« いただきもの(都市史) | Main | 涙雨? »

A3をB5に綴じこめ!

1月にイーモバイルの EMONSTER を入手したばかりであるのに、ドコモの BlackBerry Bold をほしいと思う今日このごろです。いかがおすごしでしょうか(物欲で悶々の状態にきまってるじゃん)。

わが社の時間割表はたいへんに美しくなく、開講時間が非常にかたよっているため、字がつまって真っ黒な部分とスカスカで白い部分との対照がきわだっています。○曜□限の△年生向けの講義というマス目の大きさが必要以上に大きいところとマス全体にぴっちりと文字のつまっているところの混在を余儀なくされるのが、なんとも美しくない原因となるわけです。まぁ、専任だけで67名の人びとがかなり好き勝手に複数の講義を開講すれば、こうなってしまうのはしかたがないともいえましょう。こうなると、ベースとなる用紙サイズをできるだけ大きくして、見やすさを確保するしかありません。したがって、学生さんに配布する印刷版・時間割表もA3用紙です。これに90%の縮小をかけてエクセルの表を印刷しています。

ところが、FD委員会からのご命令にしたがい、来年度から時間割表は有無をいわさず履修要項に綴じこむことになりました。履修要項はB5きっちりのサイズです。これは、単純にいって、60%の縮小率になります。あるいは、B4の三つ折りにして綴じこむとしても、84または87%の縮小率となり、いまは6ポで作成されている科目と担当者の名前は5ポの大きさ(というより小ささ)に、B5への単純な縮小になれば4ポ未満の微小活字とあいなる計算です。老眼の一歩手前のオイラならずとも、正誤確認どころか、何が書いてあるかさえ、わからなくなることでしょう。

問題はサイズだけではありません。履修要項に綴じこむということは、直前の変更が配付物には反映されないということでもあります。おかげで入稿ギリギリまで、科目一覧表やシラバスの記載事項との相互対照がなされない始末……。変更があったら、従来とおなじように別に時間割表を印刷するのでしょうか。「訂正のため、別に印刷することを前提にして綴じこむのですか」、とたずねたオイラに、FDの長ははっきりと「そうだ」と返事しました。なんてムダなこと ┐( ̄ヘ ̄)┌

そういえばシラバスの書式が変更になったにもかかわらず、前年度からの変更なし、とのたまうご同僚も複数人、いらっしゃいました。ほかにも、「留学生にわかりやすい履修説明を」とかいって丸投げしたり、「やれるでしょ」と作業量を想定もせずあっさりみとめたり、「エクセルがつかえない」と放りだしたりすれば、結局、それをひっかぶるのはどこでしょう。

決めたなら、最後まで責任もちなさいよ。

【紀要編集】付属図書館におとどけ。
【授業】後期担当者より、成績評価を受領。

|

« いただきもの(都市史) | Main | 涙雨? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/44170464

Listed below are links to weblogs that reference A3をB5に綴じこめ!:

« いただきもの(都市史) | Main | 涙雨? »