« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

タブレットPC

いまごろこのようなタイトルですみません、職場に仲間がいないもので、さびしさのあまりのお仲間募集です。というか、その前段階に便利さのうったえだったりします。なにせ Windows Vista――Home Baisc Edition 以外は、タブレット機能が標準装備されています――は、シェアがまだ3パーセントとのこと、たいする87パーセント(のこりの10パーセントが MacOS や Linux)のXPのなかで Tablet Version がどのくらいの割合か、正確には知りませんけれど、かなり少ないでしょう。OSだけで購入するのは不可能にちかいかもしれません。

今日は、仕事でつかう地図をスキャンして黒デルにとりこむまでは簡単で、楽勝、楽勝と高をくくっていました。ところが、どれもいまいち。とくに、海岸や河川のラインが弱々しく、さらにはノイズの多いのも気にくわないところです。黒デルのマウスはレーザ式なので、反応もよく、こまかな作業も可能です。しかしながら、弱々しいラインを補強するには微妙なうごきが必要になります。そこで、もっともまともなファイルをえらんで ThinkPad X41 へうつし、タブレットペンで補正することにしました。

外付けのタブレットとのちがいは、画面がそのまま画用紙になっている点です。ふつうは楽しくてしかたがない小学校の図画工作や中学の美術と技術家庭がもっとも苦手という、アタシのようにぶきっちょな人にとって、ペンを見ないで画面に線をひくなど、どれだけ練習しても無理な話といえます。それが液晶画面上でペンをうごかせばよい X41 ですと、なんとか線をたどってゆくくらいの補修はできますし、700~1,000%くらいに拡大をすれば、ノイズを一つずつ消してゆくのもできるです。おかげさまで、見ばえがよいとはいいませんが、なんとか見苦しくはない地図ができましたよ。

ただ問題は、じーっと集中するので目が疲れるのと、時間感覚をうしなってしまうことです。知らない間に日が暮れていました orz

【授業】入院していたために課題の提出ができなかった受講生から、レポートを受信 → 採点。
【授業】成績報告書に上記の学生の評価を記入 → コピーをとって学生室へ提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪

無事にゼミ旅行をおえました。とりあえず、風景写真類を掲載しておきます。人がうつっているのは肖像権の問題がありそうですので。

↓ うまく看板が見えないですけど、海遊館の入り口付近です。
20070830a

↓ 道頓堀極楽商店街の戎さん。ここではネギ焼きを食しました。
20070830b

↓ 世界陸上を応援する、かに道楽のかに。カニは食えなかったです。
20070830c

↓ 通天閣をのぞむ。ビリケンさんにお参りしましたよ。
20070830d

とまぁ、楽しい旅行のあとはペーパーワークがたまっていまして、科研費やら書き直しの推薦書やら教員実態調査やら、旅行のデジカメ写真を整理しつつ、今日は日がな1日、黒デルくんにむかっていました。行き帰りの電車のなかでやった原稿の校正も、ちゃんと(かどうかは微妙ですが)反映させておいたです。個人的には明日が締切ですけど、無理かも (^_^;)

あとは、レヴェルが低すぎるぞ!という大学院関連のお話をうかがってしまいました。うちのような孤立した院は息がつまりますね。十二指腸に悪いので、笑いとばしておきましょう。

【科研費】amazon.jp の支払い関係書類を整理。必要な書類を作成。
【科研費】同上。産学連携室へと提出(デスクのところで確認していただいた……サンクス)。
【書類】作成しなおした推薦書を印刷&控えのためにコピー。
【書類】同上。総務で大学院を捺していただく → 封入。
【書類】教員業務実態調査の個票に昨年度と今年度前期の実績と今年度後期の予定(苦笑)を記入。
 ※たとえば、精密検査が最悪で入院になったらどうするでしょう。
【院教務】本文中で言及したお話をうかがう。
 ※ひと言でいえば、「バルス」。ちょっと長くいえば、「アブドル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク」といったところ。
【書類】出版社の書類に途中まで記入して、記入ミスの多さと字の下手さかげんにあきれる。メールに必要事項を記入して送信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

このごろ見たもの

明日から1泊2日のゼミ旅行です。そのために今日は書き物の校正をしていました。しかし、うまくかたちをなしているのかが不安なため、ハードコピー持参です。土曜日の名古屋遠征とおなじく、新幹線のなかで格闘しましょう。

腰でとめているバッグやデイパックのポケットに古い型のデジカメを入れています。400万画素で単焦点の IXY L で、最初期のモデルです。いつ壊れてもいいと思っていますし、だから気軽にもち歩けるですけど、いざなくなったら、やっぱり困るでしょうね。図書館なんかでコピーをとりたいときなど、とても重宝する相棒ですから。

最近、あぁ、いー、うぅっ、えっ、おぉ、と認識したものをならべてみました。

20070827a

↑ まずはこれ。轟天号ビアンキで職場にむかう途中にあるバス停です。「駿府ライナー」とは、静岡鉄道の新静岡駅をでて東京までゆく高速バスのことで、日に1本かなと思っていたら、なんと6本もでていました(半分は、JRだけどね)。乗客がいるのかな。たしか、清水の三保からもでていて、そっちも複数のはずです。どういう用件の人がつかうのかなぁ。

20070827b

↑ つづいては、土曜日にでかけた名古屋大学での研究会のときに入った、学内のコンビニ。ふつうにファミマがあるですね。しかも、3台のレジがいずれも混雑していて長蛇(というより中蛇くらいの)列を形成していました。法人化するとコンビニが入るんだねぇ。そういえば、本郷ではスタバを見かけました。どっちにしてもうらやましいことです。

20070827c 20070827d

↑ 日曜日にいった職場に咲いていた百日紅(サルスベリ)。ピカサ(Picasa)でソフトフォーカスをかけてみました。経営情報学部棟の南側に植えられているものです。やや毒々しい気もしますが、夏には原色系がすてきです。


8月25日の業務
【研究費】研究会のため、名古屋大学へ出張。

8月27日の業務
【書類】復命書を作成 → 総務へ提出。
【書類】金曜日におくった推薦書の不備の指摘 → 作成しなおす。
 ※ゼミ旅行後に公印をいただいて封入作業をする予定。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

夕立

ここ3日ほど、夕方に大粒の雨がふります。昨日は雷鳴もあって、稲光も見えたようです。ちがう空気が接触すると不安定な天候になるわけですけど、季節がうつってゆく境目にはこうなるですよね。今年の夏もおわりだなぁ。

パッと降っても、パッとあがるので、気にしていなかったですが、今日は何となく降りつづける気配を感じましたので、カッパを着て帰りました。(静岡人はほとんど皆が自転車用のカッパをもっています。さすが“日本の北京”と呼ばれる街だけのことはあります。)ところが、気配は大ハズレ (;.;)  → これは暑くてたまらんわい状態におちいってしまいましたとさ。

今日は何とか第一次の原稿チェックを終了できました。公共圏をわかった気にはなりませんが、ロレインのレトリックは見えたぜ!といいたいものです。

【書類】卒業生に頼まれていた、Letter of Recommendation を作成 → 事務局で公印を捺していただく。
【書類】同上。郵便局で投函。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この時期に

土曜日の夜から海外逃亡なさる同僚のK先生、持参するマックで無線LAN接続をこころみる練習にいらっしゃいました。しかしながら、つながらず (/--)/
DHCPでなく手入力で設定すればつながるようなので、ま、アタシの部屋の Buffalo Air Station の問題だろうと思います。たとえ接続できなくても、大陸ヨーロッパの文明の大国であればインタネット・カフェくらいはあるでしょうし、AjaxIME のような便利なサイトもあることですから、なんとかなるはずです。あとは自力で。みな、そうやっているのですから。

でもって、AirMac とかコンパネの TCP/IP とかをいじっているあいだに話題になったのが、いまごろきた学内の研究費の申請のことでした。アタシたちがだせそうなのは、これまでの経験からしますと、今回のものよりもさらにあとに申請して、あとで配分されてきたものでして、いったいいつになるのやら。本来であるなら、休業期間中にノリノリで勉強しているのが大学教員の姿のはずなのに、これはいったいどうしたことでしょう。去年が、申請は5月末、配分は12月上旬、でしたので、今年はこの分では年度末までに配分されるものなのか。あまり考えたくもないですね (^0^)/キャハハ

おまけに、今月末に「教員業務実態調査」なるものも2年分――なんと、今年の下半期は「予定」を記入するらしく、どこか実態なのでしょうか C:。ミ ← これはタコ――を記入してださねばなりません。とあるサイトで知って、昨日にコピーした『日本経済新聞』には、「最強の大学」のためには、教員が思いきり研究・教育に専念できる事務組織をつくるのが大切である、と説かれていましたけれど、これじゃぁ正反対ですよ。ルサンチマンでもあるでしょうかと疑いたくもなります。

さらにいうと、まだ何も通達がないですが、入金しているはずの……、あ、これはゴニョゴニョしておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビアンキが2台

夕刻に雨がふり、帰路はめっきり涼しくなった今日でしたが、朝はいつもどおりに酷暑にちかいピーカン。おもわず、坂の途中のコンビニにたちより、牛乳と新作ポッキーを購入し、エアコンの冷気をいただいてしまいました。坂の途中の歩道には寿命をまっとうしたセミの死骸が散らばっており、確認してしまいますとさすがに車輪でひいてゆくのはしのびなく、クネクネと蛇行運転を余儀なくされています。

さて、職場の駐輪場へ到着し、いつものスペースへ轟天号をつれてゆきますと、おぉ、そこには先客が。

20080822

グリップの色こそちがえ、まさしくビアンキ・アドヴァンテジのチェレステです。誰のでしょうね。今日まで一度も見かけませんでした。去年のいまごろ、ビアンキを所望なさっていたI副参事がついに入手されたでしょうか。

ちなみに、手前のが轟天号で、画面にうつってはいませんけど、その左には ARAYA がとまってます。楽しい自転車たちがふえて、ますます楽しい夏休みです。

【仕事】『週刊朝日』(7月20日号)、『週刊東洋経済』(7月28日号)、『日本経済新聞』(8月9日朝刊)をコピーするために、附属図書館と県立中央図書館へ。
【仕事】Test Case についての問いあわせに応対。
【仕事】出版社より執筆要項など一式が到着 → 一読してやや違和感をおぼえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アタシの職場のホスト名

職場の各端末のホスト名は、原則として、機種名の略記 → 部屋番号 → ドメインとつづいています。たとえば、東芝ダイナブックですと、dyna.(または dyn.)99999.u-xxxxxxxx.yy.jp となるわけです。ですので、トップページやブログにアクセス解析を設定すると、どこの部屋のかたがご覧になったかは、「(リモート)ホスト名」をみればすぐにわかりますし、部屋の一覧表をみれば部屋主もすぐに判明します。コンピュータ実習室とか、事務局の入っている管理棟とかのホスト名は、わかっても利用者は不特定多数ですし、そもそも最初の名づけ原則からはずれていたりもしますので、誰が読んでくださっているのか、わかりません。

でもって、こちらは読まれていることをわかっていて『日々是精進』を書いています。読んでください、と故意に書いているときもごくまれにはあります。ですので、知らないふりのお芝居をしてくださらなくてもけっこうです。いつぞや、まぁ、ほんの軽い話題でしたが、演技をしてくださった同僚のかたがいらっしゃったので、いつかこのことを書こうと思って、でも、ゆるゆると過ごすうちに忘れてしまっていました (^_^;)

飲みのネタにされるのは、まっぴらご免こうむりますがねぇ。

【授業】昨日が提出の締切であったレポートを採点。
【授業】同上。成績評価を成績報告書へ転記。
【書類】支払い関係書類を作成 → 出納室の担当の方へ提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

保護色?

はじめて見ました。

20080820

↑ 黒いカマキリです。夏の保護色というには色が暑すぎますよねぇ。女子トイレの照明ボタンのところにしがみついてました。なにをしにきたでしょうか。うちの職場みたいにうるおいのない砂漠には、キミの餌になるものなど、ゴキブリくらいしかいないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「見つけたら除籍」!

