« March 2014 | Main | June 2014 »

April 2014

いただきもの(医療と身体、宗教とジェンダ)

おとなりの国立大学法人におつとめの方からいただきました。先に博士論文をもとに上梓なさったネドベドの国の中世史研究をいただいた方とは違い、こちらはイギリス文学に関連し、以前にはマージェリ・ケンプの著作を発表なさった方です。

どのような社会であっても人びとは一定の死生観をいだき、それは出生や死にかかわる儀礼、日常的におこなわれる医療行為にかぎらず、さまざまな生活実践のなかに表象されます。現代を生きるわたしたちは過去の社会の表象を、のこされたモノをつかい、一つ一つの根拠をたしかめ、照らしあわせながら知ることができるでしょう。そうした作業をおもに絵画と文章についておこなった成果が本作品ではないかと思います。著者は文学をお得意となさっていますが、「医師キリスト」などは松本宣郎さんのお仕事などを想起させますし、内科医・外科医などは明示的にR・ポータに言及していて、歴史学にも充分に足を踏みいれていらっしゃるといえるでしょう。

すこしあとの時代を勉強している者としては、解剖と外科医についてぜひともタイバン処刑場の騒擾をひいてほしかったとか、病院で祈り癒されたと語る箇所で、それは事実なのか、あるいは、テキストの記述にとどまるのかが不分明であるとか、イスラーム経由にふれながらも「西洋中世医学」の地理的な範疇がいまひとつわからないとか、ちいさな疑問はないわけではありません。しかし、個人が体験するかのように描きだされたイメジにうながされながら、さて、ここでツッコミを入れてみよう、と思わせてくれる筆力を楽しめました。

ありがとうございました。

Cimg0031

久木田直江『医療と身体の図像学――宗教とジェンダーで読み解く西洋中世医学の文化史』(知泉書館)

|

イギリス史研究会第32回例会のご案内

研究会の世話役の方から配信されたメールを引用します。連絡先情報など、一部は削除しました。ご了解くださいませ。

しかし、お知らせをいただくばかりで一度も参加したことがないな \(^^:;)...


イギリス史研究会会員のみなさま

イギリス史研究会第32回目の例会を下記の要領で開催いたします。今回は、アングロ・サクソン期のマーシアを研究されている内川勇太氏にご報告をお願いしています。また、コメンテーターには、鶴島博和氏にお願いいたしました。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願いいたします。なお昨年10月以降、例会の開催が大幅に遅れましたことを心よりお詫び申し上げます。これからも、何卒、宜しくお願いいたします。新井由紀夫


日時  6月14日(土)午後2時 ~ 午後6時
場所  明治大学駿河台校舎リバティ・タワー1103番教室(10階)
 キャンパスへのアクセス
 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
 キャンパス内マップ
 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

報告者とテーマ
内川 勇太氏(東京大学大学院博士課程)
「7世紀から11世紀にかけてのウースター司教区/フウィッチェ王国:政治的変遷を超えた連続性の考察」

コメンテーター
鶴島 博和氏(熊本大学)

世話役 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)

以下、内川勇太氏によるご報告の内容紹介です。ご参照下さい。

Continue reading "イギリス史研究会第32回例会のご案内"

|

« March 2014 | Main | June 2014 »