« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

成分解析

ヒマをもてあましているわけではけっしてありません。むしろ、アタシなりの法人化へのかかわりがあり、目がしょぼつくような仕事をしています。でも、チョッピリお遊びでいまごろ成分解析など。戦国武将解析をためしてみたです。

アタシの82%は明智光秀で出来ています
アタシの10%は前田慶次で出来ています
アタシの7%は豊臣秀吉で出来ています
アタシの1%は織田信長で出来ています

とのことでした。1割をしめている「前田慶次」とは誰だろうと Wikipedia でしらべると、隆慶一郎 原作・原哲夫 画『花の慶次』(少年ジャンプ)の主人公でありました。天下無双の武勇をほこる当代きっての傾奇者のことでしたか。でも、滝川一益(忍者)の血筋という話もあり、豪快なのか、繊細なのか、熱血なのか、冷血なのか、うまくイメージをむすばない人でもあります。『利家とまつ』では、「慶次郎」の名で、及川光博さんなどが演じていました。

アタシの82%をしめているのが、明智光秀だったのはうれしいし、光栄です。智将ですから。本能寺では1万数千の軍で数十、数百の信長を夜討ちした卑怯者かもしれませんが、絶対に勝てるとふんだからこその戦いに思えます。諸学につうじ、和歌・茶の湯を好み、丹波や四国の攻めはうまくなくとも、域内の税免除を実施するなど内政に優れた改革者・改良家(≠革命家)のイメージもあります。「近畿管領」というのも、秩序維持の手腕を評しているのではないでしょうか。好きですよ、こういう人。いままでみた光秀役でいちばん印象にのこっているのは、『国盗り物語』の近藤正臣さんかな。

ちなみに、ふつうに成分解析しますと

アタシの59%は欲望で出来ています
アタシの29%は利益で出来ています
アタシの7%は濃硫酸で出来ています
アタシの4%は言葉で出来ています
アタシの1%は理論で出来ています

物欲全開!
いつもとおなじく散漫な日記になってしまいました <(_ _)>

【授業】3512教員室の掃除。
【書類】確定した項目、および指示のあった項目について記入。
【書類】同上。本日分の作成途上ファイルを Internet Disk へ登載 → 作成関係者に公開アドレスを通知。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

クリスタルケース for 702NK

オイラ&二人の息子はまだ vodafone 702NK をつかっています。パケ代や電話料金はまったく気にならないていどです。というのは、お母さんが心配するから、塾がおわったら電話するんだよ、と何度もいいつけたですけれど、チャリに乗って友だちといっしょに帰ってきますので、皆を待たせてちんたらと連絡するのは面倒なようです。

こんなふうにあまりつかわないので、かえって塾用カバンに放りこみっぱなしになり、液晶面に傷が目立ちはじめました。何とかしなければ、と思いつつ、PDA秘宝館/Pocket Games さんのページをながめますと、よいものがありました。↓こんな中国製のクリスタルケースです。

Crystal6630

フェイスプレートの交換にはまったく興味がもてなかったので、うっかり見落としていました。702NK の特集でUSBチャージャやクレードル、Easy Protector も掲載されていたですね。きれいに切りかきのある成型をされています。絶妙なバランスです。

【授業】「原典講読」10:40~12:10
【書類】急な作成についてメールを受信 → 指示の電話も受信。
【書類】同上。作成上の注意事項集(両面コピーで60枚ほど)を学務主幹より受領。
【書類】同上。M先生と立ち話で情報交換。
【研究会】科研費の成果報告書への収録用に書式統一された原稿を添付ファイルで受領 → 点検・校正。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

授業と体調

ここのところずっと風邪をひいた話、体調のこと、頭痛の苦しみなどを書いています。もうすこし、おつきあいください。

今日は授業が2コマとPC実習室の講習会への陪席とで、正午すぎからこのかた、立って話している時間を多くもつことになりました。するとどうでしょう。いまだに鼻水や咳は完治はしないものの、はるかに体調がよくなりました。とくに、3限目の「英米文化論」は、ひさびさのマイク+ThinkPad X41 Tablet+プロジェクタ+黒板の講義でして、さらに途中からは音量調節のできないマイクをやめて地声をはりあげるという、一種のカラオケ・ボックス的なカタルシスをおぼえる時間でもあったのです。

受講生のみなさんには、概観・概説的な部分をあれもこれもとしゃべったため、散漫な印象をあたえてしまったであろうと反省しています。これだけはわかってねという“論”を語ったあとに、時間調節に蛇足をくわえたのはまずかったです。でも、木曜日の授業は開学記念日や黄金週間との関係で隔週開講になってしまっていて、授業のノリ、授業のテンポをなかなか示せずにいましたので、ややデフォルメして強調してみたしだいです。やりたい授業をやりたいようにやらせていただきました。つぎからはもうすこし冷静に、みなさんの顔つきに留意しながらすすめますから、ガマンしておつきあいください。

授業をきいて、内容に応答してくれる学生さんは、何度かどこかで書いたかもしれませんが、大学の宝ものです。そして、オイラにとっては元気の源、健康回復薬です。ときには劇薬ですけどね (^_^;)

【PC実習室運用】1年生向け利用講習会。
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【書類】科研費の書類を2通作成 → 企画スタッフの方へ提出。
【手続き】研究生の入学希望のメールを受領 → 外国人の研究生の手続きについて学務スタッフの方にうかがう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビアンキ 発進せず

梅、桜、桃と目線より上に咲く花がかわると、刈りこまれてかたちをととのえられた低木にはサツキやツツジが咲きます。Flowers in May はもう目の前です。

20060426

風邪ひきの最後の局面で油断したためか、咳と鼻水がなかなかぬけません。雨ばかりだった天候が回復してますから、轟天号ビアンキのペダルをこげば、きっと気持ちのよい=偏頭痛など感じるすきもないサイクリングができるはずなのに……。今日も今日とてRくんでの出勤。英語のテキストのテープを聴きながら運転しますから、授業の準備にはよいですが、身体をうごかすという点からみると、かぎりなくゼロにちかいです。職場ではできるだけ階段を利用していますが、なかなか気分転換がむずかしいです。モノトーンな時間がつみかさなると、何となく鬱屈してしまいます。

ひと汗かくって、心身両方にとって大事なことなんだなぁ。


【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】同上。パスワードを書けた音声ファイルを登載。
【教務】1年生の英語の授業にたいする他学部聴講願いのあつかいについて、学務スタッフの方と協議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼寝の習慣

午睡(読書中の寝落ち、あるいは気絶ともいう)を意識してとるようにして2年くらいでしょうか。ソーファに楽に腰かけて15~25分くらい目を閉じています。午後2時から4時のあいだのどこかで、室内灯を消し、香を焚いて、静かにしている時間です。“もう眠くて眠くてたまらないから寝る”的な昼寝は、気がつくと1時間以上横になっていたりして、リカヴァリするのにさらに時間を要したりしますが、深い眠りに落ちる直前、30分以内の睡眠はすぐに復帰できるものとされています。その日の体調や精神の興奮度にもよりますから、いちがいに何分ならだいじょうぶとはいえないでしょうけど。

あたしのばあい、睡眠不足がもろに体調にひびくタイプなので、毎日、最低でも7時間の睡眠+1回の午睡は欠かせません。肉を食べたり、アルコールを飲んだりすることがまったくなくても何の苦もなくへっちゃらですが、睡眠時間が6時間を切るとカラータイマが点滅しつづけます。おまけに、ちょっとした機械音、金属音、人の声、いわゆる不規則な音に敏感で、ひとたび目がさめるとなかなか眠りに入れない性質で、よく耳栓をつかってます。ある図書館で耳栓をして仕事をしていたら、ふだんの睡眠時の感覚とおなじ状態になって、寝落ちしてしまったことがありました。史料が一杯、宝の山を目の前にして不覚の一瞬、なんて不便な体質でしょう orz

ただ、ちゃんと午睡をとった日(ちなみに、「ちゃんと」の基準はきわめて主観的、感覚的です)は、偏頭痛がでません。今日のようにゼミや会議で午睡できないと、視野が切れる危険性が増します。やはり、あたしは“息抜きのあいまに人生してる”、もとい“たくさんの睡眠時間のほんのあいまに活動してる”人みたいです。

【PC実習室運用】1年生向け利用講習会 12:20~12:45くらい
【授業】「演習IA・IIA」13:00~16:20
【教務】コースの先生方より、卒業式後に撮影される学科別集合写真の存続の可否について、ゼミの学生にたずねていただいた結果をうかがう。
【?】昨日に決定したキャンセルを主役の先生にご連絡する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひさびさに vodafone 702NK いじり

7ヶ月ほど前に購入した vodafone 702NK をいじってみました。この間は夜の塾へゆく子ども専用となっていて、オイラはただ充電するだけ。せっかく Symbian がのってるケータイなのだから、h2210 でとっている PIM データをこいつに同期させたいし、ほとんどはいっていない電話帳には F900iC のデータをとりこんでしまいたい。連携するためのNokia Suite さえインストールしてしまえば、あとはほぼ自動的にできるはずでしたが、職場にまでもってくる機会をなかなかもてずにいました。やっと今日、黒デルくんに Suite を入れ、同期させました。

h2210 の「さいすけ」に入った PIM データを ActiveSync でPC側の Outlook に同期させ、そのOutlook と702NKのオーガナイザと同期させます。これは何の問題もなくクリア。オーガナイザを確認しますと、ちゃんと予定が入ってます。チャイムの設定はどうなるか知らないけど。連絡先もすべてデータが複写できました。なんて楽チンなんだろう。本当にこれでよいのか?と思うくらい。やはりこの、楽をしたい!ってのがPCやPDAや Cell Phone をつかう最大の理由になるですよ。

でも702NKには、明日からはまた、息子たちのお守りがわりというおつとめが待っています。フル活用は夏休みまでガマンしてくれ <(_ _)>


【授業】明日のゼミで卒業研究の構想発表をする学生さんと内容の相談。
【授業】「原典講読」の準備。
【PC実習室運用】大学院実習室の利用講習会(ただ出席しただけです)。
【教務】履修カードの撤回(あたしの授業ではない)にきた1年生(まじめだね)に対応。
【?】某祝賀会のキャンセルを会場と交渉 → OKがとれたので、関係者にメールで連絡。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目、目が、左目が……

視界が切れてしまいました。ホワイトアウトではなく、そこに何もない感覚です。心身のバランスが悪いのでしょう。ちゃんと休もう。

さて、今日、職場の掃除をしながらNHKのサッカー中継(C大阪 対 S広島)をみていたら、どこかでみた記憶のある顔がインタヴューをうけていました。J1の監督をしてるですねぇ。V甲府の監督とともに同期生の誇りかな。J1の監督が18人いるうちで3人=1/6がオイラの卒業した高校の出身者です。これって、ひょっとしたらすごいことかもしれない。

とはいうものの、2/3のかたとほとんどお話をしたことはありませんし、たまたま高校の同窓生であったという他人の努力の結果を、あたかも自分のものとか自分も参与しているかのように書くのはよくないですよね \(__ )
監督のお仕事は苦労が絶えないでしょうけれど、どうかストレスをためずにお身体を大切に。ストレスやプレッシャをためこむとですね、頭痛と視野狭窄に悩まされますから。


【授業】「英語で読む英米文化入門」の準備。
【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

路傍の花にゆき暮れて

中学1年の息子がタンポポの咲いている場所をチェックしているそうです。そういえば、今冬の寒波のためか、黄色い花を見かけません。ただ、かならずここにあると思ったところには、ちゃんと咲いているです。

20060421

↑ 静岡市立高校ちかくの田んぼの脇です。

大学の寮歌の一節を思いだしてしまいました。ほかは知らないんですけどね。

見よソロモンの 栄耀も
野の白百合に 如かざるを
路傍の花に ゆき暮れて
はてなき夢の 姿かな

大正浪漫調のメロディといわれています。ちなみに、以下の前口上が何度もくりかえされるです。

富貴名門の子女に恋するを純情の恋とだれがいう。
路頭にさまよえる女に恋するを不浄の恋とだれがいう。
泣いて笑って月下の酒場にて媚びを売る女のなかにも水蓮のごとき純情あり。
酒は飲むべし百薬の長、女は抱くべし陶酔の境。
女の膝枕にて快楽の一夜をすごさば、人生の夢もありなば恋もありなん。
雨降らば降れ、風吹かば吹け、いざすすみゆかん若き男の子よ。
安危凄めく混乱の巷、いざ声高らかに歌わんかな、第八高等学校寮歌伊吹おろし。

【PC実習室運用】パスワードを失念した学生に対応。
【授業】「原典講読」10:40~12:10
【授業】同上。授業の準備。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嵐の朝、医者へゆく

台風のような風雨の午前中でした。いまの季節、葉替わりしているのはクスノキあたりでしょうか。近所の城北公園に面した道路は、もう、葉っぱだらけ。下水口もつまってしまって、路面が遠浅の潮干狩り海岸状態です。上階におすまいのH先生は、その暴風雨のなかを自転車+傘で駅までいったそうな。さすが文化人類学者には、“無謀”という文字がないみたいです。

ひ弱なオイラは、“身体の循環をよくして風邪を追放する”作戦をあっさりと放棄しまして、大荒れの午前中にお医者にいってきました。ほぼ1年ぶり。で、診察してくれたドクタがおっしゃるには、ノドのウィルス風邪がやや流行している、とのこと。そういえば、先週の金曜か土曜、致命的な病気でもあるかのように、ノドの奥に痛みを感じていました。あれが最初の徴候だったかも。……だからといって、いまさら何がどうなるわけではないですけど。

うがいをちゃんとしても(今冬はこれで風邪をひかずにのりきった)、自転車で呼吸器系をきたえても、昼寝で睡眠をおぎなっても、腹筋が50回できても(自慢 (^_^;))、ウィルスには勝てない。有機体の状態をつねに良好にたもつのは、かなりむずかしいものです。


【PC実習室運用】Windows Update 作業。
【PC実習室運用】同上。作業後に、一部の端末でビデオカードの不調により、画面がみだれる症状が発生したという報告をうける。
 ※実務担当 兼 サーヴァ管理人の方に負担がかかるのは申し訳ないけれど、オイラでは手も足も出ない。あたらしいPCなので、手間がかかるようであれば納入業者に点検してもらうように遠慮せずにいってほしい、とつたえるくらいか。
【PC実習室運用】大学院実習室の運用方針を協議。
【PC実習室運用】3311旧実習室の処置について、学務スタッフの方とご相談。
【書類】科研費の交付申請書と交付請求書を作成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう寝ます

風邪が悪化しました。鼻水がかっぱエビせん状態です。早寝早起き+ビタミンC+水分摂取で循環向上できりぬけたいです。では、おやすみなさい。

明日は開学記念日で終日休講です。行事はありますが、見たくもない顔をわざわざ見にゆく必要はないですよねぇ。

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】同上。教科書が売り切れたため、所持していない学生に部分コピーをわたす。
【会議】17:00~19:00すぎ:The meeting reached no fruitful results. orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

励み

鼻水とのどの痛みがあり、今冬にまったく無縁であった風邪をひいてしまったようです。ここ2日ほど、足もとの冷える場所にいなければならない時間があったからでしょうか。昨夜はのどの痛みで睡眠が浅くなり、今日は睡眠不足のためか、PC=黒デルくんの液晶画面を見ていたら、不気味な旋回感をおぼえました。コミックなどにでてくる“目が回る”状態とは、きっとこのことをいうのだろうと、妙に自覚できてしまったほどです。

目を回したあと、所用があって学務スタッフへゆき、帰りにメールボックスをみると、うれしいことがありました。昨年の10月末に苦しんで申請書を書きあげた科研費があたっていたのです。うひうひうひー!

いまの職場にきてからいくつかの科研でずっと研究分担者にしていただけたので、個人の申請はしてきませんでした。1年に複数の論文を書けるほどの有能さはもちあわせていませんから、有能な方に寄生して研究費をいただいてきたわけです。ようやく一念奮起して、ひさかたぶりに自分で申請したものがあたり、本当にホッとしました。交付金額はあまり多くないですけれど(わが社のほかの方にくらべて)、いろいろと考えて最初から満額要求をしなかったので、おおかたのところは狙いどおりでした。最後の局面でじつに気持ちのよい文章作成インタフェースを提供してくれた WinDy v502 キーボードくんにもお礼をいわねばなりません。何はともあれ、このお知らせは励みになりました。

ちゃんと恩赦嘆願状についての研究をこの機会にまとめるべく、この夏は2年ぶりにイギリス行きです。


【教務】卒業式の学科別集合写真の存否について、コースの先生方に電子メールでお尋ねする。
【教務】同上。今年度の写真を学務スタッフから拝借し、スキャンした画像を iDisk に登載 → URL を先生方にお知らせ。
【会議】教授会 13:30~15:50
【会議】研究科委員会 16:00~17:50
 ※ときどき思うのですが、説明をとーっても長くなさる方は、まじめに聞いている者を疲労困憊にさせて集中力をうばい、自分の案件を通過させようとなさっているのかも。できれば、論説文の基本として、第1文に結論を示してほしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありがたき いただきもの

↓ 先日の科研費成果報告書につづき、またまた(×∞)いただいてしまいました。オイラの撮影した写真なので、傾いているのはご容赦をねがいます。
20060417
さらっと目次をながめただけでは、「『西洋事情』と明治日本」をのぞいて、ありそうなヨーロッパ近代史の教科書かもしれないけれど、なかの研究課題や参考文献には、たとえば、シャーロック・ホームズの作品から外国人観を考えてみよう、とか、ブルーワ『スキャンダルと公共圏』(岩波書店)があったりする。おなじみの絵も、そうでない絵も楽しめるでしょうし、近代やヨーロッパという概念を再検討し、近現代といまとの断絶(いかにちがうか)に着目している点も重要と思われます。味読すべし、ですね。

それにしても、いただくばかりで、この本の著者をはじめとする多くの方々にたいして、知的な借財はふくらんでゆく一方です。抜刷のお礼状も書いてないし、あきれられているかも (;_;)


【PC実習室運用】実習室端末利用のパスワードを失念した学生に対応。
【PC実習室運用】1年間の休学(留学)のために実習室端末利用のIDと初期パスワードをもっていない学生に対応。
【PC実習室運用】学外ネットワークへの接続の認証ID・パスワードがうまく作動しない学生に対応。
 ※不可能なこととは知りつつ、できれば一度に相談にきてほしいものです。
【会議】提出書類の確認。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祖父と父の法事

昨夕、母に電話をしました。祖父(27回忌)と父(7回忌)の法事の日程が学会とかさなっているため、回忌に出席できないことをつたえる電話です。内輪でやるだけに、あたしがでないと母と叔母と妹の3人かもしれないなぁ。

祖父の通夜の夜、父は葬儀壇にむかって一人で話しかけ、涙していました。
父の通夜の夜、母は疲れたのか、あたしと妹の前で眠ってしまいました。

もうすこし記憶をたどりつつ、当日は二人のために千葉で献杯することにします。

【授業】「英語で読む英米文化入門」の準備。
【授業】「原典講読」の準備。
【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ECCO の威力

昨日に木霊のリレーをした、Eighteenth Century Collections Online をつかって、Paul Lorrain を検索してみました。Full Text + fuzzy: low で検索させると、Lorrain じしんの著作もふくめて162件が該当し、かれの同時代を中心とした評価をさぐるための史料のめどがつきました。この間、サイトにアクセスして単語を入れただけで、ものの1分もかかりません。ただし、PCやアプリケーションの起動時間はのぞきます (^_^;)

ここから先はヒットした箇所の確認作業が必要なので、それなりに時間はかかります。本人の著作を除外し、SpectatorTatler, Select Trials など版がくりかえされているものも、異同がなければ省きます。のこりは文脈上必要な分をコピーしたり、まるごと PDF でダウンロードしたりで、かれこれ3時間ほどでしょうか。この威力はすさまじい。

紀要の論文の注にも書きましたが、「高価な全集の購入とその利用頻度、研究者の海外での資料収集の手間と費用、あるいは書籍の寄贈を断わり、資料を捨てる図書館の自己否定行為などを考慮するなら、CDやDVD媒体の資料やオンライン・データベースの利用権確保は、いまや図書館・情報センターにとっての第一の優先事項」でしょう。ちゃんと考えてくださいな。


【教務】英作文の受講者抽選にもれた学生に対応。
 ※苦情を事務局や教務委員にもってくる前に、担当教員にたずねてみる、という知恵はないのでしょうか。
【教務】同上。本日以降の対応について、学務スタッフの方に念押し。
【授業】「原典講読」10:40~12:10
【授業】同上。テクストをコピー → PDF 化 → ウェブログに登載。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

散る桜から思う

「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する」といいますが、「伝統と文化」の中身やありようが変化しないなどということはありえませんし、そもそも「我が国」の部分があいまいであったり、想定される国家がたかが300,400年ほどの歴史的形成物であったりするわけです。では、「伝統」とは500年前はなかったのか。あるいは、岡本太郎がいっていたように、いま「伝統」となっているなかには、かつて、それまで「伝統」であったものをぶっちぎって・爆発させて・異議申し立てて「伝統」になったものもあるわけで、「伝統と文化を尊重」することが、すなわち価値のあることでもないでしょう。

やはり、「お国のため」でなく、「お肉のため」でなければ(『笑いの大学』ネタ)。法律の議論にも“サブトン一枚”といいたくなるような、遊び心はいりませんか。

曇り空、ときどき雨の天候が週初めからつづき、すでに葉桜。ふと思いだしたのが、
「散る桜 のこる桜も 散る桜」
でした。うーん、なんとも。

【授業】「英米文化論」4月27日分の資料づくり。
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】同上。講義室の変更を学務スタッフで手続き。
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:10~17:50
【授業】「英語で読む英米文化入門」の履修希望者に、第1回目の授業で話したことの要約をつたえ、履修カードを受領。
【授業】ゼミの3年生用にUSBメモリを購入。
【授業】ゼミの4年生の春休みレポートを読んでコメント。
【教務?】学務スタッフの方から依頼のあった、中学生の訪問について返答。
【?】書類づくり → おわらないので、帰宅して夕食をとったあとで完成させる → 依頼者に送付。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木霊のリレー

このウェブログを読んでくださっている方と、下記の引用の典拠である掲示板/BBSのリーダとは、かなりの方がダブっているかもしれませんが、ECCOEighteenth Century Collections Online) のトライアルがおこなわれています。ぜひ、ためしてください。知の世界のインフラを一変させる力をもっています。

 本日gale/thomsonの方から許可をいただきましたが、ECCOを使用したいひと、だれでも試用サイト
 http://infotrac.galegroup.com/itweb/japan_demo
からパスワード sakura で入れるとのことです。一定期間に限定されていますが、1700年~1800年の英語出版のいかなる局面を対象にしている人でも、キーワード検索をしてみたらその威力を感じるでしょう。ダウンロードも自由なのですよ!
 世論喚起のためのサーヴィスです。

この引用が不適切な場合は、ご連絡をお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みたい映画

欲望を正直に吐露しますと、いま、みたい映画が3つあります。

1)第2代ロチェスタ伯爵ジョン・ウィルモトの生涯をえがいた『リバティーン』
ジョニー・デップが主演。梅毒の男が議会で演説する場面は壮絶で、このうえなくセクシーでしょう。静岡の映画館にはかからないかも (;_;)
あたしの商売とも関係ないとはいえないけれど、S先生におしえてもらったキューブリックの『バリー・リンドン』とつうじる放蕩者の生きざまがよいですよね。もちろん、スキャンダルと公共圏のような関心もあるですが。

2)どこでも関心を呼ぶ『ホテル・ルワンダ』
ルワンダという国はあらためて地図を見直さないと場所がわからないし、1994年にあった大量虐殺は記憶にのこっていないかもしれない。4月15日から静岡シネ・ギャラリー(サールナートホール3階)で1ヶ月弱のあいだ上映されます。

3)毎年、家族でみている『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』
上の2作にくらべて緊張感が……。恒例ということでおゆるしを \(^^:;)...

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【会議】待機時間が長い会議:15:40~19:40
【?】お二人の方に日程を確認。
【教務】コース所属2年生指導教員一覧表を添付ファイルにて送付。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お疲れ T(;_;)T

勉強しないと、かえって疲れるとです。
人と話していると、かえって孤独になるとです。

目がショボショボ、肩がごりごり、腰がぴきぴきになっています。
もう、ふて寝するしかありません。

偏頭痛がでないだけ、もうけた気分です \(-o-)/

【授業】「英米言語文化入門A」9:00~10:30
【授業】「演習」13:00~16:10
【教務】「英米言語文化入門A」の終了後に質問にきた学生さんに対応。
【PC実習室運用】実務を担当してくださっている方と無線LANの利用申請告知について確認。
【PC実習室運用】実務を担当してくださっている方からおくられてきた、1年生向け利用講習会の案内状を確認。
【PC自習室運用】パスワードがわからなくなった学生に対応。
【?】コースの先生方の都合をうかがう。
【?】適当であると思われる会場をさがし、予約の電話を入れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入学式……だったそうです

「学生とは教室・講義室で接するんだ。コンヴェンションホールの式典で接するんじゃない。」
「授業は教室の現場でやるんだ。グランシップでやるんじゃない。」(← あたりまえだっつーの)

経験第一主義みたいな言い回しになってしまいました。ともかく、今日はまだ桜花がギリギリでのこっているなかでの入学式……だったそうです (;^_^A

10時開始:これは中途半端ですよ。仕事のあいまにいけない。
大学からチャリで10分くらいの会場:歩いていけるところがいい。
雨降り:傘の処理や荷物のとりまわしが面倒です。
花冷え:どれだけ人が入っても、きっと寒い。

などなどの条件を勘案し、さらには、明日から開始される講義の予行演習もしなければならないと思い(耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、かな)、職場に直行しました。式に出席された新研究科長のN先生によれば、「もっとも溌剌とした清新の気を感じるのは小学校の入学式」だそうで、いったいどれくらいダレていたのでしょうか。明日の1限目にお会いする新入生のみなさんが、ガイダンスと式典疲れから死んだ魚の目になっていないことを祈ります。


【授業】「英米言語文化入門」の教室で予行演習。あたらしいプロジェクタおよびスクリーンを、じっさいに X41 と接続してみる。
【授業】同上。履修届のあつかいをコース助手の方に確認。
【研究】科研費の報告書をお送りした方から、ワードのファイルにアクセス権が設定されていて開けないとの連絡をいただく。設定した記憶はないし、他のPCでも開くことができるのを確認して返信 → ダウンロードしようとしたFDの容量不足のため、とのこと。
【書類】新研究科長より、次回の研究科委員会の議題に関連する資料の要請 → 印刷してお届け。
【書類】新研究科長に、学内専用ページに規定集や申請書類のひな形のあることをおつたえし、IDとパスワードをお教えする。
 ※デフォルトでつかっていらっしゃる方のPCは、もっさりした印象が強いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花祭り

4月8日はお釈迦さまの誕生日。例の、「しがつようか」 → 「火が強かった」で有名な日です。前の職場は宗門でしたから、この日に地域サーヴィスもかねて施設開放行事をおこなっていました。ところが今日は、その名前から想像されるほどにうららかな日ではなく、強い風とときおりの雨、さらには雷光・雷鳴までまきおこり、春の「小」嵐とでもいうべき1日でした。新歓行事をしていた学生さんたちはだいじょうぶだったでしょうか。ま、オイラはほぼずっと室内にいて、ほぼずっとブラインドをおろしていたので、悪天候とは無関係で、外の喧噪とも別世界。お香とポプリとコーヒーにかこまれて、アロマな職場に安らいでいます。頭痛も癒される?


【授業】「英語で読む英米文化入門」の準備。
【授業】「英米言語文化入門」の準備。
【授業】3512教員室の掃除。

卒業生に在学中のゼミ関係写真を焼いたCD-Rをおくるためにクッションつき封筒を用意したり、講義連絡用のウェブログの開設・設定などもしました。なんだかんだで夜11時ころにへとへとになって帰宅すると、わが指導教官から科研の報告書がとどけられており、その陣容と論題に背筋をピンとのばして拝読せねば、と思ったしだい。長い夜になりそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ガイダンス終了

今日は午前中に1年生ガイダンス、午後が3・4年生ガイダンスという対照的な(笑)対象でした(しょーもない)。この3日間で開始までにもっとも混乱したのが3・4年生であったのは、ほぼ予想どおりです。そもそも全員が出席することを想定していませんので、とくに4年生はいてもいなくてもどっちでもよいという、カワイソーなあつかいをうけています。それを察知しているのか、大学まできても説明をおこなっている棟の外にもうけられた喫煙所でタバコを吸っている学生を見かけました。でないなら最初からくるなよ、とオイラは思うですが、まぁ、かれら、かの女らなりに大学にいる理由があるのでしょう。良し悪しは別にして、mere attendance に意味をみいだせる若者たちです。

昨年度は留学していた学生さんたちももどってきました。おひさしぶりです。3・4年生になると、親疎の差がはげしくなるので、タメ口でいけるような小集団とそうでない大集団とでこちらの緊張度もことなります。で、人疲れをして肩こりと頭痛をおぼえたです。疲労困憊とまではいきませんが、目の前にある仕事をやろうやろうとしているのに、かたづけられない状態におちいり、職場をウロウロして To Do リストを思いだしていました。

とはいえ、ひとまず教務の年間スケジュールに存在する一つのヤマはこえたので、科研の報告書を最終チェックして送付しました。来週火曜日から授業がはじまりますが、前日に「明日から何をしたらいいんですか」と聞きにくる新入生のいないことを祈ります。東京のイギリス史研究会にいきたいですが――Poole さんの研究は論文1本と著作1冊をちゃんと読んでいる――、朝1=英米言語文化入門+午後すべて=演習なので、“とーだいへいきたしと思へども”、まったく無理ですね。それはそれで頭痛がでそうです (#--)


【教務】1年生ガイダンス 8:50~11:00
【教務】3・4年生ガイダンス 12:50~13:45
【教務】3・4年生コース別ガイダンス 13:50~14:10
【元国際交流】夏期語学研修説明会の手伝い。
【PC実習室運用】学生パスワードの初期化。
【PC実習室運用】委員の交代の連絡をうける → HPとメーリングリストの更新を依頼。
【PC実習室運用】大学院の実習室運用方針について会議開催の日程伺い。
【授業】「英米文化論」の教室さがし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガイダンス中

本日は2年生のガイダンスでした。大学のトーシロじゃないし、就活で身動きがとれないわけでもない人たちなので、絶好のウォーミングアップでしたね。じつは、大学院ガイダンスもあったらしいのですが、研究科委員会での報告をあっさりと忘却のかなたへ追いやってしまったため、さぼりました。だって、1月に口頭で報告しただけの事項をおぼえているほうが不思議じゃないでしょうか。学内掲示板(電子掲示板もふくむ)で告知してほしかった (^_^;)

昨日もおなじ趣旨のことを書いていますが、あたしたちが大学に入ったころ、こんなに時間をとってガイダンスをやっていたでしょうか。記憶がありません。入学式にもでなかったですから( ← ま、これはいいとして)、長い時間、教員や事務職の話をきいた記憶がないです。学生便覧や図書館利用案内をくばられて、“読んどけ”でおわりだったような気がします。おおざっぱでおおらかで、太平楽な時代でしたね。そういうガイダンスよりも、すぐうえの学年の人たちがしてくれた手ほどきのほうがはるかに有益でしたし、そもそも大学は、どこで何をしても、あまりハズレくじをひくことがないようにできていたと思います。むしろ、下宿=一人暮らしをしたのがはじめてだったので、洗濯や炊事をどうするか。こっちのほうが授業なんかよりも心配していました。おまけに病みあがりだったので、食事制限もありまして、メニューをいつもあれこれさがしてました。

ちょっとなつかしい気分になったガイダンスの中日です。


【教務】2年生ガイダンス。
【教務】明日の1年生ガイダンスの準備作業。
【教務】2年生の指導教員割りあて案をコースの先生方に提示。
【教務】コースの先生より単位認定について相談あり → 教務委員会メーリングリストへ流す。
【教務】同上。実務にかんして学務スタッフの方に確認。
【PC実習室運用】3109実習室の教員用PCの使用法をおしえてもらったので、実機で操作を確認。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガイダンス開始

今年度から学年暦が変更になり、入学式の前にガイダンスがおこなわれます。以前よりも事務局の説明が増えているですが、「学生生活ガイダンス」なんてのはアリバイづくりの感もなきにしもあらず。ちゃんと説明していたのにまもっていないから被害にあうのだ、と突き放しそうです。例の「自己責任ねーちゃん」はもういませんが。

本日は1年生の学務関係ガイダンスと1~4年生の留学生ガイダンス、あと、今年度から全学的に実施される英語の習熟度別クラス編成のためのプレイスメント・テストでした。教務委員4年目とはいえ、過去3年間と時間割がまったく異なっているため、リズムが合いません。事務局の学務スタッフの方も、どこに何が入っているかを問いあわせると、いちいち書類を確認しないとわからないようです。教員がおこなうガイダンスの中身はさほど変更がないので、はじまってしまえば問題ないでしょうが、人がそろうか、一抹の不安がのこります。ま、あたしが心配したところでどうにもなるものではないですし、人がそろわなければ、だれかが代打にでるまででしょう。

新入生のみなさん、ようこそ (^^)//""""""
あたらしい受講生のみなさん、どうぞよろしく <(_ _)>

ちなみに、入学式は10日。それまでなんとか桜花にもってもらいたいものです。


【教務】明日の2年生ガイダンス用に、資料をわけて配置。
【教務】1年生の「オーラルコミュニケーション」を受講する2年生の手続きについて、コース助手の方に確認。
【教務】明後日の1年生ガイダンスでしゃべっていただく ALT の方に、speak in English only を確認。
【PC実習室運用】3112実習室のシステム設定が終了 → 機器の配置を確認。
 ※確認作業ばかりだと楽ですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thief-taker と岡っ引き

ルイ・シェヴァリエ『三面記事の栄光と悲惨――近代フランスの犯罪・文学・ジャーナリズム』(白水社、2005年)を読んでいて、訳者の一人、小倉孝誠さんのお書きになった「解題 犯罪はどのように語られてきたか」まできました。そこで、つぎのようなくだりにでくわして、既視感をおぼえ、なつかしいような、時代錯誤のような、奇妙な印象にとまどっています。

フーコーの『監獄の誕生』によれば、19世紀初頭の3,40年間にフランスの司法装置は警察と非行性の繋がりを制度化したという。警察は犯罪を取り締まる一方で、それと共同して活動する権力装置になる。ヴィドック〔フランソワ。強盗、密輸、殺人未遂などの犯行をおかし、徒刑に処せられたが脱走をくりかえした。しかし、1812年にパリ警視庁で正規の刑事となる〕はこの歴史的プロセスをあざやかに証言する人物であり、「警察と非行性との直接的で制度的な結合」を例証しているのである。……犯罪者は誰にもまして犯罪の世界に通暁しているから、かつての犯罪者は有能な刑事になれるはずだ。
『監獄の誕生』は修士論文のインスピレーションでした。しかし、いまはあまり読みかえしていません。ですので、司法装置と非行性との結合について、実証の面にしろ、議論・解釈の面にしろ、記憶はあいまいです。ここでは訳者の解題の引用の部分だけをとりあげたいのですが、「結合」がほんとうに19世紀前半のことであるとすれば、ロンドンのばあい、パリの100年先をいっていたようにも理解できてしまいます。というのも……、


名誉革命後の1692年、イングランド議会は強盗などの暴力をともなう所有権重犯罪の訴追促進のために、有罪判決1件につき、40ポンドの報酬金を設定します。これは17世紀のはじめから存在していた窃盗捕縛業者(thief-taker)を前提にし、かつそれを正当化する法律であったともいえます。Thief-taker は同時代の日本でいうところの岡っ引き、目明かしにあたる存在で、かつては犯罪者であった者もいて、いわゆる裏世界の事情につうじた人間です。18世紀に入ってこのビジネスを大規模に組織化したのが、ジョナサン・ワイルドでした。窃盗犯のボスであると同時に、窃盗捕縛業者のトップでもある。かれのもっともすぐれた伝記的な研究からことばを借りれば、Thief-taker General でありました。私的な利害が制定法という公的な権威によって裏打ちされる状態、これが18世紀はじめのロンドンで試行された治安維持プロジェクトに共通する特徴として指摘されています。

たしかに、スコットランドヤードのような制度的に明確な警察組織はありませんでしたので、警察と非行性との共犯関係を指摘するのは無理かもしれません。ただ、どのような時代、社会であれ、ポリスのない状態はありえませんから、たとえば、中央の議会、シティの参事会、区の法廷(wardmote)のような制度と thief-taker との共存はいってよいと思います。

このエントリは、刑罰にかかわる点もふくめて、しばらくしたら「つづき」を書く予定です。なにせ、10日に締切がありますので (^_^;)

【PC実習室運用】2006年度第1回委員会 14:00~14:50
【PC実習室運用】同上。議事録を作成し、メーリングリストへ流す。
【PC実習室運用】ガイダンス用の書類を印刷。
【コースHP】コース紀要の目次ページを更新。掲示板/BBSを設置。

| | TrackBack (0)

やぁ Y(^^)

5年前に入試関連のお仕事をしていたころ、苦楽をともにした係長が職場の総務課近辺にきていました。すこしはやめに本庁へもどったはずだったけれど、何かご用だったのでしょうか。偶然にお見かけしたので、「○○さん、こんにちは、おひさしぶりです」とあいさつをすると、「ほんとにおひさしぶりです!」とあいかわらずの声量で元気いっぱいでした。う~ん、その迫力と生命力をわけてほしいなぁ。

ちなみに、この係長とは同郷(旧 清水市出身)で、吉野先生(ごく一部の方しかわからないでしょう)に国語を習った共通経験があります。あたしにとっては、いまだにおぼえている古文の助動詞「る」「ず」の活用や主格の助詞「がのをにへとよりからにてして」を暗記させられた先生なんです。名前も、かの「吉野作造」に似ていて、記憶にのこりやすい人でした。だからなんだ、といわれればなんでもないですが、あまりおぼえていない高校時代の数少ない記憶です。

午後のさかりには、卒業したばかり&婚約したばかりのちひろさんが、部屋をおとずれてくれました。ビザがとれたので22日に出発するとの報告をうかがいました。いよいよですねぇ。プレゼントもしっかりもっていってくれるそうで、うれしい、めでたい! 今日の午前中に作成した、ゼミ写真集をおわたししました。

どうでもいいことですけれど、お相手のベンさんは初対面のとき、「あれ、ピクシー=ストイコビッチが歩いてる」と思ったですが、いま、あらためて写真をみると似てませんね。……すみません、ホントにどうでもいいことでした。

明日も、一瞬でいいので、「やぁ」といえる時間の余裕があるとうれしいです。

↓ ちひろさんにいただいた、お手製のお菓子。家族といただきます。
20060403


【教務】「履修要項」早刷り版の確認。
【授業】「英米言語文化入門」の授業担当表を、コース助手の方から受領。
【PC実習室運用】実務を担当してくださっている方に印刷物をおわたしする。
【PC実習室運用】明日の会議の資料づくり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年度ですが、いろいろと未定

今日からあたらしい年度になりました。辞令の正式な交付は月曜日におこなわれますが、すでに今週のはじめくらいから事務局の方々は異動モードにはいっておられました。教務の仕事をする身としましては(4年連続です!)、学務スタッフ(ほかの職場でいえば名称は「教務課」が一般的でしょうか)の方、とくに、いわゆる「1.5~2列目」の方が交代する年は年度はじめのガイダンスで途方にくれますので、けっこうドキドキしてしまったです。幸いにしてアタシの関連する部局の新年度の人員変更はなく、年度はじめのクソいそがしい教務であっても偏頭痛を気にしないですみそうです。

自分のサイト、とくに講義関連のページはまだ年度替わりに対応させていません。この時期をねらって原稿を書いているからでもありますが、例年以上に不確定要素が多いため、授業にのぞむ体制を確認できていないからです。たとえば講義室。だれの陰謀か(?)、これまでつかってきた部屋の机・イスがいっせいにとりかえられ、折りたたみ式の、小さなテーブルのついたイスになりました。語学用ってことでしょうか。プロジェクタと無線LANと音響装置があって*、50人前後を収容できる部屋は、とてもつかい勝手がよいので移動したくないのですが、しかし、このテーブルでノートをとるのは至難の業でしょう。今日は、だれもいないのいいことに、いくつかの教室をまわって設備や受講者の席まわり確認してきました。感想としては、どこもつかえないなぁ。どうせ現有施設の備品をかえるなら、2部屋もあるのに週に1コマしかつかってないLL教室を何とかしてほしかったですね。

※あくまでこれらの装置はあるだけです。プロジェクタが無線LAN上にあったり、FM電波を音響にとばしたりはできません。部屋の整備を担当した人のいう「マルティメディア」でしかなく、その方のレヴェルにあわせたものです。整備の計画をお一人でやってくださったのには多謝・深謝ですけどね。

例年以上に受講生の動向をみきわめてから、時計の針と競争しながら授業の準備をするパターンになりそうです。ま、自転車操業は毎年のことなので、なじみといえばなじみです。

【授業】教室さがし。「帯に短し、たすきに長し」とは、まさしくこの状態かもしれない。
【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »