« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

机の上

いやぁ、片づかないです。机の上、とくにその中央にものがあるのはあまり好きではないので、できるだけ、隅に追いやって並べておくですけど、やがて徐々にものが侵攻してきます。これでもまだ少ない方ですが、帰りがけになると、何重にもおかれたファイルやら、本やら、コピーやら、複雑にからみあったUSB接続ケーブルやら、LANケーブルやら、電源コードやら――有線のほうが、とりまわしの面倒くささの高さに比例し、価格の安さとは逆に、信頼性が高いように感じるので、好きです――、コーヒー、紅茶、ココアの飲みかけが跳梁跋扈していますし、おまけにPCが何台も同時に起動されていたりして……。1日がすぎるうちに、どうしてこうなってしまうのかなぁ。ちなみに、複数台のPCはいったい何のためなんだろう……とも自問しますが、仕事がパラレル状態になっているのと、ライセンスと費用の関係から必要なソフトをすべてのPCにインストールしているわけではないのが大きな原因ですね。机上は土曜日の比較的よい状態のときで、↓ こんなかんじ。

20081129_2

ちょっと照度を落として、お仕事中な雰囲気をかもしだしてみました。だって、まじめに仕事してますもん ( ̄‥ ̄)=3
遠くに見えるのは脚立です。ここの上に腰かけて小一時間ほどすごしたこともありましたね。

とはいえ、しばらくは出張フリー状態なので、楽しく充実した生活といわれればそのとおりです。

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わかっちゃうなー、これこれこの感じ

タイトルのくだけた調子とはまったく正反対で、楽しい話題ではありません。ここ数日間、苦しんできた偏頭痛ですが、ようやく鈍い感覚もなくなりました。水曜日には、視界は切れるわ、文字は読めても意味がうかばないわ、頭皮がはがされるとはこのことであろうというほどの痛みに襲来されるわ(長っ!)、であえなく轟沈……。木曜日は視線をうごかすのがとにかくつらく、“さわらぬ神に祟りなし”のような生活をおくらざるをえませんでした。金曜日の午前中の講義をおえ、午後は充分に昼寝をして(いやなに、オイラは裁量労働制ですから)、ようやっと光を真正面から見られるようになり、PCに向かったしだいです。そしたら、つぎのようなニュースをひろっちゃいました。すばらしき偶然、というべきでしょうか。

 毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。結構なことのようだが、本当は危ない症状なのだ。「過緊張」といい、それが疲れの原因になっているというのだ。働き盛りに見られる不眠、肩こり、体のだるさ、ほてり、女性に多い冷え症もそうだ。病気とまではいえないが、ほっておくとよくない。

■几帳面、まじめ、頑張りすぎが「過緊張」を引き起こす

 「過緊張」とは、心や体の緊張が進んでしまい、ゆるめたくても自分ではゆるめられない状態をいう。病気というほどではないが健康でもない、いわゆる「未病」を引き起こす「元凶」ともいえる。

 たとえば、毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。体内時計が朝起きる時間を覚えているなどと自慢げに話す人がいるが、そんなことを言っている場合ではない。仕事へ出かけなければならないという緊張状態からくる一種の症状で、ストレスが溜まっていく前ぶれなのだ。

 眠りが浅く夜中に何度も目が覚める、トイレに起きる。暑くもないのに汗をかいたり、あまり気づかないが喉や胸につかえを感じて呼吸が浅くなったりする。寝起きなのに肩が凝り固まっている。こうした症状も、過緊張が原因とされる。

 何事にも一生懸命で几帳面、まじめ、頑張りすぎる人に多い。たとえば、緊張をほぐすために「運動をしなさい」というと、それがかえってプレッシャーになってしまう人は、自分の知らないうちに「未病」に陥るタイプだ。

■就寝前のお風呂、音楽を聞くこと、薬酒を飲むことでリラックス

 覚醒作用のある交感神経のリズムが夜になっても乱れたままで、リラックスするためのスイッチである副交感神経に切り替わらないことで起こる。結果として興奮状態が続いて、その日の疲れがとれないわけだ。そういう意味では「過緊張は万病のもと」なのだ。

 過緊張に詳しく、冷え症などの治療を専門とする目黒西口クリニックの南雲久美子院長は、「過緊張は、女性の場合は冷え症や肩こりに表れたりするが、男性は体が丈夫な分、なかなか症状に表れてこない。仕事、生活の悩みが影響して、男性も女性も知らず知らずのうちに過緊張に陥りやすくなっているので、就寝前になにかリラックスできることを取り入れたほうがいい」とアドバイスする。

 ゆっくりと風呂に入って体を温める、風呂あがりに軽い体操やヨガをする、ゴロ寝しながら好きな音楽を聴く、静かに読書を楽しむ、マッサージをする…。その日の疲れは、その日のうちにとることを院長は薦める。

 南雲院長は、「薬酒を飲むこともリラックス効果がある」という。血行をよくして体調を整える効果があるとされる生薬(漢方)は、「女性の冷え症に効くといわれるが、じつは男性にも効果がある」と話す。

 市販されている漢方薬では、イライラを解消するのに効く「柴胡加竜骨蠣蛎湯」(サイコカリュウコツボレイトウ)や、とくに男性には滋養強壮作用のある「八味地黄丸」(ハチミヂオウガン)、体に元気をつける「補中益気湯」(ホチュウエッキトウ)などが疲労回復に効く。

 生薬は一つひとつよりも、2つ以上を組み合わせて服用したほうが効果的だそうで、杜仲(トチュウ)、芍薬(シャクヤク)、人参(ニンジン)、丁子(チョウシ)、ウコン、桂皮(ケイヒ)などの生薬が配合されている養命酒も体を温めるなどの効能をもたらすそうだ。

 過緊張は、最近はパソコンに向かう機会が多い人にありがちなデジタル・ストレスの症状としても表れるという。30歳すぎの働き盛りは、その人にあった方法で体の緊張をゆるめる工夫が必要だ。

たしかに、目覚ましが鳴る前に起きています。尚さんが朝食とお弁当の支度をしてくれている音が、スッと耳に入ってくるからです。ときどき、グワラガッシャンコロコロみたいな音もしますが(苦笑)。音がするから起きるんだと信じていました。でも、ちがうですね。「過緊張」をふせぐため、しばらくのあいだ、ねむる前などにはできるかぎりデジタル画面を見ないようにしてみましょう。

ほとんどの業務の記憶がとんでしまいました。げにおそろしきは偏頭痛 アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!
11月26日の業務
【仕事】面接 11:00~12:00

11月27日の業務
【授業】「英米文化論」13:00~14:30

11月28日の業務
【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【書類】科研費の支払い関係書類を作成 → 提出。
午後は休講なので、Office Hours はなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな感じ

こんな感じ

↑夕刻から、右目の右半分の視界が切れました。そのあとはひさびさの、激・偏頭痛でふらふら。ノーシンホワイトも効き目なしでした。眠ろうとしても、頭痛がたまらなくて眠れず、起きていれば痛みはますばかり。

ようやくすこしおさまってきた真夜中です (>_<。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

殺人犯にして弁護人

1733年2月23日(金)に、ロンドンのオールド・ベイリで審理された殺人・強盗・家宅侵入罪の裁判の一部を訳出してみましょう。史料は、『オールド・ベイリ裁判録(OBSP)』です。

