« 前に進めない | Main | いく、にげる、さる »

下手な右折車

強烈な逆風のなかをひいこらと轟天号ビアンキですすんできた帰り道、正十字形にはほど遠い、交差点にさしかかりました。交差する道路の左手から、1台の自動車が右折してこちら側に入ってくるところです。自動車の側からは、入る先=オイラのいるほうの道路は鋭角に曲がらないといけないので、正式な=安全な右折のしかた、つまり、交差点の中心の直近を左前方のタイアがとおるやり方をとると、(かなりの)遠回りという感覚をもつことになります。

くるかなー、と予測しておりましたら、案の定、ショートカットというか、傍若無人というか、左側によけてとまっていたオイラの鼻先、進行方向をみごとに横切るやり方で右折してくれました。白の○ルグ○ンドです。いわゆるむだに“空気をはこんでいる”車ですけど、経験からして、このタイプ(○ルファードとか、ステッ○○ゴンとか)がいちばん、右左折のときなどに歩行者や自転車の敵になる可能性が高いと思います。見えてないのかなぁ。それとも、おまえがよけろ、そこをのけぃ、とか思っているのかなぁ。

でも、ガーッとせまってきそうな銀色ノーズの顔と白い鉄板をみたら、こいつがいったいこれからどういう方向へうごくかなど、わかるはずもありません。おたがいがうごいているとき、おたがいの(アモルフな)うごきを予想するのは困難です。だからこそ、優先順位やうごき方の基本がさだめられているのでしょう。こっちはピカピカと前照灯を明滅させ、足首には反射板をつけて存在をアピールしていても、しょせんは生身の身体がむきだしですから、接触でもされたときにはもろいものです。師匠から「命あっての物種」という忠告をうかがって、とりあえずはいつも先に退避していますけど、“空気をはこんでいる”車の運転手さんにはもうちょっと気をつかって、“空気を読んで”ほしいものです。巨大戦艦にも見えるコンヴォイの方々は、ほとんどが歩行者・自転車を優先してくれるのですから。

ちなみにこのエントリは昨夜の実話であって、「あたご」とは無関係です。念のため。

|

« 前に進めない | Main | いく、にげる、さる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/40241100

Listed below are links to weblogs that reference 下手な右折車:

« 前に進めない | Main | いく、にげる、さる »