« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

しばしの入院、しばしの休養

明日の朝から入院します。明後日の朝に手術です。

検査をうけて異常のあることを知らされ、最初に診察していただいた開業医の方から総合病院を紹介され、そして、三次元CTとMRIで部位がわかりました。知らなければよかったと思ったことは何度も、何十回もありましたが、それでも、せっかく治療の機会をもらったのですから、前向きにとらえることにしました。昨年の12月くらいから、本当にいろいろと、こころとからだの振幅というか、ブレというか、あがりさがりがありました。さらには、最後にきて揺れる材料も登場したですが、たくさんの方から“気”“念”“運”をいただいてつくった“元気玉”で克服しましょう。

いってきます。

【授業】成績報告書(一部)を提出。
【会議】研究科運営委員会 16:30~17:30

※ときどき、Twitter でつぶやいているかもしれません (^-^)/

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お粗末

数日前でしたでしょうか、職場のウェブメールに設定された迷惑メールフィルタが“困ったちゃん”になっていることを書きました。判定の基準がどうも稚拙なようで、何度も何通も(この10日間だけですでに約30通)hamフォルダに入れて学習をもとめているのにもかかわらず、何通ものメールがspamフォルダへとほうりこまれ、そのたびにウェブメールにアクセスしないと救出できないです。いつも学内LANのような環境で接続しているのではありませんし、むしろ、ケータイやスマートフォンでみていることもあるので、こうした手間は迷惑メール以上に迷惑なものに感じます。

ウェブメールによって誤判定されたメールの惨状を、Thunderbird の画面キャプチャで示してみましょう。

↓ 迷惑判定がもっとも多い、H-NET(Humanities and Social Sciences Online)の H-Albion と H-Japan のフォルダです。

Halbion

Hjapan

Thunderbird のような無料ソフトの迷惑メールフィルタでさえ、一度か二度の学習さえおこなえば、どれだけURLの記述が多くなりがちなメールであっても、正確に判定できるようになります。あるいは、最近になってようやくベータ版の記載がとれた Google の Gmail などは、オイラが職場のウェブメールから H-Net からのメールを救出する最高の手段となっています。画像を見ていただければおわかりのように、勝手に "*****SPAM*****" とタイトルにつけられたメールを、正常なメールであると判定して受信してくれるからです。

ウェブメールのフィルタリングは自動的におこなわれます。また、受信者ごとの調整ができません。それゆえ、弱めに設定してあるのはしかたがないでしょう。でも、誤判定はきわめてやっかいなことです。機械として、ソフトとして、システムとして、欠陥があるといわざるを得ません。強力な迷惑メールフィルタを端末でつかっていれば、ないほうがよい仕組みです。

せっかく Gmail が救ってくれても、最悪なことに、勝手につけられる "*****SPAM*****" のために Gmail のスレッドが崩れちゃうんだよね ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ……

7月24日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」の前期末試験 10:40~12:10
【授業】同上。採点。

7月25日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」の前期末試験の採点 → 集計。
【授業】「英語で読む英米文化入門」「演習」の成績報告書の作成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やることはやる

来週からの特別休暇=手術+療養にそなえて、やっておかなければならないことはやっておくつもりです。前期分の成績も、レポートを提出してもらうものは仕方がありませんけれど、その他の授業科目(英語とゼミとオムニバス科目の担当分)は成績報告書を提出できるようにやっています。WERCの予算獲得用の書類原案とか、受講している学生さんへのコメントとか、連絡すべき人への連絡とか、やることがつぎつぎとわいてくるみたい。キリがないともいえるかなぁ、月曜日に会議も入ってるし (V)o¥o(V)

翻訳の仕事もカタツムリさんにぶっちぎられるような歩みですけど、やってますよー。

7月21日の業務
【授業】「英米言語文化入門」9:00~10:30
【授業】同上。出席確認表(ちょっとした宿題付き)のチェック。
【ゼミ】卒業研究題目届未提出者について、コース助教の先生に事情をメールで連絡。
【会議】FD講習会 13:00~14:00
 ※15分ほど遅刻をしてしまったのは、内緒にしておきましょう。
【会議】教授会 14:20~17:50
【会議】研究科委員会 18:00~18:30

7月22日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】同上。出席チェック。
【授業】同上。期末試験問題の作成 → 印刷。
【会議】WERC運営委員会 17:00~18:10
【WERC】書類づくり(未了)。
【紀要編集】表紙・裏表紙の初校を副委員長の先生におわたしする。
【?】来週からの特別休暇取得を、部局長の先生方にご連絡する。

7月23日=みなし月曜日の業務
【授業】「イギリス社会史研究(院)」10:40~12:10
【WERC】書類づくり(ひとまず完了)→ 運営委員の先生方ほかに添付ファイルで送付。
【ゼミ】ゼミ学生の始末書にサインと押印。
 ※学内の一方通行違反とのこと。学外じゃだめで、学内ならOKなどという交通ルールはないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つぶやいてみたりして

楽しくもない気分が固定化されるようですが、twitter に手を出してみました。すぐに飽きるかも ヾ(^。^*)まぁまぁ

http://twitter.com/kkurita

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雅正庵でランチ

雅正庵でランチ

お茶屋さんで和菓子屋さんというところがカフェも兼ねており、ひと皿に盛りつけられたランチをいただきました。トマトソースは、けっこう濃いめです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨明け前

静岡をふくむ東海地方は梅雨明け前とはいえ、太陽が顔をだせばひどく気温があがりますし、空気の状態によっては春先とは異なって富嶽をおがめる日もあります。この時期の富士山は、雲におおわれていた姿を一気にさらけだしてくれますので、雪の衣をまとっていたころのつもりで眺めますと、変化におどろくことが多いです。

↓ 冬場はこういう堂々たる姿をみせてくれます。

20081215a 20081215b

↓ この写真をとった日の天候は、予報では雨でしたが、ほぼ1日じゅう薄曇り状態でした。空気が乾いていたせいか、ひさしぶりにおがむことのできた富嶽です。そして、遠目ではすっかり雪が消えていました。
20090713a 20090713b

しかしながら、オイラの高校時代の同期生の一人であり、由比町の料理旅館「倉沢屋」を切り盛りする桜えびの達人のウェブログによれば、由比からはいまだに肉眼で残雪が見えるとのことです。それだけ間近にみえているということですから、ちょっと嫉妬しちゃいます。

気をとりなおして、かなりピーカン状態になった日のからりとした富士山の映像をはっておきましょう。

20090716b


20090716a 20090716c


7月18日の業務
【授業】3512教員室の掃除。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の期末試験づくり(未了)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆっくり、しっかり

1月の仕事はじめの日にひょっこりとオイラの仕事場をおとずれてくれたSEさんが、今日はちゃんと予告ありでたずねてくれました。ほんとうは1月の中旬に東京で夕食する予定だったですけど、オイラが「かんだるい」状態になってしまったため、約束を果たせずじまいになってしまったです。なんとなくこちらとしては気まずいままでいました。メールも出せなくなっちゃったし……。ところが、今週の水曜日にSEさんからメールがきて、この3か月ほどのあいだ、心身ともに休まなければならなかったと書かれていました。おたがいにたいへんな日々だったんだね、と思いつつ、再会の約束をしたのでした。

それが今日です。

SEさんはオイラとおなじ高校のご出身でもあり、住民数が増えて学区がわかれなければおなじ中学の出身であったはずの方ですので、知っている場所や行事に共通するものがあります。まぁ、年齢はオイラのほうが倍近いですが ヾ(^。^*)まぁまぁ
ニューカッスル大学夏期語学研修への参加者でしたし(最初に会話したのは、Robinson Library の前あたりだったでしょうか)、そのあとでロンドンの1日ツアーをいっしょにしました。そんなことをなつかしいねと話していたら、今年度のニューカッスル組がたずねてきた、などという偶然も今日はありました。また、行きたくなっちゃいますね。

ケーキをいただいて、話しているかぎりでは、だいぶ回復しているように(というよりは、ほとんど悪いところなどないように)見えましたけれど、どうだったのでしょう。コーヒーをひさしぶりに飲ませちゃったしね。あとからすこし反省したところもあります。

ゆっくり、あせらずに、そして、しっかりと着実に。

【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:30(延長してしまいました <(_ _)>)
【授業】Office Hours 16:20~17:50
【授業】「英米言語文化入門」の出席票をエクセル・ファイルへ転記。
【PC実習室運用】実習室ID・パスワードの未受領者(3年生)に応対。
【PC実習室運用】呼び出しをかけていた端末ロックの違犯者に説諭。
【紀要編集】印刷業者さんから初校を受領し、もどしの日程を確認。
【紀要編集】執筆者の先生方に初校到着をメールで連絡。
【紀要編集】執筆者の先生方のメールボックスに、初校と元原稿を配付。
【国際交流】ニューカースル大学夏期語学研修の参加予定者からの質問・相談に対応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜか不便

職場のウェブサイトにはポータルが設定されています。もちろん、いわゆる商用ポータルサイトとは異なり、もっぱら学内情報をえるための伝言・連絡関係やウェブメールの機能(Active! mail)を備えたもので、記憶が正しければ数千万円をかけてととのえられ、前学長のころに鳴り物入りで導入されたものです。

ところが、これが不便でつかいにくい代物であるとわかってきました。もちろん、使っている人の使い方によるところが大であり、なにかと添付ファイルで情報がしめされたりしますが、じつはたいして量もなく、秘密にするようなことでもなく、テキストで書いてくれればいいじゃん、といったものです。想像するに、会議のために作成したワードかなにかのファイルをそのまま(あるいはpdf化しただけで)掲載しているのでしょう。別のアプリが起動するまでのうっとうしい待ち時間が、サイトの利用を遠ざけるわけです。利用者が遠ざかれば遠ざかるほど、サイトの価値は落ちます。悪循環です。

ウェブメールもまた、困ったちゃんになりつつあります。個別の迷惑メールフィルタの設定ができないがゆえに、正常なメールが迷惑メールに判定されないよう、全体でフィルタリングを弱く設定してあるらしいですけど、これがつかえない。毎日毎日、かならず H-Net の2,3通が迷惑メールのフォルダへとほうりこまれる一方、しょうもないだれでもわかりそうな「○○Enlargement」とかいうメールはまったくはじいてくれません。こういう転送設定をしておくと、きっとセキュリティ上は問題があるということでおとがめを食らうだろうとおびえつつ、それでも利用している Gmail をやめることができないのは、迷惑メールフィルタの優劣にあるといえましょう。

そもそも導入したときのメンバーがにボソボソとしか説明してくれないんだもん。誰もつかわないよね。

【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の受講生発表用の画像ファイルを準備。
【FD】「英米文化論」でおこなった授業評価アンケートを学生室へ提出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かなしいかな

デマゴーギッシュなナルシストの書いたものを読まされました。いい迷惑です orz

書いている本人は幸せなのかも知れません。

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】「英米文化論」の講義ファイルを確認・修正。
【授業】「英米言語文化入門」の講義ファイルを登載し、掲示板で受講生さんに指示。
【PC実習室運用】端末ロックの報告に対応 → 掲示板に掲示&ゼミの先生にメールで連絡。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不信の眼

楽天のID・パスワードをもっていますので、こういうところにもログインできます。オイラの場合、きっと可もなく不可もなくといったていどにみられているのでしょう。コメントはありません。でも、ザッと流していると、つぎのような書きこみに出会ったりするわけです。

この授業ではとにかく学生をがんばらせるために、プレゼンテーションやらディスカッションなど、あれこれ課題を出される。

 まず就活でどうやって筆記試験や面接をクリアするかが大事。だから、企業や経営なんて二の次。戦略とかリーダーシップとか、授業で勉強しなくてもいっぱい内定もらっている人もいる。就職が決まって卒業してから勉強すればいいことじゃないかなあ。
 ほかにもb群科目っていっぱいあるし、無理してとる必要なし。ま、無理したってたいしたことが学べるわけじゃないし。

 この授業では忙しかった思い出しかありません。  グループでのプレゼンテーションやディスカッションが多く、いろいろと昼休みなど事前に準備をしなくてはいけませんでした。英語論文が配布されることもよくありました。

 企業や経営に興味がある学生はたくさんいると思います。だけどゼミや就職活動が忙しいから準備が大変な授業には出られないんです!こうした事情を踏まえずにあれこれ学生に要求するのは無茶だと思います。
 あんまり考えなくても楽に理解できるよう配慮してほしいと思いました。

不愉快というか、高校4年生というか、大きな勘違いをしているというか。卒業してから勉強できるなんて夢物語にちかいし、楽に理解できることがかならずしも学ぶべきことではないときもある。そもそも勉強したくないのなら、2年なり、4年なり、はたらいた方がよほどコスト・パフォーマンスが高いことくらい、どれだけ賢くなくても計算できるはずでしょう。高卒の平均給与月額(地公で18万円前後)×48+年間賞与×3≧1,000万円を考えてみようね。

こういうコメントを書きこむ人びとをまきこんでFDするっていうのを称揚する職場の方々が、これまた信じられなかったりします orz

【授業】「英米言語文化入門」9:00~10:40
【授業】「演習」13:00~16:20
【授業】来週の「英米言語文化入門」の使用教室を予約。
【教務のご隠居】大学院生の学部授業の単位取得について、学生室の方とお話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただきもの(Australian Kitkat)

年度替わりの冬休みをつかって帰省した、栗ゼミOGのちひろさんからいただきました。

20090713

プリン味というマークがついているチョコレートビスケットと、日本でおなじみのキットカットです。とはいえ、さすがはおおざっぱな性格のオージーたちであって(大変な個人的偏見が混じっているのはなぜでしょう)、本来、さっくりした食感のキットカットをチョコレートバーにして、さらにふたたびクッキー風味にしているところがなんともいえません。日本の繊細なバナナやいちご、ときにマンゴーのキットカットたちなどを披瀝することができれば、それこそ、かれらの世界観をかえることができるかもしれません。

というわけで、オイラは民主でも自民でも共産でも、さらには無所属でもなく、キットカッ党です (^_^;)\(・_・) オイオイ

【授業】「イギリス社会史研究(院)」10:40~12:10
【授業】「英米言語文化入門」の講義ファイルと講義室のチェック → 暑さにそなえて、空調のある部屋をべつに予約しておく。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の講義ファイルとMDのチェック。
【ゼミ】コース助教の先生から、卒業研究題目届の締切の確認メールをいただく → こちらの日程を返信。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この2年以上ものあいだ

ぶっちゃけ、所属する職場においてこの2年間、まったく昇任がありません。ふざけた話ではないか、と拳をふりあげてもどこへおろしたらよいかさえわからないのが、情けないやら、くやしいやら。

2年前にあったのは法人化です。その時点までは、職場組織のトップにいたN長さんがわがまま勝手に権力だけをふりまわして押しとどめていたこと(=進捗がないのは、地道な事務仕事の能力が無であったことの裏返しでもあったのでしょう)はありましたけれど、そこはそれ、上のポストがあけば、下位の者から昇任候補者が選出される手続きが、まがりなりにもおこなわれておりました。オイラが昇任できたのも、法人化前のどさくさまぎれで、まだこの手続きがいきていたからにすぎません。

人事というのは、新規採用ももちろん重要ですし、後任の補充をおこなわないでは個人の負担が増すばかりか、下手をすると、本来は多様であるべき学問的な発想や議論を、せまく固定化してしまう結果にもなりましょう。また、端的にいって、ポスドクが増えつづけているのに求人が減るという、あってはならない事態にもつながります。しかしながら、昇任人事もまた、各個人が能力を高めているかぎり必要なものであり、オイラの職場のように皆が責任と役割をはたしているところでは、給与だけでなく、給与体系そのものがべつになる昇任人事を欠かすことはできないでしょう。

平成版『白い巨塔』のなかで、唐沢寿明さんが演じた財前五郎が、となりにすわる黒木瞳さんの花森ケイ子にむかい、江口洋介さんの役であった里見脩二についてつぶやくことばがありました。正確な引用ではないですけど、たしか、

「あいつ、偉くなりたいとは思わないらしい。かといって、サボりたいわけでもない。」

技術が高く、権力をもつ者こそが患者を救えるはずと教授になりたい財前と、医者としての「正しさ」(それが何かはわからない)をおいかけようとする里見の対比ですが、けっこうはまったことばでした。身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もある、などと達観するときもありますし……。

されど、サボっていない人には昇進してほしいし、そういう人をちゃんと評価できない職場は、どれだけ遠慮していうとしても、ゆがんでいます。学問的な評価をうけた研究者を、組織としてそれらしくあつかうのは、当然でしょう。

ぼやきはつづくよ、どこまでも。

7月9日の業務
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【授業】「英米言語文化入門」の講義ファイルづくり。

7月10日の業務
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】Office Hours 16:20~17:50
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の講義準備。
【授業】「英語で読む英米文化入門」の講義ファイルづくり。
【紀要編集】進行予定表を、執筆者および委員の先生方にメールで通知。

7月11日の業務
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」の講義準備。
【授業】3512教員室の掃除。

Continue reading "この2年以上ものあいだ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご案内

職場のメーリスの一つで流れてきました。セミナーをご紹介します。ひとつよろしく。

》》》阿部雅世 クリエイティブセミナーのご案内《《《

■クリエイティブ・セミナー
--イタリアものづくりの底力--
流行の源泉は零細企業のインスピレーションにあり

 世界の流行を牽引し、世界を魅了する商品を、次々と生み出しているイタリア企業
 大きく見える名前とは裏腹に、実は、その多くは、小さな町や村に会社を構える、家族経営の零細企業です。イタリアの小さな町の小さなメーカーの中で、どのように、 新しいアイディアが生まれ、どのようにそれが世界に伝えられていっているのか。どんな人々が、その現場にいるのか、その中で、デザイナーはどのような役割を果たしているのか。ヨーロッパを拠点に、20年近く活動するデザイナーであり、エストニア芸術大学教授でもある阿部雅世を講師に迎え、その舞台裏を紹介し、日本のものづくりを世界に羽ばたかせるためのヒントを探ります。

□開催日:2009年7月31日(金)
□開催時間:18:30-20:00
□場所:静岡市クリエーター支援センター(CCC)3Fプレゼンテーションルーム
□入場料:無料 (先着順/定員60名)
□講師:阿部雅世
(建築家・デザイナー 国立エストニア芸術大学主任教授ベルリン在住)
□主催:静岡市産学交流センター(B-nest)
静岡市クリエーター支援センター(CCC)
NPO法人しずおかコンテンツバレー推進コンソーシアム(SCV)

■関連企画
□交流会 :2009年7月31日(金)
□開催時間 :20:00-21:00
□場 所:静岡市クリエーター支援センター(CCC)3F休憩室
□参加費  :500円 (予約制)

■お申し込み・お問い合わせ
□静岡市産学交流センター(B-nest)
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21 ペガサート6階・7階
info(アットマーク)hanjyou.jp
tel:054-275-1655 fax:054-275-1656
http://www.hanjyou.jp/

□静岡市クリエーター支援センター(CCC)
〒420-0853 静岡市葵区追手町4-16
info(アットマーク)c-c-c.or.jp
tel:054-205-4750 fax:054-293-4332
http://www.c-c-c.or.jp/

※阿部雅世氏への質問メール受付中! info(アットマーク)c-c-c.or.jp
<プロフィール>
□阿 部 雅 世 Masayo Ave
 1962年東京生まれ。建築家、デザイナー。法政大学工学部建築学科卒。
 ドムスアカデミー工業デザイン科マスター修了。1990年から2005年まで、イタリア・ミラノを拠点に、2006年よりはドイツ・ベルリンを拠点に、建築家、工業デザイナーとして活動。ICFF Editor’s Award, A&W Mentor Award他、建築、工業デザイン、テキスタイルなどの広い分野で国際デザイン賞受賞。 「五感に訴えるデザイン」を研究課題とし、2004年、ベルリン芸術大学内に客員教授として、ハプティック・インターフェース・デザイン研究所を設立。2007年より、国立エストニア芸術大学教授を務める傍ら、世界各地で子供やプロを対象としたデザインワークショップを開催。
 著書に原研哉との対談集『なぜデザインなのか』(平凡社、2007年)があり、09年7月には、ブルーノ・ムナーリの訳書『ムナーリのことば』を平凡社から刊行予定。
 詳しくはCCCホームページをご覧下さい。http://www.c-c-c.or.jp/future/ave.html

-------------------------------------------------
事務局
NPO法人
SCV(しずおかコンテンツバレー推進コンソーシアム)
〒420-0853 静岡市葵区追手町4-16
静岡市クリエーター支援センター内
電話 054-293-4331 FAX 054-293-4332
e-mail:info(アットマーク)scv.jp
http://www.scv.jp
-------------------------------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あたらしいキーボード

県知事選挙とその結果があまりにも腹立たしかったので、憂さ晴らしに物欲を解放しました。とはいっても、福沢諭吉さんを解き放つほどのものではなく、おまけに楽天ポイントをつかって送料分をまかなうという、なんともつましい物欲発散でございます。

買ったのは、AOTECH 社の「スリムミニキーボード」(AOK-115UPW)という商品です。色は白で、2台目の白いキーボードです。このサイズでテンキーまで装備しているのは、この商品しか知りません。その分、ノーマルの位置にある Enter キーが窮屈ですけど、テンキーの右下に Enter キー が設置されていますので、打鍵で迷うことはないようです。もう1台のお気に入りである、Owltech 社の「日本語86ミニキーボード」(OWL-KB86UM)とくらべてみました。

↓ (左)スリムミニキーボード (右)日本語86ミニキーボード……こっちは黒です。
20090708a 20090708b

横幅の比較:わずかテンキーの半分くらいだけ、「スリムミニキーボード」のほうが長いです。意外なくらい、両方とも短めでした。
20090708c

奥行きは、USB端子の分だけ、「日本語86ミニキーボード」のほうがあります。USB端子はあればあったで便利なものです。
20090708d

打鍵感はどちらも悪くありません。パンタグラフ式のよいところが活きていると思います。ただし、こればっかりは個人差が大きいですから、ぜひともさわってたしかめてください。すくなくとも、ヘニョヘニョした感じではありません。ストロークが浅めの、かっちり感がします。

【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【授業】学生さんのノート確認・添削。
【ゼミ】教育実習の巡回指導の交通費について、学生室の方に電話で確認。
【PC実習室運用】プリンタ課金について、メールに返信。

| | TrackBack (0)

ふだんの掃除からして

職場は廊下の部分にかんしては毎日、お掃除をしてくださいますが、室内は年に2回、床洗浄・ワックスがけがおこなわれるていどです。放っておきますと、まちがいなく、綿ぼこりなどの巣窟になりますし、コーヒー豆のかけらが散らばります。講義やゼミのあとにはさまざまな色の髪の毛が ヾ(^。^*)まぁまぁ

放置しておいてもかまわないのですけど、ここでお弁当をつかいますし、お菓子も食べますので、3秒ルールのためにも、ちゃんとお掃除をするわけです。ほぼ1週間単位ですから、それなりに気合いを入れないといけません。

20090707a 20090707b


20090707c 20090707d

↓ イス類の大部分は廊下にだしてしまいます。どうせ、土曜日にここを通過するのは、テニスをなさっている方や警備員の方くらいですから、これくらいなら邪魔になりようがないでしょう。

20090707e

地道に学習環境を確保しております (^_^)ゞ

【紀要編集】業者さんと日程のうちあわせ&変更した原稿をお渡しする。
【紀要編集】初校以降の作業をお願いする副委員長の先生に、日程表と業者さんの連絡先情報をお渡しする。
【授業】「演習」1300~16:10
【授業】「英語で読む英米文化入門」の授業ファイルを確認。
【教務のご隠居】研究科の履修規程の変更について、問いあわせメールに応対。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「保守王国」はかわらず

正直なところ、びっくらこいてしまいました。前回にくらべて投票率が上昇するであろうていどは予想していましたが、結果そのものがふつうじゃないように思えます。なにも楽しくないので、ただただ不機嫌になるばかり。

自分のうまれたところの近くへもどってきて、今回の選挙ほど、選挙公報や政見放送をしっかりと読んでながめた経験はありません。10年くらい前に、たった一つでいいから公約を実現し、実現できたらそれで任期がおわり、という首長候補がいたら、よろこんで応援するだろう、などと考えていました。住民皆首長論とかいったりして \(^^:;)...
今回だって、ひとつでも公約といえるものがあったら、それに賛成していましたよ、きっと。しかしながら、中央政党の政策の押し売りであったり、どこかの首長選で類似物をみたようなものであったり、かけらの具体性も感じられないものであったり、どれもこれも、どいつもこいつも、急ごしらえというべきか、ものを考えてないというべきか。どれをとっても最悪の選択肢しか残されていないかのような気分でした。

きまったものは受け入れましょう。悪法もまた法なり、の気分かも。あたらしい知事にとって最大の課題の一つとなるのは、素人目からみても「富士山静岡空港」の継続であることはまちがいありません。また、静岡はおそらく日本でもっとも少人数学級が実現できていない県でもありますから、教育予算をどのように確保するのかも見どころの一つです。空港みたいにできちゃったものはしかたがないから、じゃぁ、それをどのように具体的に利活用するのか、金食い虫をかかえている一方で、少人数学級の実現のためのアイディアと資金と人材をふくめた交渉力を確保できるのか。予算と人材のゼロサムゲームなんて誰も期待していません。

「変わった」のはおかしらの名前が変わっただけであって、自民も保守だけれど、民主も保守だということは確認しておかなくちゃいけない。新知事の経歴をみれば、一目瞭然でしょう。

7月2日の業務
【授業】コース教務委員の先生から、「英米言語文化入門」の採点持ち分のご連絡をいただく。
【授業】「英米文化論」13:00~14:30
【授業】「英米文化研究方法論(院)」16:20~17:50
【紀要編集】原著者からの同意書を訳者の先生にお願いする → 返信あり。
【紀要編集】原稿が多めの先生に、事情についての追加説明をお願いする。

7月3日の業務
【授業】「ヨーロッパの風土と文化」10:40~12:10
【授業】Office Hours 16:20~17:50
【授業】「英語で読む英米文化入門」の講義ファイルづくり。

7月4日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」の講義ファイルづくり。
【授業】「英米文化論」のレポート要領を作成。

7月6日の業務
【紀要編集】産学連携室の方に、科研費の研究成果報告書についておたずねする。
【紀要編集】投稿者のひとりの先生に、分割掲載をお願いする。
【紀要編集】同上。分割した原稿とファイルを受領。
【紀要編集】企画調整室の副参事に、選定業者名をうかがう。
【紀要編集】業者さんに電話し、原稿の差し替えを依頼 → ひきとりの日時を協議。
【授業】「英米言語文化入門」の講義ファイルを作成 → ウェブログに登載。
【授業】同上。受講生に学内掲示板で講義ファイルの所在を通知。
【授業】「イギリス社会史研究(院)」10:40~12:10
 ※現在の授業のテーマは「つくられた伝統」をあつかい、公的な記憶の問題に言及しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早退しました

いつものように、無意味な Office Hours に講義ファイルをつくっていました。ちょっとした保存ミスもあったため、90分をめいっぱい使い、それでも何とかそろそろおわろりの目途がついたころ、視界が切れそうに (>_<)

ひさしぶりの頭痛がくる前に、早めの対応が重要です。グズグズしてちゃいけないので、パソコンの電源を落として帰り支度です。

電子的な文字の画面を集中してながめすぎたせいでしょうか。今週の火曜、水曜あたり、夜中に不規則に起床してしまった影響でしょうか。近未来への漠たる不安の積み重ねでしょうか。原因はよくわかりませんが、休むことにします。

すっかり、息抜きのあいまに人生しているようになってしまいました ヾ(^。^*)まぁまぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勉強合宿

下の息子(高校1年生)が夏の勉強合宿に参加します。行き先は道志村(山梨県)。あー、オイラが高校2年生のころ、こころざしある方々が参加なさった合宿地です。

他人事のように書いておりますけれど、それはそれ、道志村合宿に参加しなかったからです。1年生のときのキャンプには参加したものの、夏休みに勉強をしたいのなら、高校時代は盂蘭盆会のころまで“特指”(特別指導の略ですね。ちなみに、成績不振者が受講するのは「赤点特指」と通称される特別指導です)というのがありましたし、市立図書館も開放されていましたからね(青春の思い出だったりして ヾ(^。^*)まぁまぁ)。何より、夏「休み」に泊まりこんでまで勉強したいとは思いもしませんでした。

息子はいきたいのか、いきたくないのか、よくわかりません。どちらかといえば付和雷同タイプですし、仲のよい友だちがいくといえば、なおさらでしょう。尚さんがいかせる気満々ですので、涼しいところで好きなことをやってくればいいよ、と思っています。

おみやげ話を楽しみにしていましょう。

6月30日の業務
【授業】「演習」13:00~16:10
【授業】「英米言語文化入門」の成績評価の締切日を、助教の先生と電話で相談。

7月1日の業務
【授業】「英語で読む英米文化入門」10:40~12:10
【紀要編集】図書館情報委員の先生から、紀要の電子化に必要な事項についての資料をいただく。
【紀要編集】同上。コース紀要を担当している、助教の先生とご相談。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »