で施設を管理している部局に連絡をして、点検してもらわなければなりません。かなり、ゆううつです。エアコンの有無ではなく(なければないで、あたしはかまわない体質なので)、作業のために仕事に集中できない鬱です (▼▼メ)


【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガーター投げ

「テレビ朝日の○○と申しますが」という電話をいただきました。内容は、アメリカなどの結婚式でおこなわれるガーター投げの起源と、それがイギリスからアメリカへつたわった経緯をしらべてほしいというものでした。残念ながら、あたしではアウトです。たしかに儀式・儀礼に興味はあるものの、14世紀ころがはじまりとされ、また、一度も史料でお目にかかったことのないものは、しらべるのにそれ相応の準備が必要になります。歴史学や民俗にかんする各種の事典、OEDなどの英語辞典、結婚にかんする和洋書をぱらぱらとめくってみましたが、自分で設定した小1時間ほどでは、やはり無理でした。ジョン・ブランドの著作もさがしてはみたのですけどね……。古代ローマではガータでなく、きつくしばったガードルをはずす儀礼があった、くらいしかわかりませんでした。すみません <(_ _)>

そもそも、この依頼がなぜあたしのところにきたか、これが最大の謎です。民俗学や人類学、あるいは家族史研究者の領分じゃないでしょうか。


【授業】情報公開にかんする注意事項の通知に対応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

餅はつくり酒屋

昨日からつづいてきた会議がおわりました。力尽きて仕事場のソファに1時間ほど横たわり、立ちあがれませんでした。約束した締切のやばくなっている、べつの仕事があるのに……。

会議の中身はさておき、それにかんする仕事はあたしにとって、たとえば、つくり酒屋さんが“酒は米からつくる。米をつかうのだから、餅もつくって売りなさい”といわれるようなものです(← きわめてわかりにくい譬えですねぇ)。似たようなものをつくれても、それはあくまで類似品にすぎません。つつかれればいくらでもボロがでます。綱渡りをしている気分を毎年のように味わうのは、心身ともに消耗しますから、今日のように陸揚げされたマグロになっちまうです。

あ〜、ますます気分が堕ちてゆく 〜(−−)〜

【仕事】昨日からの継続の会議。10:00〜16:00
【PC実習室運用】予算の使途について学部長にご相談。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホワイトバンドの輪

1年間の休学をして連合王国へいっている学生さんのウェブログに、ホワイトバンドの話が掲載されていました。あたしも休日ウェブログに掲載したことがありますし、トラバもいただきました。ゼミ生のウェブログにも購入談があります。複数の授業で紹介しましたし、一部の学生さんには差しあげました。いつもおなじことを書きますが、

偽善でもかまわない、何もしないよりはマシだ

と思います。

すみません、じつのところ今日は長丁場の会議(6時間30分)でヘトヘトです。リンクとトラバしかない投稿になってしまいました。(ひさびさに)うひー 状態です。

【仕事】会議 10:00〜13:10, 14:00〜17:30
【授業】副査の先生と協議 → 結果を9月卒業希望者にメールで通知。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

オープンキャンパス

昨日は職場でオープンキャンパスがおこなわれました。毎度のことですが、コースの懇談会に出席して生徒さん、保護者とお話しをさせていただきました。以前に名前と出身校だけでしらべたところ(つまり、同姓同名の別人の場合はデータがあてになりません)、推薦入試で50%,一般前期で10%強、一般後期で20%の受験生が、これに参加しています。多いかすくないかは評価のわかれるところでしょうし、この数字をもってこの行事の効果云々はできませんけれど、こういうときにこそ、大学の外にいて関心をもってくださっている方々にどのようなことをもとめているかをうかがってみてもよいと思います。あるいは、でてくる質問(かなり定型化されています)をもっと重視してもいい。たとえば、昨日は、
 ●この大学に寮はあるのですか。大学のちかくに住むと生活費はどれくらいですか。
 ●留学制度はどのようになっていますか。
 ●歴史の勉強はできますか(うれしい!)。
 ●通訳になりたいのですが、どのような勉強をすればいいですか。
といった質問をうけました。代表的な意見ではないかもしれないとはいえ、できれば安価に学生生活し、在学中に外国の経験をつみ、就職のパターンを示すことができる、そういうことがこの大学の学部にもとめられているように感じました。

第1部 全体ガイダンス(800人くらい)
050801a 050801b 050801c

050801d 050801e

第2部 コース別懇談会(1回目:45人、2回目:110人)
050801f 050801g 050801h

050801j 050801k 050801l

8月1日の業務
【元入試実施】オープンキャンパスの手伝い。

8月2日の業務
【授業】7月26日に台風のために休講になった「英米言語文化入門」の補講。09:00〜10:30
【授業】同上。授業資料のアップロード。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »