« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

冬枯れの銀杏

20071230

↑ 左半分のみがタイトルどおりの1枚です。オイラの部屋もうつっています。さて、どこでしょう(って、わかる方はいらっしゃらないかな)。赤煉瓦の壁に青い空はよく似合いますけど、できれば緑の芝生のほうが好みです。コンクリートは、いずれにしてもやや無粋、右下の黒いバックパックとコンビニ袋はもっと……(苦笑)。強烈な風のなか、ペダルをこいできましたので、周囲や細部への気配りがまったく欠如してしまいました。うかつなものがうつっているのは、どうかお許しを。

午後9時ころに自転車置き場へおりていきますと、陛下御自ら「にゃぁ」とお声をかけていただき、しばらく戯れてくださいました。愚かな人間どもが右往左往する年末の喧噪など、どこ吹く風。泰然とおすごしなるお姿に、臣下としてこころづよく励まされた思いがいたしました。職場で2007年の最後にお会いした方が、幸いも陛下でございます。どうぞ、よいお年をお迎えくださいまし。

【授業】3512教員室の大(!)掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年の瀬

今日はようやく賀状を作成しました。(1)文案を練って何度か校正、(2)お送りする方をピックアップ、(3)喪中の方の削除などの調整、(4)住所とあて名のタックシール印刷、(5)年賀状の印刷、(6)タックシールの貼付、の順です。自分の名前を印刷してしまうか、ちょっと思案しましたけど、今年は自筆にしてみました。

ところがこれがたぶん失敗。「インクジェット紙」に万年筆で書きはじめたところ、筆圧のゆるいオイラでも紙をペン先が噛みまくり、突きまくり状態でして、おまけに、セーラー万年筆の「極黒(きわぐろ)」インクなのに滲みだらけです。万年筆をつかう場合、ふつうの年賀状でなければだめだったのでしょう。しかし、それにしてもこれほど相性が悪いとは、予想もしていませんでした。今年の賀状をお送りしたみなさま、書きこみが滲んだ文字になっております。のたくっていて、しかもインク染みのはげしいものは、オイラのです。どうかご勘弁を。この場を借りて、あらかじめお詫びを申しあげます。

だいたい印刷も、インクジェット・プリンタじゃなくて、白黒レーザだったのですよ。「インクジェット紙」にしたのは、いってぇ、どこのドイツ人だ。

12月28日の業務
【教務のお局】来年度の非常勤講師の先生(集中講義)の出講伺とシラバス依頼の件で、ドタバタ、あたふた。
 現在のコース教務委員の先生と連絡 → 出講伺を依頼。
 前世話人・現世話人の先生と、カリキュラムおよび開講年度について協議と確認。
 学生室の担当の方へ電話で連絡し、手順を確認。
【教務のお局】集中講義最終日の先生とごあいさつ。
【教務のお局】学部のシラバス作成について、世話人と確認。
【院教務】大学金時間割の訂正確認の指示に対応。
【授業】卒業研究の原稿をうけとり、コメントと校正(→ 未完)。
【書類】科研費の支払い関係(クレジットカード払い)書類を作成。

12月29日の業務
【授業】卒業研究についてのコメントと校正(→ 終了) → PDFファイルで学生に送付

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弱り目

教務委員を長くやっていた経験からすると(というか、いまもやっている)、「いやだな」という目(「ババ」ともいう)をひいてしまうことがこの仕事には多いような気がします。これまでにいちばん弱ったのは、卒業研究の提出時刻におくれた学生さんへの対処でしたでしょうか。前年にもギリギリの事例があったので、さんざんに注意しておいたはずなのに……。学生さんからのもの以上に、某スタッフからのプレッシャがきつかったです。そのイヤミというか、もろに不正というか、とんでもないことばはおぼえていますが、これはいわば“墓場までもっていく”しかありません。

もう一つ「いやだな」という思いが胃を直撃したのは、非常勤講師の先生方の雇い止めの件です。いやぁ、尖兵みたいなものでしたし、同僚の先生からは「会社でいうと、人事部の若手のペーペーがヴェテランに宣告する、みたいな立場ですね」などと評されたり/揶揄されたりして ; ̄_ ̄) σ(--#)
これは、なんというか、二度とやりたくない、けっしてはまりたくない状況です。お相手はこちらの事情もよーく知った人でしたから、よけいに緊張してしまいました。その方とは2年ほど、交際なしになってしまったりして (/--)/

全国の教務委員のみなさん、いまがまさに上記の二つ(のドツボ)におちいりやすい時期かもしれません。どうか、お大事になさってください <(_ _)>

【教務のお局】非常勤講師の先生への依頼について対応。(書けば1行ですが……)
 ※↑「教務のお局」とは、なかなか教務から足の洗えないアタシのような者が、自虐的に自分をさしてつかうことばです。念のため。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

賢き陛下

寒い朝、陛下にお目にかかりました。陽のあたる、もっともあたたかい場所へおでましになられたようです。

20071226a

【院教務】時間割修正の連絡に対応 → 電子ファイルを訂正。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メリ・クリスマス

ご近所の電飾です。せいぜいのところ、これぐらいがよいかなと思います。3階建ての家屋全面でやられた日にゃぁ、うざったくてたまらないでしょう。

20071225

ストロボをつかわないで撮影しましたので、ちょっとぶれているかもしれません。ご容赦ください。

まぁ、クリスマスといっても、イヴも当日もふだんとかわらず職場へでかけ、淡々と書を読み、黙々とノートをとる毎日に変わりはありません。ただ、思わぬプレゼントとなった、『江戸とロンドン』、『年報都市史研究15』(いずれも山川出版社)は、楽しめました――ほんの一部に手前味噌ありなのは、ご勘弁。とくに、『年報』所収の「チャリティとは慈善か」は、以前から The Big Issue の説明(「これはチャリティではなく、ビジネスである」)におぼえていた違和感を言語化してもらったかのようで、爽快な気分です。二冊あわせて税込み8,920円はちょっと高いと感じるかもしれませんが、満足度も高いですよ。ひとつよろしくお願いいたします。

12月22日の業務
【出張】名古屋大学での研究会に出席。

12月23日の業務
【書類】出張の復命書を作成。

12月24日の業務
【書類】シラバスを作成(未完) → 修正が追いつかなくなったので、元の電子ファイルを要請する。

12月25日の業務
【書類】シラバスの電子ファイルを学生室の方から添付ファイルで受領 → 修正部分を入力。
【書類】復命書を提出。
【書類】東京出張の回答書を受領 → 帰路で投函。
【院教務】来年度の時間割についての修正を受領 → 電子ファイルを修正。
 ※すべての研究分野から受領。ひとまず作業は終了した。
【?】集中講義にきていただいた先生と、講義室や受講者数の確認もあわせておつきあい。
【?】至急の用件の電子メールに返信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本山界隈

研究会で名古屋大学まででかけました。ふつうにいけば、地下鉄東山線を本山駅で名城線に乗りかえて名古屋大学駅までいけば簡単かつ楽々ですけど、雨降りなのもかえりみず、本山から15分ほど歩きです。15年前はみんないつも歩いていたんだけどなぁ。

↓ あたらしくなった。

20071222a 20071222b

愛知工業大学のエクステンション大学院? ロボットたちは時代物です。Zに、28号に、ロボなんて、なつかしくて。

↓ かわらずにある。
名古屋大学の者なら一度は入ったことのある「脇田書店」。オヤジさんは相当の目利きでした。ふさわしい値段がついています。小牧のほうに倉庫があるとか。

20071222c

↓ かつては……。
ここにも、ある時期の名古屋大学の者なら一度は入ったことのある店がありました。飲み屋「並樹」です。焼き魚がうまかったなぁ。店を閉めてしまったのはいつでしたっけ。大学院生のころ? この飲み屋がなくなっちゃったときは、本当に悲しかったおぼえがあります。

20071222d

あと、写真は撮りませんでしたけど、入学試験の翌日に昼食をとったお店もまだありました。当時の店名は忘れました。いまは位置と外観と内部のレイアウトはそのままで、「428」といいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つかの間の

本日の3コマをもって2007年の講義・演習を終了しました (^^)//""""""
いっしょに宅配のお寿司のランチを食べたみなさん、Merry Christmas & Happy New Year! ",,*""( ^▼^)*,,"

本日の会議をもって2007年の教務のお仕事を終了しました ヽ(。_゜)ノヘッ?
いやぁ、おわってないかも (;^^)ヘ..

これから2週間、つかの間の休息でございます (^O^)v
とはいえ、卒業研究を書いてもらわなければ (´。`)

この期間中に、Tim Hitchcock and Robert Shoemaker, Tales from the Hanging Court (London: Hodder Arnold, 2006) を読む予定です \(>。<)/゛
ですので、年賀のごあいさつはとりやめるかもしれません (・_・)(._.)

【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~11:30
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【会議】全学教務委員会 16:40~17:10
【会議】同上。欠席された委員の方へ、依頼事項についてのメールを送信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日・今日

昨日は昼から有給休暇をとって、ピロリ菌除去の検査へいってきました。尿素呼気試験というものです。検査じたいは簡単でしたが、前後がちょっと……。検査まで5時間以上は絶飲食なので、7時に朝食をとったあと、おなかは空くは、のどは渇くは、そりゃぁもうたいへんです。うがいていどならOKですけどね。轟天号ビアンキで職場までゆき、2時間ほどしゃべりつづけたあと、昼食抜きでふたたび轟天号にまたがり、病院で検査をうけて、ふたたび職場にもどってお弁当にありつくまで、オイラはもう気をうしなうかと思うくらいでした。

そういえば、検査は15分間、無為のままですわっていて、うっかり気絶=居眠りしてしまいました。


今日はおひさしぶりの方からお電話をいただきました。用件もさることながら、お話しするだけで自分には励みになる気がします。オイラが研究室=西洋史学専攻へあがったときに助手をしていた方で、ソフトボール仲間であり、飲み友だちであり、そしてお手本とすべき研究者です。6月の新潟の学会で3年ぶりくらいの四方山話をしましたが、オイラが九州へでかけることになるなんて、2000年11月以来ですよ。

1999年に静岡へきていただいたときに果たせなかった、三保での魚釣りを実現させたいものです。


【授業】DVDプレーヤーを借り出し、講義室での接続などを事前にチェック。
【授業】「英米文化論」12:30~14:30
【授業】「イギリスと日本」「英米文化特殊研究」の授業準備。
【授業】卒業研究の口述試験をいっしょにおこなう先生と、今年の情報を交換。
【書類】履歴書と業績表を作成 → 投函。
【PC実習室運用】大学院生室へゆき、PCにインストールされたオフィス・スウィートを確認。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天津甘栗

自分の姓名からというわけではないですけど、好物の一つは「天津甘栗」です。家族へのおみやげと称して購入したものを、結局、ひとりで食べきってしまう中年男を想像してみてください。幼いころは年に一度の秋葉さんのお祭り(清水の人ならわかるはず)くらいしか食する機会がありませんでした。昨今の静岡駅では、谷岡商店がかなり夜おそくまで販売しており、しかもかならず小さな紙袋の「おまけ」(甘栗10個前後)をつけてくれるので、出張のおりには欠かさず購入して得をした気分にひたってます。

↓ 谷岡の甘栗
Img_0021 Img_0022

ここしばらく出張もなく、栗を食べる機会がないなぁと嘆いていました。今週の月曜日、静岡駅前の銀行でお金をおろしたついでに、駅の南口を轟天号ビアンキで流していますと、おぉ、谷口商店の出店が開かれているではありませんか。これこそ天の配剤とばかり、しっかり一袋1,050円(税込み)のを買いこみました。昼ご飯のあとに食しますと、あぁ、なんて美味しいのでしょう。さつまいもは九里半(または十三里)というそうで、たしかに焼き芋やふかし芋、干し芋も大好きですけど、栗よりうまいなんてオイラには江戸の人びとの舌が信じられません。せいぜいのところ、江戸期の絵にもときどきあるように八里半でしょう。

もしも、オイラを買収しようと画策する奇特な方はいらっしゃいましたなら、金とか、高価な品物とか、名誉とかでなく、どうか“天津甘栗ほしいだけ”でお願いします( ← なんか変な言いまわしですね)。

【授業】卒業研究の相談 10:00~12:00
 ※そういう時節になってきました。
【院教務】時間割訂正で確定分の記入。
【院教務】履修要項の科目一覧表で、新年度入学生用のものを作成。
 ※Word で表をつくるのはめんどうなので、ひとまず Excel にする。これをリンクでうつすか、図としてうつすか、すればよいわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとこと

今日の会議は、おとなりにすわったSさんとリアクション小ネタで笑っていました。ただ、Sさんにいわなかったことが1件。澱のようにたまりそうなので、ここで開陳させていただきます。

例の、「……思いますが、……思っています」氏が、入学から半年間くらいは、英語と日本語のプレゼンテーション能力を徹底的に鍛えなければならないとのたもうたそうです。


鍛えられなければならないのはぁ、「どこのどいつだぁい」……。


こういうばあい、適切な表現は何でしたっけ。「他山の石」? 「自業自得」? 「夜郎自大」?


【会議】教授会 13:30~
【会議】研究科委員会 ~16:30
【書類】科研費の出張書類を受領 → 出張伺と別表を作成。
 ※提出は明日の予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は剪定

住まいの道路側には山茶花の生け垣があります。今年もちゃんと咲いてくれました。

20071217a 20071217b 20071217c

明日は朝から業者さんがやってきて、この生け垣の剪定や芝生の手入れ、裏の雑草とりなどの作業をしてくれるそうです。当番のお宅の方が頼んでくださったのはよいですけど、ちょっとお忘れになっていたそうで、季節はずれといえばそういう感じになってしまいました。まぁ、でもやってもらえるなら、それでよしとしましょう。自分で剪定ばさみをつかうと、つぎの日には両腕が筋肉痛になりますし(年齢相応です)、刈った枝葉を片づけきれなくてたいへんですしね。

今年の9月から10月はじめにかけて、チャドクガの幼虫=毛虫が発生したのを確認しています。夜中、クロネコをかたどったライトをもって虫食いになった葉っぱを目印に集中しているところをさがしだし、キンチョールをふりかけてずいぶんと退治したです。でもきっと、来年の5月くらいには今秋以上に発生すると思います。やつらが出てきたらやるしかありません。注意して待っていれば、きっと被害を水ぎわで最小限にとどめられるかも。

だってあれ、とにかくかゆいんですよ。腫れるし。あの浮遊する毒針は手に負えませんからね。

【授業】「英米文化論」で使用するDVDプレーヤーの予約。
【院教務】来年度の履修要項の「科目一覧表」ファイルを、学生室の方に送付していただく。
【院教務】同上を点検。
 ※明日の研究科委員会で科目の新設と科目名の変更という議題があるので、来年度入学生用のものを作成する必要が生じるはず。学部のものよりははるかに簡単かつ作業量も少ないので、オイラひとりで作成できるでしょう。そういえば、学部のものも結局はひとりで削除・記入せざるを得ないファイルでした。剪定とちがって筋肉痛ではなく、頭痛が キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬だね

あたたかな静岡でも冬らしくなっています。ちょっとでもスキを見せると、寒気が身体にしみてきて、切られるかのよう。手袋と上着、帽子と耳当て、マフラと襟、……ご用心、ご用心。

2日前にしきりに落ちてきていたイチョウの黄葉が、薄くつもって雪のようでした。

20071215a 20071215b

右側の写真は逆光になることを承知で撮りました。チキンヘッド鳥坂さんの格言、「逆光は勝利」にしたがったものです。

帰路の逆風もかなりきつくなってきました。かなわないことですけど、真冬には行きも帰りも、しばしばきつい逆風になります。国道を走っているときなど、とまる=ペダルがこげない感覚です。それがまたなんとも、人間の無力さ加減をよく示してくれて味わい深いですが、格闘しているそのときに思わず、ひぇー とか、あひー とか、なさけない声をあげてしまうのはアタシだけでしょうか。

【授業】3512教員室の掃除。
【授業】来週の講義レジュメを作成 → ウェブに登載。
【書類】科研費の出張関係書類を投函。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

復活

ここ3日間を費やしてきた、ThinkPad X41 Tablet 復活大作戦ですが、本日21時50分に無事に作戦終了しました。いくつかの小物やドライヴァ類とインストールしたあと、Norton System Works と Disk X Tools でチェック、充分にぜい肉をおとしたあと、データをすべてもどして終了です。仕事や授業の合間の作業とはいえ、思いのほか長くかかってしまった。

↓ 「超回復」(のはず)の X41 と記念撮影 ○o。(^∪^*)

20071214

【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬枯れ

今朝の晩秋・初冬のあたたかい雨で、職場のイチョウはすっかり葉を落としてしまいました。お掃除の方々が一所懸命にほうきで作業をしていらっしゃいましたが、あとからあとからあとからあとから黄金の絨毯がつもっていきます。ご苦労はわかっても、微笑(あるいはニヤニヤと)してしまったオイラです。

常緑樹はともかく、家の近所にある公園の木々も、轟天号のとおる道の木々も、職場をかこむ木々の列も、葉を落とし、つぎの生命の準備をしているかのようです。あー、冬になってきたんだなぁ、と朝はのんびり気分ですごせました。

昼前からは、3限目の講義をはさんで、怒濤のインストール・ラッシュです。予想していた以上にいろいろと仕込んであったので、まだおわりません。購入してほうってあった MS Office 2007 をどさくさにまぎれて導入しまして、ややとろい反応にいらだったりしています。明日は DVD-RAM ドライヴやプリンタなどのドライヴァ類や FastCopy のような便利小物類をととのえ、最後にデータ類を一気にコピーする予定です。

もうおわかりですよね。昨日から Disk to Disk でリカヴァリをしてます。プロジェクタ認識の不具合は、さいわいにして解消されました。やろうと思えば、USBメモリだけで授業は可能でしたけれど、何となく大事をとって、今日はひさびさにダイナくんの出番でした。自宅からもっていったですけどね、ちょっと重かったかな。

明日で作業がおわりますように。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【院教務】学則改正について、修士課程改革委員の先生から資料をいただく。
【院教務】研究科長より、次回の研究科委員会での審議内容について説明をいただく。
【院教務】同上。研究科長に、次回の研究科委員会での報告事項について説明する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

けっきょく

古谷さん、コメントをありがとうございました。書いてくださったこともふくめて、いくつかの試行錯誤をくり返し、サポートの電話で指示された内容を実施し、突然の来客としてあらわれたベンさんにもチェックしていただいて、そして最後の決断をくだして今日1日がおわったところです。

明日、明後日の授業をこなさなければならないので、うひーの内容は金曜日くらいに。とりあえず、ThinkPad X41 は明日からもプロジェクタ授業でつかいます。

【書類】研究科委員会の報告事項を作成 → 調整室の副参事へ提出。
【授業】来年度の時間割が教務委員の先生からまわってきたので、点検・確認 → つぎの先生へおわたしする。
【授業】卒業研究の個別指導について、日時をメールで連絡。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピンチ

授業でのプレゼンテーションと資料のノート取りで全面的に依存している、ThinkPad X41 が外部ディスプレイを認識してくれなくなっていました。「グラフィック オプション」で、「出力先」が表示されないです。よりによって、今日は合同ゼミ発表会の当日というのに、これは困った……。

とりあえず、発表会はプロジェクタとの接続を無線LANにきりかえて乗りきりましたけれど、今週後半の講義はどうしよう。講義室のプロジェクタは無線LANじゃないのよね。こういう症状のばあい、ディスプレイ/ビデオ・ドライバーを再導入すればいいのでしょうか。これまで経験したことのない、はじめての状況だけに、う~むです、ピンチです (←_→)

しかし、まぁ、明日1日、あーでもこーでも、なんだぁかんだぁ、と試行錯誤することになるでしょうね。それもまた経験値を上げるための修行だと思えば、前向きで取り組めるかも。

あくまで、「かも」ですけど。

【授業】「演習」は合同ゼミ学生発表会 13:00~16:30
 ※準備と後片づけと懇親会をふくめて、みなさん、どうもおつかれさまでした。
【書類】端末廃棄書を情報スタッフの方へ提出。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

トンチンにカン

20年近く前に読んだ論文を、最近、再読していました。情けないことに論文のテーマくらいしか記憶にのこっておらず、しかも手元に現物がない状態がつづいていたです。3回の引っ越しのあいだに、どうも喪失してしまっていたらしい。最近の巻号は電子ジャーナル化されていてすぐにでも入手できるですけど、1980年代のは出版社もちがっていて無理みたいでした。名古屋にでかけたついでに図書館でコピってきました。研究会があると、こういうところが便利ですね。

読みかえした論文は、C. W. Chalklin, The reconstruction of London's Prisons, 1770-1799: An aspect of the Growth of Georgean London, The London Journal, ix (1983) です。シティとミドルセクス州とサリ州という、ロンドンおよびその近郊の地方当局による、監獄施設の建設・修復・再建への対応を比較していて、財政面について研究するときも手がかりとなります。京都のSさんからサセクス州の懲治院建設の起債について史料をしらべにゆく、とうかがったときに存在を思いだしたものです。

いやぁ、新鮮な気持ちで読んでしまいました。ノートをとっていなかったので、まっさらに近かったという恥ずかしいお話です。もっと恥ずかしいのは、トンティン債とか、コンソル債とか、転換(社)債とか、債券についてまったく知らないことです。それぞれの利点などは論文に書いてあるですけど、そもそもどういうものか見当もつきません。トンティン債に転社債とうなっているあいだに、ふと頭にうかんだのが、トンチンカンでした。

おあとがよろしいようで バキッ!!(-_-)=○()゚O゚)アウッ!

【書類】科研費で発注した書籍の納品 → 産学連携室で検収手続き。
【書類】科研費の出張書類が到着 → 出張伺、出張伺別表を作成して、産学連携室へ提出。
【院教務】来年度の時間割について、1研究分野より変更なしで連絡を受領。のこり2分野。
【授業】合同ゼミ発表会用のプロジェクタ機器類をチェック。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あんなところに

恭さんは模試の会場がわからず、往路は尚さんがつきあってくれました。できないなりにがんばってくれよ (#x#;)

昨日の疲れもあって今朝はゆっくりと起きあがり、ゆっくりと朝食をとったあと、郵便局(学会の年会費を振替で送金) → 銀行 → パルコ内のロフト → 文具店をゆっくりとまわって、職場へ向かいました。距離にすると12,3キロくらいでしょうか(ときどき、自動車がこないのを見はからって信号をゴニョゴニョしたのは内緒だ \(^^:;)...)。ここのところはずっと晴れていますから、当然のように空気は乾燥していて、信号待ちのときにうがいは欠かせません。また、日没後の寒さにそなえて着こんでいるシャツにはうっすらと汗がにじみます。コンビニによって昼食を買い、職場へ到着すると、今日も運動したなぁ、という達成感をおぼえてしあわせな気分です。

さて、轟天号ビアンキを駐輪場へおいて最後の坂道を歩いていますと、散歩にきていた近所のご夫妻がなにやら上の方を指さして見ていました。何気なくオイラも見上げてみますと、

20071208a

冬枯れしつつある枝のあいだに鳥の巣らしきものが確認できました(↑ 写真をクリックしていただくと、多少はフォーカスされて大きめになった画像を見られます)。どういう鳥が巣を営んでいたでしょうか。特別会議室あたりからだったら、夏場には確認できたのかな。

【授業】3512教員室の掃除。
【授業】卒業論文の草稿の朱入れとコメントづけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘトヘトだよ

朝イチから3連チャンで授業をやって、全力で突っ走ったら、もうあきまへん。ヘロヘロのヘトヘトで、集中力がつづかなくなっています。

おまけに、今日は微妙に向かい風の日で(The wind was sometimes blowing against me)、とくに、南よりの、あるいは西南西というべき風が吹いていて、南に向かう最後ののぼりがもろに風を切ることになり、きつかったです。頭も足腰もふらふらだぁ (((。o・))))((((・o。)))

『モップガール』も見ずに寝よう。

【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
 ※何の授業か知らないが、試験のためにあつまってきた学生が廊下でうじゃうじゃしていたため、ほとんど授業妨害となっていました。食品栄養科学部か薬学部でしょう。ちゃんとコントロールしてくれ。
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【授業】「イギリス社会史研究(院)」13:00~14:30
【授業】合同ゼミ発表会の準備。ゼミ生さんはパワポのファイルを、オイラは進行表を作成。
【授業】同上。学生室で移動可能なスクリーンを予約。
 ※手持ちのものはやや小さいので。
【授業】卒論の草稿をチェック。
【元教務】現在の教務委員の先生とコース分けの人数について確認。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただきもの(翻訳物)

バーナード・ベイリン(和田光弘・森丈夫訳)『アトランティック・ヒストリー』(名古屋大学出版会、2007年)をいただきました。訳者はお二人とも存じていますが、ありがとうございます。――妙なつながりもあったりして \(^^:;)...

81580577_2

目次が部の単位でしかないためにあっさりしすぎた分、訳者による巻末の解題に力が入っているでしょうか。この部分を読むと、とても得した気分になれます。

そういえば、名古屋大学出版会のTさんとはしばらくお会いしていません。お元気でしょうか。名古屋にいらしたばかりのころ、飲みによく誘ったのは、もう20年も前の話になってしまいました。本山の手羽先屋さんで一杯やれたら、さいわいです。おっと、オイラはかいよ~くんをなおさないとね 。*゚(-艸-)゚*。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】合同ゼミ発表会の発表者とタイトルをうかがう。ただし、まだすべてではない。
【授業】「イギリスと日本」のファイルをチェック。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本語の会話の感覚

今日はかいよ~くんの診察をうけるため、病院へいきました。轟天号ビアンキを駐輪場にとめるやいなや、一瞬で気がつきました。

…………、診察券、わすれた………… (→o←)ゞ

予約の時刻までは20分ほどありましたので、尚さんに電話をして現物を確認してもらい、途中までもってきてもらうことにしました。あぁ、本当にすまないことです。日吉町という静岡鉄道の駅(「電停」ともいう)で待ちあわせ、また病院までもどると予約時刻の10分すぎくらいで、再診受付をすませられたです。尚さんには深謝&多謝、自分には幸運でしたね。

診察がおわり、毎月の保険証の確認もすんで、外にでます。先月から処方箋調剤となったので、病院内では薬を受けとらないのです(めんどうだな)。轟天号にまたがって病院の前の信号をわたると、そこにはちゃっかり(?)と薬局があります。さっそく処方箋をお渡しして薬をお願いしました。

名前が呼ばれましたので、受けとりにカウンタへいきますと、薬剤師の方がひとこと、

「今日はどうされましたかぁ」

これは出合い頭にカウンタをくらうような感じです。かいよ~くんの薬だという説明書をくっつけながらいわれましたから。「今日は、じゃないでしょ、は、じゃないでしょ」と苦笑しつつ、「もうずっと夏から治療しているですけど」といったら、黙ってくれました (^^w)

先の日曜日にも、何となく商習慣にそぐわない対応を文具屋さんでされたことを思いだします。インク・コンヴァータの店頭在庫をたずねたですけど、

「コンヴァータですか、そのものですか」

とまず、こちらを不安がらせ(that is to say, 「この人はこちらのいっているブツをわかっているだろうか」)、ついで、おもむろにカタログをめくりはじめたです。時間がなかったので「ここにはないのですね」とこちらから確認すると、「はい、ありません」との返事がもどってきました。これは、「では、もうけっこうです」で片づけるしかありません。

アタシの会話の感覚がずれているのかなぁ。


【書類】プリンタのトナーの支払い関係書類を出納室の方へ提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただきもの(秋物)

昨年までは研究科の学生さんで、今年の夏くらいからは「言語コミュニケーション研究センター」付きの非常勤職員さんの方からいただきました。美味しそうでしょっっ ♪~о(⌒~⌒о)

20071204a 20071204b 20071204c

相方のご出身が青森だそうで、本場もんのリンゴです。柿はご近所からのいただきものだそうですが、こちらも実がしまっています。果物は好きですよー、春夏秋冬を問わず。

【授業】「演習」13:00~17:00すぎ
 ※11時30分くらいからうちあわせのため、二人がきていました。ほとんどゼミの日です。
【授業】卒論生(1名)の題目と目次について添削&指導。
【授業】合同ゼミ発表会の関係者の先生に、題目通知の要請メールを送付。
【会議】臨時教授会 13:30~14:20
【会議】FD研究会参加報告 14:30~15:00くらい
 ※いったん、部屋にもどったのでちょっとキセル参加(?)。オイラは、FDって技術論と自己満足だけみたいに思ってます。怒られそう?
【元教務】科目一覧表についての問いあわせに応対。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クノーピクスをいじってみた

KNOPPIX(クノーピクス)をご存知でしょうか。CD または DVD のドライヴから起動することが可能な Debian ベースのLinux 頒布形態(ディストリビューション)です。サポート保証期間の切れた 98SE の Mebius くんがずいぶんと老いてしまったので、ここはいっちょう OS をとりかえてみようかと思いたったわけです。

まず、しまったと思ったのは、焼いてない CD-R がなかったこと (;^^)ヘ..

職場の購買へゆくとそこには650MBのものしかなく、KNOPPIX を焼くには700MB(670MBくらいなので)が必要なため、とりあえず CD-RW を買って部屋にもどりました。それで Mebius くんの CD ドライヴへ入れてみると、読んでくれません 。(>□<。)゜。゜

ここでくじけてはいけない、と近所のパソコンショップへ。あまりジャンクなものも好きではないので、20枚入り1,100円くらいのマクセル社のものを購入してもどりました。それから黒デルで KNOPPIX の .isoファイルをダウンロードし(サイトはこちら)、無料ソフトで焼こうとしたらエラー連発。どうにもこうにもイメージファイルに焼いてくれません。ちくしょーと思いつつ、.isoファイルをダブルクリックすると、roxio Easy CD Creator が起動しちゃいまして、流れでそのままクリックすると、あたりまえといえばそれまでですが、これも焼きつけでとまったまま。

それでもあきらめたら負けよ "(・_・)ノ◇"""

Google さまの威力で検索をしていますと、さいわいにもこういうありがたいページが見つかりまして、べつの無料ソフトをダウンロードしてためしてみました。みごとに成功! 無事にイメージファイルを700MBの CD-R に書きこめたです \(-o-)/\(^_^)/ヾ(≧∀≦)ノ

さて、おもむろに Mebius くんの設定を CD ドライヴからの起動に変更してためしてみると、あれ、ドライヴが700MBのCD-R を認識してくれません。これも検索してみますと、どうやら初期の一部の CD ドライヴは650MBしか認識できないらしい (/--)/ (+。+)アチャー。

しかたがないので、黒デルくんで KNOPPIX をためしてみました。たとえ Windows が起動しなくなっても、ファイルは救えるとわかったのでよしとしましょう。Linux はわからないことだらけですけど(とりあえず、ブロードキャストアドレスというのをしらべなくっちゃ)、あちこちで情報が出ていますから、まだまだいけそうです。

しかしなぁ、Mebius くんの運命はかなりまずいぞ。

【科研費】書籍の納品があったので、産学連携室で検収手続きをしていただく。
【書類】プリンタ・トナーの支払い関係書類を作成。
【授業】卒業研究の章立てと「はじめに」を添削。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月の統計

オイラは短気な性格なのか、迷惑メールが到着しているのを確認すると端末のメーラだけでなく、転送先の GMail からも、メールサーヴァからも、即刻に削除したい人です。その結果、職場の情報センタのかたから、サーヴァに負担がかかりますので15分以上は再接続の時間をおいてください、とたしなめられてしまいました。たいへんにすみません m(;∇;)m

これをよい機会に(?)、いったいどれくらいの迷惑メールが到着しているかしらべてみようと思いたち、この11月の1か月間は GMail で、いっさいの削除をしないで迷惑メールをためてみました。そりゃぁ、かなり我慢しましたよ。削除したくてたまりませんでしたから \(^^:;)...

昨日でその我慢もおしまい。今日はかけ算、割り算、足し算の日です。11月の迷惑メールの数は GMail に転送されてきた分が5,711通、これに @nifty の迷惑メールフォルダ(こちらは設定上、11月22日から末日までの9日間)の564通÷9×30≒1,880通を足しますと、おおよそ7,600通になります。単純な一日平均で250通以上、1時間に10通以上というのは、人を辟易とさせる数字として充分でしょう。

先日のメールサーヴァ更新によって、ようやくうちの職場でも Web メールが使用可能となり、そこで迷惑メール・フィルタの設定がされています。しばらくは SPAM 情報を収集し、フィルタを学習させたいとのことですから、オイラも協力を惜しみません。せっせと SPAM 処理のフォルダへ送りこんでいます。ただ、いまいちつかいづらいと思うのは、GMail/Google さまに魂を売ってしまった報いでしょうかね (;_; )( ;_;)

おなじような情報がほぼ機械的にいくつもコピーが可能になり、誰もが発信も受信もできるようになったのは、けっして近い過去や現在のことではありません。手段としては手紙やビラにはじまり、一時のダイレクトメールや勧誘電話、ワン切りといった手段、内容もうそやデマや誇張、流言飛語のたぐいは、印刷革命の時代から人は悩まされてきたのであり、そして、その対処法を編みだしてきたのではないでしょうか。

うーん、迷惑メールなんかに負けてたまるか o(T-T)o o=(°°d

【授業】3512教員室の掃除。
【仕事】責了前の最終確認のメールに返信 → 年末が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »