« 【ビッグイシュー】新年のご挨拶 | Main | 名古屋近代イギリス研究会例会のご案内(Reminder) »

いただきもの(旧友にして畏友)

著書も論文も、そして訳書もバリバリ、という旧友にして畏友からいただきました。副題は、もちろん、世界でもっとも知られているが、その著作のなかでは「余論」に一度だけ登場するにすぎないことばと対になっております。

20120130


L・マグヌソン(玉木俊明訳)『産業革命と政府――国家の見える手』(知泉書館)

|

« 【ビッグイシュー】新年のご挨拶 | Main | 名古屋近代イギリス研究会例会のご案内(Reminder) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/53860669

Listed below are links to weblogs that reference いただきもの(旧友にして畏友):

« 【ビッグイシュー】新年のご挨拶 | Main | 名古屋近代イギリス研究会例会のご案内(Reminder) »