« 日本語の会話の感覚 | Main | ヘトヘトだよ »

いただきもの(翻訳物)

バーナード・ベイリン(和田光弘・森丈夫訳)『アトランティック・ヒストリー』(名古屋大学出版会、2007年)をいただきました。訳者はお二人とも存じていますが、ありがとうございます。――妙なつながりもあったりして \(^^:;)...

81580577_2

目次が部の単位でしかないためにあっさりしすぎた分、訳者による巻末の解題に力が入っているでしょうか。この部分を読むと、とても得した気分になれます。

そういえば、名古屋大学出版会のTさんとはしばらくお会いしていません。お元気でしょうか。名古屋にいらしたばかりのころ、飲みによく誘ったのは、もう20年も前の話になってしまいました。本山の手羽先屋さんで一杯やれたら、さいわいです。おっと、オイラはかいよ~くんをなおさないとね 。*゚(-艸-)゚*。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】合同ゼミ発表会の発表者とタイトルをうかがう。ただし、まだすべてではない。
【授業】「イギリスと日本」のファイルをチェック。

|

« 日本語の会話の感覚 | Main | ヘトヘトだよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/17293365

Listed below are links to weblogs that reference いただきもの(翻訳物):

« 日本語の会話の感覚 | Main | ヘトヘトだよ »