イギリス史研究会第42回例会のご案内

幹事の方からいただいたメールを転載します。

─────────────────────────(ここから)
イギリス史研究会第42回例会を下記の要領で開催いたします。

今回は、ドイツ近代都市史・都市計画史やイギリスの都市計画運動などについて研究されている馬場哲氏にご報告をお願いしています。馬場氏は、ドイツとの関連でイギリスの都市計画運動に多大な関心を持たれ、昨年刊行の著書『ドイツ都市計画の社会経済史』でも、第Ⅳ部はその研究に当てられています。また、コメンテーターには、『近代英国実業家たちの世界:資本主義とクエイカー派』(1994年)や『禁欲と改善:近代資本主義形成の精神的支柱』(2017年)などの著書で知られ、またB・シーボーム・ラウントリーなどにも強い関心をお持ちの山本通氏にお引き受けいただきました。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。

10月開催予定の第43回例会については、後日改めてご案内をさせていただきます。そちらの方も奮ってご参加願います。何卒、宜しくお願いいたします。


日時  7月1日(土)午後2時 ~ 午後6時
会場  明治大学駿河台校舎(JR御茶ノ水駅)リバティ・タワー1146教室(14階)

報告者とテーマ
馬場 哲 氏(東京大学大学院経済学研究科)
「20世紀初頭におけるイギリス都市計画運動とドイツ」

コメンテーター
山本 通 氏(神奈川大学名誉教授)

[関連業績]
馬場哲(2016)『ドイツ都市計画の社会経済史』東京大学出版会
Ashworth, W. (1954), The Genesis of Modern British Town Planning: A Study in Economic and Social History of the Nineteenth and Twentieth Centuries, London.〔邦訳W・アシュワース(下總薫監訳)(1987)『イギリス田園都市の社会史―近代都市計画の誕生―』御茶の水書房〕

世話役 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)

【連絡】
次回以降、世話役は佐藤が退き、新井、永島剛(専修大学)、山本信太郎(神奈川大学)が担当することになります。また連絡担当は新井から山本に交代いたします。今後とも宜しくお願いいたします。

以下、馬場哲氏によるご報告の要旨です。ご参照下さい。

Continue reading "イギリス史研究会第42回例会のご案内"

|

『痛みと感情のイギリス史』合評会

いただきものとして掲載し、つたない感想を述べる前に研究合評会のお知らせをいただいてしまいました。いろいろな意味で美しい作品であるだけに、評される機会が多く早いのもむべなるかなといったところでしょうか。イギリス史研究会からいただいたメールを転載します。

─────────────────────────(ここから)
【公開セミナー】
歴史学と感情研究―『痛みと感情のイギリス史』合評会―

日時:6月17日(土)13:30~17:30
会場:東洋大学(白山)10号館1階  A105教室

森田直子氏(立正大学・近代ドイツ史)
 《ちちんぷいぷい、痛いの痛いの、飛んでいけ!》-痛みはどこへ

坂本邦暢氏(東洋大学・科学史)
  情念の存在理由―学問史からの接近

痛み・感情研究と文化史の展開、歴史学の現在についてフロアのみなさんと考えるラウンドテーブル。
『痛みと感情のイギリス史』執筆者から4名が出席します。
詳細は添付を、また最新情報は下記をご覧ください。
https://www.facebook.com/Itami2017/

主催:東洋大学井上円了記念助成 
   人間科学総合研究所プロジェクト「グローバル時代の歴史学」
問iい合わせ:東洋大学人間科学総合研究所(後藤・渡辺)
─────────────────────────(ここまで)

|

名古屋近代イギリス研究会(7月22日)のお知らせ

研究会の幹事の方からのメールの一部を補修して、転載します。

みなさま

奥田です。
新緑の美しいころとなりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
新年度の講義も軌道にのり、お元気でご活躍のことと存じます。

さて、下記の要領で名古屋近代イギリス研究会を7月22日(土)に開催します。スコットランド研究の第一人者、富田理恵さんに最新のご研究の報告をしていただきます。
前期末が近づく日程ではありますが、多くの方のご参加をお待ちしております。
なお、今回は会場が名古屋市立大学滝子キャンパスです。お間違いないようお願いいたします。
研究会終了後は懇親会も予定しております。こちらのほうもふるってご参加ください。

では、7月にお目にかかることを楽しみにしております。

報告者 富 田 理 恵 氏
報告タイトル 万人司祭の原理とスコットランド近世史(1560-1690年)――水平と垂直の聖餐式――
日時 2017年7月22日(土) 14:00~18:00
会場 名古屋市立大学滝子(山の畑)キャンパス人文社会学部棟(1号館)・6階 614号室(現代社会学科会議室)
http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html

懇親会は、地下鉄桜山駅付近を予定(予約の都合上参加申込が必要です。7月14日までに奥田にお願いします。)
連絡先 奥田伸子 (okudaここにアットマークをいれてくださいhum.nagoya-cu.ac.jp)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学 人間文化研究科

Nobuko OKUDA
Graduate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City University

|

イギリス史研究会第41回例会のご案内

研究会の幹事の方からのメールの一部を修正して転載します。
わずかにかかわったことのある企画です。


イギリス史研究会のみなさま

イギリス史研究会第41回目の例会を、「西欧中・近世における書簡とコミュニケーション」科研研究会との共催にて下記の要領で開催いたします。今回は、『オックスフォード ブリテン諸島の歴史』(全11巻)(慶應義塾大学出版会)の完成を記念して、日本語版監修者の鶴島博和先生をはじめとして、幾人かの監訳者の方がたにお集まりいただきシンポジウムを開催いたします。監訳者のかたには、翻訳の苦労とか担当巻の特徴など、それぞれ20分程度お話しいただき、フロアの質問も交え、最近の研究動向や、イギリス史の将来について等討論したいと思います。年末のご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願いいたします。
なお、第41回例会終了後、年末恒例の忘年会も予定しております。そちらの方も奮ってご参加願います。何卒、宜しくお願いいたします。


日時  12月17日(土)午後2時 ~ 午後6時
場所  明治大学駿河台校舎 リバティ・タワー1133番教室 (13階)

登壇予定者
有光秀行氏(東北大学)
鶴島博和氏(熊本大学) 日本語版監修者
井内太郎氏(広島大学)
坂下史氏(東京女子大学)
高田実氏(甲南大学)

世話役 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)

|

名古屋近代イギリス研究会の開催案内

研究会の幹事の方からのメールの一部を修正して転載します。

師走も近くなり,急に冷え込んでまいりましたが,みなさまいかがお過ごしでしょうか.
さて,次回の名古屋近代イギリス研究会を来年1月7日(土)に下記の要領で行います.
今回は,中部大学の本内直樹さんが第2次世界大戦後の戦後復興にかんするご研究を報告されます.

イギリスのEU離脱やトランプ現象が「取り残された人々の異議申し立て」という側面を持つことがしばしば指摘されておりますが,とすれば,戦後イギリスの出発点における社会への認識を検討することは今日的な意義のある視座かと思います.

新年始まってすぐの日程ですので,すばらしいご報告を聞いて2017年のご研究に一層の弾みをつける機会にしていただければと存じます.

いつもどおり,研究会の後には懇親会も予定されています.こちらは新年会を兼ねることになります.是非ご出席くださいませ.多くの方のご出席をお待ちしております.

では,1月7日にお目にかかることを楽しみにしております.
非常に気が早いのですが,よいお年(とその前によい年末)をお迎えください.

以下,ご案内です.

*****************************

<名古屋近代イギリス研究会の開催案内>
開催日時
2017年1月7日(土)14:00~17:30

会場
愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)15階
愛知県立大学サテライトキャンパス
http://www.winc-aichi.jp/access/
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-4-38
電話: 事務室 052-563-3123

発表
本内 直樹(中部大学)
「第2次世界大戦期イギリスの社会調査と戦後再建構想--G.D.H.コールのナフィールド・コレッジ社会再建調査(1941-1944年)について--

備考
会終了後、懇親会を開催します。ご参加の場合は12月28日(月)正午までに以下の問合せ先まで必ずご連絡ください。(会費5000円程度)

問合せ先
大野 誠(愛知県立大学外国語学部)

以上

****************************
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学 人間文化研究科

Nobuko OKUDA
Graduate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City University
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

|

イギリス史研究会第41回例会のお知らせ

幹事の方からのメールを転載します。

イギリス史研究会のみなさま

イギリス史研究会第41回目の例会下記の要領で開催いたします。今回は、『オックスフォード・ブリテン諸島史』(慶應義塾大学出版会)全巻訳が完成したことを記念して、監訳者の方々に集まってもらいシンポジウムを行います。登壇者は日本語版総監修者である鶴島博和をはじめとして、2~3巻につきお一人を予定しております。監訳者の方には、翻訳の苦労とか担当巻の特徴など、それぞれ20分程度ずつお話しいただき、フロアの質問も交えて討論していただく予定です。なお詳細につきましては追ってご連絡いたします。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。また第41回例会終了後、年末恒例の忘年会も予定しております。こちらにもふるってご参加ください。

日時 12月17日(土)午後2時 ~ 午後6時
会場 明治大学駿河台校舎 リバティ・タワー 1133番教室(13階)

世話役 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)

|

【特別講義】ビートン夫人のシークレット・ライフと家庭経営

19世紀イギリス社会をジェンダーの観点から研究なさっている山田千聡(やまだ・ちさと)さんを名古屋からお招きします。BBCで放映された The Secret Life of Mrs. Beeton にふれながら、明治日本にも入ってきた彼女の家庭経営とその背景、位置づけについて講義していただけるはずです。

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

講師:山田 千聡 氏(MA in History, Royal Holloway, University of London)
日時:2016年10月20日(木)13時00分から14時30分まで
場所:静岡県立大学国際関係学部棟2階3215講義室

「【特別講義】ビートン夫人のシークレット・ライフと家庭経営のフライア」をダウンロード

|

イギリス史研究会第40回例会のお知らせ

幹事の方からのメールを転載します。

イギリス史研究会のみなさま

※今回は、10月23日(日)に駿河台校舎でホームカミングデーが開催されることから、会場を和泉校舎(京王線・井の頭線明大前駅)に変更いたしました。駅から徒歩5~10分です。お間違えなきよう、よろしくお願いいたします。

イギリス史研究会第40回例会を下記の要領で開催いたします。今回は、近世・近代のイギリス東インド会社やコーンウォルのすず鉱業の歴史(女性史も含む)などを研究されている水井万里子氏にご報告をお願いしています。また、コメンテーターには、18世紀イギリスの議会政治史を中心に研究されている青木康氏と17世紀のラテン・アメリカ史、中南米国際商業史を研究されている伏見岳志氏にお引き受けいただきました。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。

なお、今回だけは事情により、会場は駿河台校舎ではなく和泉校舎(明大前駅)になります。くれぐれもお間違のないようお願いいたします。正門入って左手の新しい建物になります。12月開催予定の第41回例会については、後日改めてご案内をさせていただきます。そちらの方も奮ってご参加願います。何卒、宜しくお願いいたします。


日時: 10月22日(土)午後2時 ~ 午後6時
会場: 明治大学和泉校舎(京王線・井之頭線明大前駅)要注意!
 メディア棟304教室(3階)
報告者とテーマ
水井 万里子 氏(九州工業大学)
「近世・近代コーンウォル地域史研究の展望――すずの『資源連鎖』から――」
コメンテーター
青木 康 氏(立教大学文学部)
伏見 岳志 氏(慶応大学商学部)
[関連業績]
水井万里子「近世イギリスのスタナリ議会」青木康編『イギリス近世・近代史と議会制統治』吉田書店、2015年、253~276頁。
水井万里子「近代コーンウォルにみる女性たち―鉱業と移動の視点から―」水井万里子、杉浦未樹、伏見岳志、松井洋子編著『世界史のなかの女性たち』勉誠出版、2015年、74~83頁。

世話役: 新井由紀夫(お茶の水女子大学)・佐藤清隆(明治大学)
連絡先: 佐藤清隆 文学部

以下、水井万里子氏によるご報告の要旨です。ご参照下さい。

Continue reading "イギリス史研究会第40回例会のお知らせ"

|

いただきもの(海はいいね)

古い友人からいただきました。

2014年に立教大学で日本西洋史学会第64回大会が開催されました。ポスター発表が大々的にとりいれられ、部会発表のなかったあの大会です。いくつかシンポジウムが用意されていましたが、唯一、参加した「北大西洋海域の船をめぐる文化空間と海民のリテラシ——海を飼い馴らすために」を基盤の一つにしておられます。

シンポジウムは盛会で、開始時刻にわずかに遅刻しただけで席をさがすのに苦労しました。神奈川大学のシンタロウさんが会場係で、空席に案内していただいたことをおぼえています。本をくださった友人とわりと近い席になり、発表者のおひとりには現在も職場に非常勤にきていただいている(受講者数が前任者にくらべて10倍増という人気!)、ふしぎな縁(えにし)のある共同研究です。

この3月から、ブラタモリではないですが、地元の河川交通・海運に興味をもって文献あさりと現地歩きをしています。対象となる川は二つあり、うち一つの川のぼりはきつく、往年の人足のわらじには踵の部分がありません。常時、つま先立ちで荷船をひいていたからとの説明がされていました。もう一つの川は対照的に高低差がなく、いまだに氾濫をする海のような川です。交易の点でいえば、急流のほうは遠隔の点をむすび、ゆるやかなほうは近隣の平面をつなぎあわせる、などと比較するだけで楽しくなります。土だけでなく、流動する水を相手にする楽しさとでもいいましょうか。

そうした楽しさで先行している方々の研究から、楽しさをまたさがしだしたいと思います。
ありがとうございました。

20160917

田中きく代・阿河雄二郎・金澤周作(編)『海のリテラシー——北大西洋海域の「海民」の世界史』(創元社、2016年)。

|

先生からいただいた2冊の本

先生からいただいた本が今年だけで2冊になりました。1冊は『イギリス史10講』(岩波新書、初版第1冊は2013年)の7刷で、もう1冊は話題の新刊、古谷大輔・近藤和彦(編)『礫岩のようなヨーロッパ』(山川出版社)です。両方ともようやく通読はしたものの、あいかわらずだらだらとつづく日ごろの業務にくわえ、8月はじめにでかけた集中講義とその準備とあとのダメジからの回復(笑)でお礼を申しあげるのがおそくなってしまいました。

あらためて申しあげます。

ほんとうにありがとうございます。
2冊とも笑みをうかべながら楽しく、ときに嘆声をあげながら読みました。

今年度は人数がすくないこともあり、残念ながらべつの本をとりあげましたが、『イギリス10講』は一昨年、昨年度のゼミの3年生が1講ずつを担当して発表する課題図書でした。極端な感想をいう学生によれば、「字ばっかりで、ほんとむずかしいっ」らしいです(苦笑)。通史や概説であるから、新書や文庫であるから、といってなまくらに向かうと、旋回感をおぼえるのは、『世界歴史大系イギリス史2』や『西洋世界の歴史』(いずれも山川出版社)とおなじです。イギリス史入門としてはたしかにむずかしいかもしれないので、一度の読書ですべてを理解できなくてもよい、と彼ら彼女らに覚悟させています。ゼミの担当教員はわからなかったところをいっしょに考えるためにいるのですから。学部学生が精読や味読という読書法を身につける題材として、『10講』は格好です。

『民のモラル』(山川出版社)の大好きなアタシは、学生といっしょに読んでゆく『10講』のなかに、「イギリス人の歴史的与件」(p. 75)、「歴史的条件」(p. 134)、「長い一八世紀の秩序と政治文化の大前提」(p. 164)、「歴史的経験に照らしあわせて考え……」(p. 302)、「与件」(p. 303)を見つけてよろこんでいます。『民のモラル』の p. 272 にある、「このような『国民の特別の風習と性質』にたいして、与件として対応するしかなかった」といういいまわしと呼応しており、これはまた、「シャリヴァリ・文化・ホゥガース」『思想』740号(1986年)、p. 180 の「こうした文化にたいして“与件”として直面するしかなかった」でもありました。

『礫岩のようなヨーロッパ』は、最初に翻訳された論文を読み、それから序文にもどって通読しました。集中講義があいだにはさまり、福岡へ向かう新幹線の車中で、あるいは宿舎で、あるいは通勤の地下鉄の車内 → 毎朝に立ちよったスタバのテーブルでページをひらくのがわかっており、途切れ途切れの読書になると予想していたからです。ケーニヒスバーガやエリオット、グスタフソンのていねいな翻訳を読んでから全体を読むほうが、研究史的に適切かもしれないと考えたからでもありました。

先生の筆による序文は、こちらの体調が反映したか、前半部分は何となく拡散気味にうけとめてしまい、うつらうつらしてしまいました。しかし、ジェイムズの同君連合のでてくるあたり、後半に入ってから目が覚めました。メダルや Orbis non sufficit へぐっと集塊化、というよりも収斂してきた感じ。あわせて、礫岩のような状態、政体という把握が提案されていて思わずうなずいてしまいます。あわててカバーを見れば、本書の英語タイトルは、A Europe of Conglomerate Polities でした。

個々の論文を読み、気づいたことも「政体」につながります。国家(論)というと、なぜでしょうか、堅いというか、固いというか、容れ物/容器、形式、制度、無機質なイメージをもってしまいます。そのタイトルのついた研究を読んではあきらめ、別のを読んではちんぷんかんぷんになり、何度も挫折を味わってきました。あるいは、とても抽象的な概念というか、空中戦というか。ことばをどのように理解するかに精力がついやされ、つきてしまう挫折です。ところが、通読しても『礫岩』論集にはそれを感じません。もちろん、東ヨーロッパや北方ヨーロッパを専門的に勉強したことなどないのですから、本来は『10講』にむかうわがゼミ生のような惨状におちいっていながら、本人が自覚しなかっただけの可能性もあります ヾ(^。^*)まぁまぁ

通読できたのは、支配を、相対的な選択権であれ、えらぶ人びとが登場し、集塊化し、脱集塊化するうごき、右往左往する姿を読者として追いかけられたからかもしれません。「(複数の)人々の革命(the peoples' revolution)」(p. 153 ではアポストロフィのうしろにスペースが欠落しています)という議論に、自律的な、戦略性をもってうごく人びとが書かれているからでしょう、……たぶん。無茶を承知でひきつけると、王位にある人物がいても別の地にあって不在であれば、王妃宛てに恩赦嘆願をするのは当然であったと考えるか(読書前のアタシ)、あるいは、だれにいつ嘆願すれば効果的であると思案をめぐらせた可能性はないか(読書後のアタシ)、かな。

両書とも、読むことを楽しみ、読むことがはげみとなる本でした。

|

より以前の記事一覧