« 朝の散歩 | Main | 日本西洋史学会へ行ってきた »

唐種招霊(カラタネオガタマ)

昨日のつづきです。

職場は県の埋蔵文化財センター、美術館、県立図書館のならびにあり、四つの施設で「ムセイオン・プロジェクト」などというものを構成していたりします。
※古代エジプトの「ムセイオン」について実態の多くはまだ不明ではないか、と専門的なつっこみはやめてくださいね <(_ _)> ……こちらのプロジェクトも同様ですから (^^;)

文教地区らしく緑がゆたかで、しかも、めずらしい植物をおがむことができます。そのうちのひとつがこれです。

20130501f

名前は唐種招霊と書き、カラタネオガタマと読みます。モクレンの一種らしく、なるほど花のかたちは似ていなくもないといえましょう。

20130501g

1本しかないので、まわりの木々に埋もれてしまい、しかもここは図書館・美術館の裏手になりますので、よけいに目立たない。でも、しっかりと年ごとに花をつける姿に励まされます。

20130501e
↑ 目立たないねぇ ヾ(^。^*)まぁまぁ

|

« 朝の散歩 | Main | 日本西洋史学会へ行ってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/57508158

Listed below are links to weblogs that reference 唐種招霊(カラタネオガタマ):

« 朝の散歩 | Main | 日本西洋史学会へ行ってきた »