« 今川さん | Main | 二度目のご退職 »

「今後の勉強の参考にしたいので」うんぬんかんぬん

うらおもて13年にわたってつとめた教務委員をまもなく引退します。4度目の委員長は研究科も兼任でしたので、教授会のある火曜日は一度も欠席することができず、しかも、教授会 → 研究科委員会の順で開催される初っぱなからおわりまでつきあい、かといって教授会のない火曜日はゼミをやりますから、結局のところ、いきたかった展覧会をあきらめたことも一再ならずでした。土曜・日曜の上野公園あたりの混雑を思えば、平日にゆっくりと国立西洋美術館などを見てまわれるのは、わりと時間が自由な、しかし収入に辛いこの職業にゆるされた数少ない贅沢でしょう。来年度には、月曜休みの多い美術館・博物館へ隔月くらいでいけるかもしれません o(^o^)o

教務を終えるにあたり、ひとつだけあたらしい制度をつくりました。成績確認制度というものです。非常勤講師(「出稼ぎ」ともいう)先の某大学では雇われた3年前にすでに運用されていましたし、昨夏のGB長のおみやげは長○県立大学の「成績異議申立書」の写しでした。息子2号にたずねたところ、1年生のころに利用したことがあるといっていました。つまり、印象ではありますが、制度をもうけている大学がそこここにある気がします。もちろん、様子見の多いわが社はいかなる部局にもありません。

画策していたのは秋口のころで、いいぐあいに事件がありました。成績のつけまちがいがいです。受講生の多い科目でしたから、「やらかしましたね」度も高かった。オムニバス形式の授業で、評価点の算出方法の軽度なミスでしたけれど、200人弱に影響がおよびました。

じつは、アタシの担当しているオムニバス形式の授業でも1年前につけまちがいがありました。90点を0点にしたとかいう、おそらくはキーボード操作のあやまりに起因したものです。対象者が200人弱と1人という大きなちがいはあり、あとケアの規模にもそれにともなう人的な労力にも大差が生じますが、しかし、「あってはいけないよね」という点でやらかしぐあいは変わらないかと思います。

秋口の事件を反省する気運も手伝ってくれたのか、こういう制度をつくりますという提案は、制度の運営方法などのなかみはモヤッとしかあかさないままでも、ほぼ反対なく是認されたのでした。一言居士の目立つわが社ではめずらしいです。つけられた意見は、事務方の負担増を避けるべきとか、いま現在でこういう対応をとっているとか、前向きなものばかりで、何か拍子抜け感すらもただよいます ヾ(^。^*)まぁまぁ

そのあとは内規づくりです。あちらこちらの文言を拝借して――こういう作業は作文でなく、借文にすぎません。パクりともいう。ちなみに、アタシの英作文はほとんどが英借文になっています σ(^◇^;)――でっちあげました。そういえば、おなじころにシラバス作成のガイドラインをつくってくれといわれ、これまたあちらこちらの文言を拝借し、1日ででっちあげたのはナイショにしておいてください。この内規案については、漢字にしろ、「原則として」なら原則からはずれる事例を示せ、て・に・を・はをかえろ、こっちの表現にしろ、とかいう相変わらずのツッコミが入りまして、静岡弁でいう「やっきり」したですが、漢字が多いと画面が黒くなって読みにくい、内規に事例はいらない、て・に・を・ははそれじたいがレトリックである、他大学でつかわれる定型表現にしたがう、といって切りぬけ、さらにとどめに「これは内規条文でなく、手続きにかんする申しあわせとしておいて、文言を確定させた条文は制度をしばらく運用したのちにきめる」なる経験主義への誘導策を弄して、決定してもらいました。

ついにできた、めでたし、めでたし、です。紙媒体シラバスの追放はできなかったけれどな。

長いので、ここから先は「続きを読む」に移動させます。


さて、上述のやらかしがあったから、というのは表向きの/公的な理由です。裏の(?)、もっと個人的な理由がありました。数年前からタイトルに示したようなメールがくるようになり、これらを撲滅したかったからです。どういうメールか、いくつか拾いだしてみましょう。

先生 こんにちは。

成績についてお聞きしたいことがあります。私の成績は不可でした。ですが、私は授業で触れたものから興味のあるものを選び、できる限り多くの資料を集め精一杯レポートに取り組み、前期に返却されたレポートの注意点も参考にしました。どうして不可だったのか分かりません。教えてください。できれば改善点も教えていただけるとありがたいです。

算数の問題を解法の検討でなく、できてもできなくてもこなした問題数で評価してほしい、ということでしょうか。

こんにちは。

今回、成績評価について少しお伺いしたいことがあったので、メールさせていただきました。
大変失礼ではありますが、今後のレポートに生かすためにも、私のレポートの改善すべき点を教えていただけないでしょうか。
不可になった理由を教えていただきたいです。
そして大変恐縮ですが、その改善点をきちんと整理し、もう一度挑戦したいので、何か措置をを検討してはいただけないでしょうか。

なぜあなたに「だけ」、「もう一度挑戦」する権利があるのでしょうか。

こんばんは 講義を受講させていただいたのですが、成績が不可でした。 次年前期の履修の際にも参考にさせていただきたいので、どういった理由で不可になったのか教えて下さい。 お手数おかけして申し訳ございません。よろしくお願い致します。
本日の成績公開で自分は残念ながら英米文化論Bの成績が不可という結果でした。 来年度以降の勉強と反省にいかせるために今回の不可となった原因またはレポートの評価についてコメントをいただきたいです。

どれもこれも似たような文言です。どこかに例文があるかもしれません。でも、最後のものなどは日本語として奇妙なので、例文の有無は謎です。

最初の二つのように、いつもおなじように返信してきました。すなわち、当該のレポートには提出要領が示されています。提出要領には評価基準と要点が書いてあり、読めば(前期の場合には1コマ分をつかっていっしょに読みながら確認する)わかります。自分の提出したレポートを読みかえすこともなく、ただ機械的に「なぜ不可ですか」というメールを送るのは、すくなくとも入学したばかりでない大学生として自省がなさすぎるとみなされるでしょう。しかも、本学には成績への質問や異議申し立ての制度はありません。根拠規程のないことすらわかりませんか、と。

別のところでつぶやいたことがありますが、絶対の自信がなければ「不可」はつけません。もっとも多い理由は「問いに答えてない」「問いそのものがない」です。そのつぎは、根拠の注にページが示されていない=ただの参考文献の表示にとどまっている、です。(いまの職場に着任したとき、読んでいない書籍を「箔をつけるため」と公言して参考文献に平然と記入するのを知って、唖然とした記憶はいまだに鮮明にのこっています。)「問いに答える」という論述レポートのイロハが学生にわかっていない。教職必修の科目を受講している、将来に教員になる可能性のある学生が、「根拠をもって文章を書く」ことができない。そういう状態を端的に嫌悪します。

成績確認制度のキモにしたのは、たずねる側=学生に、たずねるための根拠を書かせることでした。シラバスでもよいし、アタシのような提出要領でもよいし、返された答案でもよいし、講義や読書のノートでもよい。ポートフォリオにしているなら、それをつかってもかまいません。何かをもとめるのであれば、もとめるための根拠を示してくださないな。

|

« 今川さん | Main | 二度目のご退職 »