YOMIURI ONLINE の記事が、アタシのチェックしているいくつかのウェブログでもとりあげられているようです。リンク先が読めなくなってしまうかもしれませんので、以下に引用させていただきます。

1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」

 大学の卒業論文やリポートの執筆を有料で請け負う代行業者が登場し、波紋を広げている。

 学生がインターネット上で見つけた資料をリポートなどに引き写す「コピー&ペースト」が教育現場で問題となっているが、これを上回る究極の「丸投げ」で、文部科学省は「事実とすれば、到底認められない行為」としている。

 ネット検索大手のグーグルも、「こうした代行は不正行為にあたる」と判断、代行業者のネット上の広告掲載を禁止する措置に踏み切った。

 「国立大の学生・院生を中心としたチームなので安心の品質」「6年で740件の代行実績」。ある代行業者のホームページ(HP)には、そんなうたい文句が並ぶ。別の業者のHPは「社員は学生時代に必要最低限の勉強量で優やAを取ってきた精鋭ぞろい」とアピールしている。

 料金は1文字5円程度。納期は卒論で1週間以上、リポートでは2、3日以上が多い。テーマや内容、分量、納期などを指定のメールアドレスに送り、その後のやりとりで合意すると正式契約となる仕組みだ。こうした業者のHPはネット上で少なくとも三つ確認されたが、個人レベルで請け負っているケースもあると見られる。

 このうち、昨年4月から事業を始めた業者が読売新聞の取材に応じた。これまでに300件近い問い合わせを受け、実際に100件以上を請け負ったという。2万字程度のリポートで10万円、発表会のための個別指導を含む卒論執筆だと35万円からという料金設定にしている。

 事業を取り仕切る20歳代の男性は「もともと大学院の入試対策を有料で行うつもりだったが、依頼の大半は卒論やリポートの代行だった」と明かす。法律関係が依頼の半分近くを占め、文学、経済関係も多い。理系では物理や化学は皆無で、情報科学の依頼が数件ある程度。これまでに、「単位が取得できなかった」「発覚してしまった」という苦情は寄せられていない。

 「卒論を3日で仕上げてくれ」など、安易に代行を頼む学生もいるが、この男性は「依頼者の多くは、教員に放任扱いされ、課題にどう対処すべきか悩んでいる。我々がやっているのは、最後の駆け込み寺のようなもの」と主張している。

 これに対し、この業者のHPをネット上で見つけた京都府立大の川瀬貴也准教授は、今年1月、「あなたたちのしていることは犯罪。即刻やめるべきだ」というメールを送った。「『卒論を代わりに書く』という商売があるとは、とんでもない話。発覚すれば、学生の単位を取り消すどころか除籍処分ものだ」と憤る。

 文部科学省大学振興課も「いかなる理由があろうと、他人に卒論やリポートを書いてもらうことは、常識からも認められない」との見解だ。ただ、大学側からの事例報告などがないため、当面は調査などはせず、様子を見守るという。

 一方、検索大手のグーグルは今年5月、卒論代行業者の広告掲載を禁止した。検索語と関連するウエブサイトが広告として掲載される機能で、今回の禁止措置について、グーグル広報部は「情報提供や執筆のサポートではなく、全部を代行するというのは、不正行為にあたると判断したため」と説明している。
(2007年8月18日16時14分 読売新聞)

これだけでおわってしまうとほんとにコピペの同罪ですので、本文はつづきます (^_^;)

8月17日の業務
【授業】成績報告書への転記。

8月18日の業務
【授業】3512教員室の掃除。

Continue reading "「見つけたら除籍」!"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

下ボトルへの未練

知らない間に割れてしまいました。おそらくは、掃除をしようと食器棚ごとうごかしたとき、エスプレッソ用のカップが衝突したものと思われます。Nokia の松下製電池といい、ふんだりけったりです。

20070816

しばらくはコーヒーを飲んではいけない身体になってしまいましたので、未練なく別れられるわい!と強がっておりましたが、東芝のサーヴィス・センタに電話をしたところ、なんと12年近く前の製品であるのにもかかわらず、部品があるとのこと、さっそく発注してしまいました。未練タラタラですね。

また、こいつでコーヒーが飲める日がくるといいなぁ(ちょっと遠くを見る目) (-.-)

8月15日の業務
【授業】「英米文化論」レポート再提出者の採点。

8月16日の業務
【科研費】発注した書籍が納品されたので、産学連携室で検収手続きをしていただく。
【科研費】学長の出張承諾書を産学連携室の方から受領。
【科研費】同上。必要書類を作成し、郵送&メール添付送付。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犬の日々 in the midsummer

同義反復のタイトルですみません。

今日も陰影のきつい1日でした。サングラスをかけた眼がチカチカして(なかば熱中症でしょう)、あたりのまぶしいこと、この上ありません。信号のタイミングによって給水が充分でないときもあり、さらに今日は、いつもはひっかかる信号が盂蘭盆会のためにまったくスルー状態で、すっかり干からびてしまいました。轟天号をおりたときには、いつもどおり、パンツまで汗だく状態でしたが……。

職場の部屋からは2日もつづけて富士山がみえてしまいました。いや、それはそれでよいですけど、カサ雲っぽいのが気になったりして。

仕事はぼちぼちと進行中です。とりあえずは8月末締切の原稿(「公論としての犯罪報道――18世紀はじめのロンドンにおける死刑囚の伝記」)を20日までに目鼻をつけて、それから前期レポートの最後の科目(「ヨーロッパの風土と文化」)を採点し、そのあとゴニョゴニョして、さらにゴニョゴニョがあって、9月末が締切の仕事(「都市インフラとしての監獄――18世紀のニューゲト監獄」)にとりかかります。ひさしぶりにエアコンも稼働させて執筆中です。ノってきた……かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車乗りは笑う

いつだったか、GONTITI(ゴンチチ)のお二人が出演しているラジオを聴いていて、なるほどと思ったことが一つありました。それが、“自転車乗りは笑う”です。なぜなのかよくわかりませんが、なるほど、ある状況下で自転車に乗っている人の多くがたしかに笑っているです。

その状況とは……、意外なことに、雨降りのときです。とくに、カッパも傘もなくて、ずぶぬれで自転車をこいでいるときは、ほとんどの人が笑っています。

このところはずっと晴れがつづいていますし(今日などは、真夏に富士山がくっきりとみえてしまいました)、雨がふりそうなときはRくんで通勤しますので、ここしばらくのアタシは、雨のなかを疾走するようなことはありません。でも、カッパを着て真夜中の国道を突っ走っていた自分の姿を思いだすに、たしかに顔は笑っていたと思います。

これはただの照れ隠しではありません。目一杯自転車をこいでいるとき、たしかに身体はくるしいですけど、全力でやっているという満足感というか、もうどうでもいいやという絶頂感というか、なぜかしあわせな気分になっているはずです。雨がふっていると、そこにいたるまでに必要な運動量がさがるというか、雨という障害のために「全力」にいたったと錯覚しやすいというか、短時間でしあわせになれるのではないかと。また、もうどうにでもしてくれ!というあきらめにも、速攻でいけます。

さぁ、みなさんも雨の日の自転車乗りの顔に注目してみてください。きっと笑っています。

【授業】「英米文化論」のレポート採点をひとまず終了(再提出者の1名をのぞく)。
【授業】同上。成績報告書に転記。
【書類】職員個人データ調書を赤字で訂正して提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・結果の詳細

ナマ十二指腸潰瘍さんであったのは衝撃でしたけれど、さしてうろたえたわけではありません。ゆーっくりと悪くなって、ゆーっくりと改善する病気ですし、良くなったり悪くなったりは30年ほどのつきあいですので――その間に治療方法の展開はあったでしょうけど――、何となく対処法はわかっています。

尚さんは気にしてくれて、金曜日のお弁当は“肉類なし”でした (/--)/
入院しているんじゃなくて、ふつうの生活をしていますから、自転車をこいだり、階段をのぼりおりしたり、熱量は必要です。肉類は、たしかに鶏肉以外のすべてがほぼ避けるべきですけど、たとえ避けるべき対象であっても、ゆっくりとした食事のなかでしっかりと咀嚼すればだいじょうぶです。

ふだんからあまり炭酸は口にしません。まぁ、今日は基本的に牛乳のみ。あとはたくさんの水分を水道水からいただきました。おなかのなかに消化されずにものがのこっている状態も、おなかのなかのものが消化されてしまって空っぽな状態も、長くつづけばおなじようによくないみたい。ピンチのときも、“やっぱ牛乳でしょ”です。

精密検査は9月なかばくらいにうけようと思います。急激に悪くなった症状はでていませんし、いまは休業期間なので、本業はいそがしく充実してはいても、授業や校務のプレッシャからは解放されているからです。誕生月がきたら、もっとも自分にあった気候になって、体調もよくなるでしょう。しばらくはおとなしく、でもさわやかにすごしたいものです。

8月10日の業務
【科研費】出張書類の提出先について、産学連携室の方にうかがう。
【科研費】同上。書類を作成してコピーをとり、産学連携室に提出。
【授業】「英米文化論」のレポートを採点。
【授業】同上。メールによる提出者に、受領/再提出を返信。
【授業】同上。直接の提出者のレポートをチェック。

8月11日の業務
【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「英米文化論」のレポートを採点。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結果の詳細

先日の人間ドックの結果が郵送されてとどきました。判定記号はA~Gで、細分類にD2とE2とG2,F1~F4というのがあります。ほとんどがAとBがならんでいたですが、おしまいのほうになってついに判定Gをみつけました。G2は結果を医師から聞く、という項目ですので、事実上の最低ランクです。診断は「精密検査をお受けください」になります。

これまで、十二指腸潰瘍瘢痕という診断はよくありましたけれど、今回のはいつもの球部の箇所に「十二指腸潰瘍」そのものが記載されていました。いわば、ナマ十二指腸潰瘍さんです。ライヴともいう(うそ)。何か原因になったものがあるかと、ここ半年ばかりの生活をふりかえってみたところ、あるわ、あるわ、もうプレッシャばかり、不健康な生活ばかり、思いうかんでしまいました。年末の根つめ原稿書きと送付前のパニック、回展の資料あつめに原稿追加、あとゴニョゴニョのお仕事に、きわめて不規則な食事の時間……、こりゃぁ、あきまへんな、という生活です。そうそう、インフルエンザの救急搬送と入院さわぎもありました。

受診前、ちょっと今年はヤバイかも、と感じてはいました。空腹時に痛みがありましたし、こみあげてくるものも感じてましたので(なにか、感動的な場面を想像させることばづかいですが、こみあげてくるのはすっぱい胃酸ですよ)。

特効薬はありません。何はともあれ、リラックスしてゆったりとすごすのが大事です。コーヒーや辛いもの(キムチ!)、酒類などの刺激物はひかえましょう。睡眠時間は充分に、1日1日を規則正しくすごしましょう。食事はゆっくりと時間をかけ、よく噛んで。牛乳は今以上にたくさん飲まなくっちゃいけません。大好きなチョコレートは、たしかダメです。スウィーツでいうと、あんこ系も味が濃いですからアウト。ほんとに食べるものがなくなっちゃうような、食事そのものがストレスになるような、そういう病気なのです。おまけに、吐血とか下血とかしないかぎり、はた目は健康なので(さらに、オイラはほかの数値がよすぎる!)、気づかってもらえないのもこいつの宿命です。

というわけで、原稿が遅れたり、○○ができなかったり、あきらめが早くても、どうかゆったりと受けとめてやってください。お願いしますです <(_ _)>


8月8日の業務
【元入試実施】オープンキャンパスの手伝い。
【授業】「英米文化論」のレポート採点。

8月9日の業務
【授業】「英米文化論」のレポート採点。
【研究費】カシオ社の YW-2 の発注。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

当たり!

夏の自転車通勤のおともには、ペットボトルの水が欠かせません。それでも、干からびてしまうような暑さの日には、やはりアタシのばあい、「名糖ホームランバー」につきます。コンビニに入って涼んだあとに、ふたたび暑さとたちむかう勇気をあたえてくれるのは、1本62円のこいつしかいない。

さらに ↓ のように、ときには予期せぬ幸運をもたらしてくれます。

20080807

生涯で2度目の「当たり」です。今日はあたる予感がビシビシきてましたよ (--)/~~~~~~~


【?】オープンキャンパスの模擬授業用ファイルを作成。ただし、他人さまのもの orz
【?】同上。実施会場にてデモ。ただし、あくまで他人さまの模擬授業 orz
 ※あたしは今年、何の業務にもあたっていないです。
【授業】「英米文化論」のレポートを採点。ただし、評価はあまりかんばしくない orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どっちへ逃げようか

今日は尚さんの誕生日です。いつもありがとう。

何週間か前から、微妙に気にかかっていることがあります。それは、万が一の事態が生じたときの非常口です。アタシの職場の部屋からは、左右のどちらに向かっても非常口&非常階段があります。最上階なので高所恐怖症の者にはかなりの恐怖感があり、飛び降りるとなったら足のすくむことはたしかですけど、とりあえずどちらにでてもよいわけです。ところが、相対的に出口がちかい左に向かうと ↓

20070806a

こんなです。催し物の衣装でしょうか、しっかり非常口をふさいでしまっています(すくなくとも、遠目にはふさいでいるようにみえる)。つまり、消防法違反状態に鉢合わせしてしまうです。一方、右へ向かうとどうなるかというと、↓

20070806b

ご覧のとおりで、けっこう遠い。イチロー選手くらいだったら駆けぬけられるかもしれないけれど、床はツルツルしていますので、アタシなんぞは途中でこけそうです。それでなくても、足がもつれそうだし。

ま、どちらへも逃げられないなら、あきらめもつくかなぁ。

【会議】「コンピュータ実習室運用委員会」:学部実習室の管理の移行について協議 11:00~11:30
【書類】産学連携室で科研費の検収方法についてうかがう。
 ※昨年は業者さんからまとめて資料を購入したので、規則どおりのやり方で問題なかった。今回は amazon を利用するので、途方にくれるところがあった。
【書類】同上。物品発注書を作成 → 複写後に産学連携室へ提出。
【研究費】amazon.jp でお買い物。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通知がきた キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

さまざまなものが到着し、ありがたいいただきものもあった土曜日でした。学問的なことはさておき(それでいいのか?)、とりわけてうれしかったのは ↓ これ。

20070804

おわかりになるでしょうか。旧 日本育英会、現 独立行政法人日本学生支援機構からとどいた、「特別免除通知」です。アタシの実家は余裕で=何の細工もなしで授業料免除になってしまう低所得者層でしたので――だからオイラ、お金に汚いんですよぉw――、学部4年間、修士2年間、博士3年間の奨学金は何ものにも替えがたいほど、ありがたいものでした。でも、この9年間の借入金の合計は、満期退学時にふと気がつくと500万円以上になっているです。プレッシャですよ、かなりの。さいわいにも15年前に就職できたとき、「免除」になるまでは、なにがあっても、どれだけイヤなことがあろうとも、なにがなんでも職を辞することはしない、と誓いました。がまん強い人になろう、と。

いまは奨学金に有利子のものができて制度じたいは拡張されましたけれど、研究教育職にたいする特別免除はありません(→ リンクはこちら)。学術振興会の特別研究員やCOEのポスドクなど、給与所得となる金銭的な支援体制が整備されているとはいえ、修士や学部生の方々にはどうなのでしょう。また、奨学金には所得税がかかりませんけど、給与にはかかりますし、所得があれば次年度の住民税もかかってくるはずです。もらえているあいだはよいけど、という問題はいっこうに解決していませんし、学問の入り口のところでは、“親の収入がすくない者は勉強なんてするな”とあしらわれる、格差のひろがるしくみになっているように思えます。

とまれ、自分にたいしては、ひとまずはおつかれさまといってやりたいです。

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

個別ケース

ぶじに学習発表会はおわりました。もう文章にして活字になっているものですし、ニョロニョロ文字を解読して転記して検討したものではありませんので、あまりこだわりたくありません。ただ、オールド・ベイリという場所については、「都市インフラ」で書こうと思っているよりもあとの時代について、市民的なプライドの形成とあわせて論じたい。とっかかりがあまりないのですが、付近の景観もあわせて、建造物そのものの変遷をたどっている最中です。その準備作業としては、いけてるところもある……かなぁ。むしろ、昨年のいまごろ、伝馬町や小塚原をおとずれたことのほうが印象深いかも。

さてさて、アタシのような遅々としてすすまず、また重箱の隅をつつくような研究を嗤う発言を、今日は2度も聞いてしまいました。タイトルの「個別ケース」の問題です。だいたい、個別でないところからはじめられるものとは何でしょうって思ってしまう者とは、そもそもかみあわない話です。全体、というのは個別のよせあつめではなく……、という言説はありだとしても、それは全体性への志向でしかあらわせず、それ以上ではないのではないか、とアタシなんぞは思います。ミクロストーリアへの批判にたいして、誰であったかも、正確な文言も忘れてしまいましたが、「村を研究するのではない。村に身をおいて研究するのだ」と返答のあったことを思いだしたりしました。今日のその場面にあわせていうなら、“ひとりひとりの life history をあきらかにするのが目的ではない”ということでしょうか。

まぁ、中世ヨーロッパに誕生した大学について、「多くはローマ法皇を経営主体とするものですが、なかには学生の組合によるものも生まれてきました。その後歴史が進むにしたがって、中世の国家や王家が設立した大学も誕生してきました」と、はっとするような見解をもつ方の意見ですので、尊重したいとは思います(以下、略)……。しかし、この文章も「その後」のあたりはすごい力業ですよね(力業というよりも、むしろ……以下、自粛)。


【PC実習室運用】副委員長の先生より、会議開催の要請 → 何人かの先生方と電話で連絡をとり、今日の開催は無理と判断。
【PC実習室運用】同上。再度、副委員長の先生と電話で協議して、来週の月曜日の開催とする → 電話とメールで委員の先生方にご連絡。
【科研費】出張関係の書類を受領し、記入。
【研究費】研究成果フォーラムでポスター発表(初体験ですぅw)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パワポの日

今日から8月、弔いの時節です。個人的にも、祖母と叔父(父の弟)の命日がこの月にあります。通勤の途中、霊園の近くをとおりますと、柄にもなくおごそかな気分になったりする、今日このごろです。

本日は、陽のあるうち、ずっとパワポをいじっておりました (-_-#)

午前中はまず、自分の発表ファイルの校正と印刷です。ポスター発表という、いかにも理系ライクな方式ゆえに、どのようにレトリックをころがすか、などという悩みは発生する余地もなく、さらには、ここはつかみで、ここで笑いをとる、といった話芸の必要もありません。学習発表会みたいなものです。昨年のコース紀要に書いた文章を確認しながら、1枚目にタイトルと氏名を、2枚目に顕彰行為の4分類を書いただけで、あとはすべて画像ファイルを貼りつけて、おしまい。中身は、「監獄、刑場、裁判所のしるし――オールド・ベイリをめぐる記憶の表象」というタイトルで、ニューゲトと併設された施設から単独の中央刑事裁判所となる、ニューゲト街の建物をあつかいます。もちろん、伝馬町牢屋敷とのちょっとした比較もありで、弔いの場として元の機能がそのまま記念版に記録されている伝馬町や小塚原と、法の権威をしめす場としては連続しながら、その様式が犯罪者という客体をつうじてのものから、権威の正の象徴ともいうべき像やことばに変換されたオールド・ベイリとは、はっきりと区別が可能です。見る人が見ればわかると思いますが、聞かれなければ答えない、という方針でいきます。

午後は、同僚K先生のファイルづくり。ここでは、マルチプロジェクションカメラ(CASIO YC-400)が大活躍です。仏独の共通歴史教科書や東アジアの同様のこころみも、スキャナがわりでとりこみました。新製品も出ているようですが(YC-430)、カメラの画素数が多くなるのはちょっとつかいにくい気がします。

よっしゃぁ、これで明日と明後日はいけるかも。

【研究費】昨年度の学部長権限分の研究費につき、成果発表フォーラムの資料を準備。
【研究費】昨年度の学長権限分の研究費につき、成果発表フォーラムの資料を準備。
【PC実習室運用】管理用サーヴァの復旧の連絡をいただく。本当におつかれさまでした。
【教務のお局】コース助教の先生から、卒業研究題目未提出者のとりあつかいについて、問いあわせ。
【教務のお局】同上。休学状況などをたしかめるために、学生室の教務担当の方に学生の一覧表の送付をお願いする。
【教務のお局】同上。一覧表を受領 → 休学者、卒業研究執筆資格のない者などを確認。
【教務のお局】同上。出すべき者は全員が提出したと判明 → コース助教の先生へご連絡。
【院教務】学生室の教務担当の方から、修士論文中間発表会のスケジュール表(エクセル)を受領。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »