« November 2015 | Main | February 2016 »

January 2016

名古屋近代イギリス研究会・次回研究会のお知らせ(3月13日)

幹事の方からいただいたメールの一部を転載します。

名古屋近代イギリス研究会の皆様

 ご健勝でご活躍のことと拝察いたします。下記の要領で研究会を開催いたしますので、万障お繰り合わせのうえ、是非ともご参集ください。今回は、イギリスとの違いを理解することを目的として、フランス史の事例を伺います。お
知り合いの方でフランス史に関心をもたれている方にもお声をかけてください。

〈開催要領〉
開催日時: 2016年3月13日(日)14:00-18:00
会  場: 「ウィンク愛知」(愛知県産業労働センター)15F
      愛知県立大学サテライトキャンパス
      (〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
      http://www.winc-aichi.jp/access/

発  表: 田中拓道(一橋大学)
      「公と民の対抗から協調へ--19世紀フランスの福祉史」

備  考: 会終了後に懇親会を開催します。
      参加希望の方は3月7日(月)13時までに以下までご一報
      ください。

問合せ先: 愛知県立大学外国語学部(教授)大野誠

|

新春来福2016

新 春 来 福

あたらしい年をご健勝におむかえのことと存じます。

旧年の春に検査をうけ、さいわいなことに、主治医から「卒業としましょう」のことばをいただきました。病後の5年あまりは一歩一歩を踏みしめてすすむ大切さを教えられる期間でした。

恭輔は浜松での研修後に静岡の店舗に配属となり、自宅から通勤しています。ひとり暮らしはまだ先のことでしょう。一生は4月から修士1年です。農学系の実験系ですから、あっという間の2年かもしれません。尚子は時間や所在のバラバラな男どもをつなぐ要の役をつとめながら、観劇や絵画の鑑賞にあちこちへでかける予定です。

本年も変わらぬご交誼のほど、よろしくお願い申しあげます。

2016年1月

栗 田 和 典

|

« November 2015 | Main | February 2016 »