« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

走ったよ、よたったよ、ヘロヘロ

県立美術館の講堂へ、来週の金曜日におこなわれる公開シンポジウム会場の下見をしにでかけました。あたしの役目はプロジェクタ関連の機器運搬と設営係。ダイナくんとプレゼンタ・マウスも愛用のパソコンバッグにつめこんで準備万端でのりこんだつもりが……、プロジェクタのACアダプタを忘れてしまったです。あーなんてこったい orz

というわけで、美術館から教員室まで走りました。マピオンのキョリ測で適当にはかったところ、往復約1キロメートル、アップダウンのはげしい過酷なコースです。さすがに建物のなかはエレヴェータをつかいましたけど、あとはひたすら走るのみ。いそがないと何のために事務局から講堂までいったのか、セッティングの確認が主要な目的なのにただ待つだけの無為/無意味な時間がすぎてゆく……。ちょっとしたメロスの気分です。途中で右のふくらはぎがつったような感覚になりましたが、こけるとか、階段で足を踏みはずすとか、誰かにぶつかるとかいうような、致命的な事態にはさいわいにもいたらず、走りきることができました p(^^)q

いやぁ、晩秋というか初冬というか、そういう季節にしっかりと汗をかいてしまい、けっして爽快とはいえないものの、ひさしぶりに運動した気がします。すくなくとも冷や汗とか寝汗とか脂汗とか、不健康なものではなかっただけ、もうけものでした。でも、明朝あたり、足にきてるかも (/--)/


【教務】学務主幹から電話で学則改正の資料の要請 → 一部を修正して添付ファイルにて送付。
【教務】学部副委員長より、学生の所属コースについての問いあわせ → 昨年度の各種資料を点検し直し、さらに昨年度の印刷物ファイルをチェック → 返答。
【教務】同上。副委員長の先生から電話 → 対応を協議。
【教務】あらたに非常勤講師を依頼する先生より、履歴書と業績書を受領。
【教務】同上。世話人の先生と電話で協議 → 書類の代理提出をする予定。
【授業】大学院特別講義を依頼した先生より、出張依頼書の要請(メールの中継はこちらの同僚の先生) → 学務スタッフの方へあて名などを連絡し、作成を依頼。
【?】県立美術館講堂でシンポジウムの機材のチェック。
【書類】本日が締切の書類を学務主幹に提出。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あぶないなぁ、もう

ここのところ、偏頭痛のおそれもあって無理しないためにRくんで通勤しています。車内では早口ことばとか発声練習をしながら運転するですが、ときどき写真に撮りたくなる風景にでくわすわけです。今朝はこれ。

Img_0011

この車の御仁はのそのそとインタチェンジから進入してきたと思ったら、そのまま流れを読まない低速運転をして後続車をいたぶっていました。写真をよーく見ても低速の理由はわかりませんが、肉眼ははっきりとケータイをとらえております。でも、このような写真をとっているあたしのほうがあぶなかったりして \(^^:;)...

いまどき、運転しながらケータイつかってても、有能にも多忙にもステキにもみえないでしょうにねぇ。


【書類】学務主幹に提出する書類を作成。明日が締切らしいので、明日に提出します。
【教務】時間割と履修要項について、新任の先生とご相談。
【高大連携】出張講義先の高校の先生から(ようやく)お電話をいただく。日程と必要な機材の確認。
【?】コースの紀要の原稿を助手の方へお渡しする。今回は画像ばっかり(字がすくない)なので、ファイルが重く、FDにおさめられず (^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

分かれ目

かいよーくんが恐れていた防災訓練は、昨日までの雨によってグラウンドがつかえず、避難 → 確認 → 学長訓示 → 消防隊長の講評、であっさりと終了してしまいました。防災サークルの方々が救命訓練をやっていらっしゃいましたけど、ほとんどの人が素通りです。40分ほどの仕事の中断でした。ただ、避難先が学生ホール1階=食堂というのは、ちょっと考えもの。火の気がいっぱいですから、いざというときの避難場所になるとは考えにくくないでしょうか。

防災訓練をのぞけば、本日の主要行事は1年生のコース分けガイダンスです。授業にかかっていることもあって、じつにあっさりとやるのが慣例になっています。おまけに何を血迷ってスケジュールを組んだか、となりの教室でとくに1・2年生向けの公務員試験ガイダンスなるものもバッティングしていたりして、その重要性が相殺されているようにも感じました。かりそめにも大学と名乗っているのに、学生・事務局が一体となって出口しかみていないということであれば、極端な話、「未履修問題」の高校とおなじではありませんか。ま、高校4年生みたいな人もいないではないけど。

そもそもなぜ、各コースの説明者がどのような授業があって、どのような教員が配属されているかを説明するのか。それは、ここでコースを選択することが、どうやって卒業単位をそろえるか=どのような履修をするかを左右するからです。卒業証明書には、大学名、学部名、学科名にくわえてコース名も入ります。自分の所属するコースの科目は専門科目でカウントされ、他コースのものは基本的に自由選択科目でカウントされる意味をよく考えましょう。学科やコースを越えて演習(ゼミ)を選択することは可能ですが、コースをかえることはできません。また、ゼミ選択が希望どおりにいかなかった場合にうけいれてくれるのは、自分の所属コースのみです。1年生のこの時点で、かなり重要な選択をしなければならないのだ、と自覚してください。運命の分かれ目、かもしれないですよ。(だれにいっているんだろ……苦笑)

ゼミをえらぶより重要なコースえらび、なんだけどなぁ。


【授業】「演習」13:00~16:10
【授業】ゼミ生にメール。卒業研究の目次について相談する日を決定。
【教務】「コース分けガイダンス」16:20~16:50
【教務】コース世話人の先生にと来年度の担当科目について確認。
【会議】20周年記念行事のうちあわせ。17:00~18:00
【書類】先週に提出した復命書に不足していた、出張伺い別表を作成 → 提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調子が悪い

ここのところ、HP iPAQ h2210 の調子がすこぶる悪いです。SDカードの接触がおかしいのか、ATOKの辞書ファイルが読めなくなってしまい、入力しても変換してくれません。「こーすわけがいだんす」と入力すると、「こーすわけがいだんす」のまま……、うっかり確定でもしようものなら、ATOK本体は本体メモリにあるので、「こ」と入力するだけで「こーすわけがいだんす」という省入力候補がでてきます。とってもうざいよー (T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

さらに、充電をしようとACアダプタをさしても反応なし。アダプタのさしこみ部分がやや変形しているのは以前からで、これまではなんとかごまかしてきたのに、ついに、クレードルにさしこまないとうけつけなくなってしまいました。デジカメもそうなのですけど、クレードルというブツは便利なようでいて、じつはとてもめんどうくさい気がします。まず第1に、ACアダプタへ直結するよりも、占めるスペースが大きい。第2に、なんとなく反応が遅くなる。そのほかに、なくしてしまう危険性が高いというのもあります。

シグマリオンIIIからはじまって3年以上のPIMデータが入ってますので、いまさら紙の手帳にもどりたくはありません。ソフマップで探してみたら、中古のh2210は2万円前後、hx4700が4万円強、エルメスは新品で7万円ごえ。ボーナス前ではどうしようもないですけど、全体としていまいち物欲がわかないです。涸れちゃったでしょうか。

【授業】「英米文化論」の新ネタ準備。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

にわか We are REDS ファン

職場の紅黄葉も楽しめるくらい多くなりました。その分、路上の落ち葉もかなりの量です。公園や大学構内や美術館や……、散歩したいなぁ。

早ければ今日の夕刻にも、浦和レッドダイヤモンズのリーグ優勝がきまります。えぇえぇ、ご存知のとおり、あたしは後援会員をすでに10年以上もやっているコチコチの清水エスパルス・サポータですが、じつは最高に応援している日本人フットボーラは、ずっと小野伸二選手です。1998年の春にみた、右足アウトサイドのワンタッチでだされたアシストは、いまだに脳裏に焼きついています。その小野選手が満身創痍ともいえる状態で日本にもどってきた年に、レッズの初優勝がなりそうだ、というのはよろこんでよいのか、悲しむべきなのか。

レッズは何年か前のいまごろ、延長戦で勝ったのにJ2へ降格するという、もっともうれしくない勝利を経験しました。決勝ゴールをきめた福田正博選手の涙を、対戦相手のサンフレッチェ広島の森保一選手だったかが、うけとめていたのが印象にのこっています。そして、このとき、サポータたちは選手に罵声を浴びせることなく、たしか We are REDS の連呼で檄をとばしたのでした。――いろいろと記憶があいまいですみません。

くやしいですけれど、日本のクラブでいま最高のサポータをもっているのはレッズでしょう。動員力もすごい。経営的にもね。あとは小野選手がすこしでもよい状態で、よろこびの瞬間をむかえられるよう、願っています。

来年は、トップ5からさらに上を目指してくれ、清水エスパルス!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

食事時間ゼロ

来週の火曜日、職場で防災訓練があります。町内会でも訓練はあるので、情報伝達とか、バケツリレーとか、起震車による体験とか、炊き出しとか、人工呼吸や蘇生法の練習とか、毛嫌いするほどのものではありません。ひととおりの手順やいちおうの行き場を確認しておかなければ、いざというとき、万が一のとき、右往左往するばかりになってしまうのは目にみえていますから、年に1回くらいは確認しておく必要はあると思います。

でも、かなり気になる点が一つ。町内会の訓練でもお昼どきには炊き出しを食べられました。ところが、今回の職場の進行だけを書きだしますと、

10:40 避難訓練事前説明
10:55 訓練地震発生(サイレンで合図)
10:58 火災発生・火災警報発令 避難の呼びかけ学内放送 避難訓練
11:20 学長訓示(参加者全員対象)
11:25 消防署講評
11:30~12:10 消火訓練 救命救急訓練 
11:30~13:00 起震車による地震体験
 地震体験を多くの学生に体験してもらうため、昼休みも実施する
12:15 静岡県立大学安否情報システムの訓練
13:00 訓練終了
というぐあいでして、13時から授業のある教員と学生(ゼミだよね~)+12時45分から仕事のはじまる職員の全員が全員、昼食ぬきの1日になります。すごいなー。ちなみに、
午後は、平常どおりの時間割となります。
午後の講義に支障のないよう手荷物を持って避難してください。
という通知もあり、やはり昼食ぬきは避けられないようです。健康診断でかならず十二指腸瘢痕を指摘されるあたしのようなカイヨーもちには、水なし、メシなし、余裕なし、の情況がもっともつらいところ。「原則全員参加」という正義の御旗をうけながすには、ここはやはり、有給休暇しかないか (/--)/

まぁ、メモ代わりのデジカメを持参して、逃げる(何から?)訓練に参加することにします。

11月24日の業務
【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【授業】「歴史と社会」(静岡英和学院)14:30~16:00
【教務】コース分けガイダンスの資料を作成。
【?】スキャナを借りにきた学生さんに対応。

11月25日の業務
【教務】コース分けガイダンス資料を印刷 → ステイプラで綴じる作業。
【教務】非常勤講師の先生方に来年度の出講伺いのメールを送付。
【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

落語ライヴ@講義室

3限目の時間帯、落語を生で楽しんでしまいました。日本文化の特別講義だったですけど、あの方も、この方も、てな感じで、教員の姿もチラホラ。なにせ昨日が教授会で、さんざんぱら滑舌の悪い、しゃれっ気も色気も男気もないような話ばかりを聞かされたわけでして、べらんめぇ、腹の底から笑えるような時間がないと偏頭痛もひどくなる一方、直るものも直んなくなっちまいまさぁ、です。

オイラに似合わない、つかい慣れない口調はかえって頭痛のタネになるのでやめます……。

木戸銭なしの無料で、二つ目の方の落語を2席(「牛誉め」と「お見立て」)もやってもらって、おまけに解説までしていただき、それはもう堪能しちゃいました。つかみとか、間とか、一人複数役とか、小道具とか、考えるところ、見習うところはあっても、パフォーマンスのあいだは純粋に楽しめたです。

ただ、口伝の芸というものをうまく活かすことはできるんじゃないかと思いましたよ。講義をすべて PowerPoint 化してしばらくたちますが、写真や地図や概念図やグラフなどなどを、おりおりにはさみこんでいるとはいえ、なんとなく“書きもの”なんですよね。ライヴ感がないというか、アドリブが効かないというか。チョーク1本+プリントたくさんでやっていたときのほうが、ノリがよかったというか。あれ、ちょっと思いださなくっちゃ。

↓ 今日の特別講義の講師である、三遊亭ぬう生さん

20061122b

【教務】ゼミ分け説明会用の資料を、コース助手の方へ添付ファイルで送付。
【研究費】教員特別研究費の配分額についてのメールを、研究分担者の方へ再送。
【教務】時間割と開講科目一覧の資料を受領 → 回覧用の連絡文を作成して回覧開始。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おちたまま

無理せず好きなことをしようと思いましたが、会議があって、しかも案件をとおさなければならない立場にあると、そういうわけにもいきません。なかばあきれることもありましたけど、とりあえずは通過しましたから、All's well that ends well.

頭痛もちは、傍(はた)からみると元気そう、何ともなさそうなので、とっても損な気がします。じつは視線をうつすのも億劫だったりするのに。パソコンをひらいたらクラクラしてきたので、もうやめにしとかなくっちゃ。とりあえず、愚か者にはならないために読書はしたぞ。

【会議】教授会 13:30~16:30
【会議】研究科委員会 16:40~17:40
【書類】昨日に作成した特別講義の実施計画書を、微修正の上で学務スタッフの方へ提出。
【書類】総務課で健康保険証を返却し、本人と被扶養者のカードを受領。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おちた

ひさしぶりのエントリです。しかも、出勤前に書いています。

このところ、うまく睡眠のとれない日々がつづき、昼寝でおぎなうこともできずにいました。先週の前半からそこはかとなく気配を感じつつも、ごまかしていた偏頭痛が、ついに一昨日の日曜日には頭皮がうしろへひっぱられる感覚とともに襲来し、昨日の月曜日の夕刻は書類をながめていても文字がわからない/読めていない状態におちいりました。もうこうなりますと、お茶を飲んだり、チョコレートを食したり、眼薬をさしたり、さらにはノーシンを服して長イスに横になったりして、なんとか安らごうとしても、いろいろなことが気になって、気になって、気になってしかたなく、ズキズキという痛みとともに、あたしを機能停止状態へと追いやるです。精神だけはささくれますので、苦界をさまよう餓鬼畜生のごとく、妙に殺気立ってきます。寄ると触ると八つ当たり状態。家族にはすまんこってす。

一晩、苦しみながら休みました。何度も目がさめて、何度も寝返りをうって、晴れやかな気分とは無縁です。今日は無理せず、好きなことをします。

西の方では過労状態のG陛下がノロウィルス感染症とのこと、くれぐれもご自愛ください。

11月10日の業務
【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「歴史と社会」(静岡英和学院)14:30~16:00
【教務】履修要項と高大連携事業について、学務スタッフの方へ問いあわせの依頼。

11月11日の業務
【授業】「イギリスと日本」の準備。ノートづくりとパワポ・ファイルの作成。
【授業】3512教員室の掃除。

11月13日の業務
【書類】出張伺いを作成 → 印刷 → 総務課のボックスへ提出。
【PC実習室運用】非常勤講師の方の利用についての問いあわせに応対。

11月14日の業務
【授業】「演習」13:00~16:20
【教務】学科共通科目担当の先生に来年度の時間割を確認 → 時間割作成の司令塔にご連絡。
【学生】昼食時に学生課から電話。昨夕にメールボックスへ入ったアンケートの回収の件。
  ※前日の夕刻に入れて、翌日の14時すぎに回収というのはいかがなものか。
【学生】同上。アンケートをメールボックスで回収 → ゼミの時間をつかって回答してもらう。
【会議】12月8日の公開シンポジウムにむけてのうちあわせ。17:00~18:00
【書類】年末調整の書類を作成。

11月15日の業務
【教務】学務スタッフの方より、授業科目の名称変更等について問いあわせ → 応対。
【教務】学務スタッフの方より、教授会の議題の資料について問いあわせ → 応対。
【教務】同上。資料の作成 → コース世話人の先生に点検をお願いする。
【PC実習室運用】非常勤講師の先生の利用について電話で問いあわせ → 応対。
【PC実習室運用】同上。実習室の使用願を受領 → 利用をおみとめする旨のメールをご本人と委員に送付。

11月16日の業務
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【書類】年末調整書類を提出。

11月17日の業務
【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【授業】「歴史と社会」(静岡英和学院)14:30~16:00

11月20日の業務
【書類】11月18日の出張の復命書を作成 → 印刷 → 資料とともに提出。
【書類】科研費の物品発注書を作成 → 提出。
 ※検収方法がかわって(まだ理解していない)、このような手続きが必要になりました。
【書類】特別講義の計画書を作成 → 提出しにゆくが、担当者が不在のためにひきかえす。
【PC実習室運用】警告書を作成 → 委員会の先生方に呈示。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

小春日和

陽差しはまずまずで風がなく、ペダルをこぐとすこし汗ばむような陽気の日が11月にあると、「小春日和」と呼びます。では、10月の場合は? 英語では Indian summer (day) で微妙なちがいはなさそうですけど、日本語では「小夏」と呼ぶはずです。

学部生のころ、オイラは大学へ綿入り袢纏を着てかよっていました。そのスタイルを気に入ってくれたのが教育学部付きの運転手さんで、よく生協食堂・売店へゆく途中で呼びとめられ、世間話・四方山話・茶飲み話・笑い話で盛りあがったものです。で、そのかれがおしえてくださったのが「小夏」です。

「おう、今日みたいな陽気のこと、なんていいうか知ってるかい」
「えー、知ってますよ。小春日和じゃないですか」
「それがちがうんだな。10月だよ」
「えー、ちがうんですか。じゃ、なんていえば……」
「ちいさな夏、小夏ってんだ」

出身地の話や引退後の話もしてくださいました。いわゆる“行政職2”の方で、定年後は後任がいないポジションでした。いまごろはどうなさっているでしょうか。今日のような日よりには、ふと思いだしたりするです。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「演習」の準備。
【教務】本年度の時間割・履修要項の司令塔と日程についてご相談。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うつくしい

昨日にひきつづき、このような風景を職場の廊下から眺めることができました。

20061108

夕方も2日つづけての赤富士でした。北斎の富嶽三十六景「凱風快晴(別名、赤富士)」とは季節ちがい、時刻ちがいですけれど、会議中の部屋からみえた雄大な朱色は感動ものです。うつくしい。

昨日も「うつくしい」ということばをつかってます。ただし、ヴェーバのことばでしたか、

聖でなく
真でなく
善でない
にもかかわらず
美なるものがある
というように、真・善・美は別物です。政治の追求するものを〔公共〕善でなく、美にしてしまってどないすんねん? 自己チュー/ナルシズムには用心したい。うつくしい、などと自分/自国を表現するのには、どこかしらおぞましさを感じるものです。


【教務】ネイティヴスピーカの担当する英語科目の時間割について、確認の担当者に状況をうかがう。
【教務】英語科目通年1コマの担当者について、全学の運営者の先生と協議。
【教務】同上。新規の担当者の都合を確認していただき、担当OK
【教務】学部教務委員会 16:30~18:10
【教務】本日の委員会の議事録(案)を作成 → メーリングリストで流す。
【授業】「イギリスと日本」「歴史と社会」の講義レジュメ&資料をウェブログに登載。
【?】総務課にて学務スタッフの方をまじえて協議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

隣りは何を……

今日は、職場の創立20周年記念式典が13:30からホテル・センチュリー静岡でニギニギとおこなわれました。遅刻(ゼミをやってましたので) → 中抜け・キセル(ノドが渇きましたので) → 早退(強い向かい風のなか、自転車を必死でこいでおなかがすきましたので)という、ばぶれもん/ごくどっされの常道を歩み、おまけに、特別講演の最中にもしっかり気絶……。トホホです。

中抜けでスタバへでかけ、こんなことをしていましたら、お隣りにすわった男性が最初は Willcom W-ZERO3 をとりだしたです。もっさりした筐体でしたからチラリと一瞥しただけで、自分の世界にもどりました。ところが、つぎにふと目をむけると、なんと手中にはあの Softbank X01HT とおぼしき物体がにぎられているではありませんか。昨日に中古宣言をしたとはいえ、目の前でみせられると、物欲がかきたてられます。しばらくじーっと見つめてしまいました。うつくしい、とあたしは思いますよ。

【授業】「演習」12:10~13:50
【教務】「海外研修英語」の単位申請書類を受領。
【教務】同上。すべての書類を確認して署名・押印・成績づけ → 学務スタッフの方へ提出。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

中古で充分と思うもの

ふと考えてみるに、ケータイ電話の購入にお金を払った記憶があまりありません。ポイントがたまっていたり、サーヴィスでもらえちゃったり、払ったとしても1円だったり、です。妻さんの分もありますけれど、こちらも型落ちなので0円とか1円とか。それでも2年間は不自由なくつかえているようですから、最新機種を定価近辺(?)で購入するメリットがよくわからなくなります。

たとえば、和物/洋物をとわず本、あるいはお仕事用の論文が掲載される雑誌はやはり鮮度が勝負の部分もありますので、新品で入手します。洋物についていえば、正確には何週間~何ヶ月かはおくれるですが、タイトルだけでも新品にしておかないといけません。一方で、趣味の本、たとえばいしいひさいちさんの漫画とか、斉藤美奈子さんの文芸批評とか、カルスタ本とかは、アマゾンの古本コーナを活用して入手しています。また、自宅からもっとも近いのがブックオフだったりしますので、こどもたちはあそこが本物の本屋だと確信しているふしがあるです。

機械については、ふだん持ち歩いている2台のデジカメ、2台のケータイ(同僚の先生に「相当にあやしい」といわれました)は、デジカメ1台をのぞいて型落ちか中古ものですし、愛用の轟天号ビアンキもありがたいいただき物、いまこのウェブログを書いているダイナも、pasel というショップで購入した中古です。そうそう、名古屋へゆくとかならずたちよるソフマップは、店舗だけでなく、ネット上でもお世話になってます。

やはりエルメスは、型落ちになるまで待ちましょうかね。ソフトバンクの「0円」は安くないみたいですし、ドコモは東海では契約できないみたいです。それともどこかでゴニョゴニョするんでしょうか。うひー。

【仕事】作業 13:00~14:20

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下がり目

すっかり忘れていた……わけではないですけど、東京方面での研究会には出席できませんでした。来週末も、再来週末も勉強する機会のご連絡をうけていますが、いけるのは再来週くらいです。なかなか予定どおりにはすすまない仕事にいらついてしまいます。一気にやってきた仕事にたいして、不安やあせりがなくはない。ただでさえ、あたらしい講義科目で四苦八苦しているのに。

追いこまれてゆくのは苦手です。ちょっとトホホ状態かも (;_;)


【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放置掲示物にご注意

↓ 職場の掲示板です。

20061102

一見しておわかりのとおり、貼り紙の多さにかけては左右の2学部の比ではありません。それはもう、ゴチャゴチャの乱雑状態をとおりこして、先手必勝、弱肉強食、極悪非道?ともいえる場所のうばいあい、一種の貼り紙合戦の様相を呈しているともいえます。掟破りの無期限の掲示などざらにあり、年度はじめの4月の貼り紙が翌年の3月まで、この場所を占拠していたこともありました。せめて、期限を切って掲示し、それをすぎれば掲示をした者が自分で回収・始末をするくらいのマナーはあってよいでしょうし、学部の掲示板であるがゆえの事項の優先順位づけや、使用する用紙サイズの統一性もほしいところです。

だいたい学部のサイトにも研究科のサイトにも電子掲示板が設置されているのですし、どうしても貼り紙をしたくなってら、危急かつ重大な学務関連の事項以外は、学部棟の掲示板で充分なはずです。職場のみなさん、放置掲示物というクズ(junk)情報ばかりをみせられて、ジャンキーにならないようにね。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「イギリスと日本」の準備。
【?】総務課の方と協議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どのような場面でつかうか

昨日は四つのゼミの合同で、卒業研究の中間発表会を開催しました。例年にもまして会議がてんこ盛りの今日このごろですので、オイラもはじめて途中退出でした。すまんこってす <(_ _)>

さらに夕刻は、4ゼミ合同の宴会。ところが宴の終了後、発表会からずっと写真をとっていなかったことに気づいて、愕然・呆然・憤然。今年度はほんとに写真がすくないゼミになってしまいそう (;_;)

さて、↓ これはなんでしょう。

20061101a

あやしげな人物が "MAJI?" とせまってきています。じつはこれ、ARVEL 社のクリッカープロという製品でして、先週末に名古屋近代イギリス研究会にでかけたさい、名駅のソフマップで買いもとめたものです。以前の黄金のマウスは左右のクリックのみでスクロール機能がなかったため、お蔵入りしてしまいました。今回のは、左右クリック+スクロール機能がついていて、しかし、カーソルの移動機能がありません。人差し指などに装着してつかいます。

↓ 装着の図

20061101b

なるほど、左右のクリックやスクロールは問題なく、むしろ快適につかえました。でも、タッチパッドでカーソルをうごかしますから、そのままパッドをタップするほうが早くないかな、という気がします。左手でカーソルを移動させて、右手でクリックする、という器用さを持ち合わせない(多くの?)者にとって、タッチパッドもしくはトラックポイントでカーソルをうごかし、そこでいったん手をうかせてクリック操作をおこない、またおもむろにカーソル移動作業をするのは、リズムを損なってしまうです。

どのような場面での活用が想定できるか、もうすこし考えてみましょう。メーカのサイトではこんなふうです。

10月31日の業務
【会議】コース会議 12:20~12:55
【会議】研究分野会議 12:55~13:20
【授業】4ゼミ合同卒業研究中間発表会 13:30~18:10
 ※途中退席しました。すみません。
【カリキュラム・入試改革】自由討議 16:30~18:20

11月1日の業務
【教務】コース別ガイダンスの資料づくり → コースの先生方に校正用資料を配付。
【教務】ゼミ分けガイダンスの資料づくりのために、コース助手の方に資料の作成と配布をお願いする。
【授業】大学院特別講義の委員の方に、講師依頼にかんする手続きをうかがう。
【授業】同上。学務スタッフに方へ電話。資料の送付をお願いする。
【授業】同上。講師の方へ問い合わせのメール。

今日の午後、『歴史学研究』の特集「近世化」に収録された中国史関連の2論文をコピーして読みました。「おお、岸本美緒先生はあいかわらずスゲー」とか、思わず声が出てしまうくらいおもしろかったです。このごろの『歴史学研究』、なかなかやります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »