« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

なんじゃこりゃ2

asahi.com は昨日、このようなサムライ・ブルーのデザインになっていました。

20100629

フットボールを見ない人だっているでしょうにねぇ \(^^:;)...

個人的には、ユニフォームにある八咫烏だけは何とかしてほしいです。ドン小西さんが書いていらっしゃいましたが、まるで出征兵士のようでしょう。ファッション・センス云々の問題ではありません。

試合は1試合とてテレビでライブ観戦しないままに、日本代表は敗退してしまいました。応援しなかったのではありません。起きていられなかった、起きていたくなかった、起きているには体力的に無理があった、といったところです。しかたないよね、まだ術後11か月と術後3か月ですから、自重するしかありません。本当にもたないもの。

オイラのような者をのぞけば、試合時間がきまっていて、天候もほとんど関係なく実施されるフットボールというスポーツは、かなり便利でありがたい放送コンテンツなのでしょう。たとえ、ふだんは視聴率が一桁の時間帯であっても、W杯ともなればウハウハでしょうしね。

これから先の放映をどれだけの人が楽しみにできるか、そういうところにフットボールの見方の成熟がためされる……などと思ったりもします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんじゃこりゃ

「はやぶさたん」なるものを見つけてしまいました。

20100629

こうしたものがお好きな方々には何も申しますまい。台座には「イトカワ」版もあるようです。個人的には1/32のスペースクラフトがほしいと思いました。

はやぶさには励まされましたので、人格化するのもわからないではないですが……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨の晴れ間の月曜日

日曜日の昼前から、静岡では晴れ間が見えるようになりました。夕方、一時は雨が降って、晴れ間に油断してカッパをもたずに出かけていた息子2号は、びしょ濡れになったようです。

今日も朝から日差しがあります。当地の予想最高気温は35度 (・_・)エッ....?
灼熱地獄のような職場が待っているでしょうか。

以前であれば、7月上旬をすぎないと意地でも(?)中央集中制御の空調を入れてくれなかった職場当局でありましたけれど、このごろはすっかり軟化してくれたのか、「試験運転」を常用して気温にあわせてくれています。名目的であっても「試験運転」と称さなければならないのは、県の施設はある期日をすぎないと、冷房も暖房も入れられない規則があるためらしいです。10数年前につとめていたところでは、いついかなるときでも空調だけはつかえました。おかげで、防鳥ネットがなかったために室内機まで入りこんで営巣した鳥さん一家の無残な姿を見つけることにもなったですがね ヾ(^。^*)まぁまぁ

土日は空調が入らないし、前日の夕刻の雨で決して湿度は低くはないですけれど、幸いなことに、今日は少しだけ風があります。空調はなしにして、廊下の窓、部屋のドア、部屋の窓を全開にしました。さらに幸いなことに、アタシの部屋は建物の最上階にあります。風が抜けやすい。大学生のころに読んでいた、片岡義男の小説のタイトル、「吹いてゆく風のバラッド」がふと浮かんでくるお昼どきです。

ついでに、「俺のハートがNOと言う」 → 「アタシのおなかがぐう(growling)と鳴る」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ“待ち”の状態

職場で隣室にいらっしゃる先生*は小機械がお好きです。とくにアップル社の製品は、ほとんどすべて手にしていらっしゃるのではないかと思うほど。もちろん、ご愛用のケータイは iPhone 3GS です。オイラが MacBook Pro を購入したのとほぼおなじころに、おなじ製品を買ってもいらっしゃいます。Boot Camp をつかうか、それとも Parallels Desktop にするか、と相談されたので、「マックを何にお使いですか」とたずねたところ、「iPod touch とつなぐ」ため=母艦にするためとおっしゃっていました。何とも豪勢な話です。iMac もお部屋にありますし、別の同僚Kさんの証言によれば、iPod Classic や iPond nano などは別の仕事場にごろごろころがっているとか。1個くれませんか、とよだれが出そうです。

※一方の隣室の先生は、この春に転出なさいました。お元気でしょうか。

最近になって、あらたに無線LANを職場のお部屋に導入なさったですが、これが製品の初期不良なのか、接続にうまくいかないことが多いようです。お隣りなので、気軽に相談にもいらっしゃいます。このとき、じつにうらやましいのが、そのたびにもってこられるマシンがちがうことです。まずは iPhone 3GS と SONY VAIO, そのつぎは買ったばかりの iPad でした。先日は iPod touch をいじりながらのご登場です。物欲がかきたてられちゃいますよ、ほんと。

さて、iPad です。買うとはきめています。値下げ待ちではないです。アップル社はぜったいに安売りはしないですから、待っていてもしかたがありません。また、iPad にたいして否定的な記事を知らないわけではないですが、これは問題ないでしょう。たとえば、慢心や自分への過大評価でなく、iPad の基本的な設定でまようほどのPC音痴でない自信はあります。逡巡する理由は、むしろ iPad 購入は単体ですむことでないと思われるからです。

というのも、現在、職場のデスクトップの黒デルくん(OptiPlex 260)は購入から8年目を迎えようとしています。冷静に考えると、そろそろガタのくる時期に入るでしょう。この状況ですと、Mac mini の充実ぶりがまぶしい。ほかにも、キーボードの感触から愛用してきたダイナくん(Dynabook SS SX 2211LNKW)や授業や業務のプレゼンで酷使してきた X41 タブ夫くん(Lenovo ThinkPad X41 Tablet)の後継機も考えなくてはならない時期です。両方とも Crystal Disk Info のようなソフトを入れて点検していますが……。後者は iPad でいけるとしても、その先には多くの PowerPoint ファイルを“いかにとやせん”の状況が待ちうけています。Keynote でパワポのファイルを読めるのは知っているものの、これまでやってきたプレゼンファイルづくりを全面的に Keynote 移行させるには、もう少し時間がかかるかな。おなじプレゼン用のソフトでも、PowerPoint と Keynote とでは根本的なスタンスのちがいを感じます。Word と Pages 以上の差異です。

「ほしいものは買う」原則でいきますが、iPad を購入して遊ぶためには、いろいろとまだ決断しなくてはなりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

侵略

侵略

職場の建物が緑の怪物によって侵略されてゆきます。すでに噛みつかれた箇所もいくつか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いのち

いのち

萌えいずる、という感じがします。職場の周回路に植えられている欅ですが、晴れた日にかぎらず、駐車場から少しだけ遠回りをして、こういう緑の下を歩くのが好きです。木々と葉のあいだから陽光がさすときなどは、職場の部屋などには向かわず、ずっとその場にいたい気分になります。

自動車の行き交う周回路に立っていたら、あぶないぞ(/--)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いただきもの(ピューリタン革命)

自分でも購入しようと思っていましたが、著者から1週間ほど前にいただきました。日本西洋史学会前にお送りいただくというのは、学会でお会いしたときに直接にお礼が言えるのでありがたいことでしょう。メールを書くのにも無精する人ですから ヾ(^。^*)まぁまぁ

でも、学会、今年もいかなかった \(^^:;)...マアマア

20100531

岩井淳『ピューリタン革命と複合国家』(山川出版社)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »