« April 2019 | Main | July 2019 »

May 2019

名古屋近代イギリス研究会のお知らせ


一部を省略などしてととのえ、幹事役の方からのメールを登載します。ただし、今回の報告者のひとりがアタシなので、照れというか、恥ずかしいというか、そういう感じのあることは否めません。もちろん、もうひとりの報告者は万全、鉄板でしょう (。・・。)


─────────────────────────(ここから
みなさま
奥田です。
この2,3日真夏のような暑さとなっておりますが,いかがお過ごしでしょうか。
さて、少し先のことですが、8月3日(土)に名古屋近代イギリス研究会を下記の要領で開催いたします。
今回は、近代イギリス研究会の founding fathers お二人のご報告です。
それぞれに興味深いご報告がうかがえることと存じます。
 
前期末試験のさなか(今年に限って言うと前期講義の最中かもしれません)の開催ではありますが、どうぞふるってご参加下さい。
なお、いつも通り、終了後に懇親会を予定しておりますが,こちらにつきましては追ってご連絡させていただきます。
 
では8月にみなさまにお目にかかれることを楽しみにしております。
 
*****************************************
名古屋近代イギリス研究会
 
<開催要領>
開催日時: 2019年8月3日(土)13:30-18:00  (開催時間がいつもより早くなっております。ご注意下さい)
報告者、報告タイトル:
(1)大野誠(立正大学)
  「転機を迎えた18世紀後半のイギリス美術・工芸界:展覧会開催の3団体」
(2)栗田和典(静岡県立大学)
  「解剖実習用の死体の供給:19世紀はじめの墓あばき業者の活動」
 
会  場: 名古屋市立大学滝子キャパス1号館(人文学部棟)6階現代社会学科会議室(614)
     交通アクセス:http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
     キャンパスマップ:http://www.nagoya-cu.ac.jp/campus-map/takiko.html
 
備  考: 研究会終了後、懇親会を行います。
      懇親会につきましては、後日ご連絡させていただきます。みなさま、是非,こちらにもご出席下さい
 
問合先 : 研究会についてのお問い合わせは奥田伸子あてにお願い申し上げます。
 
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学人間文化研究科
Nobuko Okuda
Graduate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City University
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

|

« April 2019 | Main | July 2019 »