« September 2018 | Main

October 2018

世界脳卒中デー(World Stroke Day)

今日10月29日は「世界脳卒中デー」です。公益社団法人日本脳卒中協会のウェブサイトにも毎年、この日の位置づけや企画が掲載されています。2018年の呼びかけはこちらをご覧ください。

さて、アタシも9年ほど前に2か所の脳動脈瘤が未破裂の状態で見つかり、それぞれに異なる方法による手術をうけ、今日まで生きのびてきました。手術じたいの後遺症もなく、率直にいって、幸運であったと自覚しています。ただし、幸運はわけることができません。それでも、自分の経験はわけられるはずですから、これまでも SNS でつぶやいてきました。今年はいままでのつぶやきをまとめて以下に掲載します。これからもつぶやきつづけるはずです。

まずは、2010年のものです。もっとも長くなりました。

今日10月29日は「世界脳卒中デー」と新聞にあった。2年ほど前の11月なかば、職場の指定年齢の脳ドックを受診し、MRI 検査で脳動脈瘤を指摘された。さらに、総合病院で3次元 CT 検査によって2か所めが見つかった。当初、この病気が何をもたらす可能性があるのかさえ、知らなかった。

脳卒中は、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血がおもな原因とされる。脳動脈瘤はこのうちのくも膜下出血につながりやすい。未破裂の状態の瘤は自覚症状がほとんどないこともある。しかし、瘤の部分は、いわば変形して弱くなっている部分であるから破れる可能性が高い。

未破裂脳動脈瘤の予防治療は、開頭手術によるクリッピング術と血管にカテーテルを入れておこなう塞栓術とがある。破裂した瘤にもおなじ治療がおこなわれるが、発症後の場合は処置までの時間が問題になる。いったん死亡した脳細胞は生きかえらないので、重篤な障害がのこる可能性は高い。

未破裂、すなわち、発症していない段階であれば、手術に必要な検査をおこない、瘤の位置を特定したうえで治療が可能である。そして、脳動脈瘤を発見できるのは現在のところ、脳ドックを受診するしかない。はげしい頭痛などの症状があれば、検査の機会を待たずに脳神経外科を受診するべきである。

症状がまったくない状態で病気を指摘されたとき、正直なところ、手術の決断をするまで時間がかかった。いまでも、それが正解であったか、自信はない。それでも、すくなくとも検査はうけるべきであるといいたい。所見がなければそれでよいし、もしも見つかれば、それから考えればよいのだ。

Continue reading "世界脳卒中デー(World Stroke Day)"

|

横綱 輪島

短くつぶやいたものの、すこし長めに、ひさしぶりに書きたい欲を解放してみることにしました。本日に告別式が執り行われたと、23時すぎに知ったからでもあります。

まちがいなく田舎の小学生・中学生・高校生でしたから、横綱(第54代)を張った輪島さんと個人的にはいっさいの面識もなく、大相撲の場所にでかけたこともなく、ただただテレビやラジオや新聞で名前や声や姿を見て応援していただけです。たまたま大相撲というスポーツにはじめて関心をもったころに、十両から幕内へ、幕内の下位から三役、大関、横綱へ、あっというまに出世をしていった相撲取りです。そして、引退するまでひたすら応援した、ただひとりのお相撲さんでした。たしか、最後の取組で負けた相手は、琴風(いまの尾車親方)でしたかね。

輪島さんがデビューした1970年は、祖母が長患いのために入院生活をしていた東京へ、隔週くらいで見舞いにいっていました。朝は7時前に出発し、帰宅するのは18時か19時すぎの日程でした。半世紀近く前のことですから、父や叔父の運転する自動車に子どもが遊べるような付属品はなく、せいぜいのところ、車内では本や新聞を読んだり、ラジオを聞いたりするくらいしか、暇つぶしはありません。妹がいっしょのときは歌番組を流して歌っていた気もしますが、運転手にはやかましかったことでしょう ヾ(^。^*)まぁまぁ

春や夏には野球をラジオで聞いていたですが、場所がある年6回は帰路の東名高速道路で中継に興奮しました。光司さんの貴乃花でなく、利彰さんの貴ノ花と、いまもかっこのよい(当時は「現代っ子」と呼ばれていた)北の富士との「かばい手」でもめた一戦などは、ラジオの中継だけでは頭のなかで場面を想像できず、でも、興奮しまくっていったいどのような体勢になっていたのかと翌日の朝刊の写真を何度も何度もながめてみたほどです。アタシのまわりにいる運動のできる友だちは、ほぼみながサッカー少年団とかかわっていました(そういう土地柄ですから)。あるいは、ソフトボールだけは地区大会がありましたから、野球好きはそっちに流れていたはずです。でも、運動が得意でないので、ソフトボールとはちょっぴりかかわりましたが、サッカーには近づかず、ぎゃくにそういう人たちがあまり興味をもたなかったから、相撲が楽しみになったのかもしれません。

記憶にのこっているかぎり、輪島さんは新入幕のときに勝ち越しました。つぎの場所は幕内の中位になって、大きく負け越しています(4,5勝しかできなかったはず)。その場所の千秋楽の対戦相手が、たしか豊山だったか、金剛だったか、のちにはあまり強くならなかった力士で、しかし、突き押しから一直線に寄り切りられて負けた姿をテレビで見ました。さらにショックであったのは、解説者が“覇気のない相撲取り、元気のない取り口をやっているようではダメだ”といったコメントで腐したことです。のちのちもそうですが、どちらかといえば筋肉質で、前すぼみの肩のために姿勢が悪く見え、力まかせというよりは技巧派の印象がする、さらにいえば、大成しないといわれる左下手を得意とした(というよりも、右からの押っつけが強かった)、もうひとついえば、立ち会いにほぼ変化しなかった相撲が、それでも勝てなければダメなのか……。負けないように、勝てるように、ずっと応援したくなりました。

父や叔父と相撲で遊んでもらったとき、近所の友だち(いまは北海道にいる「泣いた赤鬼」の赤鬼・青鬼コンビ)と砂場でレスリングごっこをしたとき、よく左下手出し投げのような技を繰りだしたのは、端的にマネです。だれもまともに投げられませんでしたが(非力で、かつ、右利きですし、くずす技もないので)、それで満足でした。

その後は、北の富士、貴ノ花、北の湖はもちろん、高見山や豊山、のちに横綱になる千代の富士や大関になる琴風などと対戦し、勝ったり負けたりするのを観戦しました。アタシが高校生のころ、勝てなくなって、休場も多くなったけれど、それでも、高校1年のときには全勝優勝すらしましたし、前半戦で負けても最後まで北の湖関を追いかけ、千秋楽までを盛りあげていたように記憶しています。敗れても練習して復活する、そういう筋書きをたしかめさせてくれる存在で、高校を卒業後に入学した大学を中退し、“どうしよう”と迷っていたアタシがまたもマネしたい筋でもありました。

正直なところ、引退後はよく知りません。そのころはテレビのない下宿生活をしていましたし、新聞や週刊誌をながめることはなかったからです。プロレスラーになったときは、「うーん」という感じでした。

自動車でいっしょにラジオを聞いた父も叔父も、入院生活をしていた祖母も鬼籍に入って、あのころの記憶を共有できる人は身近にいません。さびしいなぁとつぶやくことも多い今日このごろ、平成の末年です。

|

« September 2018 | Main