« 名古屋近代イギリス研究会のお知らせ | Main | 名古屋近代イギリス研究会のお知らせ »

いただきもの(忘れないでいてくださる旧友より)

寄稿者の方々からいただきました。本当にありがとうございます。いずれの方も10年以上前からおつきあいのある方ばかりです。忘れないでいてくださることに、うまく感情を表現できることばがありません。

職場の窓からは毎日のように海が見えます。けれど、資料や文献の世界ではあまり海を意識しません。検討している材料が都市内に生起する事件のことが多く、川はときに舞台となるものの、海は現場になってこないからでしょうか。死刑囚は恩赦嘆願状のなかで海を越えた先に流刑されることを望んだりするですが、具体的にならないです。

海は隔てるものでなくてつなぐもの、と学部生のころにうけた師匠の「18世紀マンチェスタ社会論」ではならいました。思いだしつつ、読ませていただきます。

20130722

金澤周作(編)『海のイギリス史――闘争と共生の世界史』(昭和堂、2013年)。

|

« 名古屋近代イギリス研究会のお知らせ | Main | 名古屋近代イギリス研究会のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32205/57841792

Listed below are links to weblogs that reference いただきもの(忘れないでいてくださる旧友より):

« 名古屋近代イギリス研究会のお知らせ | Main | 名古屋近代イギリス研究会のお知らせ »