« イギリス史研究会第27回例会 | Main | いただきもの(迷宮入り) »

いただきもの(都市史)

2か月ほど前に寄稿者のお一人からいただいて、いく人かの方のご論考は読了していたですが、なぜか余裕がなく、ウェブログには投稿できないでいました。Twitter で簡単なコメントをしてしまったので、おわったつもりになってしまったのかもしれません。以下、コメントはあまりかわりがないです。

「都市ルネサンス」論について、(おそらくは)日本で最初の論集である点を高く評価しなければなりません。まとまったかたちで出版されると集中して勉強ができます。1本が短めなこともあり、濃密な記述をこころがけていらっしゃるのでしょう。

ただし、いささか目についたのは、単語がそのままカタカナ表記になっていることです。バージェスやコートは何とかなりませんか。印刷面が白いのは好きですけれど、どこか“ルー語”みたい (^_^;)

20120729

中野忠・道重一郎・唐澤達之(編)『一八世紀イギリスの都市空間を探る——「都市ルネサンス」論再考』(刀水書房、2012年)

|

« イギリス史研究会第27回例会 | Main | いただきもの(迷宮入り) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/55308634

Listed below are links to weblogs that reference いただきもの(都市史):

« イギリス史研究会第27回例会 | Main | いただきもの(迷宮入り) »