« 美味しいよ | Main | ひかり待つ列(1号車前の一部) »

いかに → いかほど

過剰に支配の言説になってしまいがちなイメージ論は、楽しくないし、オイラにはイタすぎます。国書が日本にとどけられ、「おふぶりたんや國ふらんず國ゑらんだ國これ三ヶ国之帝王」と訳されていても、そのとおりに日本の幕府役人は理解してはいなかったっしょ。だって、当の「ゑらんだ國」の商館もありますものね。風説書はたしか1640年代からですけど。こういう支配の言説を相対化するヴェクトルがないと――それが、いわゆる民衆文化でなければならないという必要はまったくありません――、イメージが展開してゆくダイナミクスもでてこない気がします。

いろいろな意味で申し訳なく思いますけれど、器用なつくり、としかいえないです。ごめんなさい。

|

« 美味しいよ | Main | ひかり待つ列(1号車前の一部) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/42781326

Listed below are links to weblogs that reference いかに → いかほど:

« 美味しいよ | Main | ひかり待つ列(1号車前の一部) »