« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

それでも、いっちゃえ

昨年はイギリスを訪れることができませんでした。資金が足りなかったわけではないですけれども、外遊など、とてもできそうにない日程でしたのであきらめました。今年もおなじような状況であるのにくわえ、しかも、年度当初に予定が微妙にかえられてしまい――いったモン勝ちなんだなぁ――、昨年の初冬から考えていた日程が不可能になってしまったのも痛いです。ただし、それでもいろいろな障害をすりぬけて、唯一可能な、そして貴重な10日間を確保しました。宿もとれたし、うひうひ、めでたしめでたしと思っていたです。

ところが、その週は……

夏の Bank Holiday なのだ (>_<)ヽ

BL も TNA も LMA も、しっかり8月25日(月)がお休みなはずです orz

なかなか思いどおりにはいきません。貴重な10分の1の日程が、とネガ思考にいくと、くじけそう。

ここはもう、それでも、いっちゃえ、いっちゃえ、のノリしかないでしょう。この1年以上のあいだに積もってきたものから、なぜかとっても理不尽に自由が妨げられているような気がしてきました。Bank Holiday, おーおー、楽しみじゃないですか。ノティングヒル・カーニヴァルにもでかけちゃって、雑踏に身をまかせて、大声でもあげてきましょう。マサーラにいって、死ぬほど辛いカレーをオヤジさんにつめてもらいましょう。ピータとトーニにカウンタで相手をしてもらいながら、黒ビールも飲んでやるっ! ヒーちゃんには、また納豆でご飯を食べてもらおう。

自分へのご褒美だと思っていけば、それはそれでいいかも。

【授業】「英語で読む英米文化入門」の学期末テストを採点 → 成績づけ(完了)。
【国際交流】ニューカースル大学夏期語学研修に行けなくなった学生さんに対応。
【PC実習室運用】端末ロックの件で呼び出した学生さんに説諭。
【PC実習室運用】予算の件で、学生室の方からの問いあわせに対応。
【認証評価】教員業務実態調査書に記入 → 担当の副参事に添付ファイルで送付。
 ※ファイル名に丸数字のような機種依存文字をつかうのはやめてほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頭痛・肩こり・倦怠感

今朝、目がさめた瞬間に、後頭部から首筋にかけてが鈍い重みをもっていました。右前頭にかけても、おなじような鈍さをおぼえます。完全に頭痛の日です。何もする気になりません (/--)/

T(;_;)T ← こういうお手上げ状態のままでもよかったですけど、試験もありますし、連絡をとる必要もありまして、職場へでかけました。その結果、一日じゅう、ほぼ不活性状態におちいり、ふだんの10分の1くらいの能率だったようです。まぁ、ふだんがふだんですから、多くの方々の日常とくらべれば、10の二乗とか三乗分の1くらいであったかもしれません。ぐーたら野郎、もしくはほとんど死に体といえるかも ヽ(。_゜)ノヘッ?

愚図は愚図なりにがんばれ、ということばに、どこまでも背をむけたくなる怪獣“愚図ラ”になってしまいました。倦怠感がズブズブです。

とりあえず、この肩こりだけでも何とかなりませんかね orz

【授業】「英語で読む英米文化入門A」前期末テスト 10:40~12:10
【授業】同上。採点(未完了)。
【?その1】交渉成立 → 委員のおかしらへご連絡。
【?その2】交渉不成立 → つぎなる犠牲者を悪魔のささやきでさがす予定。
【院教務】大学院生主催の「研究経過発表会」に参加。13:00~16:20に断続的。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ど真ん中

昨夜の23時50分ころに帰宅しました。5時間30分の列車の旅はさすがに、バリバリにはってしまっていた両肩や首筋にこたえましたが、それでも元気にガラガラ(キャリーケースのこと)をひっぱって帰宅できたのは、大学院生さんたちの報告を聞けて気分が高揚していたのでしょう。春秋に富む方々との知的な&腹蔵のない交際は、ほんとうに心地のよいものでした。福岡大学の大学院の方々、ありがとうございました。

そして今日、福岡みやげをもってひさびさに職場にまいりますと、臨時の会議です。先週の金曜日にお知らせがはいり、招集されたものですが、1営業日のインタヴァルとはいかがなものでしょう。欠席者も、やや多めでした。会議の議題はずいぶんと前から側聞していた課題であり、すこしだけ手間を惜しまなければ、このような急ごしらえのあつまりを開く必要もなかったのではないかと思えてなりませんでした。ようは、ヴァイスをきめるだけの会合なんです。

短時間で片がつくと予想したですけれど、所要時間はか~るく1時間半です。おとなりにすわっていらした方からは、「こりゃ、学級会かぁ」との評も \(^^:;)...
オイラも負けずに(?)、「えっ、そっからきめるの」とか、「丸投げかよ」とのつぶやきがもれてしまいました \(^^:;)...σ(--#)
(野次にはならないつぶやきですから、どうぞご容赦ください <(_ _)> そのあいだに、まじめに委員の仕事もしておりましたし……。)

このあつまりは、精神的にも肉体的にもかなりきつかったみたいです。それが証拠に、部屋にもどると、視界のど真ん中が欠けはじめていました。まん中が見えない状態を想像できるでしょうか。文字があるのはわかっても、何て書いてあるのかがわからない状態です。やばい!と思いましたので、すぐさま常時携行しているノーシンホワイトを服用し、つぎの会議では待機中、ほとんど目を閉じてソファーに頭をあずける「うがー」体勢をたもち、その会議が解散になってからは、すぐに部屋で眠りました。こうして、激・偏頭痛の襲来には至らなかったものの、ど真ん中は初体験だけに不安は大きいです。

すこし古いけど、右からきたものを左へ受けながす歌、でも口ずさんでいようかな。♪♪ちゃら ちゃちゃ ちゃらっちゃー♪♪

【授業】「英語で読む英米文化入門」の期末試験を作成 → 印刷 → ステイプラどめ。
【会議】「臨時教授会」13:30~15:00
【会議】「カリキュラム・入試改革委員会」15:30~16:10
 ※ほとんどが待機時間。実質的な討論はなし。
【?】委員のおかしらとうちあわせ → 電話作戦(未完了)。
【科研費】8月末のロンドン資料調査の宿を確保。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またお会いしましょう

またお会いしましょう

静岡へ今日じゅうにたどりつける、最終の「のぞみ54号」です。間に合った (^O^)v

集中講義でお世話になったみなさん、楽しかったです。また、お会いしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おぉっ

おぉっ

地下鉄のエスカレータの製作所を認識しました。エレヴェータじゃあないので……(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタバの前は

スタバの前は

○○マルク カフェでした。よくあるパターンとはいえ、冷やかしたくなります (-。-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なかなかやるよ

今回の集中講義のおともにつれてきているのは、すでに記したとおり、工人舎のマシンです。特別にあたらしもの好きではないですけれど、なにせ小さく軽いので、泊まりででかけるときには重宝します。こうやってウェブログを更新しようと思うと、その小さな文字/フォントに苦笑いしていまいますが、何時間もその画面も凝視つづけるのではありませんし、プロジェクタに投影してしまえば、本体が大きな画面であろうとなかろうと関係はありません。

1日ぶっとおしの集中講義をしながら感じたのは、大容量バッテリのもちのよさです。朝、100パーセントの充電状態にしてゆきますと、10時30分ころからはじめて、17時30分くらいに終了するまで、6,7時間は充分につかえます。本体の重さは1.2キログラムていどに増加してしまうようで、若干の重さを感じ、またとりつけられた手提げハンドルのとりまわしに考慮がないのも気にかかりはするものの、充電時間も比較的みじかく、なかなかに便利につかえるといえましょう。新幹線のなかでもつかっていましたけれど、そもそも先々週の会議のメモ機につかったのを忘れていて、20パーセントほどの充電量で静岡を出発し、新神戸あたりでいきなり残量の警告が表示されてきて、かなり動揺しました。あわててビジネス向けの新幹線の電源をつかわせてもらい、充電をはじめたところ、小倉をすぎるころまでには、はやくも終了したです。大容量といっても、A4やB5ノートにくらべれば、バッテリサイズそのものが小さいからでしょうか。悪くないですよね。

夏の集中講義の暑さにめげず、落ちることもなく、淡々とはたらくコウジーンをねぎらってやりたいです (^_^)ノ""""よしよし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡の兄

一昨晩は、集中講義の声をかけてくださった方がご自宅に招いてくださいました。いわゆるお呼ばれですね。オイラがまだ教養部の2年生であったころ、西洋史学研究室の助手をつとめていらして、いらい、イギリス近代史のきわめて優秀な先輩として、また人生の相談相手として、ながーくおつきあいしてもらっています。もうすぐ四半世紀にもなろうかと……。じつは、妻さんともそのときにはじめて会っていたのでした。なつかしいというか、あのころも暑かったというか。なにせ、9月のはじめのことでしたから。

見てください、と送った原稿にきびしいコメントをいただいたことがありました。はじめての学会発表で、おもしろかったぞ、と言っていただいたことがありました。これ以上は世の評価を問え、とはげましていただいたことがありました。マイナス思考のオーラを発するときの多いオイラが、何度もくじけそうになりつつも――現在もそうかな――、どうにかこうにかこの商売をつづけていられるのも、“福岡の兄”と慕うこの方や、ほかの多くの方々のおかげです。みょうに殊勝になっちまいますが、できれば、教師として、友人として、オイラもそうありたいなと思ってます。

天神南駅のスタバからお送りいたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

待機中

待機中

天神南駅のスタバで、コウジーンの起動を待っているところです。授業のファイルを確認して、カフェ・ラテをタンブラに入れてもらって、でかけます。今日はアイスにしておきましょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初物

初物

はじめて乗りました。七隈線です(^O^)v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

投宿しました

岡山駅の手前で、乗務員さん全員に車掌長から連絡があり、駅の到着後に30分以上の点検がおこなわれました。理由が何であったのかは最後まで知らされず、博多駅への到着は1時間30分ほどの遅れでした。あまり納得できないなぁ。

いつうごきだすのかわからず、パワポのファイルをいじりだしたら、そちらに没頭してしまい、経路の写真はなくなってしまいました (^_^;)

明日からちゃんとがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乗り換え

乗り換え

名古屋はめちゃくちゃあちー(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青空

青空

ほんとうによい天気です。昼寝日和ともうしましようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつものように

いつものように

カフェ・ラテをホットでいただく。アイスコーヒーなんて邪道だ!といっていた友人は、昨年末にニュージーランドへ移住してしまいました。とりとめもない連想と戯れる夏の昼下がりです。

おみやげも買ったし(静岡のおみやげ文化はゆたかとはいえませんが)、あとはゆるりとまいりませう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いってきます

うー、いきなり傘と替えのハンカチを忘れたことに気がつきました。この時期にはたしてだいじょうぶかぁ(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡遠征

明日より28日まで、福岡に遠征してまいります。前回に福岡方面へでかけたのは、たしか、2001年の早春のことでしたから、じつに7年ぶりです。七隈線という地下鉄の存在を知らないのは、無理もありません。いろいろなところが変化してきているでしょうが、オイラの高所恐怖症は不変です。今回も、こだま+のぞみで (^_^;)

旅先から画像主体で更新する予定です。(← いったい誰に向けて書いているのか \(^^:;)...)

【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~18:30
【授業】「英米言語文化入門A」のレポート採点。
 ひとつだけB評価がありましたので、精神的にすくわれました。のこりは全滅にちかいので (/--)/
 締切をすぎているにもかかわらず、「忘れてました」という弁明(?)だけで提出をみとめさせようとする学生がまだいるですが、そういうおめーは地獄さ、堕ちろ!(ひさびさに、『未来講師めぐる』の木村みちるです。)
【ゼミ】昨日のゼミでわたすの忘れていた学位記の記載事項の確認書類を、ファクスで送信 → 修正のないことを確認して学生室へ代理提出。
【教務のお局】海外研修の単位認定について過去の例を調査 → 学生室の方とご相談。
【PC実習室運用】廃棄プリンタのトナーを先着順で処分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただき物(留守中)

3日間の出張のあとが3連休でしたので、職場あてに届けられた郵便物や事務通知を確認するのは、今日がほぼ1週間ぶりです。お二人の方から、ありがたいいただき物をしました。

↓ 大学院時代からの友人で、じつは職場がけっこうちかい(とはいえ、おなじ県内のおなじ地方、というていどです)方からのいただき物です。漢文ですから、白文はオイラにはチンプンカンプンですけど、ぱらぱらとめくっていると、なんとなくおもしろい翻訳つき資料集です。ずっといただいていますけど、20年間も継続している研究会の成果ですから、重みがちがいますよ。

20080722a

↓ 職場の同僚の方からいただきました。というか、著者名がでているじゃないですか \(^^:;)...
ローカルなこと、「虫瞰図」的な見方の好きなオイラには遠い世界の気がしますけど、せっかくのいただき物ですから、福岡往復の間に読ませていただくことにしましょう。ちなみに、年下の方ですが、2冊目のご著書とのこと。後生畏るるべし、です。

20080722b

【授業】「演習」13:00~16:40
【ゼミ】「卒業研究題目届」に押印。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何が何だか

やはり梅雨はあけたそうです。梅雨明け七日は1年でもっとも暑い時節といいますけれど、この3連休の静岡は曇天が基本、やり場のない暑さに身もだえするような感覚はさいわいにしてありません。

妙に予定のつまった7月後半をむかえています。

●明日(22日)は前期のゼミの最終日にして、うちあげの宴の日にあたり、本日に職場へいかない場合は、PCウィルス対策ソフトの全ファイルスキャンが起動と同時にかかります。サーヴァのほうで設定されてしまうから外しようがないですけど、4台のうち、コウジーンなどはスキャンするだけでも青息吐息みたいで、処理速度がいちじるしく低下するです。

●明後日(23日)は、おたふく風邪もどきで休講にした大学院の講義を5限目に入れており、その間にその25日からの集中講義の資料を最終的にチェックする必要があります。また、22日を締切にしておいたレポートの採点はどれくらい必要になりましょうか。大学生にもとめられるレポートの質を、「根拠」ということばで強調したつもりですが、これまでに提出されたレポートは惨憺たるものでした。オムニバス講義を4月のはじめに担当した方が「レポートの書き方」と称して何を語ったのか、はっきりと疑問です。

ちゃんとやってくれよー

いわゆる研究方法論、基礎ゼミのたぐいをやるにしても、下準備や授業ノートが必要であると思います。また、いった以上、それがどのくらい身についているのかを確認するのも義務にちかいはずです。ただの時間つぶしなら、やめといてください、とオイラはいいたい。

3連休で下準備をしておいた9月までの宿題も、23日のうちに、さながら卵から幼虫くらいには育てておかねばなりません。8月末には10日間のロンドン遠征を予定していますから、宿題にかんする記憶が初期化されてしまう可能性が高く、早め、早めのうごきだしがもとめられます。フットボールの第三のうごきみたいです。ちなみに、ロンドン遠征のための宿所の確保、旅行保険の申しこみはいつやりましょうか。成田でとまる場所の確保を忘れそう (^_^;)

●高所恐怖症のオイラは、当然のことながら福岡へも“地べた”をゆきますから、24日午後には出発です。新幹線のなかで読書はしますけど、レポートを読むとかいう羽目におちいっていないといいなぁ。ホテルでレポートを読むのもイヤですね。

●25日~28日の集中講義がおわってもどると、もう月末の火曜日=29日です。また1日遅れの、全ファイルスキャンです。翌日(30日)は「英語で読む英米文化入門」の期末試験ですから、試験問題と答案を印刷し、ホチキスどめでセットにしておく必要があります。問題は作成してありますが、人海戦術のつかえない作業です。

●コンピュータ実習室の不正利用の件で呼び出した学生は、素直にやってくるでしょうか。警告を出しても、出しても、不埒な行為の横行をくり返しきかされていると、キレそうですね。そういえば、健康診断が8月4日にはいっていました。メンタル面の診断はしてくれないですけど、5月くらいからしつこくおとずれている左上腕部の痛み(=腕があがらない)は相談しなくっちゃ、です。

一生に一度きりの○○歳の春夏秋冬をしっかりとすごす、というのが信条だったのに orz
ぐれてやる σ(--#)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かんだりー

出張からもどると、そこは3連休でした。すっかり忘れていたですよ \(^^:;)...

帰りの新幹線がやけにこんでいると思ったら――指定席は満席ですし、自由席もながーい列――、夏休みの入り口の3連休でしたね。緑の窓口の列も、駅のホームも、列車内も、不快指数が急上昇していて蒸し暑かったですが、ガマンガマンと念じていたら、ほんとにクラクラしました。

今日は土曜日。空調のはいらないことは覚悟しつつも、職場にでかけてまいりました。荷物の片づけやら、あらたに背負った宿題やら、不在中のやりとりの確認やら、1日がかりでも片づけておかないと、火曜日まで職場にいきそうもなかったからです。さすがに轟天号にまたがる余裕はなく、Rくんにバックパックとユニセフのトートバッグ、それに紙袋、レジ袋、ビニール袋を四つほどかかえて乗りこみ、駐車場からそれをかかえて棟内に入りますと、案の定、部屋は無風状態で、あっという間にだらだらだらーとえり首のあたりに汗のしたたりを感じてしまいました。

図書館にでも逃げこもうかとも思いましたが、やっていることがことだけに、ちょっとためらいます。扇風機と窓全開で風をとおすべく努力したですが、土日の警備員さんは、それが警備の規則ならしかたがないですけど、春夏秋冬を問わず、かならず廊下の窓を閉めてまわられるので、開けたがるオイラとはいたちごっことなり、やがて、暑さのきわまる午後3時すぎには、いちいちうごくのも「かんだりー」状態になってしまい(「かんだるい」とは、静岡弁で、「疲れがたまってかなりだるい状態をさし、「めんどくさい。やる気がしない。」の意味です。「だるい」を強調し、ゆるゆるにします。)、結局のところ、室温は上昇の一途をたどったようです。黒デルやコウジーンはファンがまわりっぱなしで、電源をおとすときにもかなりの時間を要していました。ファンの音がPCの悲鳴に聞こえたのは、幻聴でしょうか。今日の静岡の最高気温は32℃くらい、太陽のさす室内は35℃くらいだったでしょう。

棟のちがうK先生のお部屋は、なんと今日もエアコンがはいっていたそうな 3(-_^;) エッ?

【?】いろいろと片づけもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

修行

諸国を漫遊して、キーボードを打ちまくる修行も、7月分は今日で終了です。あいかわらず、肩こりがひどくなりますし、光刺激のために眠りが浅くなります。ようするに、疲れるってこと (/--)/

おまけに今回は……、いや、いうまい。


梅雨明けはまだでしょうか。ひょっとして、オイラが知らないうちに、東海地方も明けたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれれー

ご存じのように、BlogPet の Lorrian を飼っています。アクセス数やリモートホストや検索語+検索エンジンがチェックでき、また設定すれば自分で記事を投稿してくれたりして、ネタがないときなどは便利です。ただし、意味のある文章にはなりませんけど。
 ※まぁ、オイラもたいしたことは書いていないので (^_^;)

ふだんはあまり気にしないので、BlogPet のアクセス解析にある、リンク関係の統計は見ないですが、たまたま昨夜はチェックしてみたところ、“あれれー”でびっくり。なんと、ウィキペディアからとんできています。“なんじゃこれ”とリンク元にとんでみたところ、はずかしながらオイラ、項目になってました。とあるウェブログで、ソーシャルメディアに批判的な、山本まさき・古田雄介『ウィキペディアで何が起こっているのか』(九天社)が紹介されており、何でこのタイミングでぶつかるかなぁ、と苦笑しつつ、内容にきわどいものとか、プライヴァシーの侵害と感じるものなどはおよそなかったので、ひと安心です。小心者なので (^_^;)

誰が書いたのかは知らないけれど、すくなくとも本人でないことはたしかです。というか、あの項目を自分で書いている人はいるのでしょうか。以前に、同僚のK先生から「本人が書いているとしか思えない」項目(その人物についてのもの)を聞いたことがありますけど、ご本人にたずねてみるわけにもいきませんしね。やっぱり、執筆責任者があいまいなのは無責任につうじてしまうのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読書中

読書中

今日のお仕事から解放され、夕ご飯も食べたので、ようやく読書を再開しています。カプチーノが美味しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今回は

今回は

ショートで出発です。おともはコウジーンとこれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

前期講義の終了

そろそろ前期の講義が終了する時節になってきました。「みなし○曜日」が集中する旬間でもあります。今年度はめずらしく火曜日も少ないらしく――月曜日はあたりまえなので――、今度の木曜日が学年暦の上では「火曜日」ということに設定されているです。

火曜日はゼミの日であり、また会議日でもあり、それらは午後に設定されていますから、午前中は専任の方々の講義が集中する時間割上の目抜きであり、午後は午後で、ゼミと1・2年生にとっては必修の英語関連の授業のあるサボれない日になっています。毎日、大学へいっているようなオイラは、この日に授業をおいてませんけど、一定の方々にとっては、月・火または火・水というのが時間割の王道なのでしょう。

そういう曜日が「みなし」になると、どういう現象がおこるのか。「教務のお局」としましては、参与観察してみたいですが、見ないほうがよかったということもあるでしょうから、やめておきます。もっとも、出張でいませんから、ハナから無理といえば無理なことでしたがね。

「みなし○曜日」をやるくらいなら、振替休日に授業をしよう!ってのは、だめかしらん。各方面から、石もて逐われそうです。

【会議】教授会 14:45~17:20
【会議】研究科委員会 17:40~18:30
 ※これまでに経験したことのないくらい長時間の報告をしてしまいました。
【?】たずねびとが多数。火曜日だからでしょうか。

何か、いろいろと忘却している気がして不安です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雷雨

やや雲度は高いものの、朝から梅雨明けを思わせるような太陽光と暑さでした。轟天号ビアンキは前回の出張時いらい、だれかにギアをいじられてしまったのか、変速機がやや不調になっており(後段の変速が空打ちするというか、空振りするというか)、おたふく風邪もどきあがりの身体でさ走るのは、ちょいとつらいものがありました。あまり無理をせず、のどが渇きそうになれば、自販機で“おーいお茶”でも買ってひと休みするのが、むしろ健康的でしょう。

とはいうものの、そもそも自転車で走ることじたいが、まわりの人がいうほど健康的ではありません。長い距離を走れば走るほど、自動車の排気ガスにさらされる時間は長く、オイラのように国道の横をぬけようものなら、人間排気ガスフィルタと化していることはまちがいないでしょう。じゃ、何で乗るの?とたずねられれば、そこに自転車があるからだ、ではなく、自転車が楽しいから、と答えておきましょうか。以前にも書いたとおり、自転車乗りはへこみそうなときにこそ、笑うです。

文字どおり滝のような汗をかきながら、途中のミニストップで1リットルの牛乳を買って職場につきました。なんだかんだと用事ができ、アヒアヒしながらその一つずつをつぶして、いつもよりおそい昼食を13時半すぎにとってコーヒーを飲んでいますと、なぜかあやしい雲ゆき。あっという間に小さな粒がシャワになり、そのあとにはバリバリの雷鳴とピッカピカの稲光がつづき、午前中の暑さのために開け放たれていた廊下の窓からは、大量の水滴がすべりをよくするべく一気に流れこんできました。おやおやとかぼやきながら、閉めてまわったのがオイラです。濡れた廊下ですべっちゃうのは、知ったことではないので、雑巾がけはしませんでしたけどね \(^^:;)...

雨は好きです。でも、雷さんは苦手な部類に属します。電気のかたまりですから、手に負えないという感じがしませんか(誰も同意してくれないでしょうが)。10歳のとき、ふとふれたコンセントでビリビリきた、あのイヤな感覚の何百、何千、何万倍かの電気なわけでして、どういう科学的な説明をしてもらってもメンタルは納得してくれないです。今日だって、濛雨とか煙雨とか小糠雨とかだったら、楽しく眺められたと思います。外が悪天候のときに、お茶しながらそれを眺めるのは、最高の贅沢です。

大学時代、生まれ育った静岡ではめったに見られない雪を、こたつにあたってお茶を飲みながらずーっと眺めていたため、岸田達也先生の「西洋史」の授業に出席し忘れたことを、ここに懺悔いたします。

【作業部会】問いあわせメールに返信 → 問いあわせ事項を特定していただく。
【作業部会】同上。問いあわせに関係する事項をよくご存知の先生に回答を依頼する。
 ※授業の終了を研究室の前で待っていたのですが、これは一種のストーキングかも。
【授業】「ゼミ」日誌を作成。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の期末テストを作成。
【書類】今週の出張書類を提出。
【?】面談&協議。
【?】書式あわせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予想外快適気温

とりあえず、↓ をご覧ください。

20080712

夏の15時すこし前に24℃です。予定より10℃ほども低い! うひょ、うひょ、うひょ

じつは言語学関係の学会が開催されており、オイラたちの部屋にも空調が入っていたのでした。猛暑日を覚悟していきましたが、ホントに幸運です。仕事は、いちばん熱くなりそうなコウジーンでしました。たしかにあっという間に熱をおびていましたけれど、暴走や頓死はなし。頭痛も発生しなかったみたい。

お手伝いもしませんで、おこぼれにあずかってしまいました。すみません。

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予想最高気温

今日の予想最高気温は、複数のネット情報から、32℃から34℃です。この季節ですから、当然の数字でしょうけど、エアコンのはいらない土曜日の職場にゆく、しかも病みあがりの身としては、つらいものがあります。どのPCをうごかすにしても、熱暴走をさけるための手立てが必要でしょう。

完全武装の必要な文書館の空調などはいりませんけど、せめて、風通しのよい職場であってほしいです。物理的にも、比喩的にも /<_o_>\

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いちおう快癒

矛盾に満ちたタイトルですけど、右頬をぷっくらふくらませてくれていた耳下腺炎は、とりあえずよくなったみたいです。すくなくとも、本人以外にはわからないくらいに腫れはひきました。やはり松成さんは名医です。

こうなると、逆に残念に思うのは、腫れがもっともひどかったときに、ちゃんと写真を撮っておかなかったことです。あくまで、ちゃんと、ですよ。ケータイの、しかもサブカメラ(30万画素くらいのやつ)で撮ったのはありますけど、それでは異様なふくらみがわからないです。異様さというか、異形さというか、不気味なところをちゃんとうつしておくのは、記録写真好きとして当然でしょう。別に、あえて公開はしませんけどね。じつのところ、写真を撮る余裕がないくらい、へたっていたみたいです。

明日は職場へいくぞ、ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

虚しい

やはり無駄でしたね、授業評価アンケート。同僚をうしろから撃つことだけはすまいと思ってやってみましたけれど、昨年度の「イギリスと日本」のとおなじ虚無感をおぼえただけでした。どこかで誰かがいっていた、“時間の無駄、労力の無駄、紙の無駄”に、ふかーくうなずかざるを得ません T(;_;)T

その最たるものが、「自由記述欄」の記述のなさ。

自分の評価にかかわる質問(「授業に出席しましたか」とか「予習しましたか」)など、授業評価だから書いても書かなくてもどちらでもよい。自由記述欄をちゃんと書いてください。

と念を押したのにもかかわらず、おまけに、余裕をもって時間をあたえられているにもかかわらず、4/5は記述ゼロ。余裕の時間の大半は雑談してすごし、1名(名前をオイラにおぼえられている)は大声をあげてイエローカード(「となりは授業中です!」)を示されるなさけなさ(→ キミはかぎりなく「不可」にちかいよ)。4年前には一度、自由な記述だけでアンケートをとったことがありますが、わずか4年でこんなになってしまうの、いまはどこ、ここは誰、と錯乱してしまうくらいにレヴェルが落ちたようです。あるいは、悪い意味で「授業評価アンケート慣れ」しているのかもしれませんが、いずれにしても、クレーマ以上にはけっしてなれそうもない人びとですね。

「よくわかりましたか」という質問の虚しさは前に書いたことがありますけど、今日のはそれ以上です。15年前の駆け出しのころのアンケートでは、それでも一人や二人、オイラを根底からゆらがせ、考えなおさせることを書いてきてくれた学生さんがいました。偏差値レヴェルはいまの職場よりも低かったかもしれないけれど、緊張感があったです(オイラもね \(^^:;)...)。

おまけに、そのときの3年間のアンケートは、じつは記名式だったのです。個人を特定されうることはわかっていても、それでも根性入れて書いてくるわけですよ。回答者の権利を保障しなければならないのは、これもよーく承知しているつもりですが、回答者をなまけさせないためには記名式もあっていいかなと思えます。ほら、コミックの時代劇のセリフにもあるじゃないですか。「ちょこざいなー、名を、名を名乗れい!」って。それでタイマン(← 死語)の真剣勝負をするわけでしょ。匿名のままでは、永遠にその他大勢のエクストラです。

といいつつ、「日々是精進」はかぎりなく実名にちかい匿名です (^_^;)

7月8日の業務
【会議】コース会議 12:25~13:00
【会議】広域ヨーロッパ研究センター 16:40~18:00ころ
【授業】「英米言語文化入門」9:00~10:30
【授業】「演習」13:00~16:20
【授業】3512教員室の前にレポート提出箱を設置。

7月9日は病気のためにお休み

7月10日の業務
【授業】「英米文化論」:授業評価アンケートとレポート提出要領のみ。
【授業】「英米文化研究方法論」は受講者と相談して、23日に順延。
【出張】休講通知を学生室の方に依頼。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

欠勤

リンパ腺というより、耳下腺の腫れでした。食物を噛んだりすると、たいへんな違和感があります。「おたふく風邪」はやったはず、と母に確認しましたけれど、医者と相談して本日は欠勤です。講義をはじめ、約束していたいろいろなことができず、こまってしまいます。でも、まぁ、なるようにしかならないですよね (/--)/

抗生物質などを飲んで、寝るだけ寝てます。よくもまぁ、こんなに眠れるものだ、というくらいに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれいらいの

先日、昨年度の「回顧と展望」のことを思いだしていましたが、どうやらあれいらいの風邪をひいたようです。咳がでて、鼻水がずるずるで、声がかれました。リンパ腺が腫れいている感じもします。あー、サイアクだ ヽ(´・`)ノ

仕事はしましたけど、今日は書けない。もう横になって休みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただきもの(政治学)

かなり畑違いなのですけれど、おなじ階の同僚の方からいただきました。残念ながら、オイラは『静岡新聞』の読者ではなく――というか、実家は『朝日新聞』でしたし、名古屋付近に住んでいた時期は、『中日新聞』と『朝日新聞』の講読期間が相半ばします。いまは、悪態をつきつつ、なぜか『朝日新聞』のまま――、連載をリアルタイムで存じあげてはおりません。複眼的にものごとをとらえられる方ですから、ありきたりの政治評論ではないでしょう。楽しみに読ませていただきます。

おまけに「静岡論」でもあるらしいので(著者のお話)、静岡生まれのオイラとしては、“自分がそう見られている”のかな、という写し鏡にもなりそう。

20080707

【PC実習室運用】「学生への注意喚起のお願い」文書を作成 → 印刷 → メールボックスにて配布。
【PC実習室運用】同上。原稿テキストを副参事の方へ送付し、メールで一斉送信をしていただく。
【PC実習室運用】実習室の整備作業:FTPアプリケーションのインストール。
【PC実習室運用】端末のロックを発見したので、IDを確認し、所属コースの委員の先生へメール。
【PC実習室運用】プリンタが故障 → 新規購入を協議。
【授業】授業評価アンケート用紙を受領。
【国際交流】INTO日本オフィスから割引について返信あり → 残念 (;_;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気がつけば

気がつけば、7月です。2008年の後半がはじまっていました。前半期には訳稿をあげることができましたので、後半期は3年間の個人科研の仕上げをしなければなりません。赤ペンで活字を追いかけてきた前半期から、一転してラインマーカで手書き文字をたどります。恩赦嘆願状と市裁判官の報告書と収監者刑事裁判の記録を読む予定です。

気がつけば、気温が30℃超です。いつの間に真夏がきていたでしょうか。そのわりには咳がでて、やや風邪気味。昨日に急に空調が入った部屋で授業をしたら、のどを痛めてしまいました。温度設定ができない=風量のみの調整のところでは、空調+自然風がオイラにとって絶好の状態といえますが、ドアや窓を開放/全開にすると無駄遣いを指摘されそうで……、以下、略。身体(冷房はイヤ!)とお金(冷気がもったいない!)と職場環境(暑くては仕事にならん!)の三すくみみたいです。

気がつけば、甲子園の地方大会が開幕です。上の息子のかよっている高校も出場するので、オイラの母校とあわせて応援します。じつはおなじブロックだったりして。

ようするに、気がつけば、夏です。

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

純粋に業務日誌

今日もまじめにはたらきました。

7月の下旬には九州・福岡へ集中講義のためにでかけますが、その準備がなかなかすすんでいません。そろそろ前期の授業も終盤なので、自転車操業から(精神的には)解放され、多少は時間の余裕もできそうです。きっちり史料と文献を読んで、組み立てを考えなくては……。あ、こっちは自転車操業の開始だ (/--)/

【授業】「原典講読」10:40~12:10
【授業】「英米文化論」のレポート提出要領を作成 → 登載。
【授業】「英米文化論」の講義レジュメ&資料を作成 → 登載。
【書類】科研費の海外出張書類を完成 → ほかの必要書類とともに産学連携室の方へ提出。
【国際交流】INTO日本オフィスの方へ、夏期語学研修の参加者数などを連絡。
【PC実習室運用】実習室内のPC端末でロックされたものを解除。
【PC実習室運用】上記の問題についてメーーリングリストで議論 → 各教員への通知? 利用資格の停止?
【PC実習室運用】同上。ゼミで学生に周知していただくための文書草案を作成 → 委員の先生方に送付。
 ※こうしたことで時間をとられるのは本当にくだらないと思うので、さっさと利用資格を剥奪すればよいですけど(6月12日に掲示した注意書きにも明記してある)、自律と管理とのかねあいが悩ましいところです。
【?】大学の授業と英米文化コースの内容について、質問にきた学生さん(1年生)に対応。
 ※こうしたことで時間をとられるのは楽しい。意欲のある、そして春秋に富む方々と話をすることは、はげみになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

苦笑

ようやく「回顧と展望」for 2007 を拾い読みしました。『江戸とロンドン』、いくつかの箇所でとりあげられていますね。昨年のことは救急搬送さわぎとともに記憶していますけど、この特集の積み重ねは一つの財産だろうと思います。

さて、今月末までに「教員業務実態調査」というのを返送しなければなりません。添付ファイルを受信していながら、まったく確認していませんでしたので、海外出張の書類をつくりながら、ついでにひらいてみました。(念のためになぜ「ついで」なのかを書いておきますと、MS-Office のファイルは最初に当該のアプリを起動させるときにかかる、あのもっさりした時間がとてもイヤなんです。どのようなアプリでもこの時間はありますけど、とくにMSのはいやですね。なので、何かの必須事項のついででないとファイルをひらく気にならないです。)自分のファイルは昨年(それとも一昨年?)のがありますから、適当にコピペでいいやと高をくくっていたところ、いきなり、「1 教育活動 (1)教育実践上の主な業績 教育実践上の主な業績」などという新項目があって、びっくりしてしまいました。認証評価にかかわって、あらたに必要になったそうです。「あら、そう……、でも、例にならって書けばいいか」で、いつものように球にさからわず流し打ちしようとして記入例を見たところ、へたりました。

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

平成19年4月9日
講義方法をプリントとOHPに加えて、液晶プロジェクターを用いて分りやすくした。

2 作成した教科書、教材、参考書
平成18年4月1日
▽▽に用いた○○の教材は独自に作成した。

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
平成19年10月15日
○○大学○○学部教員を対象とするFD講演会において、講演を行った。

4 その他教育活動上特記すべき事項
平成17年4月9日
授業の範囲内で、自分の興味を持った内容について、複数の文献をまとめてレポートを出すようにした。

「教育活動の評価ってむずかしいから、書くことがないんだよねぇ」と苦笑するしかありません。たとえば、あまりえらそうなことはいえませんが、3はオイラには無縁としても、1,2,4は特記すべき「工夫」とはいえないでしょうに。こういうたぐいは、むしろ、やってないことのほうを特記すべきじゃないでしょうか。一気に萎えてしまいましたので、書類は見るだけにとどめました。

締切まぎわが思いやられます ((>_<。)。。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【書類】科研費の出張関係書類を作成(9割方は完成)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヴァルヘルIPコンフィグ

うちの職場では建物(棟)ごとに端末の設定値でゲートウェイが異なります。DHCPサーヴァが導入されている(らしい)棟もあるですが、オイラはそこで授業をしませんので――単発でやったことはあるですけどね――、未確認です。そういう職場でなくても、ふだんは静態のIPアドレスをつかっていて、出先ではちがう設定が必要になる場合は意外と多いのではないでしょうか。学会出張やら、非常勤講師先やら、出張授業やら、ゴニョゴニョやら、全部DHCPなら楽ですけど、ふつうはそこでTCP/IPをひらいて数値を設定しなおさないといけません。

情報センタにて、いつぞやの会話。
オイラ(以下「」):ちがう棟で授業するときには、やはりTCP/IP設定をしなおさないといけないですか。
センタの方(以下「」:そうですね。
」:接続設定からプロパティを開いて……めんどうですね。
」:そういうやり方がふつうです。
」:連チャンでほかの場所の授業があったりすると、それだけで余裕をなくしますよ。
」:設定を変えてくれるソフトがあるみたいですよ。でも、あくまで自己責任でお願いしますね。

という会話のあと、Vector で探しだしたのが、「ヴァルヘルIPコンフィグ」でした。ずばり、重宝してます。かゆいところに手がとどく、という感じ。IPアドレスを二つもらっているX41に入れているだけでなく、出張のおともにしているダイナくんやコウジーンにもつかっています。理由はおわかりでしょう。ホテルなどでDHCPへの切り替えが簡単ですし、職場の設定へともどすにも、設定の数字をいちいちうちこまなくてすむからです。

こうしたフリーソフトの作者さんたちには、こころから感謝してます。ほかにも、Irfan View とか nPOPnPOPQ とかは、なしでいることができませんよね。

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】「英語で読む英米文化入門」の中間テストの採点と点数転記。
【国際交流】ニューカースル大学夏期語学研修について質問にきた学生さんに対応(2件)。
【?】15分間だけ、枯れ木も山の賑わい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝から夜まで

なぜかできごとが細切れでいっぱいの1日でした。PCの画面を見ながら気絶していたし (^_^;)
日曜日の深更(というか、月曜日の早朝)に、シラミはじめた東の空をながめながら帰宅した反動でしょうか。じっと活字をながめていると、睡魔に襲われます。集中力の欠如といわれれば、それまでですけどね。

1日をふりかえってみましょう。

朝6時30分に起床 → 身支度をととのえつつ、轟天号ビアンキのタイアに空気を補給。出張と雨降りで2週間くらい、乗車していなかったため、指でさわってかなりわかるくらいに空気が抜けていた。

朝7時50分に轟天号ビアンキの発進 → 通勤途中のサラリーマンさんや通学途上の高校生さんと競争しつつ、職場へ向かう → 朝8時20分、順調に到着 → 汗をかいたので着替えなど。

朝9時 → 10時30分は講義

10時40分ころに部屋にもどり、それからメールチェックなど、ふだんは自宅でやってくることをはじめる。

12時30分から13時10分まではコース会議。昼食直後の会議は睡魔に襲われやすい。

13時30分から16時ころまではゼミ。

16時すぎに助教の方のお部屋におじゃますると、以前に助手をつとめておられた方がいらっしゃって、しばらく談笑 → 17時に部屋にもどり、ゼミの途中のティタイムのあと片づけ。

17時30分ころから授業ファイルの準備 → 18時30分ころからようやく自分の読書。

とまあ、こんな感じでございました。先月はずっと夕食を職場でとっていましたが、今月は帰宅して、ときめています。20時30分ころに職場をでて、帰宅は21時すぎくらい。また睡魔に襲われました。明日は1限目がありませんから、すこし余裕のある時間のすごし方をしたいものです。あ、でも、やらねばならぬことがあるかぁ。

ほんと、ここ1年ほど、ますます時間の使い方が下手になってきた気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »