世界脳卒中デー(World Stroke Day)

今日10月29日は「世界脳卒中デー」です。公益社団法人日本脳卒中協会のウェブサイトにも毎年、この日の位置づけや企画が掲載されています。2018年の呼びかけはこちらをご覧ください。

さて、アタシも9年ほど前に2か所の脳動脈瘤が未破裂の状態で見つかり、それぞれに異なる方法による手術をうけ、今日まで生きのびてきました。手術じたいの後遺症もなく、率直にいって、幸運であったと自覚しています。ただし、幸運はわけることができません。それでも、自分の経験はわけられるはずですから、これまでも SNS でつぶやいてきました。今年はいままでのつぶやきをまとめて以下に掲載します。これからもつぶやきつづけるはずです。

まずは、2010年のものです。もっとも長くなりました。

今日10月29日は「世界脳卒中デー」と新聞にあった。2年ほど前の11月なかば、職場の指定年齢の脳ドックを受診し、MRI 検査で脳動脈瘤を指摘された。さらに、総合病院で3次元 CT 検査によって2か所めが見つかった。当初、この病気が何をもたらす可能性があるのかさえ、知らなかった。

脳卒中は、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血がおもな原因とされる。脳動脈瘤はこのうちのくも膜下出血につながりやすい。未破裂の状態の瘤は自覚症状がほとんどないこともある。しかし、瘤の部分は、いわば変形して弱くなっている部分であるから破れる可能性が高い。

未破裂脳動脈瘤の予防治療は、開頭手術によるクリッピング術と血管にカテーテルを入れておこなう塞栓術とがある。破裂した瘤にもおなじ治療がおこなわれるが、発症後の場合は処置までの時間が問題になる。いったん死亡した脳細胞は生きかえらないので、重篤な障害がのこる可能性は高い。

未破裂、すなわち、発症していない段階であれば、手術に必要な検査をおこない、瘤の位置を特定したうえで治療が可能である。そして、脳動脈瘤を発見できるのは現在のところ、脳ドックを受診するしかない。はげしい頭痛などの症状があれば、検査の機会を待たずに脳神経外科を受診するべきである。

症状がまったくない状態で病気を指摘されたとき、正直なところ、手術の決断をするまで時間がかかった。いまでも、それが正解であったか、自信はない。それでも、すくなくとも検査はうけるべきであるといいたい。所見がなければそれでよいし、もしも見つかれば、それから考えればよいのだ。

Continue reading "世界脳卒中デー(World Stroke Day)"

|

横綱 輪島

短くつぶやいたものの、すこし長めに、ひさしぶりに書きたい欲を解放してみることにしました。本日に告別式が執り行われたと、23時すぎに知ったからでもあります。

まちがいなく田舎の小学生・中学生・高校生でしたから、横綱(第54代)を張った輪島さんと個人的にはいっさいの面識もなく、大相撲の場所にでかけたこともなく、ただただテレビやラジオや新聞で名前や声や姿を見て応援していただけです。たまたま大相撲というスポーツにはじめて関心をもったころに、十両から幕内へ、幕内の下位から三役、大関、横綱へ、あっというまに出世をしていった相撲取りです。そして、引退するまでひたすら応援した、ただひとりのお相撲さんでした。たしか、最後の取組で負けた相手は、琴風(いまの尾車親方)でしたかね。

輪島さんがデビューした1970年は、祖母が長患いのために入院生活をしていた東京へ、隔週くらいで見舞いにいっていました。朝は7時前に出発し、帰宅するのは18時か19時すぎの日程でした。半世紀近く前のことですから、父や叔父の運転する自動車に子どもが遊べるような付属品はなく、せいぜいのところ、車内では本や新聞を読んだり、ラジオを聞いたりするくらいしか、暇つぶしはありません。妹がいっしょのときは歌番組を流して歌っていた気もしますが、運転手にはやかましかったことでしょう ヾ(^。^*)まぁまぁ

春や夏には野球をラジオで聞いていたですが、場所がある年6回は帰路の東名高速道路で中継に興奮しました。光司さんの貴乃花でなく、利彰さんの貴ノ花と、いまもかっこのよい(当時は「現代っ子」と呼ばれていた)北の富士との「かばい手」でもめた一戦などは、ラジオの中継だけでは頭のなかで場面を想像できず、でも、興奮しまくっていったいどのような体勢になっていたのかと翌日の朝刊の写真を何度も何度もながめてみたほどです。アタシのまわりにいる運動のできる友だちは、ほぼみながサッカー少年団とかかわっていました(そういう土地柄ですから)。あるいは、ソフトボールだけは地区大会がありましたから、野球好きはそっちに流れていたはずです。でも、運動が得意でないので、ソフトボールとはちょっぴりかかわりましたが、サッカーには近づかず、ぎゃくにそういう人たちがあまり興味をもたなかったから、相撲が楽しみになったのかもしれません。

記憶にのこっているかぎり、輪島さんは新入幕のときに勝ち越しました。つぎの場所は幕内の中位になって、大きく負け越しています(4,5勝しかできなかったはず)。その場所の千秋楽の対戦相手が、たしか豊山だったか、金剛だったか、のちにはあまり強くならなかった力士で、しかし、突き押しから一直線に寄り切りられて負けた姿をテレビで見ました。さらにショックであったのは、解説者が“覇気のない相撲取り、元気のない取り口をやっているようではダメだ”といったコメントで腐したことです。のちのちもそうですが、どちらかといえば筋肉質で、前すぼみの肩のために姿勢が悪く見え、力まかせというよりは技巧派の印象がする、さらにいえば、大成しないといわれる左下手を得意とした(というよりも、右からの押っつけが強かった)、もうひとついえば、立ち会いにほぼ変化しなかった相撲が、それでも勝てなければダメなのか……。負けないように、勝てるように、ずっと応援したくなりました。

父や叔父と相撲で遊んでもらったとき、近所の友だち(いまは北海道にいる「泣いた赤鬼」の赤鬼・青鬼コンビ)と砂場でレスリングごっこをしたとき、よく左下手出し投げのような技を繰りだしたのは、端的にマネです。だれもまともに投げられませんでしたが(非力で、かつ、右利きですし、くずす技もないので)、それで満足でした。

その後は、北の富士、貴ノ花、北の湖はもちろん、高見山や豊山、のちに横綱になる千代の富士や大関になる琴風などと対戦し、勝ったり負けたりするのを観戦しました。アタシが高校生のころ、勝てなくなって、休場も多くなったけれど、それでも、高校1年のときには全勝優勝すらしましたし、前半戦で負けても最後まで北の湖関を追いかけ、千秋楽までを盛りあげていたように記憶しています。敗れても練習して復活する、そういう筋書きをたしかめさせてくれる存在で、高校を卒業後に入学した大学を中退し、“どうしよう”と迷っていたアタシがまたもマネしたい筋でもありました。

正直なところ、引退後はよく知りません。そのころはテレビのない下宿生活をしていましたし、新聞や週刊誌をながめることはなかったからです。プロレスラーになったときは、「うーん」という感じでした。

自動車でいっしょにラジオを聞いた父も叔父も、入院生活をしていた祖母も鬼籍に入って、あのころの記憶を共有できる人は身近にいません。さびしいなぁとつぶやくことも多い今日このごろ、平成の末年です。

|

芝生園地

職場の隣りには↓のような芝生園地があります。誰でも利用できる居心地のよい場所です。晴れや曇りの朝にはヒコーキをとばしている方々がいらっしゃっていて、ゴムの動力でとびだし、風に吹かれてあちらこちらにすすんでゆくのをたのしんでいらっしゃいます。

カメラが自動的に効果をつけてくれました。

20180913a 20180913b

20180913c 20180913d

20180913e 20180913f


じつは、隣りというのは正確でなく、園地の管理も職場の責任です。とくに、芝生の管理ともなると、詳細はわかりかねますが、おそらくは学生ひとりにかける費用よりも大きな額が必要ではないでしょうか。なのにまぁ、球技をしないでねとの看板を無視してサッカーしていたりしますから、芝生は剥げます。1年以上も時間をかけて修復されたのが↑の姿です。

できれば、大事にしましょうぜ。

|

大きな地震のお見舞いを申しあげます。

報道やSNSでしか状況を知りえませんが、昨日の朝方におきた地震のお見舞いを申しあげます。

被害にあったみなさまには、すこしでも早く対応がなされ、援助がとどき、日常をとりもどせますことを願っています。すこし離れた当地にあっても関西方面にお身内やお知りあいのいる方々は、安否をご心配なさっていることでしょう。ご無事をともに祈ります。

さいわい、自分の知己・知友はご無事のごようすです。しばらくは身の安全を第一に優先なさってご用心くださいませ。

|

ある土曜日の奇跡

Twitter にはすでにつぶやきましたが、週末の土曜日に不思議なできごとがありました。MacBook Air にまつわることです。

2014年9月末いらい、まったく起動できずにいた MacBook Air があります。夜フクロウをつかっていたら突然に操作を受けつけなくなり、そのままになってしまっていました。最初のうちはバッテリを交換してもらったばかりという事情もあり、PRAMクリア、SMCリセット、セーフモード、リカバリーモードを何度もためしてみましたが、しかし、そのいずれもが通用せず、1週間もするとすっかりあきらめて職場の本棚のすみに押しやり、たまの掃除のときに箱を目にしても素通りするような状態がここ数年は通常でした。

5月の下旬からの2週間ほどのあいだに iPad2 と MacBook Pro をあいつでリサイクルにひきとってもらう機会がありました。最低価格でしたが ヾ(^。^*)まぁまぁ
そこで、うごかないMBAも処分してもらえないかと思いたち、査定を申しこもうとすると、当該のサイトではシリアル番号が必要で、何年ぶりかで箱と現物をとりだしてみたのがこの土曜日です。最初は正直に起動しない状態を申告して査定してもらうと0円と表示され、しかもひきとりさえ不可でした。

まいった、困った。
まぁ、しかたがない、たまには充電してみるか。

……とACアダプタにつなげて満充電にしたあと、ふとSMCリセットをかけてみたところ……、起動しちゃいました。ええええ(゚゚;)エエッ

ログインすると2014年9月末の画面がそのまま表示されています。なつかしいというか、なんじゃこりゃというか。なにせ4年ほど前のツイッタのTLが目の前によみがえっているのですから (^_^;)

しばらくぼうぜん 【゚_゚】【・・】 としたあと、「Macを探す」機能や iTunes と iMessage の連係などの解除を確認し、OSXユーティリティをつかって初期化をしました。やはり何度かは失敗してしまい、ディスクユーティリティによる消去までで挫折しかけましたけれど、これもふっと思いたち、有線LANでOSXの再インストールをやっていたのを WiFi に変更してみたらできちゃった ヾ(^。^*)まぁまぁ

4年ぶりに起動できた理由はわかりません。奇跡を見てしまったような気分の土曜日の午後でした。
現場からは以上です <(_ _)>

|

呉に泊まりました

広島大学で開催された第68回日本西洋史学会に参加しました。公開講演で青木康さんがお話しになり、小シンポジウムで科学の制度化と公共圏が議論されるとあれば、でかけない手はありません。青木さんははじめてあたしが報告したときに司会をしてくださった方であり、小シンポジウムは30年くらいのおつきあいのある方々が報告者でした。

宿泊先をさがすのが遅くなり、また、広島は以前におとずれたこともあり、今回は宿泊を呉にとりました。広島からは呉線の快速に乗って30分ほど、JR乗車券は500円区間のところです。初日の公開講演のあと、アルコールには興味がありませんから懇親会は遠慮して、呉市にむかい、駅の近くに投宿しました。

さすがに西に来ただけあって、18時30分すぎでも明るいです。「ここはいっちょう」と思いたち、呉駅の先へ散歩にでかけました。残念ながら、大和ミュージアムも鉄のくじらも閉館時刻に間にあわず、外から写真を撮るだけになってしまいましたが、やはり、どこの地にあっても海や港はいいな。山のほうで育った清水っ子とはいえ、高校時代には船の汽笛が聞こえてきましたし、三保の松原や久能海岸はいろいろな思い出がつまっています。

海はいい。呉に泊まってさいわいでした。

本文のつづきに写真をいくつか登載しておきます。

Continue reading "呉に泊まりました"

|

二度目のご退職

恩師が二度目のご退職をむかえることになり、その記念の会がひらかれたのが3月31日でした。後任となる方も旧知の間柄なので、日ごろの出不精(デブ症ではない)のお詫びもかねて五反田まででかけたですが、「懇親会はでないからね」と尚さんにいったら不思議な顔をされました。まぁ、いろいろと宿題があってね ヾ(^。^*)まぁまぁ

往復ともに高速バスを30年ぶりくらいで利用しました。バスそのものは乗り心地をはじめとしてアタシが頻繁に利用した院生時代からは比べものにならないくらいよくなっています。ただし、渋滞に弱いのは変わっていません。春休み中の週末という今回も、往路は小一時間、復路も20分ほどの遅れでした。

会では大学院の先輩諸氏やご同業の方々、そして、恩師と後任の方とごあいさつできました。なにより、おこなわれた講演がおもしろかった。French leave と filer à l'anglaise にみられるような複合的な感情とか、イギリスとフランスの微妙な関係を説いたり、1970年前後からの知的な営みをふりかえったり、時効取得型と合理普遍主義という文明の2類型を上海租界の建物群に見たり、ほんとうに楽しい時間をすごせましたし、「こういう先生に惹かれてアタシは勉強しはじめたんだよな」と30数年前を思いだしました。(あとでダウンロードした会の写真に笑顔でうつっていらっしゃるのは、ごじしんも楽しく話しておられたのだろうと想像します。)

なんだかんだでふりまわされ、澹い顔でうつむいて歩く自分を、先生はいつも正気にもどらせてくださいます。かなり以前に、「この選択が根本的に大事だ」といわれたことをかみしめて、あたらしい年度をむかえることにしましょう。

|

春風献上

 春 風 献 上

 幸多き新春をお迎えのこととおよろこび申しあげます。

 昨夏には平泉から仙台を旅行しました。生まれてはじめておとずれた東北の地です。毛越寺の大泉が池や北上川の水の豊かさにおどろき、松島の景観や青葉山公園からの眺めにこころをうばわれました。

 家族は変わらず元気にすごしています。恭輔はなかなかあたらしい仕事が見つからず、アルバイトの日々ですが、清水エスパルスの観戦サークルに入りました。一生は大学間の共同研究にかかわる経験にめぐまれ、修士をぶじに修了できそうです。意外なことに地元で就職します。尚子は1冊目の朱印帳がすべて埋まりました。つぎはどこでいただきましょうか。

 本年も変わらぬご交誼のほど、よろしくお願い申しあげます。
 2018年1月

20170910_151324 20170912_095722

|

人物本位の ヽ(。_゜)ノヘッ?

いまの職場にきてこの10月から21年目になりました。立派に成人しちゃった ヾ(^。^*)まぁまぁ

20年前にいたところでは3種類の推薦入試がありました。指定校の特別、指定校の一般、一般です。これはいわば試験者に楽な順にもなっていて、とおし、ほぼとおし、成績しだい、でした。だいじなのは高校側の評価で、つぎに成績表にある評定平均値やここ数年の歩留まりなどを勘案していたように記憶しています。推薦入試にお決まりのようにある面接はほぼ形式的なものにすぎず、指定校の特別では評価もしていません。ほかの二つはABCの3段階評価をするだけであり、問題がなければBをつけ、とてつもなくすばらしければ(ほぼない)Aをつけ、逆にきわめてひどいとき(無言でとおすとか)にCでした。同僚や執行部の方々からは、面接が主観に左右される試験であり、わずか10分で合否判断はできない、というそれなりに合理的な根拠でこのようにしていると聞かされたものです。

この20年間で面接にたずさわったのは1,2回しかなく、経験豊富とはいえません。ただし、いまの職場は面接を点数化しています。しかも1点きざみ (/--)/

端的にすげえな、と思います。アタシは学生のレポートでさえ、+と-はあるものの、基本的にABC&Fでしか採点できません。それを100段階でつけるわけですから、やはりすげえ (O_O)
客観的に(みえる)数字が示されるのは説得力が増すことでしょう。まっとうに試験をしているわけですから、妙な横やりを入れられたくはないです。

それでもやはり、アタシには無理でしょう。いろいろな面接をやってきたけれど、人を見た目で判断することはまったく不得手みたい。

|

出張講義2017

今年度の出張講義では6月、9月、11月と3校を訪問させていただきました。いつもは年に1校くらいですけれど、今年は第2・第3希望でご指名をたまわる当たり年です。

3校目で遠く浜松まで(笑)でかけたのが今週木曜日です。夏に尚さんとガーデンパークのひまわり迷路で遊びましたが、そのご近所さんでした。つまり、湖に面しているかのようなすてきな立地です。通うのには風が強そうですし、なにより今日日(きょうび)の雰囲気では地震やら津波やらで敬遠されそうですが ヾ(^。^*)まぁまぁ

むかう途中でゼミの卒業生が勤務している職場の風景をカメラにおさめたりして余裕綽綽の運転をしていたところ、ナビさんが到着予定時刻に出張講義開始時刻を示してくれたものですから、あせったこと、あせったこと σ(^◇^;)
あわてて高速道路優先モードで検索しなおしまして、ちょっと速度もゴニョゴニョしまして、何とか集合時刻に間にあったしだいでございました。

講義そのものは今年のテーマで3回目ですからとどこおりなくつとめました。ただし、90分の時限に慣れた身には50分は短いなと感じます。持参したスクリーンは、できれば別の選択肢もあったかな(ちなみに、プロジェクタも持参です)。生徒さんはノリノリで、はじめからおわりまでなごやかにすすめられました。

帰るまぎわに見た夕陽を載せておきましょう。

20171116_202451

よい1日でした。

|

より以前の記事一覧