« こんなぐあい | Main | 『牧師の談』の特徴――消滅のしかた »

そのままではいられない

人は倒れたままではいられない。というセリフは、2005年の冬に放映されたドラマからのものです。

いまから9か月ほど前、昨冬のさかりのころ、正月があけたばかりのころ、いわゆる小正月のころ、オイラは遠方からねらいをさだめて発射された弾を、真正面でくらって轟沈しました。あるいは、地雷が爆発したと表現する方もいらっしゃいました。あぁ、痛恨の……とも。そのときにどこをどのようにとおって、どのような手段で家まで帰ったか、ふだんならあたりまえのようにしていることさえ、記憶にさだかではありません ヽ(。_゜)ノヘッ?

いまでもそのときの辛さを思いだします。時間はけっしてやさしくなんかないし、時間が解決してくれるものでもありません。辛さを乗りこえられたわけではありませんし(思いだしたくないだけ)、くやしさとか、申し訳なさとか、そしてなによりも自己嫌悪とか、けっして消えてはおりません。しかし、それでもなお、おなじでいることもできません。何もかもを手放すこともできないのですから、どれほど無価値に見えるものでも、どれほどいやなものでも、さいわいにしてとても大切なものでも、ありがたいものでも、手のなかにあるものを握りしめて立ちあがるです。数日、数週間、数ヶ月、数年のあいだ、倒れたままでもね。

というわけで、たからをさがしつづける、「さわやかな名刺」の君へ。

【書類】科研費の研究分担者承諾書を、産学連携室の方へ提出。所属長の押印をお願いする。
【書類】「警察」編集会議の日程調査の用紙に記入 → 投函。
【ゼミ】来週の予定をメール。

|

« こんなぐあい | Main | 『牧師の談』の特徴――消滅のしかた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/42855924

Listed below are links to weblogs that reference そのままではいられない:

« こんなぐあい | Main | 『牧師の談』の特徴――消滅のしかた »