特別講義 英米の国民国家構築とフランクリン・イメージの変容

東京外国語大学名誉教授 金井光太朗 さんをお迎えして、以下のような特別講義を開催いたします。大西洋を横断する政治と思想と表象をあつかう醍醐味を堪能できる講義です。みなさまのご来聴を歓迎いたします。

ダウンロード - 20191212kanaiflyere59ca7e7b8aee6b888e381bf.pdf

日時:2019年12月12日(木)14時40分から

場所:国際関係学部棟3314講義室

金井光太朗さんとはじめてお会いしたのは、たしか30年以上も前の大学院のゼミでした。近藤和彦先生のゼミには院生・ODだけでなく、近隣の大学の多くの方々が出席していました。金井さんの最初の発表には、D・ヘイやJ・ラングバインなどが登場し、「おお、これって犯罪史やってる人か」と誤解したものです。

あっというまに時間は流れますが、あのころとおなじように、熱く英米を語ってくださると信じています。

追記に、いただいている講義の概要文を載せておきます。

Continue reading "特別講義 英米の国民国家構築とフランクリン・イメージの変容"

|

イギリス女性史研究会「『長い18世紀』の女性の旅のナラティヴ」のお知らせ

イギリス史研究会から送られてきました。転載します。

ダウンロード - jwhne7acac33e59b9ee5a4a7e4bc9ae3839de382b9e382bfe383bc.pdf

 

第33回 イギリス女性史研究会ご案内

 12月のイギリス女性史研究会の第33回研究会は、以下の要領で開催されます(添付のPDFをご覧ください)。今回は18世紀の女性の旅行記についてのシンポジウムとなっております。文学と歴史の刺激的な対話となりますよう、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

※ イギリス女性史研究会では、子育て中の研究者を応援しています。赤ちゃん連れの参加にも、ご理解をお願いします。サテライト会場(スカイプで会場と接続)もご用意しております。

※ 当会会員以外の方からは、資料代として500円をいただきます。(入会希望の方はお知らせください。年会費は 一般会員:3000円 /院生:2000円です。)

【プログラム】

趣旨説明 13時ー1310分    志渡岡 理恵 (実践女子大学)

報告1. 1310分ー1340分 「女性たちの大西洋往還と創作の磁場―ポカホンタス、ベーン、モル、ウィンクフィールド」 原田範行(慶應義塾大学)

報告2. 1345分ー1415   「歴史の現場からのリポート ― 1840年以前に出版された女性の旅行記」 志渡岡 理恵

小休憩

報告3. 1425分ー1455分   「啓蒙とロマン主義の「文人」たち ― 「長い18世紀」のスコットランドと女性の旅行記」 松井 優子(青山学院大学)

報告4. 15時ー1530分 「旅の変容と変貌するネイション ― アイルランドが育む女性の言説」   中村 哲子(駒澤大学)

休憩

コメント 16時ー1630分     指 昭博(神戸市外国語大学)

質疑応答  1630分ー1720

懇親会   18時ー20

Continue reading "イギリス女性史研究会「『長い18世紀』の女性の旅のナラティヴ」のお知らせ"

|

合同ゼミ学生発表会2019

超ショートノーティス(突然のお知らせ)で失礼します。

本日の午後に「合同ゼミ学生発表会2019」を開催します。発表順のファイルを貼りつけておきますので、お急ぎでない方はお立ち寄りくださいませ。場所は、国際関係学部棟3階3316講義室です。

出入りは自由ですから、ご遠慮なく。

ダウンロード - e4bfaee6ada3e78988_e799bae8a1a8e9a0862019.pdf

ダウンロード - e4bfaee6ada3e78988_e799bae8a1a8e9a0862019e59ca7e7b8aee6b888e381bf.pdf

 

|

名古屋近代イギリス研究会(2020年1月11日)のお知らせ

8月に報告者として参加した研究会の、あたらしいご案内です。幹事の方からのメールの一部を修正して転載します。

 

みなさま

奥田です。朝夕は寒さを感じるようになってまいりましたが,いかがお過ごしでしょうか。

さて、来年のことになりますが、2020年1月11日(土)に名古屋近代イギリス研究会を下記の要領で開催いたします。今回は、日英科学交流史の造詣が深い菊池好行さんに「日英科学交流史の一断面——櫻井錠二とマリ・ストープスを中心に——」というタイトルでご報告をお願いいたしました。

イギリス史、科学史、日英交流史にご関心をお持ちの方はもちろん、マリ・ストープスはイギリス女性史において重要な人物ですので、ジェンダー史にご関心をお持ちの方にも、興味深いお話がうががえることと存じます。2020年の研究のさらなる研究の発展を期して、みなさま、是非ご参加くださいませ。

なお、いつも通り、終了後に懇親会を予定しておりますが,こちらにつきましては追ってご連絡させていただきます。ご予定に加えていただきますようお願い申し上げます。

では1月にみなさまにお目にかかれることを楽しみにしております

*****************************************
名古屋近代イギリス研究会

<開催要領>
開催日時: 2020年1月11日(土)14:00-18:00
報告者、報告タイトル:
 菊池 好行(名古屋経済大学)
 日英科学交流史の一断面——櫻井錠二とマリ・ストープスを中心に——

会  場: 名古屋市立大学滝子キャパス1号館(人文学部棟)6階現代社会学科会議室(614)
     交通アクセス:http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
     キャンパスマップ:http://www.nagoya-cu.ac.jp/campus-map/takiko.html

備  考: 研究会終了後、懇親会を行います。
      懇親会につきましては、後日ご連絡させていただきます。みなさま、是非、こちらにもご出席下さい。

問合先 : 研究会についてのお問い合わせは奥田伸子あてにお願い申し上げます。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学人間文化研究科

Nobuko Okuda
Graduate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City University

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

|

8月3日の研究会のレジュメ

暑い、暑い、あちー、とヘタレつつ、名古屋近代イギリス研究会へとでかけてまいりました。大野さんとのダブルキャストが功を奏したか、13名のあつまりとなりまして、重要な指摘の数々を多方面からいただき(これを「十字砲火」ともいう)、ありがたいのひと言です。できることであれば、二人目の(「おまけ」ともいう。一人目であったなら「露払い」であったな……)アタシのものがすこしでも、話のネタ、酒の肴、浮かれ浮き世の憂さ晴らし、くらいのお役に立っていれば幸いですな。

報告の資料として、読んでもらって検討していただき、アイディアや解釈をいただいてしまおうと(「陰謀」ともいう)、墓あばき業者の日記(1か月分)と議会特別委員会での証言を訳して、まとめて、提示しました。死体が完全に商品としてあつかわれていることがわかりますし、まじめな業者たちの日々の営みも想像できます。レジュメのPDFファイルを登載しておきますので、ご笑覧ください。

可能であれば、こんなふうに読めますよね、と助言してくださるとありがたく存じます。

ダウンロード - 20190803nagoya.pdf

|

イギリス史研究会第47回例会のご案内

幹事のかたからご案内がありました。一部をととのえて登載します。

─────────────────────────

イギリス史研究会の皆さま

イギリス史研究会第47回例会を下記の要領で開催いたします。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願いいたします。

日時 :2019年9月21日(土)午後2時~6時

報告者:高林陽展氏(立教大学)

論題 :「鉛に曝されたこころ——19世紀末~20世紀初頭の英国シェフィールドにおける鉛製水道管の健康被害をめぐって——」

コメンテータ:永島剛氏(専修大学)

場所 :専修大学神田キャンパス7号館784教室

なお、報告内容の詳細などについては、追ってお知らせする予定です。また、研究会についてのお問い合わせは、山本までおたずねください。

イギリス史研究会案内配信担当幹事 山本信太郎(神奈川大学)

Continue reading "イギリス史研究会第47回例会のご案内"

|

名古屋近代イギリス研究会のお知らせ


一部を省略などしてととのえ、幹事役の方からのメールを登載します。ただし、今回の報告者のひとりがアタシなので、照れというか、恥ずかしいというか、そういう感じのあることは否めません。もちろん、もうひとりの報告者は万全、鉄板でしょう (。・・。)


─────────────────────────(ここから
みなさま
奥田です。
この2,3日真夏のような暑さとなっておりますが,いかがお過ごしでしょうか。
さて、少し先のことですが、8月3日(土)に名古屋近代イギリス研究会を下記の要領で開催いたします。
今回は、近代イギリス研究会の founding fathers お二人のご報告です。
それぞれに興味深いご報告がうかがえることと存じます。
 
前期末試験のさなか(今年に限って言うと前期講義の最中かもしれません)の開催ではありますが、どうぞふるってご参加下さい。
なお、いつも通り、終了後に懇親会を予定しておりますが,こちらにつきましては追ってご連絡させていただきます。
 
では8月にみなさまにお目にかかれることを楽しみにしております。
 
*****************************************
名古屋近代イギリス研究会
 
<開催要領>
開催日時: 2019年8月3日(土)13:30-18:00  (開催時間がいつもより早くなっております。ご注意下さい)
報告者、報告タイトル:
(1)大野誠(立正大学)
  「転機を迎えた18世紀後半のイギリス美術・工芸界:展覧会開催の3団体」
(2)栗田和典(静岡県立大学)
  「解剖実習用の死体の供給:19世紀はじめの墓あばき業者の活動」
 
会  場: 名古屋市立大学滝子キャパス1号館(人文学部棟)6階現代社会学科会議室(614)
     交通アクセス:http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
     キャンパスマップ:http://www.nagoya-cu.ac.jp/campus-map/takiko.html
 
備  考: 研究会終了後、懇親会を行います。
      懇親会につきましては、後日ご連絡させていただきます。みなさま、是非,こちらにもご出席下さい
 
問合先 : 研究会についてのお問い合わせは奥田伸子あてにお願い申し上げます。
 
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学人間文化研究科
Nobuko Okuda
Graduate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City University
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

|

イギリス史研究会第46回例会のお知らせ

幹事の山本信太郎さんからのメールを転載します。連絡先などの一部の情報は削除しました。
楽しみな会ですね (^^)/

─────────────────────────(ここから
イギリス史研究会の皆さま

イギリス史研究会第46回例会を下記の要領で開催いたします。
ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願いいたします。

日 時:2019年3月23日(土)午後2時~6時
報告者:林田敏子氏(摂南大学)
論 題
 軍隊のなかの女性たち——回想録から読み解く第一次世界大戦の記憶——(仮)
コメンテータ:小野寺拓也氏(東京外国語大学)
場 所:専修大学神田キャンパス7号館783教室

 なお、報告内容の詳細などについては、追ってお知らせする予定です。また、研究会についてのお問い合わせは、下記の山本までお送り下さい。

イギリス史研究会案内配信担当幹事
山本信太郎(神奈川大学)
─────────────────────────(ここまで

|

名古屋近代イギリス研究会のお知らせ

名古屋近代イギリス研究会の幹事の方からメールをいただきました。一部を変更して引用します。

─────────────────────────(ここから
みなさま

奥田です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

下記の要領で本年最初の名古屋近代イギリス研究会を3月2日(土)14:00~開催いたします.

青山学院大学の岩下誠さんに「保護主義的子ども期の臨界点―1990年代以降の子ども史の研究動向に、20世紀アイルランドにおける未婚の母と婚外子を位置付ける―」と題した報告をお願いしました。
アイルランドについてはその重要性を理解しながら、報告を伺う機会はそう多くはないのですが、岩下さんのご報告は、子ども史のみならず、ジェンダー史の側面からも大変興味深いと存じます。
ご多用中とは存じますが、是非ご出席いただきますようお願い申し上げます。

なお、研究会後はいつも通り、岩下さんを囲んで懇親会を行います。
懇親会にご出席の方は2月26日(火)17:00までに奥田にご連絡ください。

入試直後のお忙しい時とは存じますが、是非、スケジュールを確保していただけますようお願い申し上げます。
では、3月にお目にかかれることを楽しみにしております。

以下、開催要領です

〈開催要領〉
開催日時: 2019年3月2日(土)14:00-18:00
報告者: 岩下 誠(青山学院大学教育人間科学部)
報告タイトル
 保護主義的子ども期の臨界点——1990年代以降の子ども史の研究動向に、20世紀アイルランドにおける未婚の母と婚外子を位置付ける——
会  場: 名古屋市立大学滝子キャパス1号館(人文学部棟)6階現代社会学科会議室(614)
 交通アクセス:http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
 キャンパスマップ:http://www.nagoya-cu.ac.jp/campus-map/takiko.html

備  考: 研究会終了後、懇親会を行います。
懇親会のご出席の方は2月26日(火)17:00までに奥田にご連絡ください。

なお、この研究会は以下の科学研究費による研究会と共催です。
基盤研究(B)一般
       研究課題:「近現代における「不自由な」労働者を再考する―18-20世紀の英国・英帝国を中心に」
       課題番号: 1 8 H 0 0 8 7 9
       研究代表者: 奥田伸子
─────────────────────────(ここまで

|

名古屋近代イギリス研究会(10月27日)のお知らせ

幹事の方から送られてきたメールの一部を変更して転載します。

─────────────────────────ここから
みなさま

酷暑の夏となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 8月4日は、県大の正木さんの大変興味深いご報告と充実した議論が続き、暑さも忘れる研究会となりました。

さて、次回の名古屋近代イギリス研究会の研究会を下記の要領で、10月27日(土)に開催いたします。

京都服飾文化研究財団の松坂雅子さんに、近代イギリスにおける art の振興についてご報告いただきます。最近、博士号を取得された若い研究者のかたのご報告ですので、フレッシュなお話が伺えることと存じます。学会シーズン中ではありますが、是非、スケジュールを確保していただけますようお願い申し上げます。

なお、研究会後はいつも通り、懇親会を行います。懇親会にご出席の方は,10月22日(月)17:00までに奥田にご連絡ください。

では、10月にお目にかかれることを楽しみにしております。


以下、大野さんからのご案内です。

*********************************
名古屋近代イギリス研究会の案内

暑い日が続きますが、ご健勝にお過ごしのことと思います。以下のように研究会を開催いたしますので、万障お繰り合わせの上、是非ともご参加ください。今回の報告者は、東大経済学部の小野塚教授の下で博士論文を完成された若手の研究者です。充実した討論を期待します。

<開催要領>
開催日時: 2018年10月27日(土)14:00-18:00
報告者: 松坂雅子(京都服飾文化研究財団)
報告タイトル:  近代イギリスにおける技芸(art)の振興:「デザインの技術」教育の展開過程
会  場: 名古屋市立大学滝子キャパス1号館(人文学部棟)6階現代社会学科会議室(614)
交通アクセス:http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
キャンパスマップ:http://www.nagoya-cu.ac.jp/campus-map/takiko.html

備  考: 研究会終了後、懇親会を行います。
懇親会のご出席の方は10月22日(月)17:00までに奥田にご連絡ください。
研究会についてのお問い合わせは、大野誠あてにお願い申し上げます。

以上
*****************************
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
奥田 伸子
名古屋市立大学人間文化研究科
Nobuko Okuda
Graruate School for Humanities and Social Sciences
Nagoya City Univesity
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

|

より以前の記事一覧