« いまはここまで | Main | 新春ボーリング »

2007年はじめのごあいさつ

 謹んで新春のお慶びを申しあげます。

 ご健勝にあたらしい年をお迎えのことと存じます。

 これまで筆の遅いことを持ち味にしてまいりましたが、先の11月より、隔月でおとずれる締切におわれております。場の記憶、江戸とロンドン、回顧と展望、伝統都市、公共圏と、なかにはきびしい仕事もあり、しばらくは緊張から解放されません。自分のできることを一所懸命にこなしていこうと思います。

 中学になってはじめた卓球がサマになってきた恭輔は、市の団体戦で2位を得ました。一生はバレーボール部に入部し、セッターを練習しています。日曜日にも朝早くから市内外で試合や練習があり、友だちとすごす時間が長い毎日です。高校受験の文字もみえてきましたが、二人とも国語や社会が苦手です。文学部史学科出身の両親には信じられないことですが、まずは恭輔から、尚さんがガシガシと鍛えています。

 今年もよろしくおつきあいください。

 2007年1月1日

|

« いまはここまで | Main | 新春ボーリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/13252798

Listed below are links to weblogs that reference 2007年はじめのごあいさつ:

« いまはここまで | Main | 新春ボーリング »