« 静岡では満開 | Main | 花のトンネル »

ありがとうございます

20060328

著者より、『共和政ローマとトリブス制――拡大する市民団の編成』(北海道大学出版会)をいただいた。あたしが大学院博士課程後期課程に在学していたときの助手であり、1991年に名古屋で日本西洋史学会が開催されたときのボランチ=事務局担当者であった方の初の単著。トリブスとは、高校世界史的な知識でいえば、クリア、ケントゥーリアとならんで民会を構成する古代ローマの地域投票単位だが、著者は制度史的な事項をおさえたうえで、社会的結合関係(ソシアビリテ)の観点からトリブスをとらえてゆく。このあたりでとくに、「あとがき」でも記していらっしゃる、名古屋時代に出席していた近代史のゼミの影響が大きいのかもしれません。


【教務】授業の開講時期について問いあわせに応対。

|

« 静岡では満開 | Main | 花のトンネル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ありがとうございます:

« 静岡では満開 | Main | 花のトンネル »