« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

年度の大晦日

昨年の3月31日は土曜日にあたっており、おまけに法人化が同時進行していたため、年度替わりのひきつぎが“ひきつり”になっていたような気がします。もっとも、オイラは救急搬送の余波でまだ伏せっておりましたから、ほとんど記憶がありません。ただ時間だけがすぎていったわけです。おかげで、さんざんお世話になりながらも、ごあいさつの一つもできなかった方がいて、申し訳なく思いました。

今年は週日なので、とくに混乱もなく、ひきつぎがおこなわれたことでしょう。オイラにとってもふつうの1日で、たまった書類の整理と、3分の1くらいまですすんだ訳稿『モラル・エコノミ』のつづきをやってすごしました。やはり、ふつうが大事です。

ちゃんと書いたかどうか、忘れてしまいましたので、訳稿についてすこしだけ補足しておきましょう。翻訳しているのは、E. P. Thompson, Customs in Common (The Merlin Press, 1991) です。原著の全体は8章構成ですが、翻訳は抄訳ということで、半分の4章分になっています。1970年代はじめの論文を主として、なかでも、 Past & Present 誌から修正なしで――誤植はありで (^_^;)――収録された「モラル・エコノミ」論文が目玉といえるものです。

じつはこれ、あまり大きな声ではいえませんが、10年前からの間歇的に継続しているお仕事でして……。何度か改稿をくり返しているうちにわけがわからなくなり、ここ2年くらいはほとんど放棄していたですけど、いよいよ、という命がくだったため、σ(^◇^;)(;^_^A ……と旧稿をひっぱりだして、何年か前の自分をののしりつつ(「ほんと、何を考えてたんだぁ」とか)、何度目かの総手直しをしております(「何」が多い文ですな)。ただでさえ、晦渋な日本語にしかできない英語力なのに、「うつくしい詩文のような英語を日本語に訳せるか」とペニにいわれたこともあり、頭をかかえてしまう超難題です。あぁ、はやく解放されたい ..・ヾ(。><)シぎょぇぇぇ

↓ めずらしい富士山の光景。そこだけが晴れ間で浮かびあがっていました。左が遠景、右がズームアップです。

20080331a 20080331b

【授業】「英語で読む英米文化入門」の授業ファイルづくり(未完)。
【書類】年度末につき、書類を整理 → 保管するものをファイルケースへ、廃棄するものをシュレッダへ。
【?】明日に着任される ALT の先生にごあいさつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清水名物といえば

清水名物といえば

素朴な甘さのこいつ(↑)以外にはありません。苦味の勝ったコーヒーによくあう、あまり甘くない「追分羊かん」です。「創業元禄八年」は西暦1695年、げれほろたん にては九年戦争のさなか、出版法改正により、事前検閲が廃止された年にあたります。幼いころから楽しんできた味ですけど、ロレインの時代からと知ると、いっそう親しみがわいてくるというものです w(*゜o゜*)w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

路上放置

路上放置

路上放置

放置というより、不法廃棄のほうが正確な言い方かもしれません。こんなものだけをどうやって放ったのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まぶしい

土曜日の昼下がり、だあれも職場のおなじ階にはいらっしゃいません。ドアをあけて廊下にでて、ふと気がつきますと、なにやらまぶしい。↓ こんな感じです。

20080329a

ドアに直撃していましたので、もう何が何だかわかりません。反射する太陽光をデジカメで撮るとどうなるか、という興味がわいてきましたので、部屋のなかにもどってカメラをもってくると、光のあたる位置がうごいていました。はえー (・υ・)``

全体としては ↓ のような画像になります。液晶モニタには強烈な光の縦線が走っていました。

20080329b

この職場にきてつごう11年目に入っていますけど、はじめて経験する現象でした。太陽高度の関係で、1年のある一定の時期にしか出現しないのではないかと思います。すくなくとも昨年のいまごろは、遭遇するはずのないものでした。救急搬送さわぎをおこしていましたから (/--)/ (Θ_Θ)∂゛

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見ごろ

雨あがりの昼前、光のぐあいもあたたかいです。

20080328a 20080328b

青空と桜花のとりあわせは、どこまでも春ですねぇ。

20080328c 20080328d

静岡地方のお花見も、今週末が最適だそうです。ただ、すこし気温がさがるので、お酒は燗がよいとのこと。飲んべえさんはお気をつけください 由\(@_+ ) ヒック!

【ゼミ】卒業研究の相談。
【院教務】シラバスの納品予定日について、学生室の方に確認する。
【授業】来年度の学年歴を学生室の方から送付していただく → 「英米言語文化入門」の担当者を記入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美味しく飲み食いする

ながらく空腹=痛みの等式が成り立っていましたけれど、潰瘍の方程式から解放されて、このごろは食べるもの、飲むものがすべて美味しく感じます。食べる → 胃で消化される → 十二指腸を通過するときに痛む、というサイクルは、食べる時点では早くおなかに入れて痛みを消したいという目的のために食事をするので、楽しくなかったのです。それがいまはもう、ニコニコしながら食物を口にはこんでいます。

さて、ここのところ、たてつづけに宴席にでかけ、それをうけて思うところがありまして、楽しく飲み食いするときの心得をあげてみました。

その1: 悪口はいわない 爻*σ_σ)ノ!
 とくに、その場にいない人について否定的な評価は避けたいところです。品定めは絶好の酒の肴かもしれませんが、その場にいなかったら自分も標的になるかと思えば、けっして楽しくありません。ぼけもツッコミも、けなしけなされるのも、できるだけ自給自足でやりたいですね。

その2: ナチュラル・ハイでいこう (^-^)/
 オイラにはいちばんむずかしいのがこれ。会話に乏しいのよね。受け身的はちょっとね。でも、にっこりニコニコでいきましょう。

その3: あくまで自腹、宵越しの何ちゃらはもたずの心意気 (^_^)b
 終電まぎわでも、会計がすむまでは一味神水、傘連判の世界です。さっさと帰っちまって後払いされても、贖宥状はお出しできません。はらわなければ、よろしくね with 艶然たる微笑み、ですよ。

美味しいご飯を食べ、美味しいコーヒーを飲みつつ、ひきつづき訳稿にむかっております。

【ゼミ】卒業生への餞の画像ファイルCDを作成 → 郵便局にて投函。
【書類】来週の出張に必要な書類を総務室の方へ提出。

Continue reading "美味しく飲み食いする"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノートとコピー

すこし前のことですけど、授業評価アンケートの結果を、メンディングテープでとじた封書でいただきました。そんなにたいそうな秘密ではないと思いますけどね(苦笑)。5段階評価でいうと4がいちばん多かったでしょうか。学生さんもオイラもすっかり慣れっこです。

フリーワードのコメントもあまりなく、楽しいネタはないかと思われましたが、ツッコミを入れられそうなのがかろうじて一つだけ。「授業でつかうファイルをHPにのっけてください」と書きこんでくれていました。これって、十数年前につとめていたところの「マーケティング論」の先生が、「講義のノートを貸せ、コピーさせろっていうんだ」と、何かの委員会で同席していたオイラにひとしきり憤慨なさっていた事情とおなじです。授業中に見せたり、書いたり、しゃべったりすることをすべて憶えることが受講だとかんちがいしています。つまり、授業のノートは手に握った、万年筆なり、ボールペンなり、鉛筆なり、シャーペンなりをもちい、ただひたすらに手首と指と眼球と首と耳をうごかして作成するものだ、と。

それはちがうって、最初にもいっているじゃないですか。それは単純なコピーであり、手首と指と眼球と首と耳の運動であって、ノートじゃないし、理解することでもないです。

授業でやること、やったことの100%を理解できるなら、むしろ、最初から授業なんてでる必要はありません。不世出の天才として、そういう人の活躍する場は大学内でなく、世界にひらかれているでしょう。そうでない平凡なオイラたちは、わからないことを考え、わかることをつなぎあわせ、そうしてようやく講義をしてくれる人の考え、論、いいたいことをすこしずつ理解できます。さらに、それでも講義者のいったとおりに理解しているとはかぎらず、誤解や齟齬やかんちがいが生じてくるものです。わからないこと、知らないことじたいは、けっして恥ずかしいことではありません。たいせつなのは、それを質問してみたり、追究してみたり、自分でしらべてみたり、試験・レポートの答案に書いてみたりできるようになることです。そういうところにこそ、ほんとうに創造的な過程が生まれてくるでしょう。すかすかのノートだって、自分が理解して書けば、それでいいと思います。

あるいは、講義をする側にとって、コピーの弊害にはこういう点もあります。しゃべっているこちらの内幕をちょっとだけばらせば、オイラはいろいろとしらべてみて資料的に裏づけられるもの、もっとも論理がとおるもの等々を講義しているつもりです。でも、それはあくまで相対的なもので、まったくの真ではありえません(なにせ、真と善と美は往々にして異なりますので)。悪いけど、誤魔化しているところだってある。そこにツッコミを入れてほしいんですよ。あえて、スキをつくって待っていたりもします。「質問してよ」ってね。そこを素通りされると、あわてて自己訂正しなければならなくなっちゃうじゃないですか。ギャグがすべって、自分でボケとつっこみをやらなければならないときほど、なさけないと思うことはありません。ましてや、訂正を聞き逃して、あえてつくったスキだらけのテーゼを丸暗記された日にゃぁ……、目もあてられませんね。

というわけで、不完全なコピーづくりを推奨するために、来年度も、資料とレジュメしか登載しません。あしからず、ご了解ください <(_ _)>

3月24日の業務
【院教務】修了証書と記念品の配付準備について、学生室の方へ問いあわせ。
【院教務】同上。みずから受領してくださった研究科長と、修了式当日のことをうちあわせ。
【?】転出される先生の送別会に必要なものを、コース助教の先生と確認。

3月25日の業務
【院教務】卒業式・修了式の案内・誘導など 8:40~13:15
【院教務】修了生への学位記・記念品の授与式 14:00~14:20
【ゼミ】卒業生をかこんで昼食会 14:30~17:00
 ※昼食会というよりは、時間的にいうと、おやつの会です。
【?】謝恩会終了後に、研究科長と屋外でコーヒーを飲みながら雑談。

3月26日の業務
【ゼミ】休学中の学生さんの保護者さん(お父さん)と面会。
 ※「わたしより妻のDNAのほうが多いんじゃないか」とおっしゃられていましたが、いえいえどうして、話し方などはそっくりですよ。
【書類】休学願に署名・捺印 → 学生室の方へ提出。
【教務のお局】友人から依頼された新入生さんについて、学生室の方へ依頼。
【教務のお局】来年度の教務委員会について、一人の方に昨日にあらぬことをしゃべってしまいました。深く反省しております \(__ )

| | Comments (0) | TrackBack (1)

こ、これは

こ、これは

ハーブティ用のサイフォンです。珈琲問屋にて発見しました。うつくしー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年度末の粗大ゴミの日

年度末の粗大ゴミの日
裏ぶたの開いた iMac あり、ThinkPad の山積みもあり。年度末にかぎりませんけど、年度末だからいっそうのこと、粗大ゴミの日は殺伐としています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陛下ご近影

陛下ご近影

暗くて、なにがなんだかわからない状態ですけど、王者の風格がただよう、陛下のうしろ姿です。畏れ多くもお御足にてごあいさつをたまわりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタバへの逃避行

日曜日だというのに、中学2年生の息子のほうの友だちが大挙してやってきました。城北公園のグラウンドで遊ぶそうですが、尚さんによれば、1時間くらいでもどってくるにちがいない、とのことです。しかたがないので、いくつか訳稿をもって轟天号ビアンキにまたがりました。ドトールやミスドでもどこでもよかったとはいえ、ちょっと粘りたかったのと買い物で寄り道も考えていましたから、市営駐輪場へビアンキを入れたあとにてくてくとスタバへ。カフェラテをグランデサイズでいれてもらい、けっこう混雑しているのにもかかわらず、2人掛けのテーブルを占拠してしまい、すまんこってす <(_ _)>

翻訳の仕事をしたのは2時間ほどでしょうか。音楽はずっと流れていましたし、おとなりでは高校生の女性お二人が、のべつまくなしに会話をしていましたけれど――卒業したばかりらしく、大学のガイダンスの話もしていました――、それでも朱字校正はそれなりにすすんでくれてラッキーです。まったく自分とは無縁の人びとのなかにいると、かえって集中力が増すものなのでしょう。

ちなみに、このスタバは2002年の夏、イギリスへ出発する前日に訳業のお頭(首魁?)たる、オイラの指導教官といっしょに入ったことがありました。あのときの仕事をいまだにひっぱっている自分を、いかにとやせむ…… (^_^;)

文房具屋さんによって香りつきのペンインクを、駄菓子屋さんによって天津甘栗と今川焼きを買いました。さらにその帰りに、駿府公園の西門橋(静岡雙葉学園のちかく)のあたりで、さくらの花とつぼみのショットをゲットです。

20080323a

20080323b 20080323c 20080323d

おなじく女子中・女子校の静岡英和学園のちかくにも、立派なしだれ桜を発見しました。

20080323f

桜の花のころは曇りの日が多いので、こういう雰囲気の写真が多くなります。

ちなみに、帰宅しますと、息子たちの集団は公園でそのまま解散し、かれは荷物をとりにきた友だちと二人でもどってきました。その友だちもすぐに帰っていきました。さて、オイラのスタバへのおでかけは正解だったのかどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さくらが咲いた

速報ニュースによれば、静岡で(熊本・東京も)ソメイヨシノが開花しました。夜になって冷えこんできたとはいえ、今日の昼間はあたたかかったですからねぇ。今年も冬がおわり、春がはじまっています。花粉症の方々にはつらい時期でしょうけど、自転車乗りには笑み栄ゆる季節です。強烈な向かい風でも負けないよ~ん (#^_^#)

3月19日の業務
【作業部会】お仕事ファイルを受信 → 部会開催日前後の日程調整を要請。
【書類】兼業について、総務室の方へ問いあわせ。
【PC実習室運用】実習室のモニタ更新について、見積もりなどをご相談。
【PC実習室運用】モニタ廃棄について、施設室の方にうかがう。

3月21日の業務
【授業】ゼミ生用のPCに Symantec AntiVirus を再インストール → ディスクを返却。
【?】構内テレビの受信方法について、同僚の先生からの問いあわせに対応。
【PC実習室運用】新年度にむけての整備作業 16:30~19:30
【PC実習室運用】作業をしながら、来年度の体制についてご相談。
【研究】Oxford University Press に Past and Present の講読更新の問いあわせ(これは業務ではない)。

3月22日の業務
【授業】3512教員室の掃除。
【院教務】全学教務委員会のメール会議資料を確認。こまかな点は気にならないでもないですけど、「とおし」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

偽善者度チェック

「腹黒のローマ人」と呼ばれる人物とお仕事をするため(?)、自分の偽善者度をチェックしてもらいました。

■あなたの偽善者度はこんな感じ!

 腹の黒さ  87%
 知的偽善度  100%
 勇気ある行動  47%
 天使の光  86%

あなたの偽善者度は97%ぐらいで【春の偽善運動級】です。

あなたはすでに腹黒く、偽善者の仮面を被り続けて生活しているようです。
日常的な所作に偽善を絡ませるので、意識しなくても、ごくなめらかに偽善活動を営んでいるのでしょう。
この過酷な現代日本で生き残るためには、他人を蹴落としてでも、自分が突出しなくてはなりません。
それをニコニコと笑顔でやれば、一見、悪い人に思われないので、あなたはかなりの世渡り上手ともいえるでしょう。

■あなたの偽善度アップアイテム
早朝の元気でさわやかな挨拶


意外なくらいに(笑)腹黒度が高いので、これはいけるかもしれません。え、なにが?

偽善者度チェックは → こちら
ちなみに、文字どおりの腹黒度チェックは → こちら

腹黒度チェックの結果は、「続きを読む」をどうぞ。

Continue reading "偽善者度チェック"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

曇りのち雨

今日は息子(中3)の卒業式です。天気予報は曇りのち雨、たしか入学式も雨だったような……。

オイラは出席しませんが、尚さんがおでかけなので、朝からすこし家事をしました。これも側面援助でしょうか(笑)。ゆっくりと職場にむかう予定です。なにせ裁量労働制なもので(苦笑)。

あ、そういえばかれは、「マンガの編集者」になりたいそうです。画才があるとはいえませんけど、押しのつよさだけはあるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライヴ・水出しコーヒー

20080318

職場の歓送会にて再会しました。1年前と開催場所がおなじなので (●´△`●)

ここには何と、もう一つおなじ水出しコーヒーの機器一式があるですよ。贅沢な空間、至福の時間、てな感じでしょうか。(ただ、夏の暑い盛りでも、オイラは基本的に“コーヒーは温かいもの派”なので、ここにくる機会はまったくないですけどね。)こういう曲がりくねったようすを見ると、あぁ、やはりコーヒーってイスラーム経由なんだなぁ、と妙に納得してしまうのは、なぜでしょう。だいたひかる風にいえば、「曲がりくねったガラス管をみると、イスラームとか水タバコを思いだす、……わたしだけ」です。

今日も元気だ、コーヒーが美味しい。コーヒーを飲んでも、胃がシクシクしないのがとてもうれしい (^^)v

【会議】教授会 14:30~17:00
【会議】研究科委員会 17:10~17:30
【会議】カリキュラム改革委員会 17:35~18:00

側聞したところによりますと、次年度の教務委員長がきまらなかったとのこと。教務の仕事のなかで、ガイダンスの準備がいちばんしんどいはずですが、そこまで現委員長がおひきうけになるのでしょうか。現委員長は、就任のさいにオイラがかなり無理やりにお願いした経緯もあって、原則として対外的なことを担っていただき、学部内の事務的・行政的なことは副委員長以下がしきってやるという約束でした。ところが、異例中の異例といえる3年間の任期(これまではつねに1年交替)のうちにその約束が反故にされてしまったようです。昨年までは学部教務委員会の一員として、今年度は研究科の教務委員として、側面援助につとめてきたつもりですが、いろいろとおよばないこともあって、申し訳なく思います。(とくに、昨年のいまごろ、教務委員長への復帰を打診されましたが、公的な私事?のためにおひきうけできませんでした。)来4月はじめに予定される新年度の学部教務委員会で、ぶじに次期委員長がきまりますよう。ここまできたら、別に職階なんてどうでもいいじゃん、と思いますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サクラ

入院していた轟天号ビアンキがもどってきましたので、ひさしぶりに向かい風のなかを発進しました。今日は東風です。春ですねぇ。愛宕山霊園のあたりでは、お元気なみなさんがゲートボール、もといリレーション(?)をなさっていました。そのグラウンドのそばに、早咲きの1本が立っています。

20080317a 20080317b

今年は卒業式くらいかなと思っていましたのに、ソメイヨシノではないでしょうけど、早いものです。2月中・下旬が寒かったからこその早さでしょう。

帰りにも別の場所で発見です。

20080317d 20080317e

たしかここにはアトリエさんごさんがあったはずなのに、なぜか有料駐車場の看板が立っていました。でも、サクラはかわってません。これは花がけっこう長持ちするタイプだったと記憶しています。

Everybody is pretty happy, when spring comes around.
そう、今日はオイラもしあわせな気分でコーヒーを飲んでいました。ハイホー、ハイホーと仕事もしたですよ。

↓ 鳥坂さんの小人さん
20080317c

【院教務】研究科ガイダンスの会場の確認。
【院教務】シラバスの校正確認。
【院教務】広報委員の先生とシラバスのウェブ掲載についてご相談。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

のへら~

週6日の職場通いのうち、過半数の4日を出張に費やしてしまいますと、その前日は覚悟もあるのでまだしもまともに準備をしてすごせますが、出張明けの1日は、ほとんどあとしまつの強風が吹きすさぶがままの状態です。つまり、のへら~としているうちに、チキンヘッド鳥坂さん――ゆうきまさみ『究極超人あ~る』の登場人物です。とりあえず、画像はこちらで、「トライXで万全」とえらそうにしている人をご覧ください――が徹夜明けに経験したのとおなじコビトさんがあらわれ、自意識がどこかにとんでいるうちに書類ができています。ほんとかな !(^O^)

だいたい、今回はほぼ1日じゅう、パソコン画面をながめている日がつづき、目のスタミナが尽きてしまいました。はげしい消耗のために、眼薬もつかいはたしたほどです。かろうじて偏頭痛がでなかっただけ、よしとしておきたいと思います。ホテル住まいはけっして嫌いではないとはいえ、栄養は偏るし、睡眠や運動は不足するし、通勤ラッシュでなくても人が多いし、何より轟天号ビアンキを出動させられないので、いつもの生活のリズムがきざめません。毎日、ひと汗をかくというのは、精神的にも重要なことです。

あまりに、のへら~としてしまいましたので、気合いを入れるため、野性味あふれるモカレケンプティを挽いて、ネルドリップのコーヒーをつくってみました。↓ ちなみに、ドライカレーではありませんので、おまちがいのないように。

20080316a

酸味も甘みも苦味も感じますけど、じつはほんのすこし土くさいところがあります。天津甘栗1~2個といっしょにいただくのが、オイラにはベストです。今度、挽いたやつを出張にもっていこうかな。

コーヒーを飲みながら、家族の「YouTube が見られなくなった」という不満をうけて、8年ぶりに初期の iMac から買い替えた Windows Vista マシンのセットアップにむかいました。Dell Inspiron 1525 のうぐいす色です。無線LANルータ経由でインタネット接続し、Office ソフトをインストール、それから各自のアカウントを設定し、iMac から移植するデータをちょっとゴニョゴニョして――IE5.0ヴァージョンのお気に入りはちょっと厄介でした――おわりです。セキュリティソフトのマカフィの認証も簡単でした。やったことは多くないですけど、尚さんや息子たちにもそれぞれに関与してもらいましたので、時間は多少かかったですかねぇ。

↓ コタツの上におかれた Inspiron(愛称は未定)

20080316b


さて、来週はまた宴席が待っています。ふところと体調から物言いがつかないことを願うばかりでございます。

3月15日の業務
【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨカッタ

受験生の息子(中3)が志望校に合格しました。何にしろ、めでたい、よかった。

卓球をつづけるらしいです。それもまたよかろう、です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週の運勢

星占いとか、血液型占いとか、干支占いとか、手相占いとか、けっこう好きです。結果が良くても忘れてしまいますが、悪いと気にしたりして (・o・)

今週の占いですが、某サイトでは、

 今週のあなたは、寡黙です。あなた自身、今週は目立った行動をする気もないし、皆の前で強く主張する気持ちもありません。そんな立場は、むしろうっとうしいと思うくらい。
 しっかり皆の支えとなって、縁の下の力持ちとなっていれば、それでじゅうぶん満足なのです。
 その暖かさ、気のよさが、時に上手に使われてしまう場合も出てきそうです。ことに、あなたが有能な人なら、地味だけどけっこう責任のある役割を分担させられそう。
 でも、それもあなたが満足できるのなら、別に問題はありません。それはそれでいい経験。

これでは、ほとんどいつものオイラとおなじことです。とくに今週にかぎったことではありません。ふだんどおりの行動をしていなさいというアドヴァイスでしょうか。一方、別のサイトでは、

(全体)約束は絶対破らないように。適当な言い逃れは最悪の結果を招きます。愛情より友情を先優先に。銀製品で運気UP!
(生活)食事は肉より魚を!早起き◎
(恋愛)家族に恋人を紹介するチャンスです。
ラッキーランチ→→チャーハン
ラッキータイム→→火曜日の午前中

でした。記憶していたわけではありませんが、今回の出張で唯一の非宴会日の夕食は、「塩さば定食」の「小ライス」にしました。「鶏唐揚げ定食」にもこころがうごいたですけどね。

当たるも八卦当たらぬも八卦、とはいえ、いちばん当たってほしくないときに、なぜか当たってしまうのは、霊合星もちの宿命でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

油断大敵

めずらしく2日間もつづけて宴席に出席したところ、アルコールは摂取しなかったとはいえ、おなかのぐあいがやや不調に陥りました。念のために持参している新三共胃腸薬を飲んで寝ます。コーヒーを飲むのもすこし控えよう。

健康であること、というより、痛くないことがいちばん大切ですよね。うんうん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月は仕込みどき、書き入れどき

先週からあっちこっちへ出張(「逃亡」かも……)しておりますが、これはいろいろなネタを仕入れるためのおでかけでもあります。職場とその近辺+ネットだけでは入手することのできない情報があることはたしかで――典型的には、史資料のたぐい――、存在するところへでかけていって略奪してくるだけでなく、その場の空気を感じたり、その場にいる人と会話したりすることが決定的に重要な経験になるように思います。外国であろうと国内であろうと、それはすくなくともオイラにとってはおなじことで、そうやって経験値を高めることが、うみだすものの重さにつながっていくのではないでしょうか。まだまだきわめて経験値が低いので、うみだすものは軽くなっちゃってるですけどね ヽ(´・`)ノ フッ…

今日は、「日系ブラジル人」の日系性とでもいうべきものが変化しつつある、という意外な話をうかがいました。簡単にいえば、血縁でなく、姻戚関係が「日系」の軸となってきているそうです。ひと昔前の「日系」とは、身体や言語や文化的な特徴もまるっきり異なるわけですよね。

これが何のネタになるかはぜんぜんわかりませんけれど、とにかく自分が豊かになったと実感できるのが重要です。いや、別にほかのだれかに蘊蓄をかたむけたいのではなく、物事の見方というか、知恵というか、事象へのアプローチの仕方というか、比喩的にいえば自分のなかの「ひきだし」というか、そういうものを豊かにしたいです。

授業がはじまってしまうと、とくに夏休みまでは日々のあれこれに精一杯になってしまうので、この3月中が重要な時期です。けっして年度のロスタイムではありませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただきもの(同僚)

資料調査や現地の研究者とのうちあわせなどのために、明日からフランスへいらっしゃる同僚の先生からいただきました。ありがとうございます。なかなか挑発的な帯がついていて、さすがは講談社、さすがは初版4,500部です。

20080310

↑ 縮小画像をいつもよりちょっと大きめにしています。売りあげに貢献できるといいですが 3(-_^) エッ?

さて、オイラも明日から、おでかけです。また出張ですよ、週末まで。先月に秤にかけると人情よりも重いものをいただいた方々、お礼のほうは週明けになりそうですので、お許しあれ。


【書類】先週の出張の復命書を作成 → 総務室の方へ提出。
【書類】麻疹の抗体検査の実施についての書類を確認 → 押印。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

希少種ゲイシャ

十二指腸潰瘍が瘢痕化し、慢性胃炎のままではあるものの、痛みは去った今日このごろ、先月くらいからふたたびコーヒーを味わっています。そのペースは2~3日に一度という用心深さ――というよりも腰がひけている状態――ですけど、逃亡中は1日2杯などという冒険もできました。コーヒーがオイラの胃炎や潰瘍の原因ではないと思いますが、さすがに1日に5杯も10杯も飲んでいたころには、睡眠不足もあいまって、消化器系が不調になりがちでした。タバコも吸ってたしねぇ。

何回も紹介した「珈琲問屋」にもまたおとずれています。出張のおみやげを買うついでに、今日もいってきました。そこではじめて見つけたのが ↓ です。

20080309

ご存知ですか、マラウィ・ゲイシャミスク豆。ゲイシャ種はエチオピア原産らしく、「パーッと広がる香りにおどろかされます」というキャッチがついていました。別の解説によると、

第一印象は、芳ばしいナッツやチョコレートのような甘みが口の中を駆け回り、すぐさま摘みたてのオレンジのようなシトラス系のフレッシュな透明感ある味わいに変化します! 非常に柔らかい口当たりにもかかわらず、しっかりとしたコクがあるため、全体のバランスも良く心地よい余韻が楽しめます。冷めていくにしたがって、完熟したマンゴーのような濃密な味わいも感じられます。名前も味わいも艶やかです。

たぶん、酸味系よりも苦味とコクの勝った味ではないかと想像します。

ところで、産地であるマラウィの位置を地図帳で確認したところ、アフリカの南東部で、タンザニア、ザンビア、モザンビークによって囲まれた内陸国でした。大きな湖マラウィがあり、世界遺産に登録されているので、のどかな場所のように想像しました。でも、ゼロ歳児の平均余命が40歳以下、世界最貧国の一つとわかると、はたして購入したのは公正/フェアであったのかどうか、自信がなくなってきます。いろいろなことを思いながら、味あわせていただきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボケボケ

ボケボケ

夕暮れせまる時刻に、逃亡先から帰途につきました。ピンボケなのは、シャッタがおそいのと移動速度がはやいからです。それにしても、日がのびましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あと半日

昨日の「北斎展」では、影まで描くリアルな色気とか、洋画風のひらがな落款、枠取り模様などにあてられて、終始、顔がほころんでいたようです。めずらしく図録まで買ってしまいました。ずっーと前後におられた老夫妻は、しきりに本物の風景かどうかを議論して楽しんでいらっしゃいましたが、まぁ、想像で描いてもいいじゃん、といったところでしょうか。

今日は13時から研究会です。この2日間は知りあいと連絡をとらず、軽やかに暮らせました。訳稿はすすみませんけど、翻訳とはいえ、何ヶ月も前に自分が書いたものを読みかえしていると、そのころの自分のドタバタぶり――いつもそうですけど。たまに「あたふたぶり」になったりして――がうかんできます。そう、結局のところ、自分にたいする笑みをとりもどす逃亡生活だったのかもしれません。

さて、一昨日から悩んでいたのは、つぎのような文です。

Laslett was reminding us of a relevant aspect of small-scale economic relations, even if the warmth could be of impotent revolt against abject dependency as often as it could be a warmth of mutual respect.


譲歩の従属節をふつうに「けれど」で訳すか、それとも、

ラスレットから想起されるのは、小さくまとまった経済関係がもっている当面の問題に関連した側面である。ぬくもりなるものが、惨めな従属状態への反抗を無力化しようと、たがいを尊敬しあうぬくもりになろうとも、どちらでもよい。

という感じで訳すか、です。

先は長いですねぇ。でも、先のあることじたいが、今はしあわせに感じられます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の晩ご飯

今日の晩ご飯

昨夕はマーボー飯と餃子で、満腹になってしまいました。美味しかったけど、苦しくもあり、です。散歩しても効果なしでした。今夕は味噌煮込みうどんを食して、あたたまります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋市美術館

名古屋市美術館

やや逆光気味ですが、黒川紀章デザインの建築物です。これから「北斎展」へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ただいま逃亡(?)中

逃亡先の図書館で獲物をあさり、コピーをとっていましたところ、知りあいの方とばったり。一昨年の日本西洋史学会の部会報告を聞いていらいですから、約2年ぶりですね。図書館の地下という辺鄙な場所で、ならんで2台のコピー機に向かっているというのも、妙な状況でありました。隠微な感じ (/--)/

しばし近況報告をかわしたあと、館内に席をとって訳稿をひねりまわしました。段落ごとに文意がつうじるようになおしているつもり……とはいえ、なかなか思うようになりません。うひー。

逃亡生活からさらに逃避してどうする (-_-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不在通知

今日から3日間、職場を不在にします。来週は火曜日から金曜日まで、これまた不在です。なーにやってんだか \(^^:;)...

先日、Tim Hitchcock, Begging on the streets of eighteenth‐century London, Journal of British Studies, lxiv, 3 (2005), pp. 478-498 を読んでいたところ――この論文じたいは、近藤和彦・伊藤毅(編)『江戸とロンドン』(山川出版社、2007年)に所収の、ティム・ヒチコック「雑役人と小間づかい」と不可分です――、物乞いの世界もまたモラル・エコノミを構成する要素であり、それが物乞いを禁ずる社会政策立法や治安維持策をくぐりぬけ、またそれらと対抗しつつ存在していたことが述べられていました。かつかつの状態に近いのですけれど、それでいてしたたかな民衆の姿であり、チャリティをめぐる世界観の相克であり、18世紀的なポリスのあり方を考えるヒントをつかめそうな気がします。

でも、この論文を読んでもっとも得るところが大であったのは、『モラル・エコノミ』の訳稿がすすんでいないことを自覚化させられたことです。やばい (^o^;
というわけで、車内で、ホテルの室内で、館内で、どこでも書類をひろげてやるですよー (^_^)b

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャンクというべきでしょうか

中学2年の息子が「なんかきてるよー」と携帯電話をもってきました。夜、塾へかようときにもたせている、ボーダフォン時代に購入した Nokia 702NK です。受信してみると、おおよそ以下のような文面がありました。

(株)三井総合リサーチ
担当の○○です。
直通電話 ***
担当携帯 ***

※至急退会処理をして下さい!このまま放置されますと有料利用者とみなされ、強制執行対象者になります。
現在お客様がご利用の携帯端末よりネットワーク認証事業者センターを介入し、以前ご登録頂いた「総合情報サイト」から無料期間中に退会処理、又は退会手続きが行われていない為、長期放置状態が続いてます。
この状態で更に放置をされますと、お客様の携帯端末でサイトのご利用ができなくなります。
尚、翌日までにご連絡頂けない場合は、有料者とみなしサイト利用規約に基づき、法的手続きに着手し、強制執行させて頂きます。本通知は、ネットワーク通信履歴又は立証データを基に利用された事実が明白なお客様にご通達させていただいております。退会処理、詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

(株)三井総合リサーチ
TEL: ***
担当携帯: ***
担当:○○
営業時間:********


架空請求であることはバレバレですよね。「利用ができなくなります」と脅しておきながら、「有料者とみな」すなんてきわめて非論理的ですし、この「翌日」っていつなんだい?とつっこみをいれたくもなります。正式な文書に感嘆符「!」をつかうなどとは(疑問符「?」もそうですけど)、笑止千万、幼稚です。そもそも、このメールにはあて名がありません。筆名や通称やハンドルネームであっても、サイトの登録時に名前の記入は必須でしょう。無記名登録のサイトがいまどきあるでしょうか (--メ)

それでも息子が心配そうにしていましたので、ネットで検索したところ、いくつかのサイトで同様の報告があがっていました。それを見せるとすこし安心してくれたようです。

ソフトバンク携帯ねらいのようなので、おもちの方はご用心ください。すでに削除してしまったですが、無視していないで、近所の交番に届け出たほうがよかったでしょうかね。

【書類】来週の出張手続き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

在庫切れ

ふと思いついて、amazon.jp で『江戸とロンドン』を検索してみました。すると、「現在在庫切れ」という表示。以前にも、図書館に入れてもらう図書に要望したところ、紀伊國屋さんでは「品切れ」で不可能とのこと。

そうか、もう売り切れちゃったんだ、と笑顔になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陽だまり

光の2月が逃げていって、風の3月がやってきました。去る前にしっかりとすごしたいものです。職場のブラインドをあげてみたところ、すっかり陽差しは春らしくなっています。

20080301d 20080301e

入試も卒業判定もおわり、月もあらたまったので、何か目新しいものがほしくなりました。
物欲が キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! という感じ。
ちらちらと見ていた新聞のチラシで知ったことですけど、自転車で10分ほどのところに「OAナガシマ」のあたらしい店舗がオープンしました。場所は交通量が多く、両側に郊外型の店舗がずらっと並んでいる道路(通称は「流通センター通り」、たしか県道山脇大谷線というはず)沿いです。もとは携帯電話の販売店があったのを改装したようで、職場の近所にある店舗ももとはパソコンショップでした。昨日とはちがって典型的な冬型になった今朝の強烈な季節風=西風の追い風をうけて調子よく走り、あっというまに到着、さっそくお店をぐるりとまわってみました。そこでみつけたのが、工人舎の小型パソコン SH8KP12A です。価格.com によれば最安価格が99,800円になっていますが、なんと79,800円で売られています。ちなみに、工人舎のサイトでは119,800円、ということは4万円の値引きです。うひー。

物欲がわいちゃいましたけどねぇ……、でも、しばらくいじってみて、よくいわれる Windows Vista のもっさり感よりも、句読点を打つキーがかなり小さく、タイプミスしやすいのが気になりました。思いっきりうしろ髪をひかれつつ、でもお店を出たのでした。2GBで1,000円というUSBメモリも強力な引力でしたよ。

欲望に右往左往することなく、泰然として季節を楽しむような生活をしたいです。人間ごときに邪魔されることなく、陽だまりをおたのしみの陛下のように。

20080301b 20080301a 20080301c

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »