« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

やばい

やばい、視野がど真ん中でキレてしまいました。つぎは頭痛がきます。まだ宵の口ですけど、痛みのくる前に眠ってしまうしかありません。では…… ((((((サササッ

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【授業】「英語で読む英米文化入門」の準備。

ほかにも業務しましたけど、とっとと寝ますので、以下は省略。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

慚愧に堪えません

今日から中3の息子は修学旅行へでかけました。このあたりの行き先は奈良・京都が定番でしょうか。30年前は別の市だったお隣りの区の中学にかよっていたあたしも、奈良・京都2泊3日でしたね。

さて、このところ、毎日、職場内外のどこかで、何らかの会議に出席していますけど、やっていて楽しいものとぜーんぜんつまらないものがあります。自慢というか、おれはエライんだぞ光線というか、そういう外連味たっぷりのセリフを聞かされる会議は、やはり、“わたしはどこ、ここはだれ”ととり乱したふりをしながら、その場を立ち去りたくなるというものでしょう。某施設の設立にたずさわったとおっしゃっても、その施設が設立前からわかっていたとおりの不振、はっきりいえば慢性赤字状態だとすれば、そこはことばの正確な意味で「慚愧に堪えない」という態度は示していただきたい。そこのおエライさんに顔がきくんだぜぃ、みたいな、はっきりいってボス交のような下品な言辞には白けきってしまいます。ヴァイスも場が読めない人ではないでしょうに。

あたしは自省的な人ですから \(^^:;)...
というより、どうてもいいことでもクヨクヨと悩み考える小心者ですから(← おそらく、こちらが正解)、
ボス交はできません。そんなことなら、いうだけいって轟沈するほうがましですから (^_^;)

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【?】図書館長より電話。コース紀要の電子化についての問いあわせ。
【?】同上。コース内の担当者に電話。何回目かでお話しできたので、協議 → 今回は寄稿者の了解をとっていないので見送り。
【?】同上。図書館の担当者の方に電話+コース世話人の先生に報告。
【会議】修士課程改革委員会 18:00~19:30

本日の(めずらしく)楽しみ:水出しコーヒーポットを買いました。さっそく水出しコーヒーをつくってます。今晩に抽出して、明日の朝にはできているはず ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

麩まんじゅう

昨日の宣言どおり、今日は朝イチで白木屋さんへたちより、麩まんじゅうを購入して職場へ向かいました。なんだか遠回りをしてしまったようで、↓の写真をとるころには足にきちゃっていて、もうたいへんです。

テレビ静岡ちかくのお宅の庭に咲いていたアオイ(だと思う)。曇りの日の写真はマクロ撮影でも補正がむずかしい。

20070529

その麩まんじゅうですが、生麩(とってもモチモチしてます)に、青海苔を練りこんであり、それをこし餡をくるむのにつかっています。食感はつるつるって入ってくる、うどんのような感触もするです。

20070529b

一口でも食べたなら、すぐにあなたも麩まんじゅうのとりこ!(ほんとかな)。

【授業】「演習」13:00~16:10
【会議】全学教務委員会 16:20~17:20
【書類】特別研究費の学内発表会の原稿を受領 → 朱入れ → 返信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大はずれ

本日は晴天なり、のはずだったですけど、朝からすっかり曇り。それでも天気予報は晴れマークでしたので、ここはこれ、そこはそれ、昨日の日曜日に整備した轟天号ビアンキにまたがり、半年ぶりくらいの自転車出勤を敢行しました。いやぁ、だいこん坂で息のきれること、きれること。土曜日からはじまった「ヴェネツィア展」の看板を見るふりをして、ぜ~は~状態をごまかしました \(^^:;)...

しかし、お天気はいっこうに好転しません。ずーっと曇り。しまいには、午後5時ちかくなって、雨がふりだしてしまいました。どうやって帰れっつーの (--メ)
昨日の午後から微妙にはずれはじめていたのはわかっていましたが、ビアンキの日にやられるとね。ただでさえ、あちこちで気をつかわされて楽しくないですから、へこむよねぇ。

明日は白木屋さんで「麩まんじゅう」か「あわ大福」を買っていこう。おいしいものを食べて回復だぁ!

【書類】出張伺を提出。
【書類】出勤簿に記入。
【書類】指定年齢人間ドック受診申込書に記入 → 提出。
【授業】3512教員室の軽い掃除。
【会議】修士課程改革委員会 18:00~20:00
【?】ただひたすらに先週のあとしまつ。前向きに、前向きに (^_^)b
【原稿】最終チェックの要請メール → 帰りぎわに返信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

涙がただ……

日曜日の23時30分前後のテレビといえば、TBS系の「世界遺産」を見るくらいでした。今日はふとNTV系をみると、「ミュージックラバーズ」という番組に、「ぼくたちの青春だぁ」という枕詞のつく、松田聖子さんがでています。もうそのまま、気分は四半世紀前にトリップ。

でもねぇ、たった3曲ですよ(ふだんの番組は知らないので、これがふつうなんでしょうか)。「赤いスイートピー(1982年)」、「SWEET MEMORIES(1983年)」、「ただ涙がこぼれるだけ(2007年)」で、前の2曲はいまだに何も見なくても歌えてしまいます。高校を卒業して、病気をして大学を退学し、アルバイトをして、病気が再発して、再受験して、やっと大学へいけて、うれしい出会いと悲しい別れがあって、そういう時期にいつも口ずさんでいた歌だからにちがいありません。歌手本人が、あのころとおなじキーでうたえるのもすごいものです。

【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の授業ファイルづくりを終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風景

今日はひさしぶりに職場へまいりました。教育後援会総会あり、スプリング・フェスティヴァルあり、わけのわからないさわぎ(ただうるさいだけ。何の値打ちもない)あり、盛りだくさんだったようですけど、あたしはサボりまくった今週の債務返済、来週の準備に専念です。昨日の雨はすっかりあがり、気温もあがり、砂も舞いあがり、ただテンションだけがあがらず……。

以下、あまりのテンションの低さにかんがみて、風景写真のみ。
その1 本日のキャンパス。
20070526b

その2 県花……であったはず (^_^;)
20070526c

その3 黄砂現象にかすむ、いつもの窓外。
20070526a

この砂だらけ状態にもかかわらず、暑けりゃ、いつでも廊下の窓をあける御仁がいます。となり近所の迷惑も考えておくれ。砂かけじじいになっちゃうよ。

【授業】来週の中間試験の作成。
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の授業ファイルを作成。
【授業】「英米文化論」「ヨーロッパの風土と文化」の講義資料、講義レジュメを作成 → 登載。
【書類】出張伺を作成 → 印刷。
【?】あずかった研究紀要を宛先へおわたしする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寛容でないご通知

諸国行脚の修行の旅から日和ってもどってまいりました。お~つかれ、あ~しんど……。おつかれさまでもどってきますと、以下のようなご指示をふくむご通知をいただいてました(文章の一部を改訂)。

3 パソコンのOSがMacの場合、こちらでファイルを開くことができません。

このため、Macを使用して原稿を作成する場合は、次のいずれかにより提出願います。

(1)上記の1~2の要件を満たしたものを、紙によりこちらへ提出する
(2)ファイル保存形式をWindowsでも開けるものにする
(3)「研究の目的、成果及び今後の展望」欄に写真・グラフ等を使用しない場合、「メールに直接文字データを貼り付ける」又は「テキスト形式のファイルで保存する」ことにより送信する。


おほほ×∞(※「ほほ」の部分のみ) OSがちがうとファイルが開けなくなるですか、なんちゅーパソコンでしょうね。うごいているのは、MS-DOS 2.11 くらいでしょうか、それとも N88-BASIC でしょうかねぇ。

Mac OS をつかっている方々の紙原稿はスキャンしてくれるみたいです。うらやましい、と同時に、どのようなマシンを「こちら」さんではおつかいなのか、興味があります。

7年ほど前、「こちら」さんのある方からうかがったところによりますと、公式文書がカギ括弧+句点でおわっていたばあい、両方とも半角にして1文字分としていたそうです。「こちら」さん全体でおつかいになっていた、あるワープロ専用機の規格にもとづく書式でした。それをPCのワープロで再現しようとしますと、等幅フォントで外字をつくらなければならず、誰にでもわかるようなめんどくささでしょう。今回のご通知もどこか、おなじようなことがくり返されている気がします。多数派に寄り添って楽しておこう、という心性と申しましょうか、自分でしらべてみようとしないあさましさ、と申しましょうか。あたしがときどき当てこすりのメールをおくっても、いまだに堂々と、ファイル名に丸数字=機種依存文字をつかわれる方々ですから。

ここはあたしも自宅の Mac OS 9.1 ではしっている JEdit でテキストファイルの原稿をつくり、メールに貼っておくりましょう。あの面倒な MS-Word 文書へは「こちら」の方々が成型してくださるでしょうからね。あ、いま気がつきました。これって「寛容でない」のではなく、「とっても気がつく、やさしい」ご通知になっています。ま、いいかぁ。

【書類】出張伺を作成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

びみょ~

左前頭部あたりに痛みがあるような、ないような。そこはかとなく、あるいは遠慮がちに、ちくちく、ズキズキ、といった感じがします。これが立派に成長して、チカチカ、フラフラ、ズッキーンになると、もはや手のほどこしようがありません。そうなる前に休まないと……。

仕事らしい仕事をしてないですけど、プレッシャだけはきっちりとあるみたいです。 もう、寝よう。

【メール処理】ひとまず、急ぎの用件に返信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Willkommen

いくつかの掲示板やサイト、メールによりますと、先週の土曜日からペニさんが日本にいらしているとのことです。昨年の夏、直接にうかがっていたので、楽しみにしておりました。ところが、明日・明後日には比較的オープンな研究会があるそうですけど、あいにくとまた雲水に身をやつし、諸国行脚の修行の旅へとでかけなければなりません(うそです)。

いろいろと都合がつかないとはいえ、6月2日の比較都市史研究会はでかけようと思っています。と書いておかないと、最悪のばあい、忘れてしまいますので……。メモがわりのウェブログでした。

【会議】外部研究資金によって研究/事務補助員を雇用するための説明会に出席。
【仕事】今年度の辞令を受領。
【?】ほぼ1日中ずっとしらべ物をしつつ、案件を検討。
 ※たぶん、あたしには才能がない。トホホ orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あと20年もつかえる掃除機

土曜日の午後は週日の居場所を掃除するのが常です。見た目はあまりかわりませんけど――とくに床面は綿ぼこりがワックスによってこびりついていて、どうやってもきれいにならない――、乱雑にならべられている机の上のブツが片づけられて気もちいよいですし、日ごろの運動不足の解消にもなります。今日も今日とて、口笛を吹きながらやっておりますと、なにやら掃除機の音がにぶいというか、いかにもも機嫌が悪そう。就職した年に購入したものですから、すでに15年目になった相棒でして、回転ブラシはすでに作動しませんし、ボディ部分は擦り傷だらけ、ACコードも断線を経験した箇所をごまかしてつかっています。つまり、いつ逝ってもおかしくない状態でしたので、もしや、これが別れのあいさつなのか、と。

いやいや、じっさいは全然ちがいました。念のため、ボディに収納されている紙パックを点検してみますと、ゴミがいっぱい。一種の窒息状態ですね。さっそく予備のパックに交換したところ、吸引力が復活し、ついでに騒音もいや増しになっちゃいました(苦笑)。

購入時に附属していた紙パックは3個、10年くらい前に買ったのが1セット5個入り、ずっとそれでもってきてついに今日、つかいきりました。あたしは2年に1度しか紙パックを交換しないことになります。わりとマメに掃除はしているですけど……。花王のクイックルと併用なので、ということにしておいてください。さっそく帰宅途中にコジマ電機へとたちより、補充用の1セット10個入りを買いました。すでに純正の型番は消滅しており、かろうじて「『共通使用』できます」という解説のついていたものしかありません。とはいえ、これまでのペースから計算しますと、あと20年はこれでいけちゃうわけで、あたしより長生きするかもね。

【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の準備。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

まさか、あそこで

上の息子が生まれてつぎの春=1993年4月から、1999年3月末に静岡へ転居するまで、ほぼ6年を長久手町ですごしました。子どもの通った保育園で形成された友人関係、親同士の関係はいまでもつづいています。結婚してすぐに住んだ北区矢田町(いまは町名変更で「山田」という地名です)は本籍地でもあり、花火大会などの思い出がありますけど、あたらしい社会的な交際にめぐまれたという点では、やはり長久手のほうが印象深いです。

その長久手町で、昨日から拳銃をもった男による立てこもり事件が発生しました。よくよく地図を確認しますと、あたしが職場へいくのにしばしばつかっていた道路です。テルトリアヌスを研究なさっていた研究室の先輩で、道半ばで亡くなったTさんを最後にお見かけしたのも、この現場のすぐちかくにある大学(Tさんの勤務先)への入り口でした。コンビニによったことも、ラーメン屋を探したことも、道路沿いの名鉄ストアやユニクロ(両方とももうない?)にいったことも。南中学かよっている、息子の友だちもいます。

まさか、あそこで……。死傷事件がおこるとは想像だにしていませんでした。生じたことのすべてをできるかぎりあきらかにすること、先入見なく、短絡することなく、原因を追究すること、この2点をのぞみます。

5月17日の業務
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【授業】次回のゼミの報告者に報告をするときの注意事項をメールでお知らせ。
【会議】修士課程改革委員会 18:00~19:30
 ※本来はメンバーでないですが、教務委員のあて職になってしまいました。
【書類】大学院の授業担当についての調査票に記入 → 総務へ提出。
【?】コピー機のステイプラ補充作業。
 ※何回か挑戦してできずにいました。今日は執念で成功!

5月18日の業務
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【授業】「英語で読む英米文化入門」のファイルづくり(未完)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多忙な昼

なんとなく朝から気配を感じていましたけど、2限の授業がおわった昼休み、電話の嵐が襲来! いろいろな用向きであちこちにいってたあたしにも責はあるかもしれないが……。かくして、人への対応、機械への対応、文書への対応をしていたところ、昼食がおくれにおくれて2時になってしまいました。身体に悪そう。大学院にはいりたてのころ、指導教官がおっしゃっていた。「食事の時間が30分以上ずれるのは、健康によくないよ」と。通常と2時間ちかくもずれた場合は、健康には壊滅的かも orz

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」の準備=検討する論文のコピー。
【授業】学生室教務担当の方に一覧表をおわたしし、休講通知を依頼。
【書類】ヒアリング用資料の第一弾を添付ファイルで受領 → 印刷してチェック。
【書類】ヒアリング用資料の第二弾を添付ファイルで受領 → 差し替えとチェック。
 ※この間にこまかな指示・確認の電話が数件。
【書類】同上。チェックして印刷した書類を学部長へ提出。
【書類】ヒアリング用資料を作成するための書類について、K先生から予算額などの修正の電話連絡。
【書類】ヒアリング用資料を作成するための書類について、べつのK先生と予算額の調整。
【書類】同上。作成した書類を研究科長へ提出。
【院教務】1年間で修了することが不可能である理由について、専攻長の先生から問いあわせ。
【もと教務】コース担当の高大連携出張講義について、現教務委員の先生とご相談。
【もと教務】同上。コースの助教の先生に1件の出張講義の担当を内々に依頼 → 内諾ゲット。
【もと教務】同上。コース世話人の先生に、助教の先生への依頼を承諾していただく。
【もと教務】同上。上記の獲得内容を現教務委員の先生にメールでご連絡。
【ゼミ】ゼミOGの方から電話。推薦状についてのご相談。6月中旬にいらっしゃるとのこと。
【?】法人理事長名の問いあわせに応対。
 ※じつはあたしも知らなかった。だって唯一の邂逅の可能性があった辞令交付式は、例の救急搬送さわぎでお休みしちゃいましたからね。教授会の資料をひっくりかえして捜索、あってよかった (^_^;)
【PC実習室運用】設定したいただいた学部内の無線LANを確認。
【研究費】椅子、テプラ、スクリーンの納品。
 ※椅子は腰痛防止のために、ちょっとお金をかけました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

過去と現在のしがらみ

大阪外国語大学(という名称・組織はいつまででしたか)の古谷さんが、ThinkFree Office について書いていらっしゃいます。ThinkFree Online beta をオイラもさっそくつかってみましたが、アプリの部分のつかいごこちは、あの OpenOffice.org とおなじといったところでしょうか。起動に時間がかかるのは、回線の速さもあるでしょうし、しかたがないかなぁ。なにより、妻さんや息子たちにはインストール作業なしでつかえるのがよいです。もちろん、学生さんたちにもおススメするつもりですけど、あまり乗ってこないような気がします。

というのは……。

今日の会議で保護者の方々からいただいているお金(≠授業料)で、学生さん用のPCおよび周辺機器が更新できるようになったからです。ちなみに、それで今年度は Microsoft Office 2007 のライセンスを購入する予定になっています。オイラも実習室運用委員長として、この予定を立てるのに一役買っているという矛盾……、レガシ・フリーを徹底できないもどかしさ……は胃腸の不調がひきうけるとして、なんというか、原稿を書いているだけなのに Office Proをインストールしてあるというのは、ふだんは1.5人ていどしか乗らず、空気をはこんでいるにすぎないのに、ア○ファー△やらエ○グラン△をころがしているようなムダをおぼえます。まるで地球温暖化のまわし者のよう。もちろん、乗用車のばあいは加速の余裕とか、事故の衝撃にたいする安全性とか、考慮するものがありますけど――運転者がこれを考慮したかどうかはわかりません――、PCのアプリケーションだって、世の中の多数派で、就職したら企業でもつかうとか、ある一定のシステム要件を余裕をもって満たしていればそれなりに美しく成果を出せる安心感みたいなものがあるでしょう――ほんとは、操作系のちょっとしたちがいなら1日あれば克服できるし、コンテンツ、内容、中身のほうが重要なんだけど。

というわけで、あたえられれば学生さんたちはつかうでしょう。端的にいって Office しかあたえられないですから。古谷さんが書いていらっしゃるようなパソコン環境の発想転換をわが社で実現するのは、きっとむずかしいだろうなぁ。UNIX のコマンドをあやつり、サーヴァ管理をなさっているような方々を説得する自信はないし、ご専門ではないのにずっと情報教育に注力している方々の考えに反対できる実績もないですから。これまでも Microsoft Office をつかってきましたし、授業もそれが基本、それに、全学の実習室にはもう2007が導入されちゃってます。ぶっちゃけ、お金があるうちは問題になりそうもないですしね。

せめてゼミ生には、情報としてつたえておくことにしましょう。

【会議】コース会議 12:20~12:50
【会議】教授会 13:30~16:40
【会議】研究科委員会 16:50~17:10
【書類】ヒアリング書類を一時預かり。
【メール】会議の連絡に返信。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

公開処刑論

この場ではあまり書いたことがありませんけれど、あたしが関心をもっているのは過去の社会における犯罪者の処遇、なかんずく処刑の問題です。18世紀のイングランドのばあい、大きくわけますと、死刑・流刑・さらし刑・笞刑・罰金刑などがありました。このうち、数的に大きかったのは流刑です。1718年に成立した犯罪者移送法により、刑法史上でほぼはじめて死刑につぐ、安定した刑罰が確立しました。アメリカ独立戦争のさなかの1770年代なかばまで5万人ともいわれる流刑囚が北アメリカに送られましたし、アメリカ独立後もあらたな流刑地がもとめられたことからも、流刑という刑罰の重要性が想像できます。ちなみに、17世紀なかばの三王国戦争期/ピューリタン革命期にはすでに、流刑のプロジェクトが存在していました。

ただし、現代との比較で顕著なことは、やはり、死刑・さらし刑・笞刑という公開の刑罰でしょう。さらし刑や笞刑はちゃんとしらべたことがないので、はっきりとしたことはいえません。多少とも史料を見ている死刑、それもロンドンでおこなわれたものにかぎっていえば、通常はオールド・ベイリの年間の開廷回数とおなじ8回の処刑日が存在しました。あたしの誕生日のころ(9月下旬)はちょうど開廷期から2週間くらいあとにあたり、処刑日になることが多かったようです。1783年までは市中ひきまわしの行列があり、死刑囚は荷車に乗せられ、ニューゲトからタイバンまで数キロの道のりを2時間以上もかけてひかれてゆきました。83年からあとはニューゲト監獄前が処刑場となり、中世都市ロンドンの西端、近世以降のロンドンではほぼ中心で処刑が見られるようになります。

かなり端折りますが、このニューゲト監獄前の処刑は、タイバンとおなじく、見物人の行状が好ましくなく、抑止効果を発揮できないと非難されました。さらし刑・笞刑も交通にたいする支障や暴力にたいするまなざしの変化などから、非公開がすすみます。死刑の非公開化は1869年、これ以降はニューゲト監獄内で執行されるようになりました。現代では、死刑そのものが1969年(?)から実施されていません。

というのが、処刑の非公開化の流れです。ところが、この議論にはメディア、犯罪報道、報道陣による処刑の立ち会いといったものが欠けています。いま、誰もが利用できるようになっている『オールド・ベイリ裁判録』がなぜ出版されたのかを考えると、公開であることこそがさばきの正当性を保証する、さばきには説明責任がある、といった、かのジョン・ウィルクスの主張が重要になってきそうです。公開の死刑は物理的にはたしかに非公開化されましたが、しかし、メディアによってその裁判から、執行から、評価までよりひろい人びとに公開されているのではないか、と思えるです。

さて、どうしたものか。もうちょっと考えてみます。

【会議】カリキュラム・入試改革委員会 18:00~20:45
【PC実習室運用】後援会予算の使途について、メーリングリストで提案する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新緑から濃緑

日曜日ですけど、職場へいってきました。どうでもいいといえばそのとおりの事情がありまして、東京へゆきそこねたからです。まぁ、根がぐうたらなあたしの事情ですからね、書くだけムダというものです。

それはさておき、1ヶ月がすぎると風景がこんなにも変わるですね。

↓ 2007年4月13日のイチョウの木と空
20070513a

↓ 2007年5月13日のイチョウの木と空
20070513b

空が青いのは雲や水蒸気がすくないからですし、葉っぱが多くなっているのはネズミ算なみです。今日はしばらく窓をあけたままで仕事をしました。季節のうつりかわりは風から感じるです。

【授業】3512教員室の掃除。
【書類】理事長ヒアリング用の資料のごく一部を作成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑感をみじかくいくつか

その1
 職場にあらたに設置されたセンターがあります。そこのウェブが美しくできているですが、ただ不満なのはデジカメ写真の光量が不足気味なところ。逆光になっているのも多く、わざとかもしれませんが、表情がみえないです。自動調節をかければよかったのに。

その2
 暑いのか、涼しいのか。いまだに家でも職場でも石油ファンヒータが鎮座ましましています (^_^;)
灯油を使いきってしまいたいからですけど、すでに最高気温が25度をこえる今日このごろ、なかなかヒータの出番はありません。昨日は雷雨のあとにずいぶんと涼しくなった気がしたですが、ヒータの表示はさほどでもなく、なかなか燃料切れになってくれないです。

その3
 ここに入れてもうけとりませんよ、という注意書きを無視して受講カードをメールボックスに入れた学生さんがいますけど、あたしはほんとうに「うけとりませんよ」。そのうち、本や雑誌や無料配付の情報誌などとゴチャゴチャになり、クシャクシャの状態で梅雨入り前後に廃棄されるでしょう。もちろん、あなたの受講登録は無効です。ケケケ (^◇^)

その4
 明日は部活の練習試合があるので、息子を藤枝までおくります。息子だけならまだしも、他人さまの子息を同乗させるとなると、かなり緊張します。おまけに、昨年からずっとうったえているのに、責任の所在がはっきりしてないです。事故はおきないように注意をしなければなりませんが、しかし、事故がおきたときにどうするか、をきめておかないのはおかしい。わたしだけぇ~(だいたひかる調)

その5
 この夏、イギリスにいくかどうか、悩んでます。だれか、背中を押してください。

5月10日の業務
【授業】3314講義室のプロジェクタ用のリモコンを学生室教務担当の方から借りだし → 終了後に返却。
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
 ※解釈のところを、はじめて受講生さんにゆだねてみました。なかなかやるじゃない (^^)v
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【授業】休学中のゼミ生に、「卒業研究コース内規」「題目届」「題目変更届」を郵送するために投函。
【研究費】教員特別研究費学長権限分の研究成果報告書を作成しはじめる → 未完。

5月11日の業務
【授業】LL準備室から DVD 再生機を借りだし → 終了後に返却。
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【研究費】教員特別研究費学長権限分の研究成果報告書を完成 → 研究代表者に提出。
【仕事】追加した部分の再校が pdf ファイルで到着 → 朱入れして返送。
 ※こういうときに、Tablet PC はすこぶる便利だと思います。
【元国際交流】次期国際交流委員長の先生から担当を打診される → こちらの事情をお話ししてゆるしていただく。
 ※いまの状態では、ちょっと無理です <(_ _)>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会議が長いぞ (^_^;)

せっかく身体の調子がもどりつつあり、おまけに、二宮宏之『フランス アンシアン・レジーム論――社会的結合・権力秩序・叛乱』(岩波書店、2007年)の読書が楽しくてしかたがなく、苦手な授業も一部はコミュニケーションがとれるようになりつつあるところに、長い会議です。ぜーたくはいいませんが、ただ、この時刻でおわろうとか、一つの議題はこれくらいの時間で、と目途をたてたのですから、まもっていただけるとイライラや体調降下をまねかないですみます。そもそも、とある委員の、いわゆる「あて職」になっているような会議出席ですけど、ちょっとちがうんでないかい、と思ってしまう。各種委員はおおまかであっても仕事の範囲があるわけで、執行部のように「総務」的な存在ではないはずです。

食事ぬき+休憩ぬき+コーヒー・紅茶ぬきで3時間も会議をするのは、反則というよりも拷問ではないでしょうか。長年の友人である十二指腸潰瘍くんがうずきます。


5月8日の業務
【PC実習室運用】説明会に出席しなかった1年生に利用説明を実施。
【授業】「演習」13:00~16:30
【?】コピー機のステイプラの針がなくなっていたので、交換をコース助教の方にお願いする。
【?】同上。昨日から交換ができない(針そのものはある)とのこと。コピー機の前で取扱説明書を見ながら交換操作をするが、やはりできず。
【元国際交流】ニューカースル大学の夏期語学研修説明会用に、以前のパワポファイルを現委員の方へおわたしする。
【?】大学院研究分野運営委員の先生から電話。研究分野の特色についてキャッチをもとめられる。

5月9日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の講義資料を作成してアップ。
【PC実習室運用】3109実習室をのぞくと、1台の端末が起動途中でハングアップしているのを発見。光学式ドライヴを読みにいっているようだが、ドライヴに媒体はなし。応急対策として「使用禁止」の貼り紙をするとともに、実務を担当してくださっている方にメールを送付。
【PC実習室運用】3111実習室をのぞくと、「使用禁止」を指示してあるPCの電源が入っており、飲食物の残骸やコピー用紙の置き忘れなど多数を発見。モニタの消灯忘れも → ゴミを処分し、電源を切る。
 ※権利をうしなってみないとわからないのかな。
【院教務】研究科委員会の議案および報告事項の資料を作成 → 調整室副参事に提出。
【院教務】大学院連絡会議 18:00~21:00

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いのちの洗濯

広辞苑によれば、「いのちの洗濯」とは、「日ごろの苦労から解放されて気ままに楽しむこと」となります。ここ数日間の大型連休中には、ずっと家族とすごし、ほんとうに「いのちの洗濯」をさせてもらいました。会話の細っていた息子たちとも、食事をしにいってメニューの変化(というよりも、改悪)にともに怒ったり、ボーリングをやってスコアを競ったり、たわいもないことですが、ひさびさに時間をともにして楽しめた気がします。

「さがさないでください」をのこした日には、傷心というか、“K2はもう書けません”状態というか――悲劇の名ランナー、円谷幸吉選手の苦悩にはおよびもつきませんが――、このまま終了、のような雰囲気が「日々是精進」にただよっておりました。潜伏中には何度か偏頭痛におそわれ、プレッシャにたいするひ弱さをはげしく露呈し、ダウン寸前のパンチ・ドランカ状態だったです。澱のようにこころの底にたまっていたものもありましたし、ようするに、なにをしても楽しくなかった。中年の教師が何をそれほど、という気がしますけど、いつまでも青くさく、幼いままですので、ちょっとしたことからバランスが崩れてゆくです。崩れだしたら、とまらないよ。

日本に「ゴールデン・ウィーク」なるものがあって幸運だったと思う今日このごろ、あぁ、でも、これから夏休みまでが長いですよねぇ。

とりあえず、復帰します。

4月24日の業務
【カリキュラム改革】学部長へレポートを送付。
【教務のお局】他学部授業聴講について、学生室教務担当の方から問いあわせ → 対応。

4月27日の業務
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【授業】LL教室からDVDプレーヤを借用 → 授業の終了後に返却。
【研究費】科研費書類3通:申請書・請求書・チェックリストを作成。
【研究費】2006年度教員特別研究費(学部長権限分)の研究成果報告書を、調整室副参事に提出。
【研究費】2006年度教員特別研究費(学長権限分)の研究成果報告書について、研究グループの先生に確認。
【PC実習室運用】実習室の使用願に対応。
【PC実習室運用】利用説明会に正当な理由なく欠席した学生への対応について、副委員長の先生から電話 → こちらで対応する旨をおつたえする。
【?】コース助教の先生にコース会議の結果についてうかがう。

4月28日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」の授業用ファイルを作成。
【授業】「演習」の春休みレポート読み。
【授業】3512教員室の掃除。
【?】同僚の先生から、仕事について問いあわせの電話 → 対応。

5月1日の業務
【授業】「演習」13:00~16:30ころ。
【研究費】広域ヨーロッパ研究センタの今年度の研究計画と概算要求について、メンバーの先生と簡単に協議。

5月2日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】「英語で読む英米文化入門」と「ヨーロッパの風土と文化」の授業ファイルの準備。
【PC実習室運用】利用説明会に正当な理由なく欠席した学生に対応 → 5月8日に利用者説明をおこなう予定。
【院教務】学生室教務の方に大学院生の指導教員届の提出状況をうかがう → 1名が未提出であったため、大学院生室へいって確認。
【院教務】同上。全員の提出を確認し、学生室教務の方から整理したファイルを送付していただく。

大型連休中の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」のパワポ・ファイルを作成。
【PC実習室運用】利用説明会に欠席した学生への対応について、問いあわせあり → 対応をご連絡。

5月7日の業務
【書類】広域ヨーロッパ研究センタの研究計画と概算要求の概略を起案 → メンバーの先生に送付。
【書類】同上。メンバーの先生と協議 → 修正したものをまとめ役の先生へ送付。
【授業】学生室教務にて、「英米文化論」の教室変更手続き。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の予習。
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」のパワポ・ファイルを作成。
【学会】日本西洋史学会の大会参加費などを郵便局でふりこむ。懇親会はパス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »