« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

てやんでぇ!

けったくそ悪いあつまりでした。なんだかなぁ……、部屋で折りたたみ椅子に八つ当たりしたくなるくらい。ブルーザ・ブロディみたいに。

やっていること、やったことを確認して、しっかりと省みましょうよ。場当たり式はやだし、軽薄すぎるです。

【会議】教授会 13:30~15:30
【会議】カリキュラム・入試改革委員会 16:00~17:30

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マウスの昇天

今朝の静岡地方は、朝9時というのに夕方7時すぎのような薄暗さで、ザアザアと雨がふっていました。息子は中体連の県大会へでかけ、その応援のために藤枝まででかける尚さんを、JRの駅までRくんで送りましたが、東海道線は一時的に運行していなかったようです。寒暖をふくめて、なかなか気性の荒い天候がつづきます。

さて、安倍総裁がひきいた自由民主党の参議院選挙における逆風と「歴史的大敗」(頽廃?)にあおられたのか、ここのところ、愛用のマウスの昇天がつづいております。直接に身体とふれる機器だけに愛情もひとしおで、選択にもこめた思いがあるだけに、岡山選挙区の候補者とおなじくらいにショックは大きいです(冗談)。

まずいってしまったのは、シグマA・P・O社の steelo LASER のワインレッドでした。左右にマウスをうごかせなくなり、掃除をしたり、抜き差ししたり、接続先を変更したりしましたが、よみがえらず。

Type3

ついで本日、朝イチではしっかり作動していた、サンワサプライ社のバッテリーフリーワイヤレスマウスがマウスに電力を供給できなくなってしまいました。買ったばかりなのにねぇ。

Mawhnb2s_ma

どうも、黒デルくんのUSB端子の一つがあやしい気がするですけど、確信はありません。steelo LASER はPS2端子でつかってましたしね。現在、つけているのはロアス社の SILFEE という光学式マウスです。左右のクリック感がイマイチですが。これはけっこう安売りを買ったので、昇天しても惜しくない。

Musckt25w

あとは、Vマウスとか、フィンガマウスとか、真っ赤なレーザマウスとか、さらには、ごろ寝マウスリターンズとか、ちょっと変わり種ばかりです。こまったものでございます。

【授業】4年生の卒論生と論文題目を協議。
 ※今日が提出締切なので仮題ということで。
【授業】「英米文化論」のレポートを採点。
【研究費】成果発表フォーラムのファイルを作成 → 未完。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

梅雨明け

アタシの住んでいる東海地方も昨日に梅雨明けしました。平年よりも7日、昨年よりも1日おそかったそうです。大型で強烈な台風も来襲しましたし、日照時間もすくなかったためか、よく雨がふったなぁ、という気がします。心配された渇水はもうだいじょうぶでしょうかねぇ。

というわけで、今週は人間ドック=指定年齢検診のあった木曜日をのぞいて、轟天号ビアンキで通勤できました。しかしながら、う~ん、もはや真夏日とか猛暑日とかに、アタシのようなのが40分近く、ひたすらペダルをこいでいるのは、はっきりいってアブナイ/やばい行為かもしれません。出発前にコップ1杯の水を飲み、走行中にもペットボトルの水を補給し、到着後にも100%ジュースやポカリスウェットを口にするですが、それでも、ときどき夜中に足がつります。体内の水分量がおちているです。ひからびてゆく、……アタシは干物か。

帰宅するのは夜ですので、さほどでもないですけど、朝の往路はかなりきつい。最後がのぼりですし、太陽がカンカン照りですし、自動車の排気ガスも多いですし。前期末試験中なので学生さんの数が多いのも、駐輪場の混雑が春先なみでめんどうです。はやく夏休みにならないかなぁ。

7月27日の業務
【院教務】修論中間発表会の日程を、発表者のM2の院生さんに確認。
【授業】「英米言語文化入門」のレポート採点。

7月28日の業務
【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「英米言語文化入門」の成績づけ → エクセルに記入 → コース助教の先生に添付ファイルで送付。
【授業】「英米文化論」の提出レポートを採点 → (--#)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あのさ

こういうサイトも、あたしはIDなんぞもっていたりするですよ。「楽天」の(というより「旅の窓口」いらいの)ですけどね。
こういうサイトも、あたしはチェックしていたりするですよ。

みなさん、ご用心、ご用心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結果

いってまいりました、人間ドックへ。午後3時くらいまでかかるという予告はまったくおおざっぱな見積もりで、昼食をいただいて待合いへもどると、ちょうど12時ころでした。職場へまいもどったのは、余裕の13時前です。

さてさて、胸部や胃のレントゲン、血液の数値などはまだでていませんが、その他の、おもに身体と生理にかかわる面の数値を参考にお医者が診断と助言をしてくれました。身長も体重もBMIも、HDLコレステロールも肺活量も、メタボリック関係の胴回り体脂肪率も、すべてが標準値の枠内におさまっていて、何一つ文句のつけようのない健康体です。

「自転車通勤が効いてるなぁ」

とのことでした。ま、轟天号ビアンキの楽しさはそれでいいですけど、ドックの数値は本人からするとまったく信用がありません。胃痛も、頭痛も、手首の痛みも、老眼を覚悟しつつある眼や筋肉量の減少も、しっかりと自覚しているのに健康体だなんて (--#)

こころのうちや肉体の微妙なおとろえまではドックでもわからないものです。

7月24日の業務
【授業】ゼミ生の卒論について応談 → 題目を決定。
【授業】同上。図書館で資料探し。

7月25日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」の期末テスト 10:40~12:10
【授業】同上。採点を開始 → 未了。
【授業】ゼミ生と夏休みの旅行について相談。
【?】書類の整理=すでに在学していない学生のレポートをシュレッダで処分。

7月26日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」の採点を終了。
【授業】同上。成績評価をエクセルで算定。
 ※受講生さんに予告したとおり、出席点ですこし工作してみました。やっぱり、関数でやると楽ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は

指定年齢の人間ドックなので、早寝早起き (^O^)v
更新はなしよ (^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

I'm telling you

レポートの課題をしめしたときに、注意事項としてつぎのようにパワポでプレゼンされていました。

●複数の参考文献をレポートの末尾に記す。
 ネット情報やウィキペディアを切り貼りしたレポートは、自動的に0点とする。
●自分の意見と他人の見解および事実とは、明確に分けて書く。
 引用部分はかぎかっこ(「 」)でくくる。

それでも、Wikipedia をコピー&ペーストしたレポート、参考文献がまったく記されていないレポート、他人の文章をそれと明示せずに引用=盗作・剽窃したレポートが、つぎつぎと提出されるのはなぜでしょう。おそろしく無知なのか、自分のレヴェルを過信しているのか、それともオイラにケンカを売っているのか、いずれとも判断がつきません。ま、あえて注意事項を無視するのですから、

確信犯

とみなされてもかまわないという、ある意味で肝のすわった行動とうけとめましょう。採点がとても楽になりそうです。楽ではあっても、楽しくはないですが orz

「だから、いったでしょ!」といわせないでほしいです。

【書類】木曜日の人間ドックのために「職免」を申請。
【書類】静岡高校生との訪問時の授業公開について、依頼を承諾して教務委員長の先生の書類ボックスへ投函。
【授業】「英米言語文化入門」の授業内容とレポートについての質問に応対。
【?】卒業研究履修資格の取得に必要な単位についての質問に応対。
【?】「○○先生の教室はどこですか」という質問に応対。
 ※オイラの部屋は5階ですが、「○○先生」のお部屋は3階でした。そもそも、「教室」じゃなくて「教員室」または「研究室」なのですけどね。どこをどのように放浪してきたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休みの課題

息子2人は夏休みに入りました。部活と塾のつづく期間です。アタシも授業が終了し、試験期間をへてレポート提出日へとむかいます。今夏の課題をここにかかげて、気持ちをあらたにしておきます。

●原稿2本
 昨冬の七転八倒とおなじく、締切が二つ、8月と9月の末日にあります。8月中は成績づけがありますし、9月は楽しい会合が4+4の8日間も予定され、さらに月末には院試も。「さがさないでください」の連発になりそうです。

●読書
 May の読書&ノートは終了させないと。あと、むしょうに古典を読みたくなってきています。

●史料調査
 ほったらかしにしてある Lord Mayor's Charge Book や「巡回法廷判事報告」はテキスト化しておきたいし、議会報奨金の公刊史料もあつめないといけません。どこかで名古屋に出張です。

盂蘭盆会も職場へでかけるのは当然として、あとはどこでやりくりしましょうか。

【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の期末試験づくり:作成 → 印刷 → ステイプラ留め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レポートのチェック

本人も充分に自覚しているですが、「英米文化論」のレポート採点はきわめて辛いです。

理由 その1
 レポートは試験答案よりも推敲や準備ができるはずだ、という確信しています。レポート提出が何本もかぶっている事情は察しますけど、それは2週間のあいだにおこなわれる試験もおなじこと。

理由 その2
 調査や考察を、適当にやっておけばよいとか、自分のやっていることが最善だとか、たかが大学生に慢心してほしくありません。コピー・ペーストとおぼしき文章があれば、こころあたりの文献をひき、ネットで検索をかけ、追跡することを厭いません。ほかにやることがあるだろう、というつっこみは承知のうえです。

理由 その3
 自分が恩師にそうしてもらい、それは貴重なことでしたし、はげみにもなりました。オチコミ、ヘコミもはげしかったですが(苦笑)。

理由 その4
 ほめじょうずでない。(ま、これはそういう性格なので。)

受講生のみなさん、とにかく全力を尽くして砕け散ってください。悪戦苦闘のすえにうまくいってないとか、一生懸命やったけど結論がとんでしまったとか、そういう体験はしておくべきです。努力してもうまくいかないことはいくらでもあります。また、大学とは、お金を払って、さらには、イヤだなぁ、遊びにいきたいなぁと思いつつも授業を我慢して聞いて、その資金投入と苦役にたいして単位があたえられるところ、……ではありません。消費者万能主義は通用しないです。

大学とは、真剣勝負でおいで、というところなのですよ。

【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【会議】全学教務委員会 16:30~17:40
 ※『成長するティップス先生』でも検索してみたらいかがでしょうね。単行本をお貸ししましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おめでとう

更新していませんが、体調不良ではありません。ヴォランティアをしているのでもありません。もどかしいし、情けないなぁ。ダイアルQ2募金さえできないですから。

たったいまケータイにメールをもらいました。内定ゲットとのこと。本当におめでとう。よかった、よかった (^_^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝日出勤

◆ ◇ ◆ ◇
祭日と祝日はちがいます。今日は「国民の祝日に関する法律」にさだめられた祝日です。どこかでだれかさんが祝詞があげるような祭日ではありません……。とか、ぶつぶついいながら、職場にむかっています。うぅっ (>_<)ヽ

◆ ◇ ◆ ◇
10時18分ころ、出勤途中のRくんで聞き流していたNHK-FMで、その3分前に信越地方で強い地震があったというニュースを聞きました。中越や能登では震災にあったばかり。被害が大きくないとよいのですが。

◆ ◇ ◆ ◇
仕事をして、仕事をして、仕事をして、それでもおわらないまま、21時30分すぎに帰宅しました。はたらけど、はたらけど、はたらけど、状況はいっこうに好転せず、もともと才能がないのか、気合いが足りないのか、それだけにつぎこむ時間と労力がまだ必要なのか、と自問したくなっています。それでも逃げるわけにはいかないのさ。

◆ ◇ ◆ ◇
ネットの速報などを確認しておりましたが、7人の方がお亡くなりになり、800人近くがケガをされ、また、微量とはいえ、原発から放射能をふくんだ水が流出したとのことです。う~ん、火災のおきやすい時間帯でなかったことが、救いといえば救いでしょうか。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、わずかではありますが、また、息子と募金をしにいきたいと思います。

◆ ◇ ◆ ◇
今日はなんともおちつきのない1日でした。あ、いつもそーか(苦笑) (^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Old Bailey

Allyson N. May, The Bar and the Old Bailey, 1750-1850 (Chapel Hill: The University of North Carolina Press, 2003) という本を読んでいます。著者の May はあの John M. Beattie から博士論文の指導をうけた秀才です。ロンドンの刑事裁判所であったオールド・ベイリに18世紀なかばから登場してくる、被告人弁護士の集団について、法制や社会層をふまえて分析をくわえています。あたしとしては、オールド・ベイリの評判、それは建物の評判や集まる人びとの風評もふくむものですが、とにかくこの裁判所にかんする評価のいっさいを考えたいと思っての読書です。つぎのつぎの仕事のため、というといかにも中長期的な未来をよく考えてやっているようですが、その実はいきあたりばったりでして、自分の勘を信じるしかないという開き直りにすぎません。ただ、すくなくとも日本ではだれもいままでしっかりとこの裁判所について論じた人はいないです。18世紀ロンドン(シティ)の司法制度については法制史の人がやっているでしょうし、なによりも Beattie の著作を読めばすっきりわかります。それはそれでいいし、あたしの仕事じゃない。あたしがやりたいのは、その司法制度の、すくなくとも一つの重要な核であったものを目にみえるかたちにする、ということです。うまくいえませんが、建物とそのなかにいた人びとから、制度のうごくさまを可視化したいな、と。

あぁ、もうこんなことを考えていると、犯罪報道と公共圏など忘れてしまっています。都市インフラとしてのニューゲト監獄も、イギリス近世の治安維持などという宿題もあるですけど……。授業や公務がどれだけ忙しくても、1日に1時間は論文や研究書を読書する、そういう実践で乗りきれるかなぁ。「きれる」じゃなくって、「きる」だよなぁ。

【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【授業】別の授業のレポート参考文献を借りにきたゼミ生さんに対応。
【書類】健康診断(指定年齢検診)の書類について、総務室の方にうかがう。
【書類】同上。一部をのこして作成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠くてたまらん

なぜだか知りませんが、睡眠不足です。いつもより1時間くらい早く、6時ごろに目が醒めてしまいます。これはまいっちゃう。ひもじいよりも、あたしにはつらいです。必然的に(苦笑)午睡が必要になるですけど、すさまじく長い昼寝になってしまい、夕寝、晩寝ともいうべきでしょう。日曜日など、午後3時に横になって覚醒したのは午後7時でした。 orz

今日は昨日のつづきで Acrobat をダウングレイドしました。黒デルのほうは思いきって 7.0 にもどし、アプデイトをかけて 7.09 となりました。X41 はメモリを1ギガバイト登載していますから 8.0 とし、アプグレイドを切断です。8.1 はやばいヴァージョンのように思います。

明朝の目覚めはスッキリとしていますように (^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。

【授業】休講通知を学生室でお願いする。
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Acrobat 8.1 Professional の不調

古谷さんの体調不良が気がかりです。すこし前に、「ウェブログなんて更新してないで、ちゃんと医者に診察してもらってください。深手にならないうちに、ぜひ。」というコメントをつけたのですが、いそがしくて休めないらしいです。責任感の強い方ですから。とはいえ、有給休暇は労働者の権利ですから、ほんとに休んで受診してくださいね。

こちとらの不調はパソコンのアプリケーションです。昨日の会議の資料を ScanSnap で読みとってPDFへ変換し、さてOCRで認識させようとすると、何度も何度も何度もおなじところでフリーズします。両面刷り50枚近い資料ですが、1枚ずつやってゆくとフリーズのパターンがみえてきました。問題は罫線と手書き文字と印のようです。とくに、罫線の表が入っているとまったくダメ。つまり、典型的な日本語文書はまったくダメ、ということです。つい1週間前まではしっかりうごいていたのに、なぜか急におかしくなりました。この間にやったことといえば、たしか8.0 → 8.1のアプグレイドと今日の Windows Update くらいしか記憶にありません。あー、めんどくさい。おまけに、Adobe のサイトを見ても、基本的なチェック項目しかしめされていないです。

ためしに自宅のノートPCにいれてある 7.0 でOCR認識にかけると、フリーズせずにちゃんと最後まで読み、テキストつきのファイルにできました。こりゃぁ、職場のもダンウングレイドするのがよかろう、ってことでしょうね。古谷さんがかつておっしゃっていたとおり、アプリケーションの古いヴァージョンをもっていると、こういうときに役立ちます。以前も5.0のときだったか、Acrobat ではうまくいかないことがあって、プリンタ以外の機能が充分につかえない羽目におちいったことがありました。サポート電話の方はあっさりと、「プリンタでつかってください」とだけおっしゃいました。Acrobat はけっして安くない買い物なのに。

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】昨日の「演習」で夏休み中に読む文献をきめられなかった3年生2人が来訪 → 昼食抜きで(!)対応。
 ※そもそも昼休みをほかの仕事でつぶしてしまいましたので、昼食抜きはお二人の責任ではありません。
【授業】「英米文化論」「ヨーロッパの風土と文化」の講義資料ウェブログを更新。
【院教務】修士論文中間報告会の時間割案を、主・副指導教員の先生方に配付。
【院教務】同上。学生室の教務の方にもお届け。
【書類】公開用の文章について、日本語として奇妙な部分をチェック。学部長にメールを送付。
【書類】剣祭用のゼミ紹介を作成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お疲れ

さすがに今日は疲れました。朝1から講義をして、2限目は院教務のお仕事。お昼に尚さんのお弁当を食べてから、3・4限はゼミで、そのあと教授会と研究科委員会でした。会議室から部屋へもどると19時をすぎており、予想よりも早仕舞いであったとはいえ、メールを確認して返事をだしたり、ゼミで飲み食いした残骸を処理したり、あーしたり、こーしたりしているうちに21時近くになってしまいました。そのまま、息子たちを塾へむかえにゆき、ピックアップしてようやく帰宅 → 夕食です。胃腸によくない生活でしょうね。

↓ 疲れは物欲発散で解消を、ということで今日の収穫物はこれです。電池のいらないワイアレス・マウス。パッドから給電されるしくみになっています。
Mawhnbs_ma

電池を内蔵しない分、手首にやさしい軽量化が達成されています。ただし、パッドがすべりやすいので要注意です。


【授業】「英米言語文化入門」09:00~10:30
【授業】「演習I」「演習II」13:00~16:20ころ
【院教務】修士論文中間発表会について、学生室の方から電話。案のファイルを送付していただく。
【院教務】同上。主指導教員=主査の先生方に、日程についてご相談。
【院教務】同上。前任者に方式についてうかがう。
【会議】教授会 16:30~18:40
【会議】研究科委員会 18:45~19:00

| | Comments (0) | TrackBack (1)

高大連携出張講義 at 橘

わが師匠はまだ韓国かな、とお仕事とは何の関係もない妙なことを思いつつ、今年度の出張講義へといってまいりました。今年のはじめに伊豆中央高校にまいりましたけど、あれは昨年度分、半年がすぎて今年度分をおつとめ、というわけです。講義したのは、4度目にしてはじめての私学、常葉学園橘高校です。今年の春の選抜高校野球で優勝したのが常葉学園菊川高校で、そちらは静岡県のやや西部よりの菊川市にあります。橘高校のほうは静岡市内で――伊豆長岡や磐田へゆくよりははるかに楽です――、菊川高校よりも設立は古く、あたしが高校生だったころはバリバリの男子校でした。かのピンクレディの常葉学園高校が女子校で、それと対になっていたといえばいいでしょうか。ある年代以上の方には、これでわかるはず (。)ホヨ?

いまの職場にきて2年目に、ゼミの学生さんが橘高校の卒業生で、教育実習をするのにお世話になりました。巡回指導におじゃましていらいの校舎です。あいにくとデジカメを忘れてしまい、校舎の写真も、授業の写真も、生徒さんや担当してくださった先生の写真も、何もありません。ドラクロアとファン・アイク(NHKで特集していました)とホゥガースで60分間、しゃべってきました。しらべておいてね、とお願いしたことはちゃんと百科事典や画集をチェックしてくれていたようですし、指名して考えてもらったときにも無言の反応ではありませんでした。よい生徒さんたちだなぁ、と息子たちとあまりかわらない年齢の、息子たちよりもしっかりとした受け答えに、ちょっと感心してしまったです。1年、2年の差が大きい年ごろではありますが、ね。

いまどきのこういう企画にしてはめずらしく、他大学との共催ではありませんでした。高校に業者が入ってきておこなう進学フェアみたいなのではなかったということです。これはラッキーだったといってまちがいありません。大学についての情報でなく、あたしの授業を聞いてくれたのです。ありがたいことでした <(_ _)>

【高大連携】プロジェクタとノートPCをつなぎ、スクリーンをたてて予行演習。
 ※無線LANをピア・ツー・ピアでつないだ画面は、反応が遅いし、アニメーションがみだれる。RGBケーブルでつなぐと速度は問題ないけれど、今度はとりまわしがむずかしい。
【高大連携】出張講義。移動もあわせて、14:20~17:20
【高大連携】出張報告書を作成 → 添付ファイルで学生室の担当の方へ送付。
【授業】「英米言語文化入門」のファイルをチェック。
【授業】同上。レポートの課題と注意事項のファイルをウェブログへ登載。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白物家電

七夕です。強い雨から薄曇りになりました。ねがいごとの一葉は、キミに幸あれ、かな。

今週のはじめ、結婚してからずっとうごいてきた冷蔵庫が、ついに引退のときをむかえました。二度の引っ越しを経験し、名古屋市 → 長久手町 → 静岡市とあたしたちといっしょにすごしてきましたが、通電しても作動しなくなってしまっては、しかたがないことです。シャープ製の、冷蔵室と冷凍室が左右両側開きになっていて、さらに二つの収蔵室のついた容量400リットル強の大きなタイプで、それまでつかってきた独身用の2ドアのもの――それでも、独身用としては充分に大きかった――が、おもちゃのようにみえたのをおぼえています。結婚したときの電化製品のなかでいまだ現役なのは、コタツくらいでしょうか。

↓ 引退のときをむかえたシャープ製。"New Life People" というキャッチでした。上部の二つのドアが左右両側開きになっています。
20070707a

この湿気の多い梅雨どき+気温の高い夏場に冷蔵庫なしの生活はありえません。というわけで、さっそく尚さんが購入してきたのはナショナル製の、これまた4室のタイプです。観音開きの1室をそなえ、容量はなんと525リットル! いただいたばかりの夏のボーナスから、20万円以上がとんでいってしまいました(涙)。

↓ 1日とおかず、設置されたあたらしい冷蔵庫。まだなかはスカスカです。
20070707b

シャープ製の前任者とおなじだけの期間をがんばってくれると仮定すれば、息子二人は立派に(?)自立していることでしょう。これほど大きなものは必要なくなっているはずです。先は長いような、そうでもないような、お得だったような、そうでもないような……。それはさておき、冷蔵庫はほんとに白系の色が多いですねぇ。小型のものには独身時代のもののように緑とか、いま職場においている黒とかあって選択できるですが、家族向けは白ときまっているようです。なんで?


7月6日の業務
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の授業ファイルづくり → 未完。
【高大連携】出張授業先に電話して、当日の準備について確認。名簿の用意をお願いする。
【高大連携】学部案内のパンフレットを学生室へとりにゆく。

7月7日の業務
【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の授業ファイルづくりを完了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽食で歓迎会

カリフォルニアから日本語の研修に学生さんがきていて、言語コミュニケーション研究センタのみなさんはてんてこ舞い状態です。「つまらない」と(正直な?)わがままをいうそうですが、静岡くんだりまできて楽しいことがいっぱいあるわけがないじゃないですか(笑)。自転車でも貸して適当にどこかへ行っておいで、といえたらよいのでしょうけど。

そういうかれらも、おなじくらいの年代になるわが社の学生さんたちと出会えて、楽しかったようです。子どもは子ども同士、ということ?

20070705a 20070705b

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】同上。パワポファイルの一部を修正。
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【PC実習室運用】Office 2007 への更新について確認&メールのやりとり。
【?】歓迎会に「枯れ木も山の賑わい」役(おそらくは業務でない)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メールとのつきあい

@nifty(当時はパソコン通信の NIFTY-Serve でした)に加入したのが1993年12月のことで、電子メールとのつきあいはそのときからはじまりました。電話機にモデムをつないで、コマンドを入力する文字ベースのインタフェイスをみていたころは、電話代がもったいないとか、いちいち機械をつなぐのが面倒くさいとか、そもそもメールがこないとか、のんびりとしたかまえでメールとつきあっていました。

大学にLANが設置され、私的にも公的にも連絡手段として利用しはじめたのは、10年ほど前のことだったと記憶しています。迷惑メール、ジャンクメールなどというものをうけとることはほとんどなく、また、1日に2回もチェックすれば充分なころでした。添付ファイルのウィルスとか、本文をプレヴューでみるだけで感染するウィルスとか、悪さのメールがふえるのは、もうすこしあとであったはずです。「MacOS のウィルスつくるやつなんていないよ」と揶揄されたころでしたが、メールの総数は増えつつあったものの、まだ手動で削除できる範囲でした。

それから5,6年たったいま、1日のメールの総数は職場アドレスと@niftyアドレスの合計で楽々と300通をこえるようになりました。大半がどうでもよいものですけど、職場関係のメール、研究に必要なメール、個人のメールも受信します。LANは有線も無線も利用していますし、さらにケータイでも、以前は moco,いまはG-mail モバイルのおかげでメールのチェックが可能です。つまり、PCかケータイがあれば、いつでもどこでもメールに接触できる環境ですし、それを、便利だなぁ、仕事がとどこおらないし、いつでもこっちから連絡もできる、すぐに応答もできる、と信頼しきっていました。

ところが最近、ふと思いました。

メールを見てすぐに反応するのはいいけど、これって自分の仕事をブツ切りにしているのではないだろうか。
本を読んだり、論文のノートをとったりしているときにメールが着信したら、集中がキレるよね。
いまだって、夢中になったらメールなんて気にしないでしょ、そういう時間はかけがえのない貴重なものではないか。

そうだ、メールの奴隷になってはいけない!

というわけで、ほぼ3週間ほどになりますが、メールチェックを午前9時ころに1回、午後6時前後に1回、寝る前に1回にしました。返事は夕刻のチェックのときにまとめてだします。どっちゃりとジャンクがたまっていますが、これらは一気に削除します。ときには、1日1回の確認しかしない日もあるです。急ぎの用は電話を利用することにしました。とくに今年は記録をのこしたくない仕事もしておりますし、あたしは作法をまもっていないメールをみるとむかついちゃう性格なもので、かえって電話をつかうほうが精神衛生上も良好です。

メールへのお返事がおそくなっても、どうかご海容のほどを <(_ _)>

7月3日の業務
【?】コース助教の方に紀要論文の公開の可否をご連絡。
【授業】「演習」13:00~16:45
【授業】「卒論相談」17:00~18:00

7月4日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10

| | Comments (0) | TrackBack (1)

短評

否定的に評価すると、つぎのような感じです。

潜在的な力は平均以上のものがある。しかし、ほとんどはそれを発揮することなくおわる。


目にみえるもの、自分が理解できるもの、要求されやすいものしかもとめない。けっして、遠くのものにたいして想像力をはたらかせない。

1年単位で計画をたてることがない。10年単位で考えようとしない。100年単位では想像すらむずかしい。

とりあえずやってみることに価値を見いだす。いわゆる、「ひらく」人びとにあたるだろう。熟慮してやらない、という行動パターンをもたない。

あたしが10年ほどねじっている人びとです。もっとひねくれて、真剣にねじれてくれると、うれしいです。


【書類】支払い関係書類を提出。ついでに担当の方に、いくつか書式および記入事項について質問する。
【授業】「英米言語文化入門」の講義室を変更。エアコンのある教室のほうがよいです。
【授業】同上。講義室の変更を掲示板で通知。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »