« 名古屋近代イギリス研究会(10月27日)のお知らせ | Main

芝生園地

職場の隣りには↓のような芝生園地があります。誰でも利用できる居心地のよい場所です。晴れや曇りの朝にはヒコーキをとばしている方々がいらっしゃっていて、ゴムの動力でとびだし、風に吹かれてあちらこちらにすすんでゆくのをたのしんでいらっしゃいます。

カメラが自動的に効果をつけてくれました。

20180913a 20180913b

20180913c 20180913d

20180913e 20180913f


じつは、隣りというのは正確でなく、園地の管理も職場の責任です。とくに、芝生の管理ともなると、詳細はわかりかねますが、おそらくは学生ひとりにかける費用よりも大きな額が必要ではないでしょうか。なのにまぁ、球技をしないでねとの看板を無視してサッカーしていたりしますから、芝生は剥げます。1年以上も時間をかけて修復されたのが↑の姿です。

できれば、大事にしましょうぜ。

|

« 名古屋近代イギリス研究会(10月27日)のお知らせ | Main