被告人 室内用の便器のなかに見つけたリンネル布は、血がついていましたか。
ケレル氏 血のついていたのがそれだったか、寝具の下で見つけたリンネル布だったか、わからない。なにしろ、とてもおどろいていたし、わたしが一つ、ゲヘイガン氏が一つ、包みをもって階下に降り、夜警詰所へもっていって放り投げたから、いっしょになってしまったのだ。
法廷 陪審に大ジョッキを示し、リンネル布の包みをひらいて、その他のものとともに呈示した。
ケレル氏 これが緑の絹製財布で、夜警詰所にいたとき、おまえから見つかった。道でひろったというが、汚れがついていないのに誰かが気づくと、洗ったといっていた。これがガウンで、リンネル布が包んであったもの。これが血のついたエプロンで、わたしの寝具の下から見つかったもの、おまえが血ではなく、けがをした痕跡と述べたものだ。
被告人 リンネル布は湿っていましたか、乾いていましたか。
ケレル氏 どちらとも言えないが、血がついていた。
被告人 手にとってみましたか。
ケレル氏 寝具の下にあったものと室内用便器のなかにあったものを手にとってみた。ひきだしにあった真っさらのリンネル布をおまえがとりだして、それをガウンでくるんだものは、あとで夜警がとりあげた。
被告人 ガウンは血がついていましたか。シュミーズは袖口、胸の部分、もっと下の部分のどこに血がついていましたか。
ケレル氏 わからない。
法廷 シュミーズ〔の現物〕はここにありますか。
ケレル氏 はい。
法廷 提出し、誰かに確認させるように。
アン・オリファント (それを確認し)この胸の部分の上のほうに少し血がついているように思えるわ。
被告人 誓って、血ですか。
アン・オリファント 自信はないわ。ほかのようにも見えるし。

これはかなり例外的に、被告人が裁判において演じるべき役割を明確に示している事例であると思います。おわかりになりますか。てゆーか、このエントリのタイトルですね (/--)/

しかも、この被告人は洗濯女であり、ティム・ヒチコクさんの研究などからわかるように、一部は物乞いの合法的な形態ともいえるほど、最下層の労働者にあたります。年齢は22歳、性別は女、出身はダラム州で育ったのはダブリン=地方出身者、司法の場オールド・ベイリにおいて不利な材料ばかりがそろっている人物ですが、臆せずに戦っているのがつたわるでしょう。ちなみに、法廷にいる判事と陪審はすべてが男です。

役割がはっきりわからない、あるいは、もっと知りたいという方は、本日の締切にギリギリ間にあった、オイラの書き物をお読みください <(_ _)>

【科研費】物品の検収手続き。
 MindManager Pro 7 というアプリケーションを購入しました。マインドマップを書くソフトは、無料もふくめていろいろとためしてみましたけれど、やっぱり最初につかってみたこれが、オイラにはいちばん勝手がよいようです。
【授業】「演習」13:00~16:30
【授業】合同ゼミの場所さがし。
 ゼミくらい教員室でやればよいのに、軒並み講義室・演習室が毎週の予約でうまってました。
【紀要編集】企画調整室の副参事と日程などを協議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3連休をいかがおすごしでしたか

11月おわりの3連休、おわっちゃいましたね。実質的にお休みのなかった人も、本当に3連チャンでお休みだった人も、中○日の人も、72時間をいかがおすごしでしたでしょうか。

オイラの場合……

3連チャンでRくんに乗りました。お休みのために、道路はまったくとどこおりなどなく、スイッと職場まで。ただし、季節柄、太陽高度がかなり下がってきていますから、南に向かってはしるときにはまぶしくてかないません。街路樹のある道路はまだらの陽差しがふってきますから、ヒヤヒヤします。

3連チャンで夜中のマックへいきました。23時すぎに職場をでて、“あー、あたたかいコーヒーを飲みたいな”と思うと、ほかに行き場がないからです。スタバもタリーズもドトールも、営業時間ではありませんから。でも、あと1,2時間で就寝するような時刻に、カロリがそれなりにあるカフェラテをいただくのも胃にもたれそうですし、しかも、マックのSサイズなら120円で買える「プレミアムローストコーヒー」は、けっこう美味しい。いや、かなりの自信をもって、おすすめといっていいくらい。つかれた心身をいやしてくれる、低カロリ飲料ですよ。

3連チャンで書き物をしました。締切に間にあいそうなのは、神さまがくれた奇跡かも。

前半の1.5日分(途中で動員を解除されましたので)をお手伝いですごした日本EU学会では、11年前につとめていた職場の方にお会いしました。それどころか、帰りがけにはわざわざ時間をとってお話しする機会をもうけていただき、恐縮してしまったしだいです。あの職場では非常識ともいえることを何度も経験させてもらいましたけれど、良識派の方と再会してふりかえってみますと……、やっぱり非常識だったよなと再認識してしまいました。「あんた、ここにきてよかったよね」といわれ、しみじみとわが身の幸運を感謝します。撤収作業に入っていたため、最後はあわただしくお別れしました。どうか、ご健勝におすごしください。

さぁ、怒濤の年末進行へ突入だい!

【授業】3512教員室の掃除(ひさびさ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わたしはFDを好かない

わたしはFDを好かない ( ̄ー+ ̄)

「わたしはロンドンを好かない」とは夏目漱石の言ですが、むしろ、「上滑りに滑ってゆくしかないのです」と彼が講演で評した日本の近代化のような印象さえある、職場のFDです。

なぜ好かないかというと、FDを声高にさけぶ人っちは(でたな静岡弁!)、学生さんの立場を僭称・横領し、これまでのルールを無視してまで、専権的に決定にもってゆき、ルールを押しつける集団にしか見えないから。それに逡巡する者は、二つの錦の御旗を侵犯する、すなわち、文部科学省によって義務化され、大学認証評価に必須となったFDを忌避し、学生さんをも無視する、大学にとっての逆賊にすぎず、討たれることになります。ぐずぐずしていたら生きのびられない。そこらじゅうの大学がサヴァイヴァル戦略をたているのに、のんびり悩んでいるヒマなどないのさ、とばかり。つまり、FD(やSD=Staff Development?)とは、よってたかって職場全体を非民主化してゆく道具でしかない。長がつく人のリーダシップを発揮できるように法人化されたつぎは、FDや認証評価をネタにその実を整えさせようということでしょうか。迅速にリーダシップを発揮できる○長というのは、理論上、独断的であることとはイコールでないはずですけど、実際は、権力は腐敗するを地でいっちゃってます。

本当のところ、内容にしても形式にしても、アレコレと話をうかがって、アレコレと情報を探索して、いろいろな工夫をすることを、オイラは本質のところできらいなわけじゃない。華々しい変更でなくても、こういう話し方とか、ああいう小ネタとか、そういう前ふりやフォローとか、才能にめぐまれていない地味な者でもできることはあるはずと信じていたいからね(自己弁護かも (゚゚;)\(--;))。

あるいは、こういう言い方ができるかもしれません。才能にめぐまれていないオイラでも、尊敬できる自分の先生方からいただいてきたものはあるですから、せめて、それをつぎの世代につたえることはやらなくちゃならない。師匠・友人・同僚としてみてきた/みとめてきた方々のお仕事ぶりは、直接に接していなくてもわかるし、情報を積極的に発信してくれる人もいるし、さらにいえば、背中が語ってくれてもいました。いやむしろ、背中で語ってくれるからこそ、職人気質に惚れてしまうです。

オイラがFDを好かないわけ、もうわかるでしょう。


11月20日の業務
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】同上。パワポファイルの修正。
【授業】「英米文化特殊研究」で画像を呈示するため、スクリーンとプロジェクタを設置。
 ※あきらかに自転車操業ですねぇ。
【PC実習室運用】新規に導入したプリンタを確認。

11月21日の業務
【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【授業】来週の講義レジュメ&講義資料を講義用ウェブログに登載。
【会議】全学教務委員会 16:20~18:10
【WERC】日本EU学会の設営
 ※お手伝いの、さらに助手といったところ \(^^:;)...

11月22日の業務
【WERC】日本EU学会の運営。
 ※受付のお手伝いの、さらに助手といったところ \(^^:;)...

11月24日の業務
【WERC】日本EU学会の運営
 ※セッション会場のお手伝いの、さらに助手といったところ \(^^:;)...
 会場が寒い=空調の電源が入らないのであれこれためしたところ、やっぱりだめだったので、コントロールしているところに連絡をしました。答えは「入っている」の一点張り。うごいてくれる気配もありません。「不調はセンターでおきてるんぢゃない、講義室でおきているんだ!」とでもいえば、よかったでしょうかね (`_´)
 おかげさまで、しっかり寒いままでした。日づけ順でこのウェブログを表示している場合、うまくすぐ下のエントリにつづくトピックになってますね (/--)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒いねぇ

12月下旬から1月なみの寒気が日本列島をおおう今日このごろです。寒い {{ (>_<) }}

秋もおわりにちかいとはいえ、なにゆえ、ダウンを着こまなければ耐えられない、耳当てを装着しなければ痛い、手袋がないと指先がこごえる、そういう理不尽な(?)気温にさいなまれなければならないでしょうか。真冬のさなかでさえ、夜も更ければ西風はおさまりますのに、今夜など、24時ちかくになっても風の強いこと。朝の向かい風も1限に間にあうように急ぐ身にとってつらいものがありますが、おつとめをおえて家路を急ぐ帰りの逆風は、1日分、いわゆる「足をつかっちまった」状態にあるのですから、目の前に星がちらつくようなトランス感覚になります。あぶねーな (/--)/

自分のまわりに、これまでいたことのないデマゴーグな人――結論先にありきが明け透け――が出現しているのもこころの寒さをいや増しにするところですけど、物理的にドアを閉めてしまえば見なくてすみます。寒いので(笑)、ふつうはドアを閉めますからね。

今日はちょっとだけホッとすることにすくわれました。書き物がちょっとだけ進展したからです。ついでに、気づかずにいた重要なサイトを確認することもできました。しっかりメモしておきましょう _〆(。。)メモメモ…

http://onlinebooks.library.upenn.edu/webbin/serial?id=londonmag

有名な『ジェントルマンズ・マガジン』とおなじ時期に出版されていた、London Magazine, or Gentleman's Monthly Intelligencer の現物の画像、テキスト、PDF を収録したサイトです。『ロンドン・マガジン』は2002年(?)から再開されてますよね、たしか。何にしても、18世紀ロンドンのできごとについて、同時代のプレスの論評(の一つ)を知るには、重要な材料だろうと思います。Sarah Malcolm についても載ってました (^_^)b

【仕事】書類の検討にもとづく結論。
【紀要編集】協議と諸事連絡。
【書類】年末調整書類を作成 → 総務室の方へ提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳ドックのあと

脳ドックのあと

のどが渇いたので、タリーズにてカフェラテをいただきながら、ひと休み&ひと仕事です。職場では会議をやっているはずですから、ちょっぴり背徳のよろこびかも (^_^;

ちゃんと“早退”届は出してますけど。

【ゼミ】卒業研究のレジュメを受領 → 要約文をチェック。
【会議】教授会 13:30~15:10
【紀要編集】原稿締切日。本日の提出分を受領 → 目次を作成。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

開封時の記録(あれ? その2)

「カテゴリー」の選択で悩んでしまいました。「趣味の文具」なんてのがあればよかったのかもしれませんが、完全に「趣味」というわけではなく、むしろ、実用的なところを追求するのが趣味にあっているというか、趣味が実用性というか。

というわけで、開封時の「ポメラ」(pomera, キングジム社)です。キングジム社といえば、有名な製品はやはり「テプラ」でしょう。これも、じつはすでに保有しております。そういえば「テプラ」も ATOK 登載でしたね。両者とも、いまひとつ、ATOK のよさが活かしきれてない感じがしてなりません。多彩な辞書、自由なカスタマイズ、精密な連文節変換などの機能が制限されるのは、しかたがないのでしょうかねぇ。

使い勝手の前に、外観だけを記しておきます。

↓ 到着した箱入り「ポメラ」です。まだ、封入されたビニールもそのままです。
20081117a

↓ 4年ほど前のモデルである、F900iC とならべてみました。「パソコン?! “いいえ、メモ帳です。”」といわれればそうですけど、メモ帳にしてはやや大ぶりです。
20081117b

↓ 箱からとりだしてならべてみました。オレンジ色は清水市民の証し (^O^)v
20081117c

↓ シグ3との大きさ比べです。キーボードを閉じているときは、ポメラのほうが若干、横幅がせまく、奥行きが大きいとみました。
20081117d

↓ シグ3との大きさ比べで、キーボードをひらくと、画面はシグ3,キーボードの余裕はポメラです。両方のいいとこどりだとうれしかったですけどね。ひらいておわかりのように、オレンジの部分はフタのトップの部分だけです。
20081117e

↓ 厚さくらべ。シグ3の薄さを再認識したといいますか、ポメラのもっこり感をちょっぴり残念に思ったりして。
20081117f

使用感はまた今度にします。かんたんに表現すると、ワープロ専用機をつかっていたころの感覚に近いです。

11月15日の業務
【仕事】書類読み → 終了 \(^_^)/

11月17日の業務
【仕事】会議の開催日程を確認。
【書類】科研費による物品購入の書類を作成 → 産学連携室へ提出。
【書類】科研費による物品購入の書類で、先週の月曜日に提出したものにあやまりがあり、再提出をもとめられていた → 訂正の上、産学連携室へ提出。
【PC実習室運用】プリンタの新規購入を依頼。
【PC実習室運用】物品庫の鍵の件で、学生室に仁義をとおす。
【紀要】締切後の作業について、企画調整室の副参事とご相談。
【ゼミ】卒論相談。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

だるい

職場外でのお仕事をやってもどってきますと、心身ともに疲れきっていました。左肩がうごかせないので、荷物もちで酷使しつづけた右の肩から上腕部は、ひょっとしてこちらまで?と不安になるくらいに重いです。

土曜日の職場にきて、曇り空の夕闇のなかで書類を読んでいます。メールがたまっていたり、予算の執行がとどこおっていたり、論文がすすまなかったり、ラジバンダリ……。コーヒーを淹れて飲んだら、胸がややむかつきました。年齢相応に疲れがとれにくくなっているでしょうね。

轟天号ビアンキをこぎたかったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金曜の夕方

金曜の夕方

アナウンスによれば、指定席は満席、自由席でも品川からでは座れなくなるくらいの混雑みたいです。疲れた身体には、正直なところ、しんどいっす (>_<。)

たぶん、眠りこけてしまうことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今宵は

今宵は
タリーズで、ポメラをいじることにしました。あまりはかどらないのは、おなかがいっぱいで、眠気に負けそうだからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おはやうござひます

おはやうござひます

いってきます (^O^)v

| | Comments (2) | TrackBack (0)

あれ?

あれ?

カフェ・ラテはいつものことですが、その右にあるのは……。昨日の昼、落掌し、わがものとしたポメラです。物欲に負けてしまいました。さっそく2GBのマイクロSDも買っちゃいましたしね \(^^:;)...

いーじゃないか、欲しかったんだから。(← ホワイト家のお父さん=犬=北大路さんの声でお願いします。)

隠しごとはしておりませんが、ちなみに、オレンジ色のケースは電子辞書のものを流用しています。本体とおそろいの色です。うひょひょ (^_^)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

朝ご飯

朝ご飯

ちょっとだけ寝坊しまして、尚さんのご飯が食べられませんでした (-。-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でがけ

でがけ

典型的な曇り空。気持ちが萎えそうです。ただでさえ、ここのところの寒さで萎えているのにねー {{ (>_<) }}

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コーヒー三昧

ニャロメ! 日曜日も職場へきてしまいました。やらなきゃならないことが、ものすごくせまい制度上の縄張りを考えると 'That's not my business' な上に、そのあちらさんの縄張りの人から、「あたしゃ仕事をしているんですが、本来はやるべきことじゃないんです。何とかなりませんか」的な別の案件がまわってきたので対応を具申すると、今度はおそらく誰も解決できないような事例を示され、そのために「効果は薄い」と他人事のように評され、「では、あなたのおっしゃる方策をとりましょうか」的な譲歩には何の返答ももらえない――あぁ、説明が長くてうざい――状況にあって、'I'm like a bear with a sore head' です。

こういう日は、強引な展開ですけど、やはりコーヒーにかぎります。職場へゆく前に珈琲問屋にたちより、今日は前回に買いそこねた「温泉ブルボン」と、10月に買って美味しかった「フルーティブラジル」の二本立てを購入しました。ローストはおまかせで (^_-)-☆
3種類も豆があると、もうコーヒー生活がとまりません。職場に到着後の1杯目は(大きなマグの1杯なのでふつうのカップの2倍は入ります)、先週に購入した「天空のマンデリン」で楽しみました。とりあえず、滅びの呪文はなしで \(^^:;)...
昼食後の1杯は、マンゴービスケットをかじりながら、「温泉ブルボン」です。甘みを感じたのはビスケットからでしょうか。それとも、豆そのものの甘みかなぁ。さらに、夕食は「フルーティブラジル」で、天使のような清らか感を味わいました。タレーランの至言です。

なんてしあわせなのでしょう。おまけに、コーヒーのすてきな香りが仕事をはかどらせてくれたようでして、今日の分は20時すぎに終了できてしまいました。ここのところ、連日の23時すぎとなっていた帰宅が、今日はなんと21時台です。静岡市内のスタバは6店舗とも22時までですから、当然のようにタンブラをもってゆき、カフェラテを熱めで入れてもらいました。タリーズは日曜日が21時閉店なので、ちょっぴり残念でしたが、しあわせの3乗くらいの気分です。これってコーヒーの相乗効果でしょうかね。

3といえば、3種類のコーヒーメーカ(サイフォン、エスプレッソ、ペーパフィルタ。すべてオイラの自腹)がある職場というのもめずらしい σ(^◇^;)

11月6日の業務
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【仕事】書類読み。

11月7日の業務
【授業】「イギリスと日本」9:00~10:30
【授業】「英米文化特殊研究」10:40~12:10
【授業】Office Hours 16:20~17:50
【仕事】書類読み。

11月8日の業務
【授業】3512教員室の掃除。
【書類】奨学生の推薦書を作成。
【仕事】書類読み。

11月9日の業務
【仕事】書類読み。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月9日の Lorrain 占い (BlogPet)

Lorrainが占ってあげるね。

今日は「数字運悪し」だよ。
きょうのあなたは数字です
いつもシュールな BlogPet 占いですけど、「あなたは数字」といわれても ヽ(。_゜)ノヘッ?

そういえば「わたしはピアノ」や「彼女はカリオカ」などという音楽があったような、なかったような……。ちなみに、ここのところは「オイラは眼薬」がもっともはまる言いまわしかもしれません。自由な連想表現に、妥当も何もないですけどね。

いや、なにせ、正式な書類なのにB4判型をA4に縮小して提出してくるタコさんがいるもので、目がショボついてショボついて \(^^:;)...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ついに

ついに

例の数字を追い越しましたぜ (^O^)v
例の……零の……齢の……ぜーはー……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土俵際

充分にわかっていたことですし、その意味では自業自得、悪因悪果、悪事 身にかえるの典型ともいえますが……、マジいそがしい (#x#;)

講義したり、卒論を書かせたり、奨学金の推薦書を書いたり、らじばんだり、あたりはまったく通常の業務ですから、まったくへこたれたりはしません。講義は会議よりもはるかにやっていることが生産的ですし、いろいろと工夫の余地があるのは楽しいものです。卒論は最終的には書く人の責任ですし、こちらに八つ当たりされてもうけながすだけ。推薦書はフォーマットがあるしね \(^^:;)...
院教務関連の、“そろそろ来年度の時間割とシラバスをつくってもらう時期じゃん”というのも、季節のお便りみたいなものです。

問題はこの2週間ほどが勝負になりそうな、ゴニョゴニョと論文2本です。1本は気合いを入れて校正していて、やるたびに朱が増えてます。それを入力しなおして、またプリントアウトし、また朱を入れて、入力しなおし、またプリントアウトし、という作業の循環がなかなか断てません。ふんぎりが悪いのは出来が悪いからかもしれませんけど、これは締切ぎりぎりまでつづくことでしょう。

ゴニョゴニョとのこりの1本はおわったら総括します。とりあえず、作業の循環は10日までつづきます。そうしてさらに、11日から14日まで諸国漫遊の修行があり、脳ドックやら、学会の手伝いやらで、怒濤の日々がつづきそう。あたらしいHPのデザインもどうにかしなくっちゃね。

今年の11月はほんとに土俵際までもってかれた感じです。

11月4日の業務
【授業】「演習」13:00~16:10
【授業】合同ゼミのご案内メールを配信。
【授業】「演習分け説明会」でゼミの説明。
【PC実習室運用】アシスタント希望者の大学院生に、面接者の先生をたずねるように連絡 → 返信あり。
【科研費】購入書籍の検収手続き。

11月5日の業務
【ゴニョゴニョ】書類読み。
【書類】来週の出張関係書類を総務室へ提出。
【書類】再来週の脳ドックでの職免申請書類を総務室へ提出。
【教務のお局】卒業研究執筆資格の取り消し手続きについて、問いあわせに応対。
【教務のお局】時間割作成作業手順について、問いあわせに応対。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クローンがつかえた(Re: クローンがつかえない)

金曜日のアクシデントがとってもくやしかったので、工人舎のサポートさんに問いあわせてみました。以下はその回答です。

お問い合わせ頂きました件について、ご回答申し上げます。

他の機器ではクローン表示が行えるが、特定のプロジェクタでのみクローンが使えない場合、ご申告頂きました相性という可能性は考えられます。

しかしながらクローン表示を行う際にPCの解像度が1024*600になっており、外部プロジェクタが1024*600の解像度入力に対応していない場合、本症状が発生いたします。

恐れ入りますが、画面解像度を800*600のクローン表示に設定し外部プロジェクタに出力できるかご確認いただけますでしょうか。

操作方法としましては下記の通りとなります。

1)弊社PCと外部ディスプレイを接続していただきます。

2)デスクトップの空いている場所で右クリック→[ グラフィックプロパティ ]を表示します。

3)[ ディスプレイデバイス ]→[ マルチディスプレイ ]→[ クローン ]を選択します。

4)[ ディスプレイ設定 ]→画面の解像度を[ 800*600 ]へ選択し[ 適用 ]ボタンを押します。

以上で800*600の解像度で外部モニタへのクローンディスプレイ表示が行えます。

お手数ではございますがご確認をお願い致します。

やってみましたよ、オイラ。学祭明けでお休みのところ、職場まででかけていって校正仕事をしていましたけれど、サポートさんからの返事をためしてみたです。コウジーンをつれて講義室へゆき、金曜日とおなじようにプロジェクタと接続して、金曜日とはちがって「グラフィクプロパティ」を指示どおりに操作してみました。すると、どうでしょう……、バッチリ表示できました。クローンがつかえたよん ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

さっそくサポートさんへお返事です。

教えていただいたとおりに解像度を変更したところ、ぶじにクローン表示ができました。これからも頻繁にプレゼンをする場所ですので、助かります。重いノートをもっていかないですむのですから。

ありがとうございました。

こういうふうにうまく解決できると、気持ちがよいものです。たとえ、オイラの単純な知識不足であったとしても、来週からはバッテリに悩まされずにすむのは、小さいけれど偉大な一歩です。それに、Vista とやや古めのディスプレイやプロジェクタとの相性問題でもありますから、サポートさんからの回答(指示)を電網空間にアップしておく価値もないわけではないでしょう。

ホントはね、どこかの委員会ががんばって各講義室にPCを据え置いてくれれば、こちとらはUSBフラッシュメモリを持ち歩くだけですむですけどね \(^^:;)...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

珈琲問屋にて

珈琲問屋にて

↑ の左手前に見えている「天空のマンデリン」を購入しました。「温泉ブルボン」と迷ったですけど、苦み走ったマンデリン党としましては、ラピュタのような高地栽培の豆を深めの焙煎でいただきたいと思ったしだいです。“バルス”を叫びたかった日々も、これで忘れられるかもしれません。ムスカ(に相当する人物)とは口を利いてないし、あいさつもかわしてませんがね。

朝食用にティバッグ50個入りのダージリンも買っちゃいました。試飲したら、これも苦味のふかさがすてきでした。萌えるような香りで甘みのする新茶も、緑か紅かを問わずに好きですけど、大人の決め手はやはり苦味でしょ (^_^)b

ニコニコと微笑みながらお金を支払えるのは、珈琲問屋くらいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あと少しで

あと少しで

身近な数字になります。え、でも、これ以上は無理かも (^_^;
あ、毎年 1km/h ずつ大きくするのは、もっと無理かも (/--)/

【授業】3512教員室の掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »