« November 2019 | Main | January 2020 »

December 2019

特別講義 英米の国民国家構築とフランクリン・イメージの変容

東京外国語大学名誉教授 金井光太朗 さんをお迎えして、以下のような特別講義を開催いたします。大西洋を横断する政治と思想と表象をあつかう醍醐味を堪能できる講義です。みなさまのご来聴を歓迎いたします。

ダウンロード - 20191212kanaiflyere59ca7e7b8aee6b888e381bf.pdf

日時:2019年12月12日(木)14時40分から

場所:国際関係学部棟3314講義室

金井光太朗さんとはじめてお会いしたのは、たしか30年以上も前の大学院のゼミでした。近藤和彦先生のゼミには院生・ODだけでなく、近隣の大学の多くの方々が出席していました。金井さんの最初の発表には、D・ヘイやJ・ラングバインなどが登場し、「おお、これって犯罪史やってる人か」と誤解したものです。

あっというまに時間は流れますが、あのころとおなじように、熱く英米を語ってくださると信じています。

追記に、いただいている講義の概要文を載せておきます。

Continue reading "特別講義 英米の国民国家構築とフランクリン・イメージの変容"

|

イギリス女性史研究会「『長い18世紀』の女性の旅のナラティヴ」のお知らせ

イギリス史研究会から送られてきました。転載します。

ダウンロード - jwhne7acac33e59b9ee5a4a7e4bc9ae3839de382b9e382bfe383bc.pdf

 

第33回 イギリス女性史研究会ご案内

 12月のイギリス女性史研究会の第33回研究会は、以下の要領で開催されます(添付のPDFをご覧ください)。今回は18世紀の女性の旅行記についてのシンポジウムとなっております。文学と歴史の刺激的な対話となりますよう、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

※ イギリス女性史研究会では、子育て中の研究者を応援しています。赤ちゃん連れの参加にも、ご理解をお願いします。サテライト会場(スカイプで会場と接続)もご用意しております。

※ 当会会員以外の方からは、資料代として500円をいただきます。(入会希望の方はお知らせください。年会費は 一般会員:3000円 /院生:2000円です。)

【プログラム】

趣旨説明 13時ー1310分    志渡岡 理恵 (実践女子大学)

報告1. 1310分ー1340分 「女性たちの大西洋往還と創作の磁場―ポカホンタス、ベーン、モル、ウィンクフィールド」 原田範行(慶應義塾大学)

報告2. 1345分ー1415   「歴史の現場からのリポート ― 1840年以前に出版された女性の旅行記」 志渡岡 理恵

小休憩

報告3. 1425分ー1455分   「啓蒙とロマン主義の「文人」たち ― 「長い18世紀」のスコットランドと女性の旅行記」 松井 優子(青山学院大学)

報告4. 15時ー1530分 「旅の変容と変貌するネイション ― アイルランドが育む女性の言説」   中村 哲子(駒澤大学)

休憩

コメント 16時ー1630分     指 昭博(神戸市外国語大学)

質疑応答  1630分ー1720

懇親会   18時ー20

Continue reading "イギリス女性史研究会「『長い18世紀』の女性の旅のナラティヴ」のお知らせ"

|

合同ゼミ学生発表会2019

超ショートノーティス(突然のお知らせ)で失礼します。

本日の午後に「合同ゼミ学生発表会2019」を開催します。発表順のファイルを貼りつけておきますので、お急ぎでない方はお立ち寄りくださいませ。場所は、国際関係学部棟3階3316講義室です。

出入りは自由ですから、ご遠慮なく。

ダウンロード - e4bfaee6ada3e78988_e799bae8a1a8e9a0862019.pdf

ダウンロード - e4bfaee6ada3e78988_e799bae8a1a8e9a0862019e59ca7e7b8aee6b888e381bf.pdf

 

|

« November 2019 | Main | January 2020